2006年07月07日

[No.138] Blondie ve The Doors / Rapture Riders

Rapture Riders[MASH UP / ROCK / R&B]

1. Rapture Riders (Single Edit) 3:53
2. Rapture Riders (Full Version) 5:44
3. Rapture (7" Mix) 5:00
4. Rapture (Super Disco Mix) 10:01

Area: Australia
Label: EMI
Code: 0946 3 62832 2 7
Release: Apr. 2006
Chart Pos: N/A
Copy Controlled





3月にリリースされたBlondieのDVD付き国内編集ベスト盤(ちょっと欲しい)にもボートラとして収録され、アナログでもいち早く出回って話題となっていたマッシュアップトラック。これ、5月にUKリリースされるはずでそれを自分も注文してたのですが、すごい勢いで発送が延びて延びて、あ、こりゃ発売中止になったなと思って忘れた頃にいきなり届いた。しかもOZ盤で。EMIのオーストラリア盤はアルバムだろうがシングルだろうが片っ端からコピープロテクトがかかっているので、とうとう初めて輸入盤CCCDシングルをつかまされてしまいました。US、UK盤ともにシングルでCCCDになってるのって当たったこと無かったんだよね。別にEMIのCCCDはウチのパソ君は何事もなかったようにリッピングしてくれるので構わないっちゃ構わないんですが。


僕はThe DoorsとThe Corrsをごっちゃにしちゃうような子なのでDoors側の「Riders On The Storm」という曲は知らないんですけど、どうやら聞くところによるとほぼ”まんま交配”みたいですね。Blondieの「Rapture」オケ+The Doorsのヴォーカルパート、という基本構成。Blondie側からはラップパートも使われてます。この「Rapture」はラップを使った初めての全米No.1ソングとして有名で、白人ロックバンドの曲ながらGrandmaster Flash & The Furious Fiveのデビュー曲「The Adventures Of Grandmaster Flash On The Wheels Of Steel」でもパッチワーク的に使われたり(ちなみにこの曲を含む素敵なOld School Hip Hopのコンピを本日捕獲したので機会と気力に恵まれれば後日取り上げようかと思ふ)、KRS-Oneが「Step Into A World (Rapture's Delight)」でリメイクしたりとヒップホップ方面からも一定のリスペクトを受けていることもあって、元ネタが2曲ともロックのはずなのにノリとしては完全にR&B/HipHopになっているのが面白いところです。


で、実際にCDが届いてからクレジットを見て知ったのですが、このマッシュアップをやったのは以前ウチでも取り上げたAlicia Keys ve Stevie Wonderの優良作品「Karmastition」を世に出したUKのGO HOME PRODUCTIONSなのでした。このマッシュアップ、噂によると全米でもエアプレイされていて(日本でもTokio 100にチャートインしてました)、それが「Karma」のロングヒットの原動力になったなんて話も聞いたことがあるんですが、こうしてEMIがGO HOME作品の権利を買い上げたところを見るとその噂にも信憑性が感じられますねぇ。ちなみに原曲はBlondieの方がCHRISALIS(EMI傘下)、The DoorsがWEA版権。


ということでカップリングは元々EMIの持ち駒であるBlondieの原曲。実はこれのSuper Disco Mixが目当てだったりもしたんですがただの長尺って感じで割とどうでもよかったかも。これ1980年当時の音源なんですかね。7インチVer.の方は既に持ってると思ってたら違うEditでした。ちなみにこの曲もベースラインフェチ同盟の必須科目的な楽曲ですのでその筋の方は必ず入手するように。しかし今の今まで気にしたこと無かったんだけど、「Rapture」ってChicの「I Want Your Love」と同じアイデアのトラックですね。どっちも大好きだけど。



======================

Video

実はあるのよ、ビデオ。
一応こっちもマッシュアップしてるようです。
これよりもしょぼいヴァージョンもあるんですが、
例のBlondieベスト盤のDVDに入ってるのはどっちなんだろう。

ちなみにこの時ヴォーカルのDebbie Harryは既に30過ぎながら一種のセックスシンボルとして君臨してて、バンドは元々パンクが出発点なのにこうやってラップをやったりレゲエだったりニューウェイヴだったり・・・と、並べていくとやたらGwen Stefani/No Doubtと共通点が多い気がします。そんなDebbieさんの最近のお姿はこんなん。(今年のBrit Awardsレッドカーペットにて)
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。