2015年02月12日

2015年グラミー雑感: どうしてBeckの受賞が気に喰わないのか考えた




グラミーは予想ネタの記事を書きたいとは思いつつも間に合わず、当日はオンエアが深夜でしかもうちにはテレビが無い(ちなみに傘もない)、ということで後日結果だけをざーっと見たわけですけど、結果を見ながら連投したツイートの最初がこれでした。




そして今朝、いつも愛読している澤田太陽さんのこのブログ記事を見て、普段は共感できることの方が多いのに珍しくこれは「こりゃないでしょ!」と思ったのをきっかけにいろいろ考えたので、どうして僕がBeckの受賞を気に食わないのか、自分でも思考を整理してみようかと思いまして。




まず、件のAlbum Of The Year、僕の「予想」はこうでした。

◎Sam Smith
○Beyonce
×Ed Sheeran
 Beck
 Pharrell Williams

多くの人がそうだったように僕も「Sam Smith主要四部門制覇」との読みで、それにBeyonce(や別部門だけどHozier)が一矢報いるかな、という感じでした。Edくんは一応僕個人の年間ベストなんですけど、ただでさえロクにアルバムなんて聞かない人間なうえ去年はアルバム全体が不作な中でとりあえずこれを1位にせざるを得なかった、的なすごい後ろ向きな1位。そこからファンびいきを抜いてなおこのアルバムを世の音楽ファン全体に向かって堂々と推せるか、というとやっぱりちょっと弱いよなあ、というのが正直なところ。Samも去年の主役ではあったけどアルバム自体が激賞されてた印象はそれほどないし、「34年ぶりの四部門制覇」という派手な宣伝文句に釣り合うほどの歴史的大活躍だったか、という点で引っ掛かりを覚えたのも事実(実際、これ投票した人たちにこういうバイアスかかった部分も結構ある気がしている)。つうわけで、「予想」を別にすれば、Beyonceが一番「妥当」かなあと思ってました。グラミーという場における「格調」や「華」の面でもふさわしいと思ったし。


ノーマークの2枚に関しては、まずPharrellはあれ個人的には結構愛せるアルバムなんですけど、特に目新しいことをしたわけでもなく小粒な曲ばかりの「愛すべき小品」っぽい雰囲気、世間的にも「Happy」以外は肩透かしを食らってる人が多いかな、という印象だったんで、5枚中唯一ノミネーションに疑問符をつけた作品。代わりにカントリーあたりから1枚持ってくれば良かったのでは。Beckは実は恥ずかしながらリリースされてたこと自体気づかなかったんだけど、「ロックから1枚入れたかったんだよう」って人々の存在を考えたときに、これが年末のメディア受けが良かったことはなんとなく見聞きしてたし、そういうロック作品の中では知名度もある人だしノミネーション自体はまあありかな、という感じでした。ロック枠がColdplayじゃないのか、とちょっと思ったくらい。


「作品の質・芸術性」みたいなとこで行けば別にBeckでも問題なかったんだろうとは思います。ただ僕は、グラミーの「主要部門」に関しては「芸術性と大衆性を両立させた作品」、つまり、「批評的な評価もきちんと勝ち取りつつちゃんと売れた作品」「単なる売れ線ではないことをちゃんとみんなの見えるところでやってみせた作品」にきちんと取ってほしいんですよね。その観点で言えば、Beyonceが最もバランスよくどちらのポイントも取ったアルバムで、Beckはいくら知名度や実績があるとはいえ、件のアルバムが大衆的に好評を得たかということを考えたら他のノミネーション作品に比べてあまりにも劣りすぎてます。そこを芸術性だけの一点突破で主要部門取られたら、それがどんなに音楽的に優れていると力説されたところで、僕は納得いかないですね。マーキュリー・プライズじゃないんだからさあ。





こんなこともつぶやきましたが、「好評っつったって所詮ロックファンの中だけの話でしょ?ロックファンでもない俺(←主観すぎるが)は知らんがな」なレベルの作品なら、「主要」部門での受賞はふさわしくありません(上のツイートを補完するなら、例えばArctic Monkeysがあのまんまでアメリカでもイギリス並みにシングルヒット出せたらぜひ獲らせたい)。これがOKなら、カントリーやジャズのフィールドでものすごく人気や評判が高いけど、一般ポップ音楽ファンにまで広く知られてるとは言い難いMiranda LambertやRobert Glasperみたいな人がAlbum Of The Yearを取ってもロックファンは文句を言ってはいけないことになるんですけど、それでもいいですか?Beckはそいつらと実績が違うだろう、と思うなら、ほぼ実績点オンリーで2008年にこの部門を制した大ベテランHerbie HancockのJoni Mitchellトリビュートについて疑問に思いはしませんでしたか?ロックの影響力をカントリーやジャズとを一緒にするな!と言う人がいたとすれば、今「ロック」という枠組みの外側から見てても、なんとなしにでも「なんかすごい人気らしい」「評判がいいらしい」という空気が伝わってくるアーティストがほとんどいない、という現実を知らなさすぎます。





Beck Kanye.jpg


誤解のないように繰り返しますが、別に僕はBeckのアルバムがクソだから受賞に値しない、とは全く思っていません。たぶん僕の感性ではきちんとその真価が分からないだろうこともあるのでそこに踏み込むつもりはないですし(つうか踏み込めない)、先にも書いた通り「メディアでの評判が良かった」んだから、一定水準以上の質は保障されてるんだろう、くらいのものです。その点ではKanye Westの乱入未遂の件にも全く共感はしません(ネタとしては面白かったけど)。彼がBeckのアルバムを聴いたうえで言ったかどうかは知らないけど、「Beckは芸術性を尊重してBeyonceに賞を返すべきだ」なんて、それこそ同じミュージシャンとして礼を失して余りある酷い言い草だし、作品そのものに対する予てからの評判を考えれば単なる世間知らずです。(ちなみにそれに対するBeckの返しがいい人すぎる。あと毎回巻き込まれるBeyonce超めんどくさいだろうな)



ただ、彼の今回の発言でも、同意と言い切っていいか分からないけど、「そうかもね」と思った箇所はありました。


「俺らをからかうのもいい加減にしてくれ!(They need to stop playing with us!)」

という部分。これはこの発言を聞き知る前から僕も思ってましたが、グラミーの主要部門が黒人に対してやたら門戸が狭いことを指した言葉ですね。これに関しては、先の太陽さんの記事でも「ちょっとでも気に食わないことがあったら『全部、差別のせい』って片付け方は一体どうなの?」という、他人種からはなかなか指摘しづらい苦言が呈されてますが、僕もそれには賛成しつつ(あらゆる種類のマイノリティに当てはまる話だと思う)、けどことグラミーについての話なら、彼らがそう思っても仕方ないくらい過去の受賞者リストが真っ白、ということもあって割と僕は同情的です。しかも今回のAlbum Of The Yearで言えば、僕は「大衆性と芸術性を兼ね備えた黒人のBeyonceを、芸術性のみで白人のBeckが破った」という対決構図で捉えてるんですが、これが、すなわち「一般ピーポーに売れたかどうかはいいじゃん、下らないよ、音楽を聴こうよ」みたいなのがグラミーの言い分なのだとしたら、



Macklemore Kendrick Lamar.jpg

どうして去年Kendrick Lamarにひとつも賞を与えなかったのか!


と、またMacklemore vs Kendrickの件を蒸し返したくなります。
(それがあったからか今年シングル「i」だけでラップ部門2冠取りましたね。よかった)

これ、言ってみれば今回のBeyonce vs Beckの白黒逆転版のような情勢。当時も思ったけど、Macklemoreにとってもとても災難なイベントでしたよね。世間は、特にヒップホップファンは「売れただけの白人 VS (クロスオーバーヒットは出なかったけど)素晴らしいクオリティの黒人」みたいな見方だったのかもしれないけど、僕はMacklemore & Ryan Lewisってラップのスキルとかトラックの質とかLGBTネタとかの「芸術点」も充分稼いだと思ってて、それこそ同じ年にKendrickがいなければあそこまでモメたりしなかったんじゃないかと気の毒で仕方なかったです。おかげで彼は受賞後いくつも「弁明」をするハメになるんですけど(これがまた彼の人柄や思慮深さをよく表してて好感度高かった)、その中にこんな発言がありました。



Kendrick Lamarを抑えてグラミーRAP部門を制したMacklemoreが、投票システムの問題点を指摘・・・「自分が詳しいジャンル以外のアーティストはよく分からない。そういう状態で、皆が誰かに投票をしている」



これ、どうもすべての元凶じゃないかと僕は思ってるんだけどどうでしょう。Macklemoreははっきりと言明はしてないですけど、「俺はカントリーのことはあんま知らん。みんなそんな状態で投票してる」という発言から察するに、どうやらグラミーでは主要部門はおろかジャンル別の投票でも、その道に明るくない人であっても投票権を持っている、Macklemoreが(新人賞どころかラップ部門でも)Kendrickに勝ててしまったのも、ラップのことをそこまでよく知らない投票者が知名度だけでMacklemoreに投票した結果だ、と読めませんか?


同じことが今年も起きたかもしれない、と思った部門がありました。Slipknot、Mastodon、Anthrax、Motorheadと、僕ですら名前くらいは知っているメンツが揃ったBest Metal Performance部門で、コメディ俳優のJack Blackがやってるバンド、Tenacious Dが勝ってるんですよ。メタルともなるともう僕レベルのアンテナの張り方では「評判」ですら全然分からない世界なので100%推測になっちゃうんですけど、メタルのことをロクに知らない投票者が、ハリウッド俳優としてのJack Blackの知名度に引きずられてなんとなくTenacious Dに投票したように思えてなりません。


こうなってくるともはや主要部門の結果でさえ、その投票行動がきちんと高い意識や知識に裏打ちされたものなのか、あまり信用がおけなくなってきます。太陽さんは先の記事でBeckの勝因を、「今のグラミーの審査員に批評的なインディ・ロック支持者の勢力がかなり混ざっている」「90sにオルタナティヴ・ロックを聴いてきた世代が40〜50代になって、音楽界の背後で意見を言えるようになったから」ととても肯定的にとらえてます。90年代に思い入れのある世代が審査員に増えた、ここは僕も正しいと思いますけど、その行動理念自体は、「ちゃんとインディー分かってる奴が選んでる」とかそんなカッコいいものじゃないのでは、と疑いたくなります。




Ed Sheeran、Sam Smith、Beyonce、Pharrell、そしてBeck。
彼らから見て唯一「オレたちの世代」の人に、なんとなく票を入れた人が多かった。




そんだけのことかもしれませんよ。もしかして。
そうだとしたら本当に「俺らをからかうのもいいかげんにしてくれ!」

posted by Skedge at 11:18| Comment(5) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする