2016年01月31日

Groove Cruise Top20 [25 JAN 2016]

今年に入ってCD一枚も買わないままひと月過ぎようとしてるな。
いいきっかけって言ったら不謹慎が過ぎるけどBowie行ってみるべきですかね…。





25 Jan 2016 / Week 4

01 (03) (06)
イヤミ feat. おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松 - SIX SAME FACES 〜今夜は最高!!!!!!〜
02 (01) (09) A応P - はなまるぴっぴはよいこだけ
03 (02) (08) Disclosure feat. The Weeknd - Nocturnal
04 (06) (07) Jamie xx feat. Romy - Loud Places
05 (04) (16) Disclosure feat. Lorde - Magnets
06 (05) (15) Disclosure feat. LION BABE - Hourglass
07 (08) (25) Disclosure feat. Sam Smith - Omen
08 (09) (06) Rudimental feat. Lianne La Havas - Breathe
09 (16) (04) レキシ feat. 阿波の踊り子 - SHIKIBU
10 (17) (02) A応P - 全力バタンキュー

11 (07) (12) Miike Snow - Heart Is Full
12 (19) (04) Kendrick Lamar feat. George Clinton & Thundercat - Wesley's Theory
13 (14) (05) J. Cole - No Rule Modelz
14 (20) (03) First Aid Kit - My Silver Lining
15 (12) (07) Craig David & Big Narstie - When The Bassline Drops
16 (ne) (03) Breakbot (feat. Irfane) - Get Lost
17 (ne) (07) The Weeknd - In The Night
18 (11) (13) Adele - Hello
19 (ne) (01) Robin Schulz feat. Francesco Yates - Sugar
20 (ne) (04) ぼくのりりっくのぼうよみ - sub/objective






ここ数年、「音楽の好みがすっかり固定化しちゃって」とぐだぐだ言い続けてきたんだけど、
今、ある友人(結婚おめでとう)がいつか言っていた
「人生には思ってもみなかった扉が突然開いてしまう瞬間がある」
という言葉をひしひしと噛みしめています。
まさかここに「イヤミ」とか書く日が来ると思わなかった。
アニソンは絶対ないと思ってたんだけどなあ。生理的に。
それよりはまだボカロの方が先だと思ってた。
初音ミクでさえまだ1曲も入ってきてないですからね。
なので2次元キャラが俺チャート記録残したのは10年前のCrazy Frog以来かな…

この「SIX SAME FACES」、シティポップっぽいという評があって、
確かにtofubeats作って言われたら信じるかも、って感じのトラックなんだけど、
個人的にずっと思ってた「アニソンとは、90年代末期の和製R&Bブームが起きず、
音楽業界も世間も景気のいいまま20年が経過したパラレルワールドのJ-Popでは?」
という仮説がやっぱり正しかったんじゃないかという気がしている。
この曲については、「おふざけのようで、すげえかっちりトラックが作ってある」
(なにせ六つ子ごとの6バージョン全部違うリズムマシンを使うという凝りよう!)
ってとこが90年代のお笑い芸人ヒットにとても近い感触というかスタンスだと思います。
KOJI1200とかブラックビスケッツとか藤井隆とか。








#09 レキシ feat. 阿波の踊り子 - SHIKIBU

おふざけのようですげえかっちりメロディが作ってある曲。
こういう人がアルバムチャートのTop10に入るってとこだけ見ると
日本って音楽偏差値アメリカなんかより全然高いんじゃねえかという気がしてくる。







#15 Craig David & Big Narstie - When The Bassline Drops

じわじわUKチャートを上がっててクレデヴィ復活なるかと注目してましたが
先週の最高位12位でとりあえず力尽きたっぽいです。惜しくもTop10入りならず。
とはいえ2007年の「Hot Stuff」(Let's Danceネタ!!)以来の高順位で、
しかもそれがこんなどストレートなガラージナンバーだったのはとても喜ばしい。
あとUK国民がこのサウンドを意外と忘れてなくてちょいちょいチャートで見るのも嬉しい。








続きを読む
posted by Skedge at 12:19| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする