2009年12月30日

第2回年間総括ミュージック座談会 2009

すっかり更新が途絶えて月刊化しそうな勢いの当ブログ、Groove Cruiseでございますが、
今年最後の更新は企画モノで行かせていただきやす。

今から遡ること4年も前にSaicishのサイコさん主催で行われた
「年間総括ミュージック座談会」。の、第2回です。
今回は当Groove Cruise主催。

つか今回も言い出しっぺ自体は第1回主催者のサイコさんで、
「またやりたい」と言ってた所に僕が「次はいつ誘いが来るのかと
4年前からずっと待ってましたよ」と応じ、2人でtippeeさんを巻き込む形で実現したんですが、
自分よりはるかに忙しい日程をこなしてる年下女子(サイコさん)捕まえて
もっかい仕切れ、ってのはなんだかいたたまれなくなったので
今回は自分が引き受けたという次第。
つまりこんなめんどくさいことホントはやりたくないんだよ!
こういうイベントごとは参加するだけなのが好きなんだよ!


そんな事情もあって通常更新ができなかった、というわけでもなく、
まあコレの編集作業も正直サボりがちだったのですが。
どこを残してどこをカットして、みたいな作業が邪魔くさいことこの上なかったので
本題に関係ないなれあい話や妙な話題に暴走したところも殆ど削らないで突っ込んだ結果、
2万字に迫る文字数、ロケ(?)時間にして4時間近い大スケールの企画と化しました。
一応2009年総括というテーマだったはずなので、去りゆく年を偲びつつどうぞ。



参加者:
サイコさん from Saicish
tippeeさん(aka サカキさん) from Put it on the Floor
Skedge from Groove Cruise:





Skedge : それでは皆さん。こんばんは。
サイコ : こんばんは。
tippee : こんばんわ。
サイコ : よろしくお願いします。
tippee : よろしくね。
Skedge : えーと、前回サイキッシュ主催でやった年末座談会の、第2回ということですけども。
サイコ : はい。
Skedge : 4年ぶりですよ、きっちり。
サイコ : ええ。
Skedge : 正直スパン空き過ぎでしょ。
tippee : そーですね(いいとも風)
サイコ : オリンピック(笑)
Skedge : まあそういうわけでいっそこれもオリンピックに準えて、
     参加者各人持ち回りで4年ごとの開催にしたら?と提案して
     今回音頭を不肖すけっじが取らせて頂こうと名乗りを上げさせて頂いた次第ですが。
サイコ : すげー先の見えない約束ですよね
tippee : 生きてるかなぁ、次回時…
Skedge : だから4年後tippeeさんが取るんですよ次回。
サイコ : 私27か…
Skedge : 年齢公表して良いの?
tippee : うちら30目前じゃね?
     こんなことしてていいわけ!?
Skedge : まー個人的には10回を目標にといったところですね。長生き。
サイコ : まあ、この中では若いんでw 年齢OKです。
tippee : ここらへんのやりとりは載らないよね?
Skedge : いや、載りますよ。
tippee : 下手なこと言えん。
サイコ : 編集者の腕にかかってますね。
     原稿チェックはありですか?
Skedge : 前回そんなの無かったじゃないですか。
     もうそのまま行っちゃいますよ。
tippee : 今回からはアリの方向で。


Skedge : では本題ですけども。
     まー「2009年音楽シーン総括」と言いましても、なかなか3人とも微妙に関心領域も違うし、
     そこまで「音楽シーン」とか気にしてねえよ、という話もあるしで、
     あんまり構えずに「今年どんなの聴いてたっけ?」ってのを
     自分なりに思い返す感じでよいのではないかと思います。
サイコ : 異議ありませんが、もしすけっじさんが考えている流れや項目などあれば…
Skedge : ぶっちゃけサイコさんが前回やった時のようなテーマ設定的なものを、
     正直あんまり考えておりません。
サイコ : あ、ないのね
Skedge : まあでも何もないというのもアレなのでとりあえずUSとUKのチャートから。
tippee : ちょ、いきなり音楽シーンw
Skedge : とりあえずですよ。 
     年間チャートはまだ出てないんで、とりあえずシングル・アルバムNo.1ヒットのリストを見て頂こうかと。
     まずビルボードシングル1位リスト。
     meantimeに非常に見やすいリストがありますので、
     これを眺めながら、何か角度のあるコメント、
     及び気の抜けたコメントを、さあ言ってみよう。
tippee : BEP(The Black Eyed Peas)長すぎ。
サイコ : 4月末から10月頭まで、一括でくくりたいですよね。

Boom Boom Powのシングルジャケアルバムのスペシャルエディションは赤ジャケ

Skedge : これ「Boom Boom Pow」がシングルのジャケ写で載ってますからね。
     これもアルバムジャケで載ってたら緑一色ですよ半年。
サイコ : 個人的に好きなのは(Jay-Zの)「Empire State Of Mind」くらい。
     ブリトニーの「3」は、彼女の復活を象徴してるようで嬉しかったけど。
Skedge : 僕も「Empire〜」は1位取ったとき嬉しかったですね。
     「Run This Town」で逃しただけに余計。
     「3」はまあどうでもいいです。
     いかにもベスト盤用新曲っていう力の抜け具合が手抜き臭いので。
tippee : マイヤヒかなぁ。(:T.I.「Live Your Life」)・・・ってこれ去年か!
     ならば言うことはない。
Skedge : マイヤヒライフは08-09の年跨ぎですね。一応OKじゃないですか?
サイコ : 正直、あまり感慨深さのないチャートです。
tippee : まじテンション下がるわこのチャート。
Skedge : 個人的にはJay SeanとOwl CityのNo.1は面白かったんですが。
tippee : Owl Cityってなんで売れてんの。
Skedge : 分からん。完全に楽曲の良さだけ独り歩きしてるとしか。

ドバイだと言われるまで気がつかなかった…

サイコ : (Owl Cityは、アルバムの)↑ドバイジャケしか憶えてません。
私の場合、この中でアルバム単位で持っているのは、
     LADY GAGA、BEYONCE、JAY-Zくらいですかね。
Skedge : 僕はこの中だとGaGa、Jay-Z、Flo Rida。
     BEPは買った翌日我に還ってすぐ売ってしまいました(笑)
tippee : GaGaのアルバムはRedOneの割には良かったと思うが。
サイコ : 私もGAGAは評価してます。こないだ出たFame Monsterは特によかった。
Skedge : でもGaga、1枚目はやっぱ低予算くさいですよ。
     『The Fame Monster』になって、鳴らしてる音のグレードがあがりましたよね。
tippee : それ聴いてないな。
     どうせ後からまたデラックスなやつが出ると思うと手が出せん。
サイコ : 1枚目は安っぽさを逆手にとっていて、面白いなと思ったけど、
     Monsterのほうは素直にしびれました。実は今も聴いてます。

実は同内容でジャケ写2種類あったりする



Skedge : じゃあせっかくアルバム話に来たんで、アルバム1位作品リスト行きましょうか。
     Wikipedia先生から
tippee : 大杉
Skedge : シングルではBEP、アルバムではTaylorタンぶっちぎりという結果ですね。
     もう毎週のように入れ替わってるのよこれが。
     それだけに年初めのテイラーたんの強さが際立ってる。

日本版含むインターナショナル仕様のジャケ元のUS盤ジャケ。こっちのほうが好きなんだけど…

サイコ : テイラーは間違いなくPeople Of The Yearですよね。
     ジャケの良さも際立っていた。
Skedge : ですね。
サイコ : ああいう、見目良くて比較的楽曲のいいアーティストって
     グラミー的にもウケがいいと思うんで息の長そうな予感。
Skedge : もう今年のグラミーは彼女一色だと思います。
tippee : またカニエ乱入してくんねーかな。
Skedge : 都合よくまたビヨンセと主要部門争いまくりですしね。
サイコ : むしろ出禁になったら面白い。
tippee : で、SPに腕掴まれて退場。BGMは中島みゆき。
Skedge : 江頭のようだ。
tippee : で、ビヨンセがフォロー→好感度上昇→終了、みたいな。
     実はまだテイラー買ってない。そろそろ買い時かな。
Skedge : 僕も買ってません。
     せっかく超デラックス盤出たのでいいタイミングだけど、
     でもなんかあの商売に便乗したくないなあという気持ちもありスルー予定。
サイコ : まあ、デラックス盤商法というのは今年のトピックのひとつではありますよね。
tippee : まじ辞めて欲しい。ヒットしてる時にアルバム買えねーじゃん。
サイコ : 私もDX盤ってほとんど買ったことないな。
Skedge : しかし出し直しじゃなくて、発売時から既に出てるやつもあるわけじゃないですか。
サイコ : 邦楽なんかは完全そうですね。
Skedge : むしろ発売時に複数種あっても、それ以上のアップグレード盤が出ないと
     ほぼ保証されてる邦楽の方がマシな気もする。
Beyonceの『I Am...Sasha Fierce』なんか凄いもん。
tippee : 同意。
サイコ : Upgrade U by Beyonce
tippee : やまだくーん
Skedge : そんなコケたシングル誰も覚えてねー。
サイコ : 私が憶えてるからいいんです!
Skedge : Beyonceのあれは、発売時で既にボートラ入れまくった
     Special Editionが輸入でも出てたし、
     日本ではサマソニで来日する頃にDVD付きが出動。
     そしたらこの間US盤で微妙にジャケ違いで、
     もともと2枚組だったのを1枚にまとめて新曲追加したのも出ました。
     もうどないせいと。
サイコ : やっぱね、コアなファンに売っていくしか
     レコード会社は活路が見出せないわけですよ。
     AKB商法。
Skedge : いやこれコアファン向けじゃないでしょう。
     ライトリスナー向けのメンツばっかりじゃん、新装盤商法やってるの。
サイコ : でも実際買ってるのって、
     そのアーティストの大ファンのほうが多いんじゃないかと思うんだけど。
     ライトリスナーは「あ、ラッキー♪」って買ってはいくんでしょうが。
Skedge : 客層がそんな金持ちじゃないでしょ。
     ビートルズやクリムゾンのリマスター買える人たちとは違うよ。
サイコ : 本当は市場そのものが縮小して、再びバランスを取り直さなきゃダメだと思う。
Skedge : 面白いなと思うのは、あっちのアーティストって
     プロモーション方法とかそういうことにもどんどん自己主張して、
     やれダウンロードはいいだ悪いだいろいろ意見が飛び交ってるじゃないですか。
     でも、この手の出し直し盤商法に何らかのステートメントを出してる人って
     何故か全然いないんですよね。
     どっかロックな方が、
     「こんなファンを馬鹿にしたようなやり口は狂ってる!」とか言いそうなのに。
サイコ : GAGAは今回の新装版について何か言ってたような気がするけど、
     そのへんについては、私は特にわからないなあ。
     ただ、上の話ですけど…
Skedge : はい。
サイコ : あ、友達がきた (注: ここでサイコさんしばらく抜ける)
Skedge : w
     じゃあ今絶賛放置気味のtippeeさん、出番です。
tippee : 私はこの件に関しては空気で。
     「とにかくやめてほしい」ってだけで、分析する気ににもならないですな。
     だいたい、こういうことやる奴らってのは、基本的に私の趣味の対象外ですし。
     中古で安く拾えれば御の字ってとこですかね。
Skedge : まあそれはありますね。
     どうせDX盤出そうだし、とりあえず今売れてる曲だけ落としとけば今はいいや、
     っつってスルー対象にしがちです。

tippee : そうそう。こういうことをやってくれたせいで、
     好きだったアーティストも嫌いになりそう。GaGaも。
Skedge : GaGaはそれでも「新曲追加の新装盤」じゃなくて、新曲だけのEPとの2枚組にして、
     EP部分をバラ売りもしてるという意味ではまだ良心的です。
tippee : でも、今後どうなるかわかりませんよ。
     くっつけて売る可能性のが高い。
Skedge : いや既にくっつけて売ってますって。
     バラ売りは、既に『The Fame』持ってる人or要らない人用。
tippee : じゃダメだ。だからメインストリームの音楽離れが進む。
     買うとしてもiTunesだな。
Skedge : という流れになるのが必然でしょうね。
     レコ会社の人はそんなことも分かってないのかねぇ?



(以下、サイコさんが抜けたということで対談も自然と中断し、
ブログには載せないという前提の近況報告などが続く)

tippee : あ、ところで、今TV見れる?
Skedge : いや、見れないです。テレビない。
tippee : 残念。NHKで超面白いのやってる。
Skedge : 何。
tippee : AKBの輸出、っていうドキュメンタリー。
     台湾とか韓国からも同じようなライバルが出てきて課題が山積み、とか言ってる。
Skedge : そんなもん、台湾は知らんけど女子アイドルは韓国圧勝でしょ、
     アナタのとこの記事見る限り。

     見たよあのCorinne Bailey Raeとか弾き語りする女子。
     あんなのが平然とキャンディーなポップやらされてる時点で勝ち目ねえ。
tippee : IUね。次は台湾かなと思う。
Skedge : ビビアン・スー以来の逸材来るか?
tippee : シンディ・ワンってのがヤバい。
     画像検索かyoutube検索推奨(あとで)。
Skedge : ていうかこの話題ってオフラインなの?つかこれ載せるぞ俺。
tippee : いや、これオフで。
Skedge : 載りますよヨユーで。洋楽縛りナシって宣言しといたじゃないですか昨日。
     だからそのシンディなんとかさんも画像付きで紹介されます!
tippee : でもこの部分はオフで。後でサイコさん来たら本気出してしゃべるから。
Skedge : 本気w

(編注: ↑結局その後本気らしい本気が見られなかったため掲載と相成りました)




Skedge : つかサイコさん想像以上に遅くね?
tippee : 友達と盛り上がりすぎてんじゃね。
Skedge : これもう次のタスク消化しちゃっていいすか。UKチャート。見るだけ。
tippee : いいよ、行こうじゃないの。
Skedge : ここのページの下の方までスクロールしとくれ。
tippee : 多っ
Skedge : まあ毎週のように替わってますからね。
tippee : マジ馴染みの曲ばっかですわ。こっちのがリアル。
サイコ : あ、ごめんね
tippee : おかえりいいいい
サイコ : まだ友達帰ってないんですが(編注:服を借りに来てたそうです)、
     フリーダムな子なのでこのまま時折参加しつつって感じで行きます。
Skedge : OK。
サイコ : 適当に進めててください。
Skedge : じゃ適当にトーク挟んできて下さい。
     ところでtippeeさんの「なじみの曲ばっか」発言、ちょい意外ですが。
     去年は、「イギリスに住んでるのに
     何が売れてんだかさっぱり聞こえてこない」とか言ってたじゃん。
tippee : (馴染みがあるのは)あくまでも前半ね。後半は日本(に戻ってきてる時期)だから。
     もちろん全部じゃないが、LilyとかFlo RidaとかTinchyとかPixieとか。
     さすがに1位になってるやつは聞き覚えあるよね。

日本ではまだ未発見生物扱いだけどUKでは大ブレイク中のTinchy Stryder、またの名をストライダーマンふぁっきゅ〜♪ふぁっきゅべーりべーりまぁあああっち♪

サイコ : 私はUKのチャートあんまりわからんなあ。USよりはごった煮で好きだけど。
Skedge : ただこれ、今年のUKの1位はごった煮どころかはっきり今年の色が出てまして。
     『bounce』(タワレコのフリーマガジン)でも触れられてたんですが、
     今年のUK1位って、ほぼ「アーバン×エレクトロ」一色なんですよ。
     これにクロスしない人々の1位はチャリティーものくらい(編注: あとオーディション系)。
tippee : いいじゃない。それでこそUK。
Skedge : 確かにUKらしいんですが、でも気づきました?
     今年、ロックバンドの1位が一つもないんです。
tippee : いいじゃない。それでこそUK。JLSとか注目に値する。
Skedge : いやいやUKはまだUSに比べたらちゃんとロック系・非アーバン系が1位取れる国、
     ってのが一つの特徴だったじゃないですか。
     JLSは実は未チェックでして。これBritain's Got Talent絡みですか?
tippee : X Factorでしょ。(編注: 共にUKで人気のオーディション番組名です)
     うちTVなかったから見てないけど
Skedge : あ、そうなの。
     Susan Boyleに勝った人々かと思ってました。
tippee : それはダイヴァーシティ。
     SUBWAYで注文頼んでる時に店内モニターでJLSのMVが流れてて、
    「誰だこいつら」と思ったら、翌日にチャートをチェックしたら、そいつら1位になってた。
     UKも突然の1位が多い。DLのせいかね。
Skedge : UKはもともと突然の1位って多いイメージありますけどね。
tippee : そうだよね。それを現地でモロに体感した感じ。
     現地にいてもそんなもん。という意味で、ヒット曲がヒットしてる実感がない、って言ったの。

謎の美女?

Skedge : ↑Pixie Lottなんてまさに「突然」って感じに見えましたが。
     未だにどういうコンテクストで出てきた・受けてるのか分からない。
サイコ : ごめん、UKチャート話にまったく絡めません。
Skedge : あれ、サイコさんがそこまでUKノーチェックだとは思ってなかった。
サイコ : 好きなアーティストは多いけど、シーン全体のことはようわかりません。
tippee : Pixie Lottのヒット要因については未だ謎だが、
     YouTubeやMySpaceがらみ説が有力。
     Lily Allenみたいな。




Skedge : じゃあここら辺にして、一応アルバムの方も同じサイトから。

客観的に見て今年のロックアルバムってMuseがベストという印象がなんかBasement Jaxxのなり損ないみたいなイメージしかないなこのアルバム…1位は獲ったけどセールス的にはコケたか…内容も賛否両論

     MuseやArctic Monkeys、Calvin Harris、ProdigyあたりがUK色でしょうか。
     意外なところではParamoreが獲ってる。
     ただチャート記録ってことで言うと、
     USでは出てこなかった、「マイコー大独走」なんですね。
     まあUSアルバムチャートでマイコーの影が薄いのは、
     ビルボードだとベスト盤=旧譜がリカレントチャートで集計されちゃってるから、
     っていうチャートルールの問題ですけど。
tippee : はぁ…

パン・茶・宿直
Skedge : お嫌いですか、ポゥ?
tippee : 嫌いではないですが。
     ま、ロンドンでコンサートやるつった直後に死んじまったから、いろいろあるんでしょう。
Skedge : 別にマイコーの死に関しては、特に感慨もない感じですか?
     …なんかすげえいじわるっぽい質問だな(笑)
tippee : 好きな曲はたくさんあるけど、思い入れは特にないかな。
     うちらは世代的にそうじゃない?フツウの人は。
Skedge : まあそれはそうですね。
     僕も正直亡くなってすぐの頃は「びっくり」以外の何もなかったんで。
tippee : でしょ。で、例の映画とか見て、
     「死んじゃってマジショックです!」とか言ってしまう、みたいな世代。
Skedge : 出勤してきて、会社の休憩室でニュース見て初めて知ったくらいですからね。
     「マイケル死んだと聞いて早退しました」ってインタビューに答えてる人(日本ね)がいて、
     一緒に見てた先輩と「そんな理由で早退していい会社!」とかすげー笑ってた。
tippee : 自分も大学のクリニックの患者さんがドタキャンしたんだけど、
     理由は「マイケル死んでショック」だった。黒人の中年女性。
Skedge : それ面白いなあ。
     まあ個人的には後々の、例の映画とか、もろもろの反響を受けて、
     ああやっぱ凄い人だったんだなってのを改めてぼんやりと認識してった感じ。
tippee : マイケルの偉大さを知るのは、これからだと思う。
     今後、マイケル作品を使った曲はどんどん出てくるだろうし。
サイコ : 私はマイケル死んだのすごい悲しかったけどなー。
Skedge : サイコさんは結構日記で書いてたもんね。
     もう死去のニュース直後から「ええええ?!!!!」なモードだった感じ?
サイコ : うん。朝起きてニュース見て、茫然としました。
Skedge : この差はちょっと面白いですね。
     「世代的に大したリアクションもないでしょ」っていう
     tippeeさんの意見に僕も同意なんですが、
     僕らより年下のサイコさんは何でそんなに思い入れが?
サイコ : もちろん私もリアル世代じゃないけど、
     ミッチー(及川光博)とかダレン・ヘイズとか、
     好きな男性アーティストの源流がマイケルだったんで
     そういう意味でもショックだったのかもしれない。
Skedge : ははあ。
tippee : なるほどー。
サイコ : あと、2005年のVideo Music Award Japanでナマで見たのでその思い入れはある。
Skedge : というかそもそもその時点での「マイコー生で見ちゃった!キャー!」感覚は
     ちょっと僕には分かんなくて。
     あの頃ってマイコー株絶賛底値だったじゃないですか。
     子どもベランダでぶらぶらさせたりだとか、40万円のミート&グリートだとか。
サイコ : 生で見たらかっこよかったですよ。
     あのミーグリはどうかと思うけど。
Skedge : やっぱりホンモノと対峙してみて分かるオーラ、みたいなのはあるんですかね。
サイコ : まあ私もミーハーなんで、少なからず今の状況に酔ってるってのはありますが。
Skedge : 僕もいずれ『This Is It』は見ておきたいなとは思います。年明けDVD出るし。
tippee : 結局は、個人の思い入れの差でしょうね(本末転倒)
サイコ : うん、でも思い入れに尽きると思うよ。
tippee : ダイアナ妃のときみたいだね。いきなり聖人になる感じ。




Skedge : えーと、あとどうしましょうか(笑)
サイコ : もっと楽しい話をしたいですw
Skedge : 一応今回、話題を洋楽に限定しないというスタンスでやろうと思ってまして。
     忘れられてると思うのですが
     ウチのブログ自体洋楽に限定しているつもりは更々ないので。
     なんで話題さえあればJ-Popとかも歓迎なんですが、
     個人的には今年からもうさっぱり分からなくなってしまいまして…
     なんかお二人、気になる動きとか、
     そこまでじゃなくてもよかった曲とか人とか、もしあれば。
サイコ : J-POPはとにかく嵐に尽きるんじゃないですか?
tippee : 気になる動きなどない!自分の好きな音楽聴くだけ。
Skedge : でもAyuse Kozueのインストアはよかったんでしょ?
tippee : コズエよかったよ。嵐は年間チャート荒らしですね。
サイコ : ここ1年くらいの嵐のシングル曲って、
     前に比べるとそれほどレベル高くないと思うんだけど、
     それでも1位連発するのは本当に人気があるってことだと思う。
Skedge : 「Love So Sweet」とか、2年くらい前あたりでいい曲立て続けに出してましたから、
     「嵐ならハズレなく買える」っていう安心感があって
     ライトリスナーも巻き込めるんでしょうね。
     その結果がオリコン年間チャートの上位独占なわけでしょう?
tippee : 今年一番売れた嵐の曲って何?
Skedge : まだ正式な年間チャートは出てないけど、暫定1位は「Believe」だって。
     記憶にはないけど・・・。
tippee : それ聴いたことないな・・・。
サイコ : そう、今年の嵐はあんまり曲名と中身が一致しない。
     でも売れてるからすごいんだけど。
tippee : 「truth」とか去年のよかったけどねー。
     年間チャートはなんか各アーティストの信者数ランキングになってますね。
Skedge : 競合相手がEXILEとかだからね。
     信者vs信者感は確かにある。
     まあでもそれ言ったらPerfumeとかだってファン=信者だし。
     てかジャニーズといえばさ、
     いつの間にKAT-TUNの社内プライオリティあそこまで下がったの?
サイコ : KAT-TUNはメンバーにやる気がないor空回りしてるから…
     あれだけスキャンダルが多いと、CMとかでも使いにくいんでは?
Skedge : (KAT-TUNって)数年前にはTOKIO差し置いて紅白説もあったのに、
     嵐のバーターで出演枠増えたとこに入ってきたのが中山優馬ってちょっとびっくりした。
tippee : 中山なんとかって何者なの?
Skedge : ってあれ、中山じゃなくてNYC Boys名義だっけ?
     僕も何者かは知りません。
tippee : 「中山=カッコいいさかなクン」というコメントをどこかで読んだ。
ギョギョ旨!
Skedge : カッコいいさかなクンってWill Smithじゃないの?w
サイコ : 中山君は恋する悪魔です。
     (編注: 中山君の出てたドラマ。正しくは「恋して悪魔〜ヴァンパイアボーイ〜」)
Skedge : ヴァンパイアボーイの子でしょ。それは知ってるけど、
     どっから湧いて出たのよ。それ以前からJr.の中では人気あったの?
tippee : ああああ!それ1回見たわ!
Skedge : てかあれ、タイトルだけで勝手に『Twilight』崩れのドラマなんだな、
     って認識してたんだけど合ってる?w
サイコ : あってるとおもう!
tippee : なるほど、そういう系だったのか。
サイコ : あの子は確か関西ジュニアで、異例の出世スピードでしたよ。
     ちなみにお姉ちゃんはハロプロだかなんだかのメンバー。
Skedge : へえ、関西ジュニアのほうなんだ、それだと一般人(含む俺)は知らないわけだ。
サイコ : あとNYC Boysは、中山くんがメインではあるけど、
     うしろのHey Say Jump組も意外と厳選されたメンバーなので
     ジャニー的には今後を見据えて彼らをバーターにしたのでしょう。
Skedge : あ、あれ後ろHey Say Jumpなんだ!
サイコ : それに未成年だから、カウントダウンコンサートに出られないので、
     そういう意味でも紅白に出すほうが効率的だったのだと思われる。
Skedge : なるほど、それは納得いく。
tippee : さすがサイコさんだ・・・
サイコ : 全部がHey Sayじゃないですけどね。
     山田涼介は『古畑中学生』をやった子で1月クールのドラマにも主演するし、 
     知念くんも結構人気のある子なので。
Skedge : へえ、あそこからももうバラ売り盛んなんですね。
     僕未だにNEWSあたりの識別できないんだけどこれじゃついてけないよ。
tippee : 山田くんは汐留で見たよ。



Skedge : えーと、ところでこの対談的には
     「今年の日本にはジャニーズ以外見るべきところはなかった」
     でよいのでしょうか?(笑)
tippee : ジャニ情報止まんないっすね。
サイコ : 友達がさっき帰ったんでw
Skedge : 本格復帰か。
     なんか他に日本産ので聴いてたやつあります?
tippee : 着うた歌姫はトピックじゃない?
Skedge : あ、そうですね。着うた歌姫はこないだサイコさんとは色々話しましたが。
     あの時僕「なんで西野カナはいきなりアルバムで売れたの?」とか言ってたけど、
     その後シングルでもTop10入りしてませんでしたっけ?
    (編注:「もっと…」で初のTop10、6位)
サイコ : 西野カナは結構本格的にブレイクしましたね。
     週刊文春の記事で、「紅白に誰が出るか予想」があったんですが、
     その中にJUJUと並んで西野カナの名前もあって。
Skedge : へー。
サイコ : 文春に出るとは、もうこれはブレイクしたということだなと。
     ただ、ブレイク以後の楽曲はあまり興味ありません。
     メイベリンのCM曲は比較的好きだけど。
Skedge : あ、この曲可愛くてイイな。
tippee : 文春ってそんな紅白出場の信憑性あるの?
サイコ : いや、文春の記事自体に信ぴょう性はないけど、
     あんな50代のオッサンとかが読む雑誌に名前が出るということは
     相応の知名度を獲得したという理解でいいかと。
tippee : なるほど。西野カナはアルバムの半分くらい良い曲だったのでまだ見捨てないけど、
     あのあとのシングルはイマイチじゃね?と思う。
Skedge : JUJUの名前が今出たけど、この人売り方次第では
     ポストドリカムの位置に持ってけそうなのに紅白は落ちましたねぇ。
サイコ : JUJUを落としたのは紅白のミスだと思うけどな。
tippee : JUJUって何か今年ヒット曲あるの?スポンテイニアのやつしか知らん。
サイコ : 「余命1カ月の花嫁」主題歌だった「明日が来るなら」がヒット。
Skedge : あれは売れてしかるべきいい曲だったかと。
サイコ : 私もそう思います。
tippee : その曲も知らない・・・。 
Skedge : つかあれが無かったらJUJUも青山テルマの二の舞だった可能性あると思う。
     ラッパーと組んで、着うたバラードで大ヒット飛ばして、そこで終了、っていう。

津軽民謡テイストの着うたは出さないのでしょうか?新曲売れてないけど大丈夫か…

tippee : ラッパーと言えば、童子-Tってそろそろいい加減にした方がいいと思う。
Skedge : 唐突なw
     でもその通りですよね。
tippee : 向こうでいうLL(LL Cool J)みたいな、パイオニアなのかもだけどさ。
Skedge : 芸歴は凄い長い人なんですよね?よく知りませんが。
tippee : 長いよ。昔は日本のラッパーにしてはいいな、とか思ってたのだが。
Skedge : PCDの日本語カヴァー「どんちゃん」とか、
     浜崎あゆみの正式デビュー前のシングルとか、
     妙にしょっぱい仕事を多くこなしてきたっぽいので
     着うた路線程度ではビクともしない強靭な精神の持ち主と勝手に想像している。
tippee : あ、パイオニアってのは、メロウR&Bラップのパイオニアって意味ね。
Skedge : あ、そういう方向の人なんだ。ハーコーな感じだと思ってた。
tippee : エラそうに語ってるが、そんなに詳しくない。流派Rと有線程度の知識。
Skedge :↑こういうひとこと大事ですね(笑)
    うっかり検索で来た人とかに、
    「こいつ何をどれだけ知って喋ってんだ?!」とかコメントされたら怖い(笑)
tippee : もっと詳しい人は山といるしね。門外漢ですよ。


サイコ : そういえば童子-Tのプロダクションって、3rdProductionsっていうんですけど、
     加藤ミリヤのアルバムとかも手掛けてて、
     ポップR&Bシーンでは、やっぱり影響力あると思います。
tippee : ミリヤって童子-Tがらみで出てきたんだよね?
サイコ : そうそう、そうでしたね。
Skedge : ミリヤって最初はそこなんだ?
サイコ : ミリヤのアルバムは何気によかったですよ。
     一応、全部作詞曲してるし。
Skedge : ミリヤって確か「シンガーソングライターのアルバム最年少1位」記録でしょ、
     宇多田を破って。どんな重箱隅記録だと思ったが(笑)
     (編注: 「正確にはシンガーソングライターのベストアルバム最年少1位」でした)
tippee : 今wiki見たら、童子-Tとの曲の前にもう一曲あったわ。
サイコ : あの子は中学生の時にソニーのオーディションに受かって
     3年くらいトレーニング&フィーチャリング仕事してからメジャーデビュー、
     ちなみにオーディションで歌ったのはCocco。
Skedge : はー。
サイコ : 私、ミリヤのファンみたいですね(笑)
tippee : ちょっと個人的な話していいですか?このジャパニーズR&B関連の話で。
Skedge : はい。
tippee : 最近になって、ようやく本当に日本のアーバンシーンを楽しめるようになってきましたよ。
     韓国経由で。
Skedge : お、ここで遂に本気出しにきたか・・・?w
tippee : 日本にも面白いことやってるやついないかと探すようになったんですけど。
サイコ : うんうん。
tippee : 例えばの話、今の安室レベルのスキルと音楽クオリティを持った
     アイドルグループが向こうにいるわけですよ。
Skedge : ああ、はいはい。
tippee : 安室には頑張って日本アーバンの屋台骨となってもらいたいけど、
     さらに若い世代で同じくらいの実力を持ったアイドルが欲しいと思うわけです。
     全盛期のカリスマ性を持ったSPEEDみたいなのが出てきてもいいんじゃないかと。
Skedge : 妙に安室を持ち上げてません?
     僕が今度のアルバム超期待して待ってるからって気を遣ってますか?(笑)

ニュータイプ

tippee : いや、安室持ち上げてるんではなくて、
     匹敵するのって日本だとあの人くらいじゃないかと。
     日本の第一線のアーバン制作陣が総力を上げて
     良作を提供したいと思えるのも安室くらいでしょ。

     私は基本的にアイドルが好きなので、
     同じくらい力を注げばどんどん実力派が出てくるような気がするんですけどね。
     実力派のアイドルってことね。
サイコ : うん、安室は持ち上げるに値することをやってると思う。
     私生活があんまり透けて見えないアイドルというもの自体
     今の日本にはあまりいませんからね。
tippee : そうなのよね。
サイコ : ブログとかやっちゃダメでしょうね、安室を目指すなら。
Skedge : でも日本だと、ブログみたいなのって
     アイドルが売れるために必要なツールなんじゃありません?どうしても。
サイコ : AKBみたいなアイドルなら必要だろうけど。
Skedge : 僕はアイドルっつーか、タレントってものに
     「一般人には出来ないスゴいことをする」って部分を求めるタイプなんだけど、
     日本だともっと「身近な親しみやすさ」が一般的に求められるじゃないですか。
     圧倒的な歌唱力よりも、カラオケフレンドリーな曲の方が売れる的な。
tippee : でも、向こうのアイドルはそれやっちゃってるんですよ。
     ステージではバリバリにカリスマティックなのに、
     バラエティやリアリティTVにも出て素もさらけ出すし。
     うまく両立できないのかな。

Skedge : ああ、向こうのアイドルは確かに両立してますね、確かに。
tippee : でしょ?両立してるし、素の状態とプロフェッショナルな面のギャップがまた魅力的。
     それ(身近なアイドル像)が現状なんだろうけどね、日本の。
     それで業界が潤うならいいけど、音楽マニアとしてはつまらない。
Skedge : プロフェッショナルって言う部分ですよね、やっぱり。
     素人芸なんか見たくないもの。
サイコ : 今は圧倒的に不景気なんで、
     小室ファミリーみたいな歌手はしばらく売れないと思う。
     不景気のときはモー娘。とかのアイドルが売れるから。
     日本人は特にそう。
Skedge : そういうの見て楽しむには、学芸会で頑張ってる
     我が子を見る親の境地に達しないと無理。
     僕世の歌手やアイドルを養ってくためにCD買ってるんじゃないから。
サイコ : それに日本は「甘え」の文化なんでね・・・
tippee : 日本独特なのかねー
サイコ : だからこそ、今の若い人たちが「THIS IS IT」を見てびっくりするんだと思うし。
Skedge : お、うまくマイコーに繋ぎましたね(笑)
サイコ : カルチャーショックだと思いますよ、普通に。
tippee : 質を見て「買いたい」と思うアイドルがいいよね。
Skedge : 「質」って言っても、結局は個々人の価値観ひとつで
     どうにでもなっちゃうから議論の落としどころとしては難しいんだけど。
tippee : 例えば、2NE1(韓国アイドル)とか、
     マイケルが死んだ時に歌番組でトリビュートやったりしてさ。
     そういうアイドル、日本にいないっしょ。
サイコ : あまりショウビジネスにおカネを払わないからね、みんな。
     興行が成り立たないなら、どうしても生のパフォーマンスする機会が減って
     テレビ規格のアイドル、もしくは馴れ合いっぽいパフォのアイドルしか育たないですよ。
tippee : しょうがないのかね。時期的に。ないものねだりか。
Skedge : ナマのパフォーマンスって意味では、テレビ的にはむしろ恵まれてない?
     Mステは非実力派の人でさえ生歌唱が基本だけど、向こうなんか口パクばっかやん。
tippee : 向こうって英米?
Skedge : うん、英米の話。
     番組のセットとかも、例えば、もうなくなっちゃったけどUKのTop Of The Popsとかさ、
     YouTubeなんかで見るとずいぶんショボいもんね。
tippee : 披露する場がせっかくあるんだからね。実力ある人がバシッと見せつけて欲しい。
サイコ : だからこそ、t.A.T.u.が飛んだときの
     Mステのミッシェル(・ガン・エレファント)のパフォーマンスは伝説になりましたよねw
     あれはかっこよかったなあ。
tippee : あれは痺れた。
Skedge : ただバシっと見せつけても、それにリスナーがきちんとレスポンスを返してあげれられて
     初めて音楽シーンとして健全と言えるのかな、と思う。
     TVのパフォ見て、思わずCD買いに走っちゃった!みたいなのさ、
     それ別にDLでも着うたでも全然いいと思うんだけど、
     リスナーとしてはそういう感性きちんと持っていたいなあ、と。
tippee : 世代の問題なのかねえ。




Skedge : あ、ところで。
サイコ : はい。
Skedge : これ、「自分的には12時位には落ちたいから、
     開始は9時でどうですか?」と言ったところ、tippeeさんに
     「何時間話す気やねん!」と開始時間に関して難色を示されたのですが(笑)
     予定通り9時スタートで今そろそろテッペンです!
サイコ : 前もこんな感じだったから私は驚いてないよ。
tippee : え、もうそんな時間?
Skedge : ほらねー、全然3時間くらい話倒しじゃないですかー。
     というわけで、なんか話が転がり過ぎてますが、
サイコ : そろそろ本題というか、
Skedge : まとめに入ろうかと。
サイコ : 今年の自分的ベストとか?
Skedge : はい、それです。
     まあ厳密に順位付けとか、まだ考えてないこともあると思うので、
     アルバム・シングル、適当にいくつか名前挙げる感じで。
     とりあえず言い出しっぺの自分から。
     と言ってもこれといった決め手に欠けるんですが…

If On A Winter's Night...Duck SauceFleet FoxesBlueprint 3

     Stingの『If On A Winter's Night...』、Jay-Zの『The Blueprint 3』、
     Mixmag誌のDuck SauceのMixCD、あと正確には08年モノだがFleet Foxes、

     アルバムだとここらへんが上位かなあという感じ。
サイコ : Jay-Zよっぽどお気に入りなんですね。
Skedge : お気に入りというか、それ以外ない、という部分もあり…
     実際アルバム通して聴いてるのなんて全然ないんですよ。毎年のことですが。
     ほとんど「好きな曲が多めに入ってるアルバムのリスト」でしかなかったり。


サイコ : 私はシングルについては特に言及できないのですが、
     アルバムに関して言うと、このへんかな。

AnjulieHuman
Bible BeltIn Love & WarThe Fame Monster

サイコ : Anjulie「Anjulie」、Brandy「Human」、Dian Birch「Bible Belt」
     Daniel Merriweather「In Love&War」、Lady GaGa「The Fame Monster」

tippee : Anjulieってファータドみたいなやつでしたっけ。
Skedge : Anjulieって僕も知らないです
サイコ : そうそう、Anjulieはダフィーmeetsファータドと言われてる子。
tippee : なかなか良いよね。店頭でチェックした。
Skedge : そういえばFurtadoのスペ語作入れるの忘れてた。
     まあ年間1位!とは言わないけどかなりの良作でした。
tippee : Daniel MerriweatherのアルバムはAdeleとのデュエットが絶品だった。

This Is My ShitMy Song For YouChiyori

サイコ : さらに、邦楽だったら80kidz「THIS IS MY SHIT」と福井舞「MY SONG FOR YOU」
     洋邦あわせて一番気に入ってるのは、CHIYORI「CHIYORI」
     こんなとこです。
Skedge : 80kidzは僕も買ったけど実はあんまり聴いてません。
     今後含め期待は大なのですが。
     CHIYORIって誰すか?
tippee : 僕も知らない、CHIYORI。
サイコ : CHIYORIはshing02のレーベルメイトで
     今年デビューしたばかりの子です、殆ど誰も知らないと思うけど。
Skedge : ええ、サイコさんがそんな方面から?!
     僕Shing02もまともに知らんのだけど。
サイコ : Bounceで出嶌さん(編集長の出島孝次氏)が絶賛してたので嬉しかった
tippee : じゃ聴かなきゃ。
サイコ : 
     Shing02もそれをきっかけに聞き始めたのですが、結構ハマった。
     トラックがめちゃくちゃかっこいいです。→MySpace
tippee : あー、イイねこれ。Shing02は昔ちょっと聴いてた時期があったが。
サイコ : 「Call Me」って曲がイチオシです。昔のUAとかみたいな。
tippee : 昔のUA。。たしかにそんなカンジも。スピリチュアルな感触。
Skedge : あーよさげですねこの人。
     歌い方は確かにUAとかTeNっぽいかも。
     でもあそこまでアク強くないし、トラックかっこいいですね。
サイコ : というわけで、私は結構インディーズとか、ドープな方面へいった年でした。



Skedge : ではトリのtippeeさん、誰にも分からない韓国アイドルや南部ラップのリストをどうぞ。
tippee : ええーw

EpiphanyChapter 4It's Not Me It's You
Mi PlanCatch Me If You CanSongs And StoriesMusic Fan FirstFarJigsawAttention DeficitLive From The 305

tippee : 順不同。Chrisette Michele, Syleena Johnson, Lily Allen, Nelly Furtado, Bashy,
     George Benson, Eric Roberson, Regina Spektor, Lady Sovereign
 
     こんなところかなぁ。そんなマイナーなのは聴いてないね。
     WaleDJ Khaled & E-Classも最近買ったんだが、良かった。
Skedge : 多っ!画像載せるこっちの手間も察してくれよ!
     Wale良かったですか、僕も気になるんですけど。
tippee : Waleいいよ。
サイコ : 私もWale気になります。
     そういやこないだ買ったDrake予想以上に良かったな。
Skedge : Drakeは年内に出してくれれば…あのEPは結局買ってません。
tippee : これいいよ。(「World Tour feat. Jazmine Sullivan」)
サイコ : おお、ジャズミン。
Skedge : おー、feat. Jazmine!これいいですね。
tippee : この曲かっこいいでしょ?
Skedge : こんな曲入ってるなら買おうかなあWale。(編注: 結局買いました)
サイコ : この曲かっこいなー。私も買います。
Skedge : そういや本トーク中でうまく触れられませんでしたが、Wale、Drake、
     あとKid Cudiとかも含め、「ヒップスター」って言葉は何気に今年のキーワードじゃありませんか?
サイコ : Kid Cudiグラミーでも反応よかったですね
tippee : Kid Cudi, Wale, Asher Ross, Kid Sister,
     あとLAの方ではNew Boyzのヒットに代表されるJerkinってのがやや流行りましたが、
     そんなくらいですかね。
Skedge : え、New Boyzもヒップスター系に括られてるんですか?
tippee : ちょっと違うかな。The PackとかのHyphyに近いけど、
     まあダンス・オリエンテッドな流行みたいです。
     これもビデオが独特なので、チェックを。
Skedge : WaleはDaniel Merriweatherの「Change」客演の
     ラップパートが好きでした。
tippee : WaleはKid Cudiほどひねくれてもなく、ラップも比較的ストレートなので
     自分も気に入りました。去年mixtapeが話題になったんですよ。
Skedge : 確かにCudiはちょっとNerdyすぎるかなあというのはある。
tippee : あと、南部ではGucci Maneの天下でした。まあ、このテの話題はいいか。

ただいまムショ勤め中のグッチさん

Skedge : いや別にOKですよ。つかGucci Maneは何者なのかずっと気になってました今年。
     結局本人主役でのヒットは出なかったですね。逮捕されたんだっけ??
tippee : Gucci ManeはJeezyと同じくTrap系(ドラックディーラー)のラッパー。
     「Wasted」ってヒットしなかったっけ。
Skedge : 記憶にありません。。。
    (編注: Hot100で36位、R&BとRapで3位。普通にヒットしてました・汗)
サイコ : 今のうちに皿洗ってくるw
tippee : 皿洗いタイムかい!
Skedge : マライアさんと共演するほどのし上がっても
     結局メインストリームリスナーには届かない、という実例を目の当たりにした気がする(笑)
tippee : そんなキャッチーなスタイルじゃないしね。
     Lil Wayneが中だるんだから、その隙に行ってくれるかも。


Skedge : さて、一人皿洗いに行ってますが。
     ここらへんでもういいんじゃね?という感じが個人的にはしております。
     というかこれ、どっかで話折らないと終わらんよ。
tippee : これまとめんのタイヘンじゃね。
Skedge : まあ纏める意志あんまりないですから(笑)
tippee : 最悪、お蔵でも構いません。
Skedge : それは避けるよう、努力しますw
tippee : 着うた関連とジャニ関連はザクっと削ってOKじゃね?
サイコ : ただいま〜
     え、ジャニは残そうよw
Skedge : 載せるに決まってるじゃないですか着うたもジャニも。
     こんな話題ぶれまくりのカオスな総括なんかきっとどこもやってませにょ!
     …せんよ!
サイコ : ハングルかと思ったよ。
tippee : 原稿確認楽しみにしてるよ。最悪の場合、私の名前は非公開で。
サイコ : ねー、あと関係ないんだけど、
     このアルバム買おうかどうか気になってるんだけど
     みなさん興味ありませんか?
     貴重な時間なのに、つまらん話ふってすみません。
Skedge : 急にどうしたのよこんなの!
tippee : これSkedge君の専門じゃないかな。
Skedge : いや、この人知りません。レビュー読みながら「へぇぇ」ってなってる今。
tippee : 自分も今へええって。
Skedge : サイコさんがこんなの聴くの?
サイコ : 膨大なサンプル盤のなかに埋もれていて
     聞いてみたらいいなー!と思ったんだけど、あまりにも知識がなく。
     でも私、女子ポップ以外だと黒いほうが好きなんですよ、ほんと。
Skedge : そういやCurtis Mayfieldとか好きって前書いてた気が。
サイコ : どんどん掘り下げて行こうかなと。
tippee : それにしても斜め上の方向を行っておる。
Skedge : いきなりこれはディープすぎるわw
サイコ : サンプル盤に接する機会が多いからか、逆にすべてがフラットに思えるので
     選択が公平?になる気もするわ。
Skedge : コレは僕も欲しいかも。モロ好みのハズ。
サイコ : 5曲くらいしか聞いてないけど、超よかったよ。


Skedge: えっと、なんかまとめとか言いつつ結局話が次々展開してしまうので、
     ここらで強引に切りたいと思います!w
     (編注:↑結局12時は大幅に過ぎてる)    
tippee : 具体的なマニアックk-pop話はせずにすんだな・・
Skedge : じゃあ最後今年の音楽に関して一言頂いてよいです?
サイコ : シーンについてということですか?
     それとも個人的な嗜好?
Skedge : 個人的なことでもおk
     あるいは来年の抱負?的なこととか。
サイコ : じゃあまずはSkedgeさんから
Skedge : あ、じゃあ。
     えーと、年々CD買う枚数ばっかり増えて消化不良ですんで、
     無駄にCD買っちゃうくらいならその分ちょっと外に出たいなと。
     全然ライヴとか行かないんで…クラブでもいいしフェスでもいいし。
     来年はそんな感じにしていきたい所存。目標?かな。
サイコ : 私はさっきの話とかぶりますが、
     仕事上サンプル盤をせっかくたくさん聴ける機会があるので
     よりフラットな目線で音楽を聞けるようになった1年だったし、来年もそうしたい。
     クラシックあたりも手を出していきたいです。
     サンプルがどうこう、とは言ったけど、いいなと思ったらすぐ買いたいね。
     CDを買うという行為をちゃんとしたいというか、対価を払いたいと思います

     そのへんの、ミュージシャンに対するリスペクトは持っていたいですね。
     長くってすみません。
Skedge : 良いと思ったものに対して、ちゃんと対価を支払ってあげたいって意識ですよね、
     気まじめ過ぎるのかもしれないけど、僕も同じことを思ってます。
     では最後、tippeeさん。
tippee : 私は来年はなるべくCD買わないようにしたいっす。
     良い物をもう少し慎重に見分けたい。
Skedge : それもありますよねー。
     結局買うだけ買ってまともに聴いてないのがいくつあることやら…。
tippee : あと日本のシーンにもう少し目を向けたいな。
     韓国経由で興味持ててきたので。
     さっきの話じゃないけど、自分も安室は今回チェックしようと思ってるよ。
Skedge : じゃあ次回はみんな頑張ってもっとJ-POPシーンについて
     鋭く語れるように日々見識を深めましょう(笑)。
     お二方、今日はお疲れ様でした。
サイコ : ジャニーズなら任せてください。
     こちらこそお疲れさまでした。
Skedge : そして最後までこの対談を最後まで読み通してしまった方、
     また4年後にお会いしましょう。
     それでは、さようなら〜






tippee : あ、すけっじくん、最後にこれ、さっき話してたやつ。    
     ではではー
サイコ : 可愛い!
Skedge : あ、これがそのシンディか!
tippee : まさかの名曲カバー。
    (編注: 原曲はオレンジレンジの「以心伝心」)





噂のシンディ(王心凌)
よいお年を!
posted by Skedge at 00:00| Comment(5) | 企画モノ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Skgさんこんにちは。自分のページアップの合間に覗かせて頂きました。いやあこの対談濃いですね。US/UKヒットからJ-Popから韓流・台湾ポップまでカバーするとは間口が広い。僕は今年J-Popで耳に残ったのはアンジェラ・アキ「手紙」とかスーパーフライの一連の曲とか。どうもJだとどう考えても女性アーティストの方が桁違いにクオリティ高い気がしてます。絢香とか。毎年1-2曲は邦楽で耳に残る曲があって何年か前はチャットモンチー「シャングリラ」にぶっ飛んでました。洋楽はつまらん年でしたね。今年のX-Factor優勝者もすぐ消えそうな草食男子系だし。レイジの1位の方が絶対良かった。また遊びに来てください。
Posted by Boonzzy at 2009年12月31日 08:32
濃すぎ!
感想としての突っ込みどころが満載ですが、
書ききれないので辞めときます。
みなさん視点がするどいですよね。
ちなみに僕は全然そういう知識無いので(笑)

マイケルについては僕もあんまり思い入れありません。
亡くなった後もブログで一切言及してないのもその為です。
曲は普通に好きだけど、リアルタイムでは悲惨な頃のマイケルはしか知りませんからね。
映画も見に行ってないし。
みんな誉めるので一回は見ようと思うけど。
紅白でSMAPがマイケルを持ち上げてパフォーマンスやったのはどうかと思った。
マイケルねたに関してブログで書いて非難が来たら嫌なので、
ココで書かせてもらいましたー(笑)
Posted by kino at 2010年01月04日 19:21
>Boonzzyさん

あけましておめでとうございます。お返事遅くなってすみません。いや濃いというか話題が飛びすぎというか、ワザとそれを狙って話を振ってはいましたがここまで暴走してくれるとはさすがだと思いました。しかし誰もロックの話をしてません…

>どうもJだとどう考えても女性アーティストの方が桁違いにクオリティ高い

そういえばそうですね。カントリーとかアジアンポップスとか、普段なじみのないジャンルだと女Vo.もののほうがとっつきやすかったりしますがそれと同じ現象なんでしょうか?Superflyはぶれいく前にJetと共演してた「I Spy I Spy」でちょっと注目してたんですがその頃誰も相手にしてくれなかった思い出があります。


>kinoさん

これで誰からも反響なかったら泣けるねとかみんなで言ってたので逐一突っ込んでもらって話題が広がったほうが面白いよ!と僕は思っているのですが、突っ込みどころの多さという意味では僕が返事しきれないほど多いのが難点です。

紅白はキムがスーザンに英語で話しかけて全く理解されなかった件のみYouTubeで確認しただけなので他の話題についていけません。マイコーに関しても僕は歯が生える前くらい若かったころ大ファンだったらしいのですが(親談)、やっぱり記憶にあるのは「悲惨だったころ」ですからねえ。在英時、すごい自分好みのR&Bが流れてきて誰かと思ったらマイコーの「You Rock My World」で軽くショックを受けたことがあります。
Posted by Skedge at 2010年01月06日 01:13
大変遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

前回の座談会も楽しく拝見させていただきましたが、今回はとても「生」っぽいですね!臨場感があってとても面白かったです。4年ごととは言わず、機会があれば是非やっていただきたいです。

>デラックス盤商法
これ本当に困ります!自分はコレクター気質があるのでバージョン違いが入るだけで何枚も買ってしまいます。Leona Lewisの1st(US盤、日本盤、日本盤DX、US盤DX)、Lady GaGaの「The Fame」(初期Int.盤、日本盤、日本盤DVD付、「The Monster」)は都合4枚買いましたとも!もちろんテイラーもDX盤買いました。自分でもなんてバカなんだろうと思いますが、買わざる終えません……。

>UKチャート
去年は大分ポップ勢がチャートに戻ってきた印象がありました(大体はUSの人たちですが)。イロモノっぽかったSaturdaysもバラードシングル"Issues"のヒットでなんとか生き残ってくれましたし。
JLSは2008年のX-Factor準優勝者でAlexandra Burkeと同期になります。ようやくまともなBlueの後継が現れたと期待したのですが、UKボーイバンドにしてはなんだかルックスが微妙な人が多いので認めたくない感じです。ビデオが解禁になっただけでシングルカット曲がTOP10に入るくらいの人気なので現地ではホットな存在かと思ったのですが、様子を伺うと盛り上がりは一部のファンに限られているみたいですね。日本のジャニーズみたいなものなのでしょうかね。
Pixie Lottはラジオでよくかかっていたいう情報を聞きましたが、どうなのでしょう。

マイケルについては自分も思い入れありませんでしたが、スリラー25周年盤をよく聴いていたせいもあってか「偉大な人物」というイメージはあったので、死去のニュースを見た時はなんだか落ち着かない気分になりました。いよいよ復帰する、という直前で亡くなったという事実が自分にとってとてもショックな事のように感じたからだと思います(没落したまま帰らぬ人になっていたのならこんな気持ちにはならなかったはず)。「THIS IS IT」を観た感想も、感動よりもやるせなさの方が大きかったです。

久々のコメントで長文になってしまってすみません。これだけ書いても全然書いた気がしないのは、座談会の内容が濃過ぎるからです(笑)。
Posted by papaya at 2010年02月22日 21:19
>papayaさん

おおpapayaさん!お久しぶりです。気がつけばこのブログもう6年目ですよ。


>今回はとても「生」っぽいですね!
>臨場感があって

これ以前はまべさんにも同じことを言われましたが、編集で発言を削るのがめんどくさかった僕のものぐささによるものかと思われます(笑) 実はこれでも全く編集しなかったわけはさすがになく、例えば冒頭にあった本題と無関係なやりとりは「さすがに馴れ合いが過ぎるのでは」とダメ出しが出て削除されました。

あとこれははまべさんとkinoさんに「場所はどこで?」と言われて初めて気がついたのですが、この座談会、前回も今回もメッセンジャー(チャット)でやってるんですよ。その冒頭の馴れ合い部分で僕が「サイコさんのアドレスが分からん」とか言ってる部分があったりしたのでメッセでやってることを断りいれる必要がなかったんですが、前述の事情でサクられたためあたかも「3人が1か所に集まったトーク会を文字に起こす」なんて凄まじい作業をこなしたのかと思われてしまいました。友達が出入りしているやり取りから、サイコさんの家でやったのか?!とか言われました(笑)


>デラックス盤商法

噂では『The Fame Monster』のDVD付きの計画もあったらしく、そうなるとまた受難でしたね。まあ僕もずっと買えずにいたKings Of Leonをスペシャルエディション(&グラミー効果)で買ったように、それまで買うかどうか迷ってた層にはありがたいトリガーにはなるんですよね。その分真っ先に買った「本当のファン」は置き去りにされるわけで、そこをケアするなにかスマートな方法は無いものでしょうか。『The Fame Monster』を別売りしたGaGaにしても、一見良心的ですが、8曲しか入ってない中途半端な作品でアルバム1枚分の金取ってるとも言えるわけで。


>UKチャート
>イロモノっぽかったSaturdaysもバラードシングル"Issues"のヒットでなんとか生き残ってくれましたし

生き残りましたねえ。最初Yazooネタで出てきたときは曲の出来はともかく安っぽい佇まいですぐ消えるかと思ったんですが、考えてみればSugababesがいい加減長くやり過ぎてる上に迷走中な昨今、正統派女子アイドルってちょうど空席だったんでしょうか。

>マイケル
>没落したまま帰らぬ人になっていたのならこんな気持ちにはならなかったはず

これはその通りですね。実際映画観た人の感想でも「今でもちゃんとこれだけ踊れたんだ&歌えたんだ!」という驚きの声がありましたし(DVD借りたのにまだ見てない…)。以前書いたことがあるのですが僕は『Thriller』25周年盤を自分でも驚くほど楽しめなかったので当初の感慨は薄かったんですが、亡くならなければ去年出す計画があったという話の『Off The Wall』30周年盤は欲しかったですねえ。未だに入手してませんが、おそらく僕は『Off The Wall』か『Bad』の方が好きな気がするんです。


では今後とも濃いコメントをよろしくです!
Posted by Skedge at 2010年02月25日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。