2014年11月15日

僕の中だけの一発屋たち

「一発屋」という概念がある。
ヒット曲が1曲しかない、あるいは他にもないわけじゃないんだけど
ある1曲だけが突出しているアーティストを半ば揶揄して指す言い方。
例えば「James Bluntの代表曲と言えば?」とくれば誰もが「You're Beautiful」と答える。
これはこの曲なりアーティストなりを知ってたら異論の余地はない。

けど、そういう一般の話とは別に、あるでしょう、「あなたの心の一発屋」。
他にヒット曲あるんだけど、知らないわけじゃないんだけど、この曲だけ、好き。
そういうやつ。
この場合、その「この曲だけ」が必ずしも世間的に彼の人の代表曲とは限らない。
つうか、そんなのいくらでもズレる。当たり前だと思う。

当たり前だと思うけど、でも敢えて考えてみよう、
「James Bluntの曲で何か好きな曲ある?」と問うて、返ってきたのが「1973」だったとして。



え?そこ?



ってなりますよね。
これが「You’re Beautifulも好きだけど1973の方が好み」とかなら全然普通だけど
「他は知らん」とか「興味ない」と言われたら、なぜ敢えてそっちだけ、ってなるよね?

人から見たらこれって結構面白いんじゃないかと思って、
僕にとってのそういう「世間とズレてる自分内一発屋」を発表してこうと思いつきました。
ちなみに以下のリストにJames Bluntのような「世間的な意味での一発屋」はいません。
むしろ「他にもいろいろあるだろうに、なぜそれ一択…」というのがこの記事の趣旨です。
知ってはいる、しかし忘れてたよそんな曲、というモヤっとしたヒット曲のリストをお楽しみください。
(若干「ダメヒット」のコーナーと主旨が被ってるのは気にしないことにしておく)



==================================



続きを読む
posted by Skedge at 11:19| Comment(2) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする