2010年05月09日

ダメ曲その13: Lil Scrappy

クリックでMVへ(YouTube)
Lil Scrappy feat. Young Buck - Money In The Bank
#28 US (2006)
from "Bred 2 Die Born 2 Live" (2006)



あまりに更新頻度下がり過ぎなので
俺ももうtwitterのアカウントとってつぶやきまくろうかな。。。。


随分ほったらかしにしてたけど忘れたわけじゃないですよダメヒットシリーズ。
今まで取り上げていませんでしたが今回は満を持しての南部ラップだ!

2005年のチャート改変&Ne-Yoの登場あたりで
こういうヒットって全米Top40から激減したはずなんですが、
それでもちょいちょい生き残りはいたもので。
(ぱっと思い浮かぶのはHurricane ChrisとかCrime Mobあたり)

これも2006年。
Lil Scrappyと言えばLil Jon発掘のプリンス・オブ・クランクですが、
2006年というと狂騒のクランクブームからもはや数年、
なんでこんなのこの時期にヒットしたんでしょか。
なんか勝手に「ラップチャートだけでウケてなんとか39位くらいに引っかかった」
とかだと思ってたんですが、なんとPop 100では13位!(Hot 100で28位)
どこだよこんなのかけたポップラジオは!

ポンポンパン、というミニマルすぎるウワモノと
直後の「おけけけけーーーい!」の声、開始3秒くらいだけでああこれはダメだ…、
とゆるい笑いを禁じ得ない逆キラーチューンです。
まじ最初の4小節だけですべてが分かっちゃうから。
そこからなにも展開しないで(トラックとか)そのまま最後まで行くんだから凄い。
どちらかというとSwizz Beatsの同名曲(ビルボではTop40入りせず)の方が
人気・知名度が高いような気がするんですが、個人的には
「ひどい!」の一言とともに最低点を連発で食らってるブレイクアウトのコメ欄ともども
やけに印象的な1曲でした。
いやー俺も最低点付けてるけどこれ満点にしとけばよかったな(笑)
自分がビルボードをチェックし始めたころってまだ
謎のラップ&カントリーヒットが大量発生してた時期で、
それが逆に面白くて見続けるようになったので
なんか未だに全米Top40にこういうイロモノを求めてしまう自分がいます。

しかし最近この人何してたんだろ?と思ってたら何と来日してたんですね…
「埼玉」と「Lil Scrappy」という単語が結びつかな過ぎてなんかシュールな気分。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | ダメヒット伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。