2006年02月06日

[Long Hit] Boys Will Be Boys

the Ordinary BoysBoys Will Be Boys
The Ordinary Boys


from "Brassbound"
B-Unique
Peak: #3 (2/6- 3 weeks)
5 weeks at Top10
[(30), 9, 3, 3, 3, 6]







かつて日本にも「サバイバー」という、無人島に素人の男女を集めてサバイバル生活をさせ、その様子をTVで流して視聴者の投票を募り毎週ひとりずつ脱落させていくという生臭い番組があったが、あれの本家はイギリス。日本で長続きしなかったのもさもありなんという感じだけれど、かの国では(斜陽の)芸能人・有名人を出すという日本では考えられないさらに生臭い形を取っていて、2年前にこの番組の出演がきっかけで一時チャートに返り咲いたピーター・アンドレは記憶に新しいところ。ちなみに最新版では元ブルーのアント(ひとりだけぶちゃいくだったアントさんああアントさん)が醜態を晒してたとか何とか(この回の優勝者キャロル・サッチャーはあの鉄の女マーガレット・サッチャー元首相の娘)。

このようなリアリティ番組は英国には一つだけではなく、無人島ではなくて一つ屋根の下を舞台にしたものもある。それが今回の話に関わってくる「ビッグ・ブラザー」という番組だ。これは素人対象の番組で、これの出演をきっかけにジェイド・グッディというゴリラ女が一躍ゴシップ・スターになるなどこれまた話題に事欠かない番組だが、先頃特別編としてやはりB級タレント(笑)を招集した「セレブリティ・ビッグ・ブラザー」が放映された。今回ご紹介するジ・オーディナリー・ボーイズのブレイクはこの番組にフロントマンのサミュエル・プレストンが出演した為だ。

バンドのインタビューなどではお答えが優等生すぎて「こいつら理想論ばっかだ」なんて感じに切り捨てる人も(ネット上で)見かけたけれど、少なくともこの番組での彼の振るまいはナイス・ガイと呼ぶに相応しいものだったようで、奇行やバカ発言が世間の下世話な関心を惹いたジェイドやアンドレのようなケースとは違って素直に彼の人柄が支持を集めたよう。ちなみに同時期、デッド・オア・アライヴの「You Spin Me Round」もリバイバルヒットしたがこれもピート・バーンズが同番組に出演していた為。この2人は優勝候補に名前が挙がっていたらしいが結局2人とも優勝は逃した。でも、曲がヒットしたことの方が番組での優勝なんかよりずっといいプレゼントになったろう。プレストンはこの番組のあと、前の彼女と別れただ一緒にこの番組に出てた女性と婚約しただと一躍全英中の関心を集めるセレブな存在へと成り上がってしまった。

オーディナリー・ボーイズは2003年のデビュー作『Over The Counter Culture』、そしてこの曲の収められた2005年発売の2nd『Brassbound』が共に日本でも批評筋から高く評価されていたが、本国における商業的な立場においては、セールス不振を理由にレーベルから解雇される寸前のところまで追い込まれていたらしい。そこへこの再発ヒットが飛び込んだ。元々『Brassbound』からの1stシングルとして2005年5月に16位の中ヒットになっていたこの曲は、現代版2トーンを目指しているというプレストンの発言からも分かるようにアルバムを代表するに相応しい1曲。ザ・ビートのランキン・ジュニアによる中盤のトースティングも聴き所だ(アーティストクレジットは無いが)。僕自身去年からこの曲はとても気に入っていたので、こういう才能あるバンドの活動を後押しすることになるならリアリティ番組も悪くないなあ、なんて(笑)

ちなみにUKガラージ/グライムにも興味を示すオーディナリー・ボーイズ、DEF JAMと契約を結んだことで話題となった女性MCのレディ・ソヴリンとは親友だそうで、この曲には彼女を迎えたその名も「Girls Will Be Girls」なるリミックスが存在するほか、間もなく正式な両者の共演曲もシングルとしてリリースされる。こちらもいい出来になっているのでどのくらいヒットするか楽しみ。


(2006/5/18)


posted by Skedge at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | UK #1's & Long Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。