2015年03月17日

Googleマップによる日本の都市格付けランキング

この間Googleマップを眺めててふと気づいたんだけど、地図を拡大するにつれてより細かい町名とか番地名とかが表示されるようになるじゃないですか。これ、反対に考えると、縮尺を上げてくにつれてそういった細かい情報はどんどん切り捨てられる、つまりより重要とされる地名が残るわけですよね。

あの「より縮尺の小さい地図でどの地名を載せるか」という判断って、言っちゃえば各地図の発行元による都市の重要度判定ですよね。Googleマップで言えば、「Google先生による都市格付けランキング」なのでは!と思ったのです。ああいかにもデイリーポータルZとかで既に誰かがやってそうなネタだな。でも思いついたからにはやります。ここが音楽ネタのブログであることは知らん。ドラクエの縛りプレイ日記ばっかり書いてた時期もあることだしな!もうここ数年ずっとブログの更新意欲が低いので、まるでブログ書き始めのころのようなこういう「書きたい衝動」には素直に従っておくことにしている。


さっそく上位の都市から見ていきましょう。






500JP_2015_03_16_151644.jpg

Sランク (スケール表示500km) 2都市
東京 大阪



まずは最も縮尺の小さい状態(500kmというのは右下に表示されるスケールの長さです。ああ専門用語が分からなくて書き方が適当だ)。ここで登場する2都市はつまりGoogle先生による「日本国のSランク都市」(勝手な解釈)。そりゃまあ順当すぎますよね。誰が考えたってこうなります。サプライズも何もありません。

実はこの状態の地図はGoogle Mapの表示としては2段階目で、これよりも縮尺の小さい表示もあるんですけどそうなると世界各国の国名しか表示されなくなるので、東京と大阪は完全にイーヴンの状態で並び立ちます。

というか、世界に目を移してみるとこのSランクに入る都市だけで100都市くらいはありそうな勢いなので、世界的に知名度のある都市ならもう軒並み登場済みと思ってもらっていいです。








500EU_2015_03_16_151503.jpg


しかしそこはGoogle先生、もうこの段階で既によく分からない基準の判断をしています。ヨーロッパを見てみるとオランダのアムステルダムやスイスのチューリヒが落選。まあ面積が小さくて文字が込み合ってるからなあ、と思ったらそういう街を差し置いてファドゥーツ(リヒテンシュタインの首都)が載ってるのどういう優先順位なんだ?








500US.jpg


そして何より何より、「地球の首都を決めるならどこ?」と質問されたら多くの人が真っ先に名前を挙げるであろうニューヨークがまさかの落選!どうなってるんだこれ!アメリカのSランはシカゴ、ロサンゼルス、ラスベガス、ヒューストン、ダラス、サン・アントニオ…サン・アントニオ?どこそれ?ニューヨークは都市名としてだけでなくニューヨーク州としての表記すらハブられています。西海岸発の企業としてのプライドがなせる業か?




こんな謎判定がお前ら日本の各地方都市にも下されるのだ!心して見よ、自治体ども!



















続きを読む
posted by Skedge at 04:00| Comment(0) | 企画モノ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする