2010年02月27日

2月23日付の俺チャート晒し

例の年末座談会、当初あんまりリアクションないなと思ってたけど
最近でもちょくちょく話題にしてもらったりしててうれしい限りです。
そういえばpapayaさんがコメントの中で「4年と言わずもっと」とおっしゃってくれましたが、
その場合、「オリンピックは毎回発祥国のギリシャでするべき!」と国王がゴネて
1回だけ開催された中間大会に準えて
2年に1回のペースでサイコさんに押しつけようと思います(おい)。

アテネオリンピック(1906年)(@Wikipedia先生)


===================


23 Feb. 2010 / Week 8

01 (01) (06)
Timbaland feat. Justin Timberlake - Carry Out
02 (02) (05) capsule - Love Or Lies
03 (04) (07) Snoop Dogg feat. The-Dream - Gangsta Luv
04 (11) (03) Sub Focus - Could This Be Real
05 (05) (05) Straightener - Man-Like Creatures
06 (03) (07) FrankMusik - Time Will Tell
07 (06) (05) John Mayer - Heartbreak Warfare
08 (09) (10) Maxwell - Pretty Wings
09 (10) (04) Madonna feat. Lil Wayne - Revolver
10 (16) (03) Deadmau5 - Strobe

14 (ne) (01) Madonna feat. Akon - Celebration (Remix)
15 (ne) (01) R. Kelly - Echo
20 (ne) (06) Selena Gomez & The Scene - Naturally





#1 Timbaland feat. Justin Timberlake - Carry Out

「Carry Out」のビデオがリリース。
特にどうというビデオでもないですが、
ここでのJustinのキャップ姿がイケてるとやけに評判です。




#4 Sub Focus - Could This Be Real

Sub FocusってChase & Statusと同じRAM RECORDS所属の
ドラムンベースアクト、のはずなんですが、
新曲はJustice「D.A.N.C.E.」や「DVNO」と同じビートパターンに
イタロハウスとダブステップを組み合わせるという不思議な歌モノ。
ドラムンベースリミックスも存在してはいるんですが、
これってセルア…それなりのポップヒットを狙ったナンバーなんでしょうね。
大きなヒットにはなりませんでしたが(英41位)、妙に気に入ってます。



madonna revolver
#14 (ne) (01) Madonna feat. Akon - Celebration (Remix) (Warner)

ベスト盤『Celebration』に収録されていたLil Wayneとの新曲「Revolver」のリミックスはDavid Guetta、Paul Van Dyke、Tracy Youngとどれもどうでもよかったのにそれでもシングル盤↑が出てしまうとつい買ってしまうのが悲しい性なのですが、ボーナスってことで一緒に収録されていたAkon付きの「Celebration」が思いのほかハマる出来だったのでよしとします。これ去年から各所で話題になってましたね。David Guettaのリミックスだと言われていましたが、CD見たらGuettaの名前は無くAkon自身がリミキサーとしてもクレジットされてました。「Sexy Bitch」に触発されてそのまんまな音を自作したんでしょうかね?
ちなみに俺チャートルールではリミックスもオリジナルヴァージョンも関係なく合算するように今まではしてきたのですが、これは元が去年の曲で再生回数もリセットしちゃってるので別カウントで。今凄くどうでもいいことを説明しました。



r kelly untitled
#15 (ne) (01) R. Kelly - Echo (Jive/Sony)

このCD不況下で過去最低のチャートアクションを叩き出し(アルバム4位。これまでは全部1位か2位)、それはすなわちぶっちぎりの過去最低セールスだと思うのですが、それだけ派手にコケてる新作『Untitled』から。なんか一応シングルカット扱いらしいのですがビデオも作られず、チャートでもなんとR&Bで52位止まりという低迷っぷりですよ。僕はこのアルバム好きですけどねぇ。ラストに収録されている、発売前からタイトルだけで話題だったその名も「Pregnant」で全体の内容も推して知るべしのエッチ、というかそれどころじゃない性豪路線。この曲でも10ラウンドまで突入する絶倫ぶりです。"Sex in the morning, Sex all night〜♪"ってコーラスがキャッチーすぎてうっかり電車の中とかで口ずさみそうで怖い。



Kiss & Tell
#20 (ne) (06) Selena Gomez & The Scene - Naturally (Hollywood)

さあ久々のジャリタレ枠が来たぜ!今回は「ラテンポップ界から麗しのラティーナがクロスオーヴァー・ヒット、かと思ったらディズニーかよ!お前(の名前)にはガッカリだよ!」でお馴染み、Selena Gomezたん。ジャケ差し替えた日本盤↑が出たばかりの『Kiss & Tell』からの2ndシングルにして、目出度く初のTop40ヒットとなったナンバー(チャリティ曲への参加は除く)。MileyがBritneyなら、SelenaはAshlee SimpsonでもHilary Duffでもなく(そこまで存在感ない)、でもこうして1曲ヒットが出ただけでも音楽活動的にはLindsey Lohanよりはよいよね?という微妙なポジションにDemi Lovatoともどもつけています。そこらへんを踏まえての差別化なのか、三枝夕夏 IN dbとか市井紗耶香 in Cubic Crossみたいな形態でデビューしましたが(去年もエモバンドのForever The Sickest Kidsと共演したりして”セレーナ=Rock”という図式を作る下準備はしてたっぽい)、この曲は4つ打ちで普通のダンスポップです(…)。この間meantimeの集まりのとき「ディズニーアイドルでこのレベルの高さは奇跡的」という意味で「Dannii Minogue並のダンスナンバー」と発言したんですが誰にも意味が分かってもらえませんでした。


posted by Skedge at 00:00| Comment(8) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごめす!のこの曲かなり良いですよねー。
僕はまだDLしてませんが。。。
何故かこういう系の曲をDLする前には悔しさが滲み出てくるのです(笑)
「ぱーりーんーざーゆーえーせー」をDLする時もそうでした。

R. Kellyは何なんでしょうね。
Keri Hilsonを招いた上に楽曲の質も高かった「Number 1」がヒットしなかった時点で、
もう飽きられたとしか考えられないんですが。
Posted by kino at 2010年03月09日 12:34
>kinoさん

「Party In The USA」は何とか気力で振り切りましたが、
その前に「Hoedown Throwdown」にお金を落としてしまいました。

R. Kelly路線でTrey Songzがヒットを連発してるのに本人がパッとしませんね。
まあいくら曲が良く出来てたり歌が上手くても、
冷静に受け止めればロリコンのオッサンのセックスソングってどうなの、という話ですが。
Posted by Skedge at 2010年03月11日 00:38
kinoさんと同じくゴメスに反応。

なんとはなしに今はじめてこの曲聴いたけど、これ・・いい・・。全身の毛穴という毛穴が全開しました(いいすぎ)。ダニミノのレベルというのは非常に的を得ていると思います。ビデオもなんかて手の込んだ作りだし。あー、アルバム全部こんなんなら買うわ。でも違うんだろうな。K-POP脱却の糸口が見えたような気が一瞬しました。
Posted by ちっぺえ at 2010年03月11日 12:26
>ちっぺえさん

ビデオ見たことなかったんで今見て毛穴と瞳孔が全開しました。うわ…いい…。なんかDanniiっぽい上にThe KillersとThe Ting TingsとJesse McCartneyを足したみたいなビデオですね。考えてみればUSアイドルでダンスロック系を基盤にした人って今までいなかったからこの方向は新境地かも。


>K-POP脱却の糸口が見えたような

K-POPから抜けた先がディズニーというのも苦界から苦界を渡り歩く吉原の花魁みたいな哀愁があっていいですね(よくない)。僕もそのうちK-POPという化外の地に足を向けてしまうのでしょうか。。。
Posted by Skedge at 2010年03月12日 04:28
ゴメス大人気ですねー!

「Naturally」、もう少しサビメロにフックが効いていれば文句無しなんですけど……この辺りの詰めの甘さがディズニー系っぽいです。

一方でビデオは完成度高くてかなり気に入っています。アイドルらしい華やかさと適度なアートっぽさが絶妙で、今年のベストビデオに選びたいくらいですね。もしこのPVを収録したDVD付きで再発されたら勢いで買ってしまいそう……。

アルバム試聴したら全体的にはティーン好みのノリの良いポップロックだったので、やはりこの曲だけが例外みたいです。次のアルバムに期待しましょう。
USアイドルでダンスロックというとHilary Duffが何曲かやってましたね。4thアルバム収録の"Dignity"は結構カッコいい曲でした。

ところで、「Carry Out」のPV、サムネイルの画像はどこかの漫才コンビのように見えてしまいます。2人とも豊富な顔芸の持ち主ですので余計に。
Posted by papaya at 2010年03月15日 00:50
>papayaさん

僕はこのサビのフックのなさというか、盛り上がりすぎないところが好きなんですけどね。あんまりこれ見よがしに盛り上がるジャリガキJ-Popが嫌いなので…。ビデオは「何とかThe Sceneの方々にも出番を」という課題をどうにかクリアしてるあたりも涙なしには見れない名作ですね。Metro Stationの誰かと同じ頭身の人がいるのが気になります。


>Hilary Duffの「Dignity」
ほんとだ。ちょっと聴いてみましたがこれ普通に聞かされたらヒラダフだと気付かないですよ。「So Yesterday」とか「Wake Up」とか薄くてかったるい曲ばっかり印象に残ってましたがこれは意外。これシングルカットされてたら危ない所でした(何が?)。
Posted by Skedge at 2010年03月20日 13:31
"Echo"のMV見た?
なんかもう、さすが"Thoia Thoing"とか"Trapped In The Closet"の人だなってカンジの出来で、やっぱ天才は違うなと思ったよ。
Posted by ちっぺえ at 2010年03月28日 07:22
>ちっぺーさん

「Thoia Thoing」みたいなのを期待してチェックしてみましたが、こ、これオフィシャルですよね…?

http://www.youtube.com/watch?v=He8DLY4rVDM

なんかあまりの低予算ぶりで可哀そうになったんですが…。普段着?
Posted by Skedge at 2010年04月02日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。