2006年07月05日

[No.137] Solu Music feat. KimBlee / Fade

1. The Bimbo Jones Edit 2:57
2. Grant Nelson Big Room Remix (Edited) 2:58
3. Grant Nelson Big Room Remix 7:39
4. The Bimbo Jones Strings Remix 8:06
5. Original Part 1 8:32
6. Original Part 2 4:57
-Enhanced-
Music Video

Area: UK
Label: HED KANDI
Catalog#: HK19CDS
Released: Jun. 2006
Chart Pos: #18 UK (& #2 UK Dance)




ていうかなんでBimbo Jones
ていうかなんでBimbo Jones

(何で2回言うたん?by浜ちゃん)


基本的にコンピ主体でシングルはあまり出ないHED KANDIからそれでも出された必殺トラック。元々は2001年に主にディープハウスの方面で大ヒットしていたクラシックなんですけども、昨年あたりからGrant Nelsonによるアゲなミックスがクラブを再び席巻。確認は取ってないけど日本ではたぶんDJ Emmaあたりが嬉々としてかけてたんじゃないでしょうか。

明らかにポスト「Strings Of Life」(by Soul Central)を狙ったキラーチューンだったはずなんですが、全英チャートでは18位と沈みました。この曲でダメならもうあの国では当分クラブヒットなんかでやしないんじゃないかとすら思えます。きっとサマーホリデーシーズン後のリリースだったらまた違ったんだろうけど・・・(=夏の間にイビサではしゃぎまわったイギリス人が大挙して思い出を買いにCD屋へ直行)。でもそのパターンだと僕のようなCD派は「今年のサマーアンセム!!!」を9月とかに買わされることになるのでそれはそれでつまらないんですが。


先行するアナログではこれ以外にもいっぱいリミックスがリリースされているので、さてどれを入れてくるのかと思いきやまさかのBimbo Jones。HED KANDIからBimbo Jones。しかも1曲目に。なんだこりゃ。最近変名のMiami Calling名義でMeck「Thunder In My Heart」やDeep Dish「Dreams」をリミックスしたあげく、とうとう自己名義でシングルを出したらしい、ということは当ブログで報告済みですが(リンクめんどい検索汁)、ひょっとして彼らもいい加減ポップアクトにポップハウスを提供するのに飽きてもっとフロアからのリスペクトが欲しくなったんでしょうかね。基本的にBimbo JonesのリミックスはGrant Nelsonのヤツにシンセ音をちょいと足したりとかした程度で音的には全然面白くないのでさっさと次行きます。(ちなみにHED KANDIからのアナログにはBimbo Jonesのリミックスがもう一つ入ってます)


というわけで事実上の目玉はGrant Nelsonのリミックス。実際Videoにはこっちが使われてるわけでございまして、貧乏上手なんか入れるくらいならGrant NelsonのDubが欲しかったと思う人も多いのでは(=俺)。さっきも書きましたがあからさまに「Strings Of Life II」状態で、ストリングス(に似せてるけどシンセだよねこれ)とピアノのリフが絡み合う、アッパーでありながら麗しい出来になっております。ちょっとテンションが異常値にイっちゃってた「Strings〜」に比べると、これはどこかボッサハウス的な涼しさもあるアレンジがいいですね。Editの方はいきなりスタートする感じがアレですが、フル尺の方はピアノソロからだんだん盛り上がっていく構成に「ベタすぎるわっ!!」と突っ込みを入れつつ結局ノセられるんだなこれが。


Tr.4と5は一続きになってる(メドレー状態)オリジナルヴァージョン。正確にはPart 2はアナログではミックス名があるらしいですが、Part 2の方はヴォーカルダブになってます。まさにディープハウス。悠久とかそういう言葉が似合う素敵ソングです。何かすごくA Hundred Birdsっぽいなあと思ったらAHBがカヴァーしてるんですね。しかもそのアルバムを僕は持っていますね。アホですか、俺は。


ちなみにこのSolu Musicというユニットですが実はアルバム『Affirmation』の日本盤がKSRから去年出ております。正確にはSolu Music feat. Kai Martin名義(このKai MartinというシンガーはFilurのアルバムにも参加してますね)。これが試聴してみたところ上質なディープ/ファンキーハウスから正統派ソウルっぽい曲まで快感ソング連発でして、経済力の伴わない物欲がまた上昇してしまいました。



====================================

Music Video (Grant Nelson Big Room Remix Edited)

リミックス自体はともかく、このビデオの安っぽさは
Original Mixのファンを落胆させまくったに違いない。
だから売れなかったんじゃないのか、やっぱり。


Grant Nelson Big Room Remix

Editするならこの部分から始めて欲しかったな。。。
3分弱はこの曲にしては端折りすぎ。「Call On Me」とかとは違うんだから。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。