2006年02月08日

[Single No.102] Royksopp / What Else Is There? (2回目)

What Else Is There.jpg[TECHNO / ELECTRO HOUSE]

What Else Is There?
1. Radio Edit 3:37
2. Thin White Duke Mix 8:25
3. Vitalic Remix 5:13
4. The Emperor Machine Vocal Version 8:01
5. Trentemoller Remix 7:39
6. Jacques Lu Cont Radio Mix 3:46
7. The Emperor Machine Dub Version 7:51
Alpha Male
8. Live From Roskilde 8:15
-Enhanced-
Video (What Else Is There?)


Area: US
Label: ASTRALWERKS / EMI
Code: -
Release: Jan. 2006
Chart Pos: #32 UK



チクショーやってくれたなASTRALWERKS!!ダフパンの「Technologic」はついぞ出さなかったくせにこれは出すか!しかもこのトラックリストで!!


というわけで去年買ったUK盤CDSが事実上用を成さなくなっちゃった感じー。US盤のくせにきっちりVideoまで入れてあるからUK盤のExclusive音源はTWD MixのEditサイズのみです。これ目当てに買ったらマニアック杉。曲のことはUK盤の方の記事読んでけろ。


とにかくThin White Duke Mixのフルサイズが晴れてCD化ですよーぱひーぱひー(←祝砲)。んとに大変スバラシー出来ですのでやれめでたいめでたい。そしてさらに、同じくアナログオンリーだったVitalicもCD化ぱひー。ついでに誰だか知らないけどTrentmoller Remixもきちんとアナログから移植されちゃってさらに追加リミックスも3発ドンドンドン!あああああASTRALWERK様〜〜〜。


昨年大ブレイクした注目のVitalicは意外とフツーに四つ打ちフォーマットのアシッドなピコピコディスコー。SEがグラディウスっぽいですね。ファミコンの。最近ファミコンサウンド流行ってるよなぁ妙に。(ヒップホップだけどD4Lとかもそうだし) 

他にGroove Cruise的にはJacques Lu Contのリミックスも見逃せません。ていうかThin White Dukeと同一人物やん。ただミックスとしては全く別物で、こちらはヴォーカルを忠実に使ったややポップなリミックスで、もろMadonna提供曲路線です。今度はこれのFullが欲しくなるところだけど、サウンド的にはRadio Editで効くほうが味があるかも分からんね。


ちなみにUK盤では文字が超見にくくて確認できなかったサンプリングクレジット発見。「Love Me Love The Life I Lead」はElvisじゃなくてThe Driftersでした。後のサンプリングネタはJerichoの「Kill Me With Your Love」、あとヴォーカルのKarin DreijerはスウェーデンのエレポバンドThe Knifeのフロント。知ったように書いてますが全員知りません。


==================================
Listen It!

Jacques Lu Cont Radio Mix
Vitalic Remix

既出ミックスはUK盤CDSの記事参照ってことで。


posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。