2006年07月09日

7月2日付 The Official UK Chart観察

もう遅刻が常態化してきた・・・



○Singles

1 (2) Shakira feat. Wyclef / Hips Don't Lie
2 (1) Nelly Furtado / Maneater
3 (11) The Pussycat Dolls feat. Snoop Dogg / Buttons
4 (3) Sandi Thom / I Wish I Was A Punk Rocker [With Flowers In My Hair]
5 (21) Ne-Yo / Sexy Love
6 (5) The Automatic / Monster
7 (14) The Kooks / She Moves In Her Own Way
8 (6) Sergio Mendes feat. The Black Eyed Peas / Mas Que Nada
9 (7) Infernal / From Paris To Berlin
10 (4) Muse / Supermassive Black Hole


13 (n) Lily Allen / Smile
15 (n) Razorlight / In The Morning
19 (n) Michael Jackson / Blood On The Dancefloor
22 (62) Kelly Klarkson / Breakaway
23 (n) Guillemots / Made-Up Lovesong Number 43
28 (n) Long Blonds / Weekend Without Makeup
34 (n) Cord / Winter
35 (n) Larrikin Love / Downing Street Kindling
39 (n) Fatboy Slim / That Old Pair Of Jeans





ごめんなさいパス1です。







と、今週分はこれだけで逃げる気でいましたが、パスしたつもりでユルく書けばそれでいいんじゃんという開き直りの境地に達したのでいつも以上に適当な気持ちでコメントを書いてみることにします。もう曲も聞かないし調べもしない。知らないものは知らない週。文字ばっかでつまんないけど画像も貼らない。13位のLily Allenとかいかにもカワイイ女の子SSWみたいな名前で気になるけど、一体どんなカワイイ女子だ!と思わせといて実は野郎かよ=Ashley Parker Angelみたいな裏切りは要らないから調べない。Guilemotsの新曲はなんか奥田民生みたいなタイトルですね。カスタムメイド。


で、1位はShakira。上がりましたねえ。さっきみたW杯決勝戦直前のパフォはチャートにどう影響するだろうか。でも思ったよりもしょぼいステージでちょっと残念だったな。あんな狭いところでやったからってのもあるけど。あと一緒にくっついてた「Bamboo」って曲は何なんですか。

予想通りにPCD、Ne-Yo、The KooksがTop10に進出。PCDこれで4曲全部Top3ヒットですよ。Kooksは2曲連続Top10。手堅くシングルを当てて、アルバムも完全にロングセラー街道まっしぐらの動きです。音的にはともかく、ポジションとしてはKaiser Chiefsみたいな感じなんだろうか。

それからロングセラーといえば今週まだ9位にいるInfernalですが、何とこれが今年の暫定年間チャートで2位だそうです。1位はもちろんGnarls Barkley。彼らはとうとう全米での首位が見えてきました。ちなみに唐突にUKチャートから「Crazy」が消えたのはシングルをいきなり廃盤にしたからだそうで(kinoさん情報)、ダウンロードポイントのほうは相変わらず稼いでるみたいです。


62位からケリクラの「Breakaway」が上がっては来たものの意外に伸びず22位。思えば彼女の快進撃はこの曲から始まったんですよね。『Breakaway』から、USでの1stシングル。アルバムでもしょっぱなに収録されてますけど、本当ならシメの1曲の方が順番としては相応しいと思います。しかしこの曲がヒットした時点でここまでの活躍を予想してた人はどのくらいいただろうか。

オリコンでは1位となったベスト盤からFatboy Slimの新曲が到着するも39位。正直この曲意味が分かりません。でもシングルにはあの「Right Here, Right Now」のFreemasons Remixが入ってるからちょっと気になってたんだよね・・・と思っていたらいきなり我が家にデリバリーされてびびりました。注文ボタンを押した記憶すらありません。昨日の晩御飯なんて覚えているわけがありません。


そういえば今週64位にA-Studio feat. Polinaの「SOS」という曲が初登場してるんですが、同タイトルの曲が今年に入ってもう3曲もTop75に入ってるんですよね。一つはみなさんご存知Rihannaのアレ、もう一つはFilterfunkのコレです。後者は副題付きとはいえ、こういう記録って結構珍しいんじゃないでしょうか。




○Albums

1 (n) Lostprophets / Liberation Transmission
2 (1) Keane / Under The Iron Sea
3 (4) The Kooks / Inside In/Inside Out
4 (2) Fatboy Slim / Why Try Harder -The Greatest Hits
5 (n) The Zutons / Tired Of Hanging Around
6 (7) Nina Simone / The Very Best Of
7 (23) The Pussycat Dolls / PCD
8 (3) The Automatic / Not Accepted Anywhere
9 (5) Sandi Thom / Smile…It Confuses People
10 (19) Rihanna / A Girl Like Me



日米でもそこそこ売れてる模様のLostprophetsがKeaneから1位を奪取。どことなく”フェス系”アーティストが上位に来てますがUKでもやっぱ夏はフェスの季節なのかしらん。

PCDの恐ろしいところは、他のアイドルやR&B系と違ってまともにアルバムが売れとるところです。シングルにひっぱられて23位からTop10まですっ飛んでまいりました。Ne-Yoの49位→今週37位という動きと比べるとより彼女たちの人気が実感できます。その点ではRihannaもCiaraとかに比べるとかなり頑張ってるほうで、この上昇はそろそろUKでも「Unfaithful」がカットされる予兆っぽいな。

ところで今まで敢えて触れずに来たんですが、Nina Simoneのベストがやたら売れてるのはなんでなんでしょう?例によってベテラン過ぎてどういう人か自分には分からないタイプの人なんですが、コレだけ売れてる理由はなんでしょ。なんかマッシュアップっぽい曲(vs表記)がシングルチャートに入ってた記憶はあるけど別に大ヒットしてたわけでもないし。

ところで下の方ですが、Trinitiの『Triniti』ってアルバムが入ってるのがちょっと気になります(今週28位)。たぶん去年日本のレコ屋でよく見かけたダンスホール系の女の子じゃないかと思うんですが、微妙に世界進出してるんでしょうか。

あと今夏突然の日本デビューが決まったCrazy Frogが64位に再登場。その名も『More Crazy Hits』。よくやるな。日本盤の選曲はちょっと気になるところです。新曲出るわ英米で選曲違うわでトラックが散逸気味なので、せっかくやるなら全曲コンプリートして欲しいところです。自分は買わないけど。だって買っちゃったんだよ。それもUK盤の初版を。しかもmeantimeの年間投票でベストテンに挙げちゃったんだよ。他に選ぶものが無くて。



○Dance Singles

1 (n) Fatboy Slim / That Old Pair Of Jeans (Skint)
2 (1) Armand Van Helden / MyMyMy (Southern Fried)
3 (n) A-Studio feat. Polina / SOS (Absolution)
4 (3) Solu Music feat. KimBlee / Fade (Hed Kandi)
5 (24) Joey Negro / Make A Move On Me (Data)
6 (21) Dave McCallan / B*tch (Nebula)
7 (4) Timmy Vegas feat. Barbara Tucker / Ditty Funk (MN2S)
8 (n) Corenell feat. Ann Bailey / A Deeper Love (Gusto)
9 (13) Beatfreakz / Somebody's Watching Me (Data)
10 (27) Tom Novy feat. Wayne Marshall / Your Body (Data)



Norman Cook先生が1位。これ全然ダンストラックじゃないんですけど。何かいいリミックスでも出てるんですかね。ところで先生は何で自分の曲を出す時は未だにSKINTからなんだろう。そういう契約なのかな。ちなみに先生のレーベルが2位Armand師匠も名を連ねるSOUTHERN FRIEDね。

3位には先ほど触れたA-Studioが。Kylie MinogueやDeep Dishのリミックス実績があるSkylarkのテック/プロッグハウス方向のリミックスが話題になっているようです。5位Joey Negro、9位Beatfreakz、10位Tom Novyはそれぞれポップチャートでもヒットした、とっくに旬を過ぎたはずのトラックですがこういうのがフっと再上昇してくることはどうやらこのチャートでは珍しいことではないみたいなので気にしないでおきます。ブートリミックスでも出たんじゃね?とか適当なこと言っとく。

6位のDave McCallumはどっかで見たことある気がするけど失念。8位のはレーベルがGUSTOってことで推して知るべしのポップハウス、と思ったら結構ファットなアッパーハウスだった。C+C Music Factoryのカヴァーとのこと。そのスジの通にはたまらないですね(?)。
posted by Skedge at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | UKチャート観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、いつかはメッセ楽しかったっす。またよろしくお願いします!

Nina Simoneが売れて続けてるのは自分も不思議に思ってたところです。CD屋行っても常にトップ配置だし。トップ配置だから売れてるのか、売れてるからトップなのか。

The Kooksは今まで全然いいとも思わなくて、ヴォーカルきもいとかずっとけなしてたんすが、この曲が最近いいと思い始めてきてしまいました。色んなところで流れてると洗脳されるなぁ。

上半期最後の注目はLily Allenちゃんでしょう。なかなか面白い音楽やってると思うし、アルバムも楽しみ。この曲はそれほど大したことないけど、他で聴いた曲は結構ぶっ飛んでるのとかあって、自分好みです。なによりカワイイし(TOTPでルックス見てから褒め始めた)!
Posted by サカキ at 2006年07月10日 09:26
Lily Allenちゃん今週躍進してますねー。次はちゃんと書きます(笑) 今年はUKから新人女性Vo.が次々と飛び出してきますね。ちなみにSandi Thomは自分の中で急速に影が薄れつつあります・・・意外に飽きるの早かった。

Kooksのヴォーカルは巻き毛が異性人気を加速させてて同性人気を落としてるような気がします。なんか彫刻のよう。曲自体はあんまり印象に残ってないけど、これだけベストセラーかしてるので気にはなります、やっぱ。

いつかのメッセは楽しかったですね!またゼヒ。(何気にあんまログインしてないんですけど見かけたら話しかけてくださいねw)
Posted by Skedge at 2006年07月10日 23:01
今週はW杯決勝のせいでTOTPが日曜放送ではなかったので↑書いた時点ではチャート結果知らなかったんすけど、なんと1位取ってるではありませんか!おめでとうLilyちゃん!やはりネット(MySpace)の力は凄いですね今の時代。来週発売のアルバムも買えたら買いたいと思います。自分が好きなEtheroとかNikka Costa、ある意味Nelly Furtadoもそうですが、こういう多方位型のシンガーの活躍は素直に嬉しいですね。USにも飛び火しないかな。

Sandi Thomはアルバムのほかの曲が普通すぎたせいで自分も思ったほど長く聴けませんでした(苦笑)。でもアノ曲はまだ好きですよ〜。

メッセはまたよろしくです。最近mixiでの絡みのほうが多くなってますが、こちらのチャートチェックも読ませていただいてますよ!
Posted by サカキ at 2006年07月11日 09:56
乱入してみる

Lily Allenちゃん!可愛いですよね〜
早速東芝のサイトでも取り上げられてたし、日本デビューも果たしそうな感じ。
ちょっとカエラみたいな雰囲気ありますよね。
私もNelly Furtado、Nikka Costa系のアーティスト大好きなので、最近の盛り上がりは素直に嬉しいです。
まあ日本ではなかなか受け入れられづらいジャンルですけど。

そういや今更って感じですが、Delta Goodrem日本デビューらしいです。秋にソニーがかなり力入れて売り込む模様。
Posted by サイコ at 2006年07月11日 12:17
ああ、Lily Allenレスが2個連ちゃんで!
なんかすごく時代とか最先端とかに取り残されてるっぽい俺!


>サカキさん

いきなりレゲエかよ!とか思いましたよLily。やっぱりEsthero〜Nikka Costa型のマルチカルチャラルな方でしたか。最新のBillboardではとうとうCorinne Bailey RaeがHOT 100入りしてきましたが、こういう最近の流れから言ってもLilyのUS進出は充分ありえますよね。

Sandi Thomはサイトで他の曲を試聴したら普通のポップロックっぽくて、悪い言い方をすれば毒にも薬にもならないような印象を受けました。そういうごくフツーのポップって時々無性に心地よかったりもするんですけど。あーやっぱRyan Cabreraのアルバム買っとけばよかったー(無関係)


>サイコさん

乱入カカッテコイヤァ- (注: 歓迎しているつもり)

さっそく東芝のサイトで・・・ということでさっそく詣でてまいりました。Corinneに続いて輸入盤の段階でのこのプッシュぶり。日本盤が秋あたりで出てくるのはガチですねー。今年は全米チャートが大変面白い年だと思っているのですが、こと新人に限ってはUK勢がジャンル問わず百花繚乱ですね。日本ではこういうのがメインストリームで売れるのには10年くらいかかるんじゃ・・・(笑)。

ででDelta Goodrem。。。長らく記憶から消えていた名前です。なぜ今・・・??とにかくタレコミありがとです。さすがギョーカイ人は情報が早い!
Posted by Skedge at 2006年07月12日 03:45
Lily Allenかわいいですよねー。ビデオでの子悪魔っぷりも見事です(やられた方はとんだ災難ですが)。日本盤は9月6日にシングルが出るので購入予定ですが、Lucie Silvasの件があるので少し不安です…。B面曲の"Cheryl Tweedy"という曲が気になります。

Sandi Thom、日本盤が出るまで待ってますが「毒にも薬にもならないような」ポップロックとは。
非常に楽しみになりました(笑)。Ryan Cabreraは"Photo"という曲が良いですよ。でもこれ聴くならMcFlyの方が良いような…(ちょっと違いますが)。

Delta Goodrem日本デビューは遂に、というかいまさらな気がしますが。10月11日ということで、1stも2ndも時期が遅すぎるので出すとしたら1年以上延期しているアメリカデビュー盤でしょうかね。てかいつの間にか来日してる…。もし東京に住んでいたら成田でもどこでも駆けつけるのに(笑)。
Posted by papaya at 2006年07月12日 11:13
なんだか最近、UK熱から冷めつつあります…w
「パス1」とか言っておきながら、いっぱい記事書けるところが「すけっじさんクオリティ」ですね!

Lily Allen、僕も早く聞かなきゃ! と思いつつまだ聞けてないです。はぁ。

てか、今更ですが、先週のチャートでLiberty Xの完全な新曲が47位というありえない低位置だったのが気になったんですが、気になりませんでした?w 彼らもそのうちにでも解散しちゃう運命なんでしょうね。ナムー
Posted by kino at 2006年07月12日 18:36
訂正:Liberty Xの曲は完全な新曲ではなかったみたいです。勘違い(ノ∀`)
Posted by kino at 2006年07月13日 22:26
>papayaさん

Lucie Silvasの件、ってことはLilyもUNIVERSALですか?REGALってレーベル名がよく分からんのです。でもこのUK盤の安さ↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1312892
...を見るかぎりでは日本ライセンスレーベルの輸入盤部門が動いてますよねたぶん。ということはゆくゆくは日本盤出るんじゃないでしょうか。「日本盤発売前から輸入盤が大ヒット」の句付きで。

Sandi Thomの方は今のところUK盤高いままですね。まだ日本市場には乗り込んでくる気ないようで。McFlyもいいポップソングやってると思いますけど、Ryanは米国大陸的な広さが音にこもってるのがなんか引っかかったのです(いい意味で)。しかし久々に試聴とかしてみたけどこんなにヘタレた声だったっけ・・・

Delta Goodremは実のところ具体的に浮かぶ極皆無なので(ヒットしてたという事実のみ認知)今のところノーマークです。USデビューする予定あったんですねー。


>kinoさん

すけっじさんクオリティ、改めて読み返してみたらダンスチャート以外では一切音に言及してなかったりします(^ ^; あ、Liberty Xは次週上がってくるもんだと思って放置したまま忘れてました。ある意味アイドル系最後の牙城でしょうか?(自分の中でGirls Aloudはもういないことになっている)
Posted by Skedge at 2006年07月15日 02:16
Lily AllenはEMI系列ですよ。Lucie Silvasの名前を出したのは日本盤シングルが発売中止になる時にはUK盤シングルが手に入り辛くなることを言いたかっただけです。結局Lucie Silvasの"Breathe In"(シングル)は手に入れることが出来ませんでしたから…。

Liberty Xはもう限界なのか…"X"はちょっとキッズ向けすぎたかもしれませんね。やたら勢いのあるサビとか少しクランクの要素が入ってるところは結構好きですが。"Dirty Cash"のカバーをカットした方がよかったと思います。ちなみに3rdアルバムのSpecial Editionが出ましたが通常盤に"A Night To Remember"を追加しただけという手抜きっぷりが潔いです。

あとSkedgeさんってどうしてそんなにGirls Aloudを毛嫌いしているんですか(笑)?

そういえばカエルのアルバムの日本盤、収録されるのは「Crazy Hits」からのシングル+「More Crazy Hits」から2曲を除いたもの+"Last Christmas"ということで正直微妙です。"Bailando"さえ入っていたら買っても良かったのに…。
Posted by papaya at 2006年07月15日 20:25
そうそう、Lucie Silvasは未だにそのシングルが検索で引っかかりますよね。少し期待したものです。Liberty Xは何気に「A Night To Remember」かなりiPodで回したのでもうちょい頑張って欲しいです。いやまあこの曲に関してはShalamarから1ミリも進化してない感じではありましたけども。

Girls Aloudは別に毛嫌いしてるわけでは(笑) ただ全く興味がないし他人様が褒めてる曲を聞いてみても「?」だったので、僕の与り知らぬところで売れた人たちが与り知らぬところで消えてくのね、くらいにしか思って無いのは確かです。さっき奇跡のフジテレビ出演を果たしましたね。さんまパワー使ってブレイクを狙うとか。もう遅いか。

バカガエルの「Bailando」外しは大変遺憾です。そんならこの曲欲しさにわざわざamazonの中古出品者に「それUK通常盤ですか?最初のヤツですか?ねえねえ!」とねちっこく問い合わせた僕はなんなんでしょう。超名曲なのに・・・ってまあこの曲も100%Loonaの原曲の功績ですが。

今さらの日本盤発売はSchnappiがコケたからなのでしょうか。去年の段階で社内がワニ派とバカガエル派に分かれてて、今はバカガエル派が「それ見たことか」的にイケイケどんどんなテンションになってるとか。そんなしょうもない派閥争いを妄想すると萌えます。そいで結局Soul Controlあたりに全部持ってかれたらなお萌え。
http://mora.jp/package/80307944/AVCD-17910/

大穴: ヒョンヨン
http://www.toshiba-emi.co.jp/international/release/200607/tocp61127.htm
Posted by Skedge at 2006年07月16日 03:56
Girls AloudはUKでもPCDにお株を奪われててかわいそうでした…("Biology"は名曲だと思うんですけど…。一般的にはダメなんですかね?)。
Xenomaniaは今でも頑張ってますがネタ切れしてる印象だし、てかXenomaniaがタルいバラードしか書けないのが彼女らの一番痛い所なのかも。スパガの"2 Become 1"、Atomic Kittenの"Whole Again"、PCDの"Stickwitu"(この曲Now(UK)に入って無くてがっかり)みたいな人気安定に重要な曲がGirls Aloudには無いですからね。

バカガエル、自分はクリスマス盤を買ったので"Bailando"入ってないんですよ。でもいちいちUK通常盤買うのもなあ…。あとカエルってEMI系列だったんですね。僕はてっきりUniversalだと思っていました。

Schnappiは世間から普通にスルーされてたのがちょっとショックだったり…CMも結構多めだったりMステで紹介された時は「もしや!?」と思ったのですが…。

Soul Controlは一昔前だったらDancemaniaとかに収録されていたんだろうなーっと思ったりして懐かしい雰囲気になります(笑)。あとドイツでダンスポップといったら真っ先にE-ROTICを思い出す自分が嫌です(笑)。

大穴: ヒョンヨンに対抗して…
イローナ
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/ilona/
Posted by papaya at 2006年07月28日 02:10
いつもコメントありがとうございます!

>スパガの「2 Become 1」、Atomic Kittenの「Whole Again」、PCDの「Stickwitu」
あーそっか!Girls Aloudがどうにも垢抜けない印象だった理由が急に分かったような気分です。確かに彼女たちってこの3曲に伍すようなキメ球に欠ける感じがありますね。しかし「Stickwitu」大人気ですね。特にAvant付いてるやつ。自分は正直そこまでいいとは思わないのですが・・・。(でもNicole逆客演の「Lie About Us」は殆ど同じ曲のようでいてしかし名曲)

「Bailando」って結局UK第1回盤にしか入ってないんですかね?僕もてっきりUNIVERSALだと思ったら日本ではEMIなんですよねー。でもEMIの方がこういうの流行らせるの上手いかもしれませんねw SchnappiがMステで紹介されたの僕も見てました。思わず声が出ちゃいましたよ(笑) 「横浜のラマ」の国内盤シングルが出ててしかもブクオフに落ちてるときも(略

ドイツでダンスポップと言うとやっぱE-Roticなんでしょうけど自分はCaptain Jackの方が好きですね。Frankee亡くなったってニュースをYahoo!で見たときは驚きました。R.I.P.
Posted by Skedge at 2006年07月28日 03:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20550337
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。