2008年09月18日

9回目の気まぐれ: 3回目のビルボ

イビサ島から帰ってきてからしばらく更新意欲が起きずにほったらかしてましたが
更新意欲が起きたら起きたで旅ネタではなくたまにはチャートもの。
で今日が木曜日だったからBillboard(毎週木曜更新)。
めんどいので文字だけ(&リンク)更新。写真なし。スマン。


27 Sep. 2008 Billboard Hot 100

01 (02) (04) Pink - So What [Greatest Gainer/Sales] [1st Week @ No.1]
02 (01) (06) T.I. - Whatever You Like [Greatest Gainer/Airplay]
03 (03) (13) Rihanna - Disturbia
04 (05) (09) M.I.A. - Paper Planes
05 (ne) (01) Jay-Z & T.I. feat. Kanye West & Lil Wayne - Swagga Like Us [Hot Shot Debut]
06 (04) (21) Chris Brown - Forever
07 (08) (22) Ne-Yo - Closer
08 (12) (07) T-Pain feat. Lil Wayne - Can't Believe It
09 (53) (22) Estelle feat. Kanye West - American Boy
10 (15) (16) Lil Wayne feat. T-Pain - Got Money



おっと、T.I.がエアプレイのGainerを付けてるというのにPinkが強引に1位の座を奪っちゃいました。
Pinkはなんだか既に懐かしいあの「Lady Marmalade」(Christina Aguilera、Lil Kim、Myaとの共演)で1位を取っていますが
自身が主役での形は初のNo.1ヒット。DLで馬鹿売れしてますからねえ。
来月末発売の新作『Funhouse』からのリードカット。
2位T.I.もまだ赤丸付きなので来週以降も逆転劇があるかも知れません。
3位Rihannaは既に1位獲得済みながらまだまだ大ヒット中。

このメンツに続くのがM.I.A.っつうのもなんとも不思議な感じがしますねえ。
ポップ、リズミック/アーバン、モダンロックとジャンル跨ぎでエアプレイ獲得中。
3年前のGorillazと同じ分布ですけどもっと売れてます。


5位にいきなり初登場で飛び込んできたのはヒップホップシーンで今考えうる最強のメンツが集った1曲。
なんとなく主役2人が落ち目で客演2人の方が上り調子な気がするけど
しかもM.I.A.の今馬鹿売れ中の「Paper Planes」モロ使いという反則技です。なんだよそれ。
サンプリングされた曲とした曲がチャート上で隣り合わせになるって言うのも相当珍しい記録でしょうねえ。
T.I.とJay-Zの新作どちらにも収録されるとか。
ちなみにJay-Z以外のお三方は全員Top10内複数曲エントリーです。
Pink以外の9曲が全部アーバン系(M.I.A.とRihannaはやや毛色が違うけど)というのも
2000年代の前半っぽい雰囲気で昨今珍しい感じがしますね。


Top10の下半分も赤丸付きまくりのぱつぱつなことになっていて、
この中では週数の若いT-Painがやや強そう。
Ne-Yoは最初全然ヒットしないかと思ったら尻上がり的にヒットしています。
これだけのロングヒットならむしろ最高位2位ながらすーっとチャートを落ちて行ってしまった
「Because Of You」(前作のリード)よりもずっと成績がいいかも知れません。


それから53位→9位という凄い形で初のTop10入りになったEstelle。
ダウンロード販売を取りやめたらニセモノのカヴァー(というかカラオケ)がヒットしちゃったよ、という例として
Kid Rock「All Summer Long」と共にチャートファンの間ですごく話題になってましたが
(Kid RockのニセモノHit Mastersは一瞬Top20まで来た上、
今またThe Rock Heroesっていう別のニセモノまで凄い勢いで売れてる)
Estelleは早々に販売を再開した結果本来あるべき位置に収まりました。
そういやこの極端なV字チャートアクションってFergieの「Glamorous」もそうでしたね。

あとHot 100ってもともと「20週を超えた曲が51位以下になったら自動的にチャートから消える」という
足切りルールがあったんですが、この曲は先週21週目で53位だったけど足切りにあっておりません。
2年くらい前にRed Jumpsuits Apparatus「Face Down」が20週以上経過したまま51位以下をうろうろしてた
ことがありましたけど(その後Top40入りして最終的には24位まで行った)、
いつの間にかルールが変わったんでしょうかね。



今週のTop40新顔は5位のヒップホップオールスターズ含め以下5曲。

05 (ne) (01) Jay-Z & T.I. feat. Kanye West & Lil Wayne - Swagga Like Us Audio
16 (ne) (01) Taylor Swift - Love Story Video
21 (ne) (01) Fall Out Boy - I Don't Care Audio
33 (45) (03) Kevin Rudolf feat. Lil Wayne - Let It Rock Video
38 (42) (09) Jazmine Sullivan - Need U Bad Video


16位はデビュー盤からヒットをバカバカ出しまくったTaylor Swiftの注目の新曲。
この間も「Change」が10位に入ったばかりですがあれは北京五輪がらみの企画シングルで、
今回の方が2ndアルバム『Fearless』からの正式なリード。
たぶんアルバムは初登場1位でほぼ確定じゃないかと思います。
曲の方は意外にと言うべきか露骨なメインストリーム戦略は特にない、前作をほぼ踏襲した音。
たぶん今回はカントリーとポップ両方のラジオ局に同時にプロモーションを仕掛けてくると思うので
タイミングがカッチリ合えばチャート上の成績も期待できそう。
PVはロミオとジュリエットか?お姫様コスプレが実にお美しいですTaylor様。


21位はこちらも新作からのリードが初登場で入ってきたFOB。
前作からのリード「This Ain't Scene, It's An Arms Race」がいきなり2位に入って
度肝を抜いたのに比べるとちょっと寂しいスタートになりましたけどまあ
1週目でドンと40入りしてくる時点で凄いんですよね。
今回はちょっと重ため、且つエレクトロっぽい音を入れ込んできました。
今までの曲はサビメロへの持って行き方が強引だった印象があるけどこれはかっちり纏まってますね。
なんかどっかで聞いたことあるような音なんだけど何だろう?AFI?マリマン?
最近すっかり締め出しを喰らっているロック系チャートでもちゃんとヒットさせられるかどうか。


33位、Top40初登場となる新人Kevin Rudolfは何と何とあのCASH MONEY発・初のロックアクト。
白人です。CASH MONEYというと僕は全盛期を知らないので稼ぎ頭のLil Wayneと
社長のBaby (aka Birdman)以外誰が居るのか?ってイメージだったんですがこういう奇手を放ってきますか。
それもLil Jonがやってたクランクロック的な音じゃなくもっと普通のキャッチーなポップロックです。
かなりダンスミュージック色が濃くてなんかBodyrockersみたい。
アーバンミュージック全体がダンスっぽいことをやってるのもあって驚くほど違和感がありません。
流石にロック系チャートには顔を出しておらずリズミック系でもエアプレイはこれから、といったところですが
これはポップ局中心にかなりのヒットになりそうな予感。1発屋の予感もするが。
(関係ありませんがBodyrockersを解散したKaz Jamesは今度Macy Grayを起用した新曲出すそうですよ)

ちなみにLil WayneはTop40内で7曲同時エントリー!(Top100だと9曲!!)
ヒップホップ系がチャート上で衰退する中ひとりめっさ元気です。
これは全盛期の50 Cent以上の記録か?

#05 Jay-Z & T.I. feat. Kanye West & Lil Wayne - Swagga Like Us
#08 T-Pain feat. Lil Wayne - Can't Believe It
#10 Lil Wayne feat. T-Pain - Got Money
#26 Lil Wayne - A Milli
#29 The Game feat. Lil Wayne - My Life
#33 Kevin Rudolf feat. Lil Wayne - Let It Rock
#34 Lil Wayne feat. Bobby Valentino - Mrs. Officer
#45 Lil Wayne feat. Static Major - Lollipop
#87 Lil Wayne feat. Jay-Z - Mr. Carter



ラスト38位はよーやく入ってきました、R&Bチャートでは既に1位をひた走っている大型新人Jazmine Sullivan。
これがもうNightmares On Wax(新譜出たよー!)かっつうくらいのスモーキーなレゲエタッチのトラックに載って熱唱する
ソウルチューンで、今どきこんなのがチャートヒットになるか!という古風な1曲。
(ちょっと意外だったんですがMissy Elliottのプロデュース)
Clive Davis率いるJ RECORDSからの新人で、モロにポストアリキー狙いの臭いがぷんぷん。
と書くとなんだか若干お膳立てが過ぎる感じもするんですけど(笑)、
当の本人にどこまでのポテンシャルがあるか楽しみです。
とりあえず当面の競合相手はKeyshia Coleか。



[ Top100初登場 ]

#05 Jay-Z & T.I. feat. Kanye West & Lil Wayne - Swagga Like Us [Hot Shot Debut]
#16 Taylor Swift - Love Story
#21 Fall Out Boy - I Don't Care
#82 Joshua Radin - I'd Rather Be With You
#83 Brandy - Right Here (Departed)
#84 Jonas Brothers - Lovebug
#96 Montgomery Gentry - Roll With Me
#97 Alicia Keys - Superwoman
#98 Theory Of A Deadman - Bad Girlfriend
#100 Tim McGraw - Let It Go

男版Colbie CalliatみたいなJoshua Radinはこのご時世ならヒットするかもしれないので注目。
Brandyの新曲は5年ぶりくらい?レーベル首になるは交通事故起こすわで人生の修羅場に直面してましたが
この度KOCHから新作が出るようです。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | きまぐれチャート観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。