2010年08月10日

8月1日付の俺チャート晒し



ザギンでチャンネエとヒーコーをミーノー!!
(↑「80年代後半」から連想したイメージ)

昔買ったディスココンピの多くが70年代ソウルから80年代ユーロビートまで
ごっちゃに収録したのが多かったために僕自身のディスコ観も
サタデーナイトフィーバーからジュリアナまで、という感じになってしまったんだけど
その後の嗜好がブラック寄りになっていったので今に至るまで
ハイエナジー〜ユーロビート周りは手薄なままになっている。
唐突にこの曲を聴いてそろそろこのあたりも埋めていかなきゃいけない気がしてきた。
なぜかこの曲は大学の頃にやけにハマり、
フルヴァージョンがCDで全然見つからなかったのでヤフオクで12"を競り落としたのだった。
あの頃は1曲に対する情熱のかけかたが違ったなあ・・・




==================

1 Aug. 2010 / Week 31

01 (02) (06)
Selena Gomez & The Scene - Round & Round
02 (01) (09) The Chemical Brothers - Swoon
03 (04) (04) Todd Edwards - I Might Be
04 (03) (23) Breakbot feat. Irfane - Baby I'm Yours
05 (10) (04) Eli Escobar feat. Amanda Blank - Love Thing Part 3 [Only You]
06 (17) (02) Dierks Bentley - Up On The Ridge
07 (05) (06) Drake - Over
08 (06) (04) Kanye West (feat. Dwele) - Power
09 (09) (04) John Mayer with Taylor Swift - Half Of My Heart
10 (08) (08) Pony Pony Run Run - Hey You

16 (ne) (02) Benny Benassi feat. Kelis, Apl.de.ap & Jean-Baptiste - Spaceship
18 (ne) (01) Swedish House Mafia feat. Pharrell - One [Your Name]
19 (ne) (04) Aeroplane - We Can't Fly
20 (ne) (03) Ke$ha - Take It Off




僕は割と(B級)アイドル好きだと誤解されがちなんですが、
別に頭ごなしにアイドルを否定しないのとベタなポップが好きなだけで
基本的にアイドル方面ってあんまり好きでも詳しくもありません。
B級どころか、A級のブリもアギも実はアルバム1枚も持ってないし。
なので(どういうわけで?)Selenaの1位はすごくアレですが
ちょっとこれは完成度が高すぎるので仕方ない(何気にKevin Rudolf作)。
「Naturally」のとき「全曲こんなならアルバム買う」とか書いたような気がしますが
この調子では9月に出る2nd、非常に危険です。
あああよりによってこんな小娘に・・・


あといつもならすごい勢いで聴き倒す蟹江ですが、
日本丸ごと蒸し器にぶち込まれたような天気が続いたので
なかなか聴く気にならず半端な位置にくすぶっています。
チャートでもあんまヒットしてないし、真夏に出すには暑苦しすぎたか。
なんか凄いビデオ(これでフル??)が公開されましたが効果あるだろうか。




#16 (2wks) Benny Benassi feat. Kelis, Apl.de.ap & Jean-Baptiste - Spaceship (D:Vision/AATW)

昨年はMadonna「Celebration」のビデオミックスでも抜擢されていましたが、個人的にはやっぱり”「Satisfaction」の〜”と付けてしまうのでどうにも久々感があるBenny Benassiの新曲。久々、と言っても単に僕がこの人のリリース追っかけてなかっただけなんだけど。David Guettaの大成功を受けてみんなこういう方向に向かってますが、これもメンツ的に「女R&B Vo.+エレクトロなラッパー+誰か知らない奴」という構図が「Gettin' Over You」っぽいですね(笑) でもやっぱGuettaなんかとは違うんだな〜この人がやると。同じようなリフに微妙な変化をつけていくトラックの展開に品があってよいです。何故こんなにビデオに金をかけているのか謎(後半のKelis飛行シーンがマツケンサンバちっくなのが笑えます)。8/22にAATWからUKリリースと言うことで結構なヒットが期待できそうです。CDSは出ないのかなあ・・・。Kris Menace先生のリミックスが欲しい。





#18 (1wk) Swedish House Mafia feat. Pharrell - One [Your Name] (Virgin/Positiva)

こちらもアーバンアクト起用でヒットを狙いに来たパターンですね。これまで一緒にDJ活動とかはしていたものの、この名義では特にリリースが無かったスウェディッシュDJオールスターズ、見事に全英Top10入りです。おもわずトップ画像に起用してしまったよ。Pharrellのヴォーカルとやけにスタイリッシュなビデオでごまかされてる気がしないでもないですが、変調子っぽく聞こえるヒプノティックなトラックは中毒性高いです。サマソニでBusy Pもかけてました(ただしオリジナルのインスト・ヴァージョン)。まあこの路線だったらSteve & SebastienコンビのBuy Now「Body Crash」(08年UK55位、俺チャート3位)の方が出来は上でしたけどね。とりあえず出世したことを喜びましょう。





#19 (3wks) Aeroplane - We Can't Fly (Eskimo)

今週分はクラブヒットが集中したな。ベルギーのディスコダブユニットAeroplane、2年前に僕だけ大盛り上がりしていた「Whispers」以来ずいぶん間が空いてのニューシングル。リミックスとかでもちょいちょい仕事してるとはいえまだ4枚目です。出だしはダビーなレゲエでまったり行きますがサビではちゃんとデスコなコーラスが出現します。うーんしかし今回はこれまでのスペイシーな美しさが消えて、音の歪まないLindstromみたいなあんまり面白味のないトラック。いつの間にかコンビだったのがひとりユニットになっててびっくりしたんですがその影響なんでしょうか。
ただそれでもそれなりに聴いてしまうのは、これが同名アルバムからの先行シングルだから…!最初は2年前の12月に出るとか言うからすげーワクテカで待ってたのに思いっきりスルーされた待望の1stが遂に出る!いや、待たされ過ぎて正直ちょっとどうでもよくなりつつあったところに微妙な先行シングルと脱退劇、そしてこの曲名(お前飛行機なんじゃないのかよ)とネガ要素揃いまくりなのでなんかもうあんまり、という気もするんですが。9月にUKのWALL OF SOUNDから。iTunesで既に試聴できますが「Pacific Air Race」も「Whispers」も未収録か・・・





#20 (3wks) Ke$ha - Take It Off (RCA)

日本に住んでて基本的にベタな流行りものポップソングが好きなのに敢えてJ-Popに背を向けて洋楽に行ってる以上、僕も中2マインド的に「やっぱり洋楽の方がレベル高え」みたいな気持ちは持ってるわけですよ。日本じゃどいつもこいつも着うた泣け歌で程度が低いわ、こんなことアメリカじゃありえませんことよ、などと思ったりするわけですよ。しかしKe$ha、Taio Cruz、Jason DeRulo、Iyaz、果てはMike Posnerなんてヤツまで出てくるのを見ていると昨今はアメリカのチャートの方が酷いような気がする。アメリカじゃUsherみたいな大物までああなってしまってるけど、日本のトップアーティストが会いたい会いたい言いだした極端な例はさすがにないのでやっぱり日本の方がマシだ(あ、でも宇多田の「Prisoner Of Love」はケータイ小説みたいな歌詞だったな)。

というわけでKe$ha。何せ去年Lady GaGaのことを「あんな低予算アイドルを次世代のスターとか言って持ち上げるなよwww」などとダサ外人扱いで舐めきっていたらああいうことになってしまったので(「Just Dance」の時点では正しい判断だったと今でも思いますが)、今年は反省して「TiK ToK」だけでKe$haのことを完全否定しないよう心がけていました。そしたら続く「Blah Blah Blah」「Your Love Is My Drug」と見事なまでにアホみたいな曲ばかり切り続けてきたので今では安心してDQNエレクトロ枠に押し込めてあるんですが、アルバム発売当初からこれだけは結構いいな、と思っていた「Take It Off」が満を持してというかようやくというか4thシングルとしてカット決定。これDLセールスでも最初からちょびちょび売れてたしね。その分セールスポイントが稼げなさそうなのでチャートではキツいかもだけど曲がいいのでTop10ヒットくらいにはなるでしょう。

でもこの曲もこれだけ抜き出して聴いてそこまでいい曲かというのも正直微妙で、これまでのが全部酷かったので対比でよく聞こえるってだけのような気も。クラスのヤンキーが捨て猫拾ってるとこを目撃して胸キュン、みたいなアレか。でも普段盗んだバイクで校舎のガラス割って回ってたらたまに猫に優しくてもDQNはDQNだよ。というわけでこの1曲だけでKe$ha好きになったとかじゃないからな!全然好きなんかじゃねーよ!うっせー女子!!(小5病)


posted by Skedge at 00:01| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱアーバン系アクト起用すると、
僕みたいな人間が釣れてヒットするんでしょうね(笑)
Swedish House MafiaもBenny Benassiもそうじゃないと聞いてなかったと思うし。
Posted by kino at 2010年08月12日 15:54
>kinoさん

kinoさんが釣れてくれたおかげで僕も釣れました(笑) じゃなかったらUKヒットまでこの曲に気づかなかった可能性大です。つかみんなちゃんと海外のサイトとか見てて偉い…
Posted by Skedge at 2010年08月17日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。