2008年11月11日

11月8日付の俺チャート晒し

こないだ10月だというのに雪が積もりましたよ。
10月の積雪(降雪?)は70年ぶりだってさ。
日はすんごい短くなるし、しょっちゅう雨が降ってるし、
いよいよ外出がおっくうな季節になってきたよ…(←もともと出不精なのに)。



8 Nov. 2008 / Week 44

01 (01) (07)
Kanye West - Love Lockdown
02 (07) (02) Herve feat. Plastic Little & Ny - Cheap Thrills
03 (02) (10) Eric Prydz - Pjanoo
04 (03) (06) Gym Class Heroes feat. The-Dream - Cookie Jar
05 (05) (06) Jordin Sparks - One Step At A Time
06 (08) (06) John Legend feat. Estelle - No Other Love
07 (04) (08) Monkey Majik - Brokedown
08 (11) (06) The White Tie Affair - Allow Me To Introduce Myself...Mr. Right
09 (ne) (01) Pendulum - Violet Hill
10 (15) (05)
Robin Thicke feat. Mary J. Blige - Magic Touch

17 (ne) (7) Rihanna (feat. Justin Timberlake) - Rehub
20 (ne) (3) Jennifer Hudson - Spotlight



ラジオ局で流れすぎて某氏をイラつかせているKanyeが1位。5曲目。取り過ぎ。
まあ実のところちょっと前には飽き掛けていてたのですが、
LMFAOのリミックスを発見して再生回数増えました。
エレクトロ歌モノヒップホップ。意味不明だがそうとしか言えない。
これ正規リリースしたらいいのにってくらいすごく良く出来てます。
Kanyeの出番はほんの最初だけで(笑)、
途中から原曲無視の他人の替え歌→別歌化していきます。
原曲無視系のリミックスで歌モノってちょっと珍しいかも。




#2 Herve feat. Plastic Little & Ny - Cheap Thrills (Data/Dubsided)

しかし11月の本命はコレなわけですよ。
あああああああああああああもう待ちまくった。
The Count & Sindenの"Countの方"としてもクラブヒットを連発している
HerveことJoshua Harveyさんによる、
Rihanna「Don't Stop The Music」、Fall Out Boy「Beat It」に続く
マイコー25周年記念盤販促カット(byはまべさん)の第3弾。「Thriller」モロ使いです。
この異常なテンションはMark SummersとかIllicitとかの
ディスコな無法者たちを思い出させるものが(笑)

去年DUBSIDEDっつうフィジェットハウスレーベルからリリースされてた時点で
ネタがネタだけに随分話題になっていたようですが(その頃は知りませんでした)、
今年に入って天下のDATAがライセンスを取得、しかも
ラップと女Vo.入りのVocal Mixまでこさえちゃったものだからさらに大騒ぎ。
長らくDATAのプロモ12"くらいしか入手手段がなかったので
僕はずっとおあずけ喰らってそのまま憤死しそうになってたのですが、
先ごろMOSの恒例年の瀬コンピ『The Annual 2009』に収録されたことで
年明け前に無事Juno Recordsダウンロードで買えました。長かった。

ラップをやってるPlastic Littleはフィラデルフィアの4人組、
またノンクレジットなのにラップ以上に目立っている正体不明の女Vo.は
どうやらThe Count & Sindenの新曲でも歌っているNyという人で間違いないようです。
狂ったような量でリミックスもばかすか出てるので、
あとはなんとかCDSでも切っていただきたい。もちろん買いますのでね。
つかこれポップチャート入らないかなあ。15位(UK)あたりでいいんで。



しかし最近は著作権の絡みからか、埋め込みが出来るクリップが少なくなってきたなあ。



#9 (1wk) Pendulum - Violet Hill (Atlantic)

『In Silico』からの4thシングル…ではありません。冬に向けて4枚目のシングル切るとか言う情報もあるのですがこれは別で、BBC Radio 1の人気番組Live Loungeに出演した際に披露したColdplayのカヴァー。まあRob Swireは歌が本業の人じゃないので歌唱力に若干難ありなのは大目に見るとして、結構かっちりはまってます。相変わらず全然ドラムンベースじゃなく、サイバーロックとでも言うべき感じですが。こないだ出たこの番組のコンピに収録されているほか、DL販売が公式サイトでのみされてます(つまりiTMS未発売)。なんかアルバムの新装盤が出るらしいとも聞いているので(つか既にスペシャルエディション出したやん)、もし本当ならこれ追加収録すんだろうな。




#17 (7wks) Rihanna (feat. Justin Timberlake) - Rehub (SRP/Def Jam)

なんとなんと、『Good Girl Gone Bad』からまだ切ります。新装盤追加曲の「Take A Bow」「Disturbia」抜かしてもこれで5曲目のカット。これだけ切ってもまだシングル候補に出来る曲が残ってるのがこのアルバムの凄いところですが。しかしアルバム発売から1年半もすればさすがにヒットはしないだろう…と思ったらR&RのCHR/Popでは既にTop40入りしていて、しかもアルバムにはクレジットのないJustin Timberlakeの名前が。改めてデュエット版として再レコーディングしたのでしょうか?そもそもこれJustinとTimbalandのペンによる曲で、もともとのアルバムヴァージョンでもチラっとJustinらしき男Vo.が挟まるのでそれをわざわざfeat.表記してるだけかもしれませんが、ビデオは二人で撮影してるみたいです。曲はモロに「Cry Me A River」「What Goes Around...」系の、別れた後のことをいつまでもネチネチ言い続けてる風などよーっとした変則バラード。こういうダークな装いがすっかり板に付きましたね。ほんの3年くらい前には「If It's Lovin' That You Want」とか歌ってたのに。



#20 (3wks) Jennifer Hudson - Spotlight (Arista) [YouTube]

アメリカン・アイドルでの落選から一転して映画『ドリームガールズ』で称賛を浴び、いよいよ送り出してきたデビューアルバムは初登場全米2位、9月には恋人との婚約も発表し公私ともに順調だったところに先月末突然、親族間の殺人で母・姉・甥を亡くすという非常に痛ましい悲劇が降りかかったJennifer Hudson(詳細はnotraxででも)。日本のTVでもニュースになったんでしたっけ?プロモ来日も中止になったようだし…というかこれじゃまともにプロモーションなんぞ出来ないしファンでなくとも心配になりますが、とりあえずこのデビューシングルは順調にヒット中です。今ビルボ25位。チャートの動き的には事件の影響はプラスにもマイナスにも出ていない感じですね。R&Bチャートでは既に1位を取って頭打ちなのですが、実はポップ系ラジオで全然かかってないのでまだ伸びしろは充分か。UKでもそこそこ売れてて今んとこ最高11位。実はポジション的に売りにくい人だと思うのですが、「映画で評判になった歌唱力はもちろん生かしたいけど、かといって”濃く”作り過ぎたらラジオでかけてもらえないし…」というジレンマがたぶんあるだろう中、Ne-Yo作のミディアムバラードで結構うまい中庸ポイントに着地した感じです。綺麗に作ってある曲なので、あんな事件があった後だとどうしても聴くたびになんだかしんみりしてしまいますね…。亡くなった方々のご冥福をお祈りします。


posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「Love Lockdown」のREMIX聴きました!カッコイイねー
私は原曲もかなり好きなのですが、海外ではちゃんとヒットしてるのでしょうか?日本では反応が今ひとつのような。
しかしKanyeさん、「アルバムは“大学中退”“登録遅延”“卒業”ときて最後は“就職”」と言っていたのに、全然違うタイトルだし。

ところで私はすけっじさんが小室サウンドについて言及してくれるのを待っているんですけど(笑)あんまり思い入れってないんだっけ?
Posted by サイコ at 2008年11月11日 13:05
>サイコさん

>Love LockdownのRemix
おお、サイコさんこういう音でもイケますか。ちょっと意外。でも僕も結局オリジナルの方をはるかにたくさん聴いてますよ。USではエアプレイでかなり苦戦してるようですね。こんなオルタナソウル的な音は受け皿がないんでしょう。UKでさえさすがに8位どまりだし。

>小室サウンド
思い入れありまくりですよ!!!ありすぎて長文になることが分かりきってるので、結局手をつけられずにいるだけです。だからせめて今回の記事中で”予告”しとこうかと思ったんですが、Jennifer Hudsonの事件に触れた後で「小室逮捕」とか書くのもなんだか気が引けたので(というのも、やっぱりこの人の転落劇に対してはさびしいとか悲しいって気持ちはもちろんある一方、揶揄するような気持ちもないではないから、Hudsonの件と並べるのもどうかと思って)書いた後で削除したんですよ。そしたらサイコさんのこのコメントでしょ(笑) どんなシンクロニシティ。ちなみにサイコさんの1位ソングは僕にとっても原点ですよ。でも1位ではないなあ。というか当時はヒットする小室サウンド全部好き!くらいの勢いだったから、どれが1番ってのは選べないなあ。今聞くと恥ずかしいの・今聴いてもカッコいい補正が加わると余計分かんなくなるし。

と、コメント返すだけでもこんな不釣合いな長文になるわけで(- -; というわけでそのうち必ず書きますよ。もうその頃どんな音楽生活してたかとかそういう思い出話ももろもろ込みで。
Posted by Skedge at 2008年11月11日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。