2006年05月20日

織田無題

我が家にHDDレコーダーがやってきました。
ワールドカップを前にしてはりきっちゃった父の落札品です@ヤフオク。

「伊藤英明」で番組一覧検索が出来ることに感動する母。
じゃあ穂積ペペだと? と問うバカ息子。
でも一応検索してみる父。今日も我が家は平和です。

こういうもの見ると、将来はレンタルビデオ屋も無くなって
一定期間だけ見れる動画配信なんかに移行してくのかなあと思いますな。
その方が向こうだってコストとか当然かかんないわけで。
こっちだって返す手間省けるわけで。いいことづくめやん。
CDレンタルよりもダビング需要が圧倒的に少ないだろーから
音楽配信よりも何かと取り回しが効きそうじゃね?(業界的にも)

で、こういうを話してて思い出したんだけど、一時期コンビニに置いてあった
「開封後48時間だけ見れるDVD」 「一定期間だけ見れて追加金払えばまた延長できるDVD」
などというモンドなアイテム達は今どうなりましたか。
「レンタルDVDとセルDVDのいいトコ取り」とか言ってましたが。誰だよ思いついたヤツ。
DVDを48時間後に見れなくする技術、ってのは凄いけど凄い無駄。


前に「試用版の回数制限越えちゃった」つってたACIDに廉価版が出てた
ううん、たぶんこれだけでも初心者な自分には充分すぎると思う。
7000円を出す価値があるほどきちんと使い道を見つけて活用できるか微妙だけど。
ちょっと考えてみよう。


posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。