2008年12月16日

10回目のきまぐれ: Billboard年間チャートを見ながらああだこうだ

コメント欄にパスワードを設定して以来初めてスパムコメントが。
東京パフォーマンスドールバリアが突破されたことにショックを隠しきれません。


==================


http://www.billboard.com/bbcom/yearend/index.jsp#

全国1万8000人(個人的な推計)のチャートヲタのみなさん、
ビルボの年間チャート発表されましたよ!
こないだのグラミー予想のときのごとく、
適当にかいつまんで適当にくだを巻きます。
例によって補足・訂正はコメント欄任せ!



Billboard 200 (Album Chart)

01 Alicia Keys - As I Am 3,628,381
02 Josh Groban - Noel 3,333,285
03 Lil Wayne - Tha Carter 2,671,291
04 Eagles - Long Road Out Of Eden 2,051,352
05 Taylor Swift - Taylor Swift 2,042,003
06 Kid Rock - Rock N Roll Jesus 1,978,083
07 Coldplay - Viva La Vida Or Death And All His Friends 1,905,661
08 Various Artists - Now 26 1,677,932
09 Garth Brooks - The Ultimate Hits 1,614,214
10 Carnival Ride - Carrie Underwood 1,613,962

ソースがチャートマニアのフォーラムですが、セールス数も出てたので転載。
昨年末にJosh Grobanが唸るような勢いでアルバムを売りまくっていましたが
アリキーが逃げ切りましたか。1位2位ともに集計期間ほぼ丸々いっぱい…
いや、最初の数週分は昨年分でカウントされてるか?
その2枚も含め、2007年発売のアルバムが10枚中7枚という結果に。
Eagles、Taylor Swift、Garth Brooks、Carrie Underwoodあたりは
それぞれ実売数はこの倍から3倍くらいのはず。
驚いたのはKid Rockで、「All Summer Long」のヒット一発で
ここまで売りぬいたんですね…。しかし年間6位で200万枚を割るとは。
R-35/アラフォー世代にアピールできる作品が売れるのは日米どちらも同じ、
という並びの中に強引にTop3に割り込んだLil Wayneに乾杯。



Hot 100 Songs

01 Flo Rida feat. T-Pain - Low
02 Leona Lewis - Bleeding Love
03 Alicia Keys - No One
04 Lil Wayne feat. Static Major - Lollipop
05 Timbaland feat. OneRepublic - Apologize
06 Jordin Sparks feat. Chris Brown - No Air
07 Sara Bareilles - Love Song
08 Usher feat. Young Jeezy - Love In This Club
09 Chris Brown - With You
10 Chris Brown - Forever

昨年末から首位を独走したFlo Ridaがそのままストレートに年間1位。
ただこれデビュー曲にして10週1位、という記録の割に
センセーショナルな感じはあんまりなく、現に彼のアルバムも驚くほど売れなかったので
感触としてはむしろ「Macarena」とかみたいなノベルティヒットに近いのかな。
Chic「Le Freak」以来30年ぶりに2回の返り咲き1位になったLeonaも
肝心のアルバムの方ではシングルの売れ行きほどには振るわなかったし
新人が1、2フィニッシュの割にはちょっと「新人不作」の感も。
Chris Brownが何気に3曲Top10入り。
圏外ではRay J & Young Burg「Sexy Can I」(11位)に驚きました。
こんなにヒットしてたんかこれ。周囲の並びから思いっきり浮いてます。



Pop 100 Songs

01 Flo Rida feat. T-Pain - Low
02 Leona Lewis - Bleeding Love
03 Chris Brown - Forever
04 Katy Perry - I Kissed A Girl
05 Jordin Sparks feat. Chris Brown - No Air
06 Jesse McCartney - Leavin'
07 Rihanna - Disturbia
08 Rihanna - Take A Bow
09 Timbaland feat. OneRepublic - Apologize
10 Lil Wayne feat. Static Major - Lollipop

Pop 100だとHot 100のTop10のうち4曲が入れ替わり。
Rihannaの上昇が目立ちます(「Don't Stop The Music」も11位)が、
Jesse McCartneyがこの位置にいるのは他の曲の
Hot 100でのチャート順位からするとダークホース。
僕の周囲では「昔の方が良かった」の声多数でしたが
R&R(CHR/Pop)では1位取ってたんですよね。



Hot Ringtones

01 Grupo Montez De Durango - Adios Amor Te Vas
02 Koji Kondo - Super Mario Brothers Theme
03 Henry Mancini - Pink Panther
04 Soulja Boy Tell'em - Crank That [Soulja Boy]
05 50 Cent feat. Olivia - Candy Shop
06 Afroman - Because I Got High
07 Nickelback - Rockstar
08 J. Holiday - Bed
09 50 Cent & Olivia - Best Friend
10 Plies feat. T-Pain - Shawty

もう一つHot RingMastersってチャートもあるんですが
おそらくそれは日本で言う着うた、こっちが着メロ、なんだと思います。たぶん。
んでRingMastersの方は順当に今年のポップヒットが並んでるんですが
着”メロ”とくればやはり我らがKoji Kondo。今年も鉄板です。
しかしあまりにもアーバン系に偏りすぎたこのラインナップは、
”着メロをダウンロードする人は着うた機能の付いてない携帯を使っている
→新型携帯をほいほい買えない→貧しい→黒人”、みたいな図式?
考えが単純すぎ?それにしたって数あるアーバンヒットの中で
何故これが?みたいな微妙な曲が並んでますが。
Afromanなんてこれこそ着うたの方が楽しいと思うけど。
着信するたびに「たららったった〜♪」みたいな。



Hot R&B/Hip-Hop Songs

01 Alicia Keys - Like You'll Never See Me Again
02 Keyshia Cole - I Remember
03 Mary J. Blige - Just Fine
04 Keyshia Cole - Heaven Sent
05 J. Holiday - Suffocate
06 Lil Wayne feat. Static Major - Lollipop
07 Jazmine Sullivan - Need U Bad
08 Alicia Keys - No One
09 Jennifer Hudson - Spotlight
10 Trey Songz - Can't Help But Wait

女王Mary J.を抑えてアリキーがトップ、それをKeyshiaが猛烈に追撃。
R&B女Vo.世代交代が今まさに進みつつある現状を
そのまま切り取ったような並びになってるのが非常に面白いです。
どれもポップチャートでは中ヒット程度だったけど
R&B市場では大ヒットしてたんですね。
というかこのチャート、ポップ局でも大ヒットした曲が
意外なくらい少ないです。これも時代の流れですか。



Hot Rap Songs

01 Lil Wayne feat. Static Major - Lollipop
02 Flo Rida feat. T-Pain - Low
03 Plies feat. Ne-Yo - Bust It Baby Part 2
04 T.I. - Whatever You Like
05 Lil Wayne - A Milli
06 Webbie feat. Lil' Phat & Lil' Boosie - Independent
07 Lil Wayne feat. T-Pain - Got Money
08 David Banner feat. Chris Brown - Get Like Me
09 Young Jeezy feat. Kanye West - Put On
10 Rick Ross feat. T-Pain - The Boss

今年の3大ラップヒット「Lollipop」「Low」「Whatever You Like」の並びに
何故か割って入るPlies。この人曲の出来は毎回いいんですが、
いつも他力本願で本人のラップスキルがどうとかそういうところに
全くスポットが当たらないので、それでシングルもアルバムも
かなりの勢いでヒットしているのが僕には長らく謎です。
それに続くのはたぶん今年のベストラップソングということで異論なかろう
Weezyの怪作「A Milli」。この曲みんな好き過ぎ。
圏外ではKanye Westの「Good Life」(11位)がちゃんと
ラップ/ヒップホップの文脈で評価されてるのが個人的に嬉しいのと、
発表されているTop25のうち(たぶん)唯一Hot 100でTop40に入っていない
Rick Ross「Here I Am」(22位)が目を引きます。



Hot Rhythmic Songs

01 Flo Rida feat. T-Pain - Low
02 Lil Wayne feat. Static Major - Lollipop
03 Ray J & Young Burg - Sext Can I
04 Usher feat. Young Jeezy - Love In This Club
05 Chris Brown - With You
06 Kardinal Offishal feat. Akon - Dangerous
07 David Banner feat. Chris Brown - Get Like Me
08 Plies feat. Ne-Yo - Closer
09 Colby O'Donis feat. Akon - What You Got
10 Ne-Yo - Closer

「印象の薄い顔の人だなあ」という印象しかなかっただけに
Colby O'Donisの高順位が意外です。
あとNe-Yo。このチャート見て見て思い出したけど
なんでR&Bチャートに居なかったんだ。
見返してみたら「Closer」76位。
これ本人的にはちょっと不本意なんじゃないのかなあ。



Hot Dance Club Play Tracks

01 Bob Sinclar & Steve Edwards - Together
02 Erin Hamilton - Control Yourself
03 Mark Picchiotti presents Basstoy - Turn It Up
04 Kristine W - The Boss
05 Janet - Feedback
06 Bimbo Jones - And I Try
07 Georgie Porgie - Can You Feel That Sound
08 Ono - No, No, No
09 Ultra Nate feat. Chris Willis - Give It All You Got
10 Dave Gahan - Kingdom

何とBob Sinclarが昨年の「World, Hold On (Children Of The Sky)」に続き
年間チャート2連覇。このチャートでのヒットのカギは原曲じゃなくて
いかにゲイ受けしやすいリミックスが作られてるかにかかってるにしても、
Bob Sinclarってこのチャートの上位にいるには毛色が違う気がするんですが、
こういうイノセント&ハッピーなダンスポップも受けやすいんですかね。
8位には日本からの常連オノ・ヨーコ女史もランクイン。
「ジョンもきっと天国で喜んでると思うわ」。



Hot Dance Airplay

01 Ida Corr vs Fedde Le Grand - Let Me Think About It
02 Bellatrax feat. Sophia May - I Can't Help Myself
03 Lady GaGa feat. Colby O'Donis - Just Dance
04 Filo & Peri feat. Eric Lumiere - Anthem
05 Ercola feat. Daniella - Every Word
06 Estelle feat. Kanye West - American Boy
07 Kaskade & Deadmau5 - Move For Me
08 Ne-Yo - Closer
09 Leona Lewis - Bleeding Love
10 Rihanna - Disturbia

ハードハウス系が強いClub Playに対してAirplayでは
UKチャートでヒットするようなハウスやユーロポップが強いんですが
年間を制したのは昨年UKでもヒットした「Let Me Think About It」。
ごくごく限られた層でとはいえ、Fedde Le Grandみたいなひとクセある音を作る人が
USの年間チャートを制するというのも不思議な感じ。
しかしClub PlayもAirplayも知らない曲ばっかりだなあ。。。



Hot Country Songs

01 James Otto - Just Got Started Lovin' You
02 George Strait - I Saw God Today
03 Alan Jackson - Small Town Southern Man
04 Darius Rucker - Don't Think I Don't Think About It
05 Blake Shelton - Home
06 Phil Vassar - Love Is A Beautiful Thing
07 Trace Adkins - You're Gonna Miss This
08 Keith Underson - I Still Miss You
09 Rodney Atkins - Cleaning This Gun [Come On In Boy]
10 Brad Paisley - I'm Still A Guy

さすがに普段からカントリーチャートは見てないので正味の話
この並びがどうなんかよく分かりませんが、いやしかし1位James Ottoですか。
どんな曲だか覚えてないよ。
Alan Jackson「Good Times」(12位)やSugarland「All I Want To Do」(28位)
なんかはもっとヒットしてたような印象だけどこれは集計期間の都合かなあ。
最近凄いタイトルの作品を連発しているToby Keith師匠(タカ派)の
凄いタイトルの曲「She Never Cried In Front Of Me」は惜しくも11位。
カントリーチャートでのエアプレイが大ヒットに一役買っていたはずの
Kid Rock「All Summer Long」は意外と低くて42位でした。



Hot Latin Songs

01 Flex - Te Quiero
02 Mana - Si No Te Hubieras Ido
03 Enrique Igesias - Donde Estan Corazon
04 Juanes - Me Enamora
05 Los Dareyes De La Sierra - Hasta El Dia De Hoy
06 Vincente Fernandez - Para Siempre
07 Luis Fonsi - No Me Doy Por Vencido
08 Juanes - Gotas De Agua Dulce
09 La Arrolladora Banda El Limon - Sobre Mis Pies
10 Vincente Fernandez - Estos Celos

こっちはもう覚えてないどころか素で知らない曲ばかりですが、
唯一知ってるFlexの「Te Quiero」(通称”的エロ”)が1位。
Hot 100の下位でロングヒットになってた(=ラテンチャートで首位独走)ので
そのまんま妥当な結果ということでしょうか。
上位はEnrique、Juanes、Luis Fonsiといったビッグネームが独占してますが、
Wisin & Yandel(17位、19位、36位)やDaddy Yankee(22位)の名前を見るにつけ、
アメリカのラテンコミュニティではまだまだレゲトン健在のようで。



Mainstream Rock Songs

01 Puddle Of Mudd - Psycho
02 Disturbed - Inside The Fire
03 Saving Abel - Addicted
04 Seether - Fake It
05 Sixx: A.M. - Life Is Beautiful
06 Seether - Rise Above This
07 Theory Of A Deadman - Bad Girlfriend
08 3 Doors Down - It's Not My Time
09 Shinedown - Devour
10 Theory Of A Deadman - So Happy

アメリカのロックチャートはどれもHot 100への影響が小さいので
これもよう分らんのですが。Puddle Of Muddって「Blurry」しか知らないなあ。
個人的に今すごく気になってるのは圏外18位と22位に2曲送り込んでいるApocalyptica。
フィンランド出身のドラム1+チェロ3という凄い構成のメタル(?)バンド。
18位の方「I Don't Care」は今もヒット中でHot 100にもチャートインしてます。
今年はDragonforceのまさかの100ヒットに始まり、
Metallicaのアルバム首位独走&シングルTop40ヒット、
AC/DCは9年ぶり、Gunsも遂に17年ぶりに新作発表と
なんかやたらHR/HM勢のトピックが多かった印象が。



Hot Modern Tracks

01 Foo Fighters - Let It Die
02 Foo Fighters - The Pretender
03 Weezer - Pork And Beans
04 Puddle Of Mudd - Psycho
05 Seether - Fake It
06 Seether - Rise Above This
07 Foo Fighters - Long Road To Run
08 Disturbed - Inside The Fire
09 Linkin Park - Shadow Of The Day
10 Linkin Park - Given Up

フーファイが1、2フィニッシュとは。。。
つか「The Pretender」が今年の集計でまだ2位に引っかかるっつうのがすげえ。
これ何週1位だったんだっけ。18週?確かこのチャートの新記録でしたよね。
しかし仮にも”オルタナ”系主体のはずのこのチャートが
新人不在のまま特定の数バンドに上位独占されてていいのかしらん。



Hot Triple A Songs

01 Jack Johnson - If I Had Eyes
02 Jason Mraz - I'm Yours
03 Coldplay - Viva La Vida
04 Matt Nathanson - Come On Get Higher
05 Ingrid Michaelson - The Way I Am
06 Death Cab For Cutie - I Will Posses Your Heart
07 O.A.R. - Shattered [Turn The Car Around]
08 Counting Crows - Come Around
09 R.E.M. - Supernatural Superserious
10 Jack Johnson - Hope

Jack Johnsonの新作はいまいち存在感が無かったような気がしてたんですが
さすがこのチャートでは大ヒットしてたわけですね。
つうかこのTop3分かりやすすぎだろ。どっちかというとアダコンチャートっぽい。
それでも下位にはSteve Winwood + Eric Clapton(32位)、Bruce Springsteen(34位)、
Robert Plant + Alison Krauss(36位)にPretenders(!)(37位)なんかのベテランや
Duffy(16位)、KT Tunstall(24位)、Newton Faulkner(35位)あたりのUK勢も入り乱れた
多彩なラインナップになってますね。
リベラル寄りのインテリが好きそうな並びです。



Billboard Japan Hot 100 Songs

01 GReeeeN - キセキ
02 青山テルマ feat. Soulja - そばにいるね
03 サザンオールスターズ - I Am Your Singer
04 Mr. Children - HANABI
05 キマグレン - Life
06 Mr. Children - Gift
07 嵐 - Truth
08 嵐 - One Love
09 Coldplay - Viva La Vida
10 羞恥心 - 羞恥心

集計期間まるまる日本に居なかったのでよくわかんないっちゃあわかんないんですが
まあそこそこ順当な並びになってるような感じはします。
ジャニーズ勢の置きどころはここら辺が妥当なんでしょうね。
嵐とColdplay、どっちの曲がより「ヒット」したのかってすごく面白い並びですが(笑)。
でも羞恥心は全然もっと上だと思う。
あとエアプレイをどんな比率でやってるか知らないけど、
あまりにも洋楽が多すぎるのはいくらビルボードの名前でやってるにしてもいかがなものか。
Leona Lewis(11位)が安室(12位)や「ポニョ」(17位)より上なわけがないだろう。



Billboard Japan Top Albums

01 Exile - Exile Love
02 安室奈美恵 - Best Fiction
03 コブクロ - 5296
04 Exile - Exile Catchy Best
05 B'z - B'z The Best "Ultra Pleasure"
06 宇多田ヒカル - Heart Station
07 GReeeeN - あっ、ども。おひさしぶりです。
08 Dreams Come True - And I Love You
09 浜崎あゆみ - A Complete〜All Singles〜
10 Bump Of Chicken - Orbital Period

あれっ、『Best Fiction』が1位じゃないんだ。
こうして見てみると、ベスト盤でもなく、シングル大量収録戦法にも頼っていない
GReeeeNが思いのほか優等生に見えてくる。
いつ見てもこのタイトルはイラっとくるが。
下位だとDoubleが、安室との共演曲を入れたコラボベスト(52位)の方が
普通のオールタイムベスト(91位)よりずっと売れてるというのが気になる。
”コラボベスト”なんてしょうもない切り口の編集盤をみんな気軽に出し過ぎ、
と思ってたらそっちの方が売れちゃうようじゃね…。
洋楽最高位はColdplayの47位。童子-Tのセルアウトアルバムと
m-floのベストアルバムの間。日本では未だにそんな微妙な位置か。
あとSlipknot(95位)の場違い感が素敵です。
もう2008年は”Lil Wayneとメタルの年”でいいよね。いいのか。
posted by Skedge at 00:00| Comment(6) | きまぐれチャート観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです^^

あとタイトルのとこの文章切ないww

あとパフォーマンスドールだったんだww
Posted by チャオ at 2008年12月17日 04:18
モダンロックが激しくつまらなくなってますね。REMもトリプルAになっているとは。。。
Posted by mz at 2008年12月17日 07:02
>チャオさん

そんなところから流れゆく歳月を実感する日々です。もうにきびもアゴとかにしか出来ないしな!


>mzさん

またベテラン/大物のばっかりなのがつまらないですよね。ひょっとしたら米語の"modern"は「90年代が忘れられない」とかそういう意味なのかもしれません。
Posted by Skedge at 2008年12月18日 07:29
ちなみにオリコンのシングルセールスTop10だとこうなります。

1.嵐 -truth/風の向こうへ
2.嵐 -One Love
3.サザンオールスターズ -I AM YOUR SINGER
4.GReeeeN -キセキ
5.羞恥心 -羞恥心
6.HANABI -Mr.Children
7.そばにいるね -青山テルマ
8.DON'T U EVER STOP -KAT-TUN
9.LIPS -KAT-TUN
10.Beautiful days -嵐

うーん、やっぱり昨年に続いて実情と離れている感じがしますね。その意味でBillboardの切り口の方がそれっぽい気がします。でもキマグレンは高すぎのような。エアプレイポイントが高いのでしょうか。

TPDはぱっと見東京・・・と同じだと思いましたが、語源とは思いませんでした。

>モダン・ロック
確かにこれはひどい。モダンのモの字も感じられません。また別にロックチャート増やした方がよいのでは?(笑)
Posted by se2 at 2008年12月18日 12:32
ここ10年以上(MATCHBOX TWENTYとかTHIRD EYE BLINDとかのつまんないバンドが入りだしてから)、Modern RockとかAlternativeって90年代以降のフツーのロックを指す言葉にすり替わってますよ。何を今さら(笑)。何か新しいものを期待したい人はCMJでも聴いてましょう。

まあ特定のバンドが上位を独占するってことはコンテンツ不足に陥ってる感もありますが、それも今に始まったことじゃないわけだし。

APOCALYPTICAの今回のアルバムはゲストヴォーカルを迎えた曲が多く、ヒットしてるやつは彼らの母体であるTHREE DAYS GRACEとかSTONE SOURとかの人気を持ち込んでいるんでしょうね。

オリコンでは嵐が1-2位独占でプリプリ以来だとか。
Posted by けい at 2008年12月19日 00:29
>se2さん

ジャニーズの並びがどれだけ妥当なのかさっぱり分からないのでスルーしますが(つかTOKIO紅白辞退して嵐かKAT-TUN出せよな)、サザンこんなに売れてたんですねえ。聴いたことないですが(iTunes Storeに出てないから)。キマグレンは確かに高すぎますよね。ビルボジャパンはエアプレイを過大評価しすぎてる気がします。あそこに配信加えたらちょうどいいバランスになるのに…

>TPD
設定時に記事でネタにしてたのですがスルーされました(笑) これからは「東京・パフォーマンス・ドール…」と念じながら打ち込んで頂けると嬉しいです!☆


>けいさん

>Modern RockとかAlternativeって90年代以降のフツーの…

2000年代も半ばにさしかかってからこういう音に触れ始めた自分としては、最初から「Alternativeって、”フツーのロック”と何が違うんだろ…?」とか不思議に思ってましたが。Kings Of LeonもArctic Monkeysも僕からすればフツーのロックなんですが、ここらへんはModern RockでかかってもMainstream Rockにはなかなか行かないことはもう理解出来てたので、両チャートの年間のメンツが同じすぎるところにびっくりしました(実は各ジャンルの年間をまじまじと見るのは初めてなので)。モダロク独自のヒットって年間上位には全然来ないんでしょうか?

>Apocalyptica
「I Don't Care」の方は最近ちょいちょい聴いてるんですが、メタルとかチェロとかフィンランドとかまるきり関係ない「普通のロック」ですよね。その辺も含めてdon't careということなんでしょうか。

プリプリは「Diamond」と「M」?と思ったら後者が前者のB面なんですね…初めて知った。
Posted by Skedge at 2008年12月19日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。