2006年05月26日

5月22日付 The Official UK Chart観察

昨年末に買い逃してたHard-Fiの『Stars Of CCTV』国内盤を運良く確保。「Hard To Beat」を初めとするダンスロック系ばかり取り沙汰されがちですが、こないだヒットした「Better Do Better」みたいなバラードが意外なほどよく出来てました。で、彼らって再発も含めるとこのアルバムからのシングル5枚ともTop20に入れて来てるんですね、最近調べて気が付いたんですけど。

別にHard-Fiとは何の関係もない今週のUKチャート。
(ちなみにアルバム今65位)


○Singles

1 (1) Gnarls Barkley / Crazy -8th week-
2 (3) Infernal / From Paris To Berlin
3 (2) LL Cool J feat. Jennifer Lopez / Control Myself
4 (18) Christina Milian feat. Young Jeezy / Say I
5 (4) Beatfreakz / Somebody's Watching Me
6 (23) Busta Rhymes / Touch It
7 (5) Rihanna / SOS
8 (6) Red Hot Chilli Peppers / Dani California
9 (48) Sunblock feat. Robin Beck / First Time
10 (7) Shayne Ward / No Promises


11 (28) Orson / Bright Idea
12 (13) Daz Sampson / Teenage Life
15 (n) Sandi Thom / I Wish I Was A Punk Rocker
20 (n) Angels & Airwaves / The Adventure
22 (n) Michael Jackson / Jam
23 (n) Primal Scream / Country Girl
28 (n) The Feeling / Fill My Little World
32 (n) Towers Of London / Air Guitar
37 (n) Nerina Pallot / Everybody's Gone To War
38 (n) The Ordinary Boys vs Lady Sovereign / Nine 2 Five
39 (n) Eddie Thoneick & Kurd Maverick / Love Sensation 2006


6月の日本デビューも決まり、アメリカでも早々にTop40入りしてきたGnarls Barkleyが8週目の1位。先週、7週連続1位の例としてスパガやCherを出しましたが、実は8週連続というのはこの10年以上例が無いそうで、直近の連続1位記録はWet Wet Wetが94年に出した14週連続1位になっちゃうそうです。さすがにこれは超えられないとは思いますが・・・。ちなみにセールスはこれだけ売れてもまだ60万枚そこそこだそうです。逆に去年末にミリオン行ったShayne Ward(今週もTop10キープ。がんばるなあ)が急に恐ろしく見え始めました(笑) 頑張るといえばチャート6週目にして2位まで上げてきたInfernalも粘ってます。(きっとアルバムは売れないんだろうなあ・・・!)



今週フィジカルリリース(CDS発売のことを英語ではこう言っているようです。ダウンロード時代のための新チャート用語か)によって4位まで上がってきたのはChristina Milian feat. Young Jeezy「Say I」。The Gameの「Hate It Or Love It」がすこぶる評判のよかったCool & Dreのプロデュースで、3rdアルバム『So Amazin'』からの1stシングルであります。ちなみにもう有名な話だけどMilianちゃんとDreは現在らぶらぶでございます。大変危険な香りがします。彼女はどうしていつもこう危なっかしい雰囲気を漂わせてるんでしょうね。今回のビデオではBeyonce方向を諦めて昔のJanetみたいなメイクになってるとゆー、なんつーか「主体性の無さ」がそう感じさせるのか(- -;

これはMilian自身もインタビューで素直に認めていたことですが(さすがに)、先に挙げた「Hate It Or Love It」とほぼ(全く?)同じビートを流用し、さらに華やかなストリングスループを配したいい出来映えのトラックです(Jacki Mooreという人の「Clean Up Your Own Head」をサンプリング)。こういうの好きです。Cool & Dreやるなあ。ただ歌メロやラップにいまいち魅力が無く、トラックだけで持ってってるような感じがするのがちょっと残念。MilianもJeezyも妙にB級臭いんだよね。

ちなみにUK盤シングルには以前うちでも紹介したMaurice Joshuaによるその名も"Maurice Say Mo Remix"というのが収録されてるようですが、果たしてサビで「セイ もーもーもーもー・・・」と言ってるかどうかは分かりません。言ってたら多少割高でも取り寄せる。



Touch It.jpg

なんかMilianでやたら字数喰っちゃいましたが今週推すのはBusta Rhymesの「Touch It」。やはりMilian同様フィジカルリリース(覚えた言葉をすぐ使いたがる)で6位まで足を伸ばしてます。いつ出るかいまいちハッキリしないアルバムからの先行ヒットとなります。(←訂正。『The Big Bang』USで6/13です)まず最初に驚くのは、昨年iPodのCMソングとしてヒットしたDaft Punk「Technologic」(でもUKでは40位)のヴォーカルサンプルをスクリュー盤的発想で遅回しした気だる〜いサビ。テクノからサンプル抜いたこともそうですが、直近のヒットをネタにしたってことの方が珍しいことかもしれませんな。殆どキック音とサイレンだけで構成されたシンプルなトラックの上で、"Get low…"と"TURN IT UP!"の掛け声を利用してテンションのメリハリをはっきりつけたアイデア勝ちの一品。

が、ここまでなら僕も大して興味を惹かれてなかったんですが、豪華ゲストを大挙投入してのリミックスが強力すぎるのです。

 Aチーム: Mary J. Blige、Rah Digga、Missy Elliottが好き放題する女傑3人Remix
 Bチーム: Lloyd BanksとPapooseを従えたNY勢Remix
 Cチーム: 御大DMXとの一騎打ちRemix

上記のように基本3つのリミックスがあり(ABCは便宜上勝手につけました)、さらにこの6人+Bustaの7人全員がマイクリレーするヴァージョンは新たにビデオも作られてます。こっちのビデオは必見(オリジナルの方のビデオもFyaのセンターみたいな女がちょっと気味悪くて好きなんですけど)。7人全員にそれぞれ色が当てられてるんですが、みんなお似合い。個人的には青のBanksが妙にカッコよく見える。特に何をするでもなくSean Paulがカメオで出てたりもします。ヒット要因はこっちのリミックスが主体なんじゃないでしょうか。ただUK盤シングルにこれらのうちいくつのRemix/Videoが収録されてるのかはよく分かりませんでした。

で、こっからはブート(海賊盤)の話ですが、実はNe-Yoがこのトラックに歌入れしたヴァージョンも存在していて(Mary J. Bligeの「MJB Da MVP」みたいなもんですかね)、そのNe-Yoまで加えた8人メガミックスがアナログで出回っています。Remix Videoではそれぞれのパートを端折って4分台に収めてますが、8人メガミックスでは10分近いロングヴァージョンになってるみたいです。



いい加減書きすぎなので次行きましょう、9位Sunblock。まさか2曲目もTop10に入れてくるとは。1月のデビュー作「I'll Be Ready」(4位)同様、ロック系のポップハウスで、80年代にコカコーラのCMで使われた(いかにもそんな感じ。前のもだけど)Robin Beckのヒット曲を本人連れてきてリメイク。このテの覆面ダンスユニットで順調に2曲目が売れるのは珍しいですが、単にMeckの「Thunder In My Heart Again」の尻馬に乗っただけでしょう。さすがにこういうのが次々湧いてくると僕でもイライラします。


ではTop10圏外抜粋。


ようやくアルバム発売となるOrsonはそのタイトルチューンが11位まで上がりましたが、11位までしか上がりませんでした。「No Tomorrow」の後なのにものすごく微妙な曲で、それに呼応するように順位も微妙です。これでアルバムの順位も微妙だったらいきなり窮地ですね。

先日行なわれたユーロビジョン・ソング・コンテストで24か国中19位という微妙どころか情けない成績で終わった(でも真っ当な結果だろ)Daz Sampsonの「Teenage Life」はそれでもそれなりに欲しいヒトが増えたのか12位へワンナップ。来週雪崩のような降下を見せてくれるのではないかと期待してます。

今週のHot Shot Debutは15位に登場してきたSandi Thomの「I Wish I Was A Punk Rocker」。某有名ブログで「来週の1位はこれ」と言ってましたが、僕も全く賛成です。彼女の来歴なんかは来週また詳しく書くことにしますが、とりあえずビデオだけでも。ファーストインパクトと言う意味では今年のベストシングルになるかもしれません。俺5回くらい連続して見ちゃったもん。


最近上位で長々と書きすぎなので思い切って間をすっ飛ばしますが38位はそれぞれ親交を温めているロックバンドThe Ordinary BoysとグライムMCのLady Sovereignの共演。この記事の最後の方にちょろっと書いてる曲です。来週上がってくるでしょう。

39位はディスコディーヴァLoleatta Hollowayの代表曲のハウスカヴァー。ダンスポップ系インディーの雄AATWからのリリースですが、同じ路線で今急速に力をつけてきているGUSTOがなんと5/29にLoleatta Holloway名義で同じ曲を出します(こっちは本人の声を使ったリミックス)。GUSTOはいわばUKダンスポップ界の新旧レーベル対決をフッかけたわけで、すごくしょーもないメンツ争いを見ているようで大変に萌えます。Crazy Frogと並ぶGUSTOの看板アーティストであるUniting Nationsの片割れDaz Sampson(今週12位のDazと同一人物)がかつてはAATWからヒットを飛ばしていた、というのもまた変な笑いがこみ上げてくる記憶です。ていうか「Crazy Frogと並ぶGUSTOの看板アーティスト」っていうUniting Nationsの肩書きは自分で書いてみて凄く酷だなあと思いました。




○Albums

1 (1) Red Hot Chili Peppers / Stadium Arcadium
2 (n) The Raconteurs / Broken Boy Soldiers
3 (n) Feeder / The Singles
4 (2) Snow Patrol / Eyes Open
5 (4) Gnarls Barkley / Crazy
6 (n) Beautiful South / Superbi
7 (5) The Kooks / Inside In Inside Out
8 (9) Jack Johnson / In Between Dreams
9 (3) Dirty Pretty Things / Waterloo To Anywhere
10 (6) Shayne Ward / Shayne Ward



最近シングルチャートの方に力が入りすぎてるのでアルバムはもう知らん。レッチリ2週目の1位。日英米では全て初登場1位です。この3カ国で1位取ってりゃ当然なんですがワールドセールスチャートでも初登場1位。アルバムチャートは今ロック系がやたら強いですね。
posted by Skedge at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | UKチャート観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言われてみれば、Shayne Wardは凄かったんですね〜! 僕は、未だに彼のことを無視状態ですけど(笑)

ミリアンの曲の「良い曲だけど、B級くさい」っていう意見は、よく分かります! この曲には、何かが足りない感じがする。

Orsonは、期待してた割には案外普通な曲でしたね。その某有名Blogでも、「No Tomorrow」以外はあまりパッとしない的なことが書かれてたので、アルバム買う気が失せちゃいました(笑)
Posted by kino at 2006年05月26日 22:06
kinoさんがこうやってコメントをくれるのでこの記事が長い長いヒトリゴトにならずに済んでます。ありがとうございます。(なんだかんだ言って放置されたら寂しい子)

Shayne Wardは僕も興味がありませんけど別記事でなんか書かなきゃいけないのでこの曲ちょっと聞き込まなきゃなりません(笑) Orsonは大事なリードがこのレベル止まりだったのでアルバムへの関心に一気にブレーキがかかってしまいました。僕も。「No Tomorrow」に飽きるまえだったら弾みで買っちゃったかもしれないけど・・・(だからアルバムまで引っぱり過ぎだとゆったのに)
Posted by Skedge at 2006年05月28日 00:44
Ordinary BoysとLady Sovereignの共演は期待してただけにちょい物足りないかなって感じがしてしまいますね。

とりあえずSandi Thomが最高なので私も応援したいと思います。まだ今週も1位は獲れなかったけど、ライブパフォーマンスも非常に素晴らしく、今TOTPで見てて唖然としてしまいました。今後の活躍に期待です。ていうか、自分なんかが期待せんでも今後すんごい活躍するに違いないんすけど。

今週はNelly Furtadoも出たりして鼻血物だったTOTPレポ、また書きますんで読んでください。多分読んでるのすけっじさんだけですから(笑)。
Posted by サカキ at 2006年05月29日 03:41
あ、Ordinary Boys vs Lady Sovereignイマイチでした?僕はかなり好きなんですけどねーこれ。SovereignってDEF JAMとの契約(もちろんShortyからの情報・笑)はどうなったんでしょうね。

Sandi Thom、サカキさんからもイチオシコールが入ればもう間違いないですね(笑) TOTPのやつじゃないけど他の番組のライヴ見ました。ホントに叩いたりシャカシャカやってるだけだ〜すげ〜って。レポ楽しみにしてますよー!
Posted by Skedge at 2006年05月29日 22:06
イマイチではないんですけどね〜それだけ期待してたということで。でも、マッシュアップ前のOBの曲をあんま知らなかったので純粋な新曲として楽しめました。聴いてくうちに気に入ってくと思います。Lady SovereignのDef Jamの話はホントどうなったのやら・・・。彼女の最近の曲"Blah Blah"が超カッコいいので相当リピートしてるんですが、MV未聴でしたらチェックしてみて下さい。M.I.A.にはルックスで負けてても、このスキルは支持します。

http://www.jalive.com.jm/showvid.asp?strmArtist=Lady%20Sovereign&ftr=&strmTitle=Blah%20blah

自分の一押しコールが入ったら売れないことが多いですけど(笑)、Sandi Thomは頑張ってくれるでしょう!何度も試聴してるんですが音源が手元にないので来週アルバム買いたいと思います。あのPVのせいもあるけど、歩きながらiPodで聴いたら気持ちいいだろうなぁ〜
Posted by サカキ at 2006年05月30日 06:35
久々です。
レッチリいいですよね?
あと、Sandi Thomも注目ですね。
僕もPV見てからちょっと気になってます。
Posted by M♪ Boy at 2006年05月30日 22:27
>サカキさん

これOBの「Boys Will Be Boys」とのマッシュアップって聞いたことありますけどどこがどう混ざってるのかさっぱり分かりません。誤報だと思うんですが・・・って別の曲との混合なのかな。
Lady Sovereignの新曲(?)サンクスです!ホント素っ頓狂な声出しますよね。僕はM.I.A.よりSovereignの方がかわいいと思うんだけどな〜。あの髪の縛り方とか(笑)

>歩きながらiPodで〜
ああ、確かに!w
amazonに注文したシングルが届きません。初めから入荷してなかったくさいです。歩きながら聴きてえよお。


>M♪ Boyさん
お久しぶりです、コメントありがとうございます!
うーん、実はレッチリのあの曲何がいいのかよく分かってないんですよ(^ ^;
彼らの曲だと「Good Time Boys」が好きです(あまり多くは知らないけど)。
Sandi ThomはCorinne Bailey Raeと並ぶ今年最大級の新人だと思うのでぜひチェックしてください!
Posted by Skedge at 2006年05月31日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック