2011年06月29日

6月25日付の俺チャート晒し

Solid State Survivor

近頃妙に気になってたので買ってみました。
「Rydeen」が僕の中でリバイバルヒット中。やっぱカッコいい。
BeatlesとかStonesとか(主にロックの)偉い人をことごとくスルーしてる不遜な僕ですが
電子音聴きとしてはKraftwerkとYMOくらいはそのうちちゃんと聴かなきゃとは思っています。
還暦くらいまでには。



============


25 Jun 2011 / Week 26

01 (02) (06) Rihanna - Man Down
02 (03) (07) Frankmusik feat. Far East Movement - Do It In The AM
03 (01) (23) Dr. Dre feat. Snoop Dogg & Akon - Kush
04 (06) (05) Wideboys feat. Sway & McLean - Shopaholic
05 (05) (06) Breakbot feat. Ruckazoid - Fantasy
06 (10) (06) Estelle feat. Rick Ross - Break My Heart
07 (04) (07) Musiq Soulchild - Single
08 (15) (03) Gorillaz feat. Daley - Doncamatic
09 (11) (06) Miles Kane - Come Closer
10 (16) (04) Katy B - Easy Please Me

16 (ne) (02) Example - Changed The Way You Kiss Me
17 (ne) (06) Alexandra Stan - Mr. Saxobeat
18 (ne) (01) capsule - World Of Fantasy
19 (ne) (02) Estelle feat. Nas - Fall In Love
20 (ne) (02) Dev feat. Tinie Tempah & The Cataracs - Bass Down Low (The U.K. Mix)



一言付さないといかん曲が多いこと。


今まで獲れそうで獲れなかったRihanna4年ぶりのトップ。
『Loud』からようやくきちんと好きと言える曲が。
この人は一応2ndから追いかけてるから過去記録の調べがいがあるな(笑)

2006 #15 Unfaithful
2007 #05 Umbrella (feat. Jay-Z)
2007 #01 Don't Stop The Music
2007 #11 Push Up On Me
2007 #11 Hate That I Love You (feat. Ne-Yo)
2008 #17 Good Girl Gone Bad
(2008 #03 If I Never See Your Face Again - Maroon 5 feat. Rihanna)
2008 #02 Disturbia
2008 #09 Rehab
(2008 #10 Live Your Life - T.I. feat. Rihanna)
2009 #08 Breakin' Dishes
(2009 #01 Run This Town - Jay-Z feat. Rihanna & Kanye West)
2009 #03 Hard (feat. Jeezy)
2010 #03 Rude Boy
2010 #15 Te Amo
(2010 #02 Who's That Chick - David Guetta feat. Rihanna)
2010 #12 S&M
(2011 #02 All The Lights - Kanye West)
2011 #19 Only Girl [In The World]
2011 #01 Man Down


「S.O.S.」が最初に来てないのはその頃はまだこんなの作ってなかったからです。
「Don't Stop The Music」以来、獲れそうで獲れずやっと2曲目の1位ですが、
でもこれよりも「Disturbia」の方が好きだなあ。
何で当時2位どまりだったんだろ。自分でもよく分からない。
その時の気分じゃなくて計算して順位決めてるからこういうことはよくある。

で、この曲はアーバンステーション向けと言うことで全米チャート的には
60位のあたりをうろうろしてる感じですが、ビデオは話題になってますね。





どっちかというと悪い方で。
放送禁止くらったのはお約束として、それに加えて
まあ全米レイプ被害者の会みたいなとこから非難ごうごうだったようです。
「DV被害者のRihannaが、”銃で報復せよ”というメッセージを発する気か!」と。

一理あると思います。
つうかこの曲の歌詞を見る限り、激昂して思わず引き金を引いちゃった、
あたし人殺しちゃった、どうしようどうしようどうしよう…、みたいな内容だと思うんですが、
ビデオ出来てみたら思いっきり殺る気満々で冷静に物陰からぶち込んでて笑った。
目撃されない距離から盆の窪を一撃必殺とかどう考えてもカタギじゃねえよこの女。
そりゃOnly Girl In The Worldだろうよ。そんなそこらじゅうにいられたら困る。

これをより歌詞に忠実に、はずみで人を殺めてしまった女の苦悩、
みたいな描き方をしたらもっと深い、メッセージ性に富んだ内容に出来たはず。
それを「とりあえずサグっと血ィ流しどぐが!」なノリで、
しかも報復殺人を正当化するような話運びのビデオにしてしまった以上
ああいう非難を受けたのも致し方なしというか、ストーリー解釈が稚拙でしたね。
まあRihannaの赤毛三つ編みがかわいいからなんでもいいんだけどね!




#05 Breakbot feat. Ruckazoid - Fantasy

世界で500セットだかなんだかの限定7インチBOX『The Bee Sides』収録の
エクスクルージヴトラックだったはずなのに
またしてもキモジャケでちゃっかりシングルリリースされてる新曲。
最近になってビデオ上がってきました。これはなかなかのおっぱいビデオ。
今回は『Off The Wall』の頃のマイコーを適度に刻んだ感じで(Vo.がまた似てる)
相変わらず外さないですが、さすがに「Baby I'm Yours」には遠く及ばないなあ。
まあおっぱいのお姉さんが美人だからなんでもいいんだけどね!




#08 Gorillaz feat. Daley - Doncamatic

昨年末にこっそりリリースされていた、『Plastic Beach』新装盤収録の新曲。
(つかGorillazまでそんなこすい商売してたのか)
このDaleyという白人UKソウルシンガー、最近注目してます。
Estelle、David Bannerと組んだメルセデスベンツ125周年記念ソング
「Benz」(Janis Joplinのリメイク)でとにかく気持ちよさそうに歌ってるのが良い。



Katy Bも色々書きたいことあったんだけど
このビデオが日本からはブロックされてたのでやる気なくして省略。





#16 (2nd week)
Changed The Way You Kiss Me
Example

Data / Ministry Of Sound

DATA発の白人ラッパー、ということでキャッチーだけどなんか胡散臭えなー、すぐ消えそうだなあと思ってたらWretch 32の「Unorthodox」(UK2位)を筆頭に案外客演仕事も順調に舞い込んできちゃったりしてあれ?と思ってたところにこの突然の全英No.1。これは予想してなかったわ。なんかCalvin Harrisが「I'm Not Alone」で1位獲ったときとちょっとかぶる。9月リリース予定の3rd(実は前作がデビューかと思ったらその前にこっそりアルバム出してたらしい)からの先行シングル。ハードトランスっぽい低音シンセの速射がかっこいい。こんなのえぐざんぷるのくせになまいきだ、と思って誰が作ったのよこのトラックと調べてみたら、Deadmau5のレーベル、MAU5TRAPからのリリースでも知られるプログレッシヴハウサーMichael Woodsでした。うーん、いくらUSでもダンス系が浸透したと言ってもやっぱりUKは一味違う人事かましてくるなと思ってしまう。でもやっぱりこの曲この人にはあんまり似合わないというかもったいないというか。「I guarantee you'll miss me」とかこのルックスで言われるのどうかと思うんですが、英国民はそこらへんをどう飲みこんで1位に押し上げたのか気になるところです。





#17 (6th week)
Mr. Saxobeat
Alexandra Stan

Maan Music

こちらもUK3位と予想以上のヒットとなったルーマニア発のダンスヒット。「Hot」のInnaに「Stereo Love」のEdward MayaにこのAlexandraとここんとこルーマニアからダンスヒットが続いてますね。しかもこの曲「Stereo Love」に続けとばかり全米でのチャートインの兆しも出てきました。とりあえずLatin Pop Chartで現在最高13位との事。スウィングハウスのテイストを取り入れたルーマニア発の歌ものダンスポップってことでここ数年のキーワードはきっちり取りこんだ作りなんですね。「パッパラ☆アメリカ〜ノ」(邦題。今さらこれを推し曲にしてコンピ売ろうとか遅すぎるよビクターさん)のヒットを以って飽きられるかと思ったら意外と尽きないスウィングハウスのリリース、今年も地味にいくつかヒットしてるし意外と定着してるんですかね。



#18 (1st week)
World Of Fantasy
capsule

Contemode/ Yamaha

年イチペースでアルバム出して、そこから毎回1曲は2位以上の俺チャートヒットを作っては大体1、2曲でさーっといなくなるのが恒例になってるcapsule、今年の新作は、『Killer Wave』という今日本でタイムリーすぎるシャレにならなさのタイトルを付けてしまったため、発売を延期し改題の上リリース。ま、内容自体は一切変わってないそうですが。このタイトルトラックは「Eternity」、「Jumper」の流れにある、「同じ歌詞をメロディを変えて延々繰り返す」系の半歌モノトラックですが、これはちょっと曲そのものよりもビデオがめちゃくちゃ面白いので是非見てください。元々YouTubeに投稿されていた動画のアイデアを(本人に連絡取った上で)拝借したものみたいなんですが、たったこれだけの工夫でこんなに斬新な映像がになってしまうとは目から鱗。画面下半分を隠すだけで割と普通の映像になっちゃうんだもん。青基調の光も綺麗です。この青色発光ダイオードみたいな色大好き。ところどころケミカルの「Star Guitar」風にもなってますね。蟹江「All The Lights」に続く「DVNO」パクリだけは頂けないのが残念。





#19 (2nd week)
Fall In Love
Estelle feat. Nas

Homeschool/ Atlantic

とりあえず今年本気出すことになったEstelleさんの去年出てた曲。アルバムが出るまでに(出ることを祈って?)一通り聞いておこうと思って今さら買ってみました。つうかあまりにも話題にならなさ過ぎて出てたの気付かなかった。リリース順的に「Freak」と新曲「Break My Heart」の中間にあるわけですが、曲もユルめの4つ打ち+夜っぽいアレンジ、というこの2曲の合いの子っぽい感じ。Nasはもちろん悪くないけど何故にこの曲で?という感じはします。唐突と言うか無駄遣いと言うか。まあこれはともかく「Break My Heart」が曲調的には今のR&Bチャートで受けないはずはないので(きちんとプロモーションすれば)、それでだめならUSでの活動は見切りをつけるってのもありじゃないかなあ。





#20 (2nd week)
Bass Down Low (The U.K. Mix)
Dev feat. Tinie Tempah & The Cataracs

Cherrytree

Far East Movement「Like A G6」で脚光を浴びたのを足がかりにリリース、まるでユニットの一員かのようにいつもThe Cataracsに帯同してるような感じがFlip & FillとKelly Llorennaっぽい(マニヤにしか伝わらない例え)グラサン美人の人生初ヒット。USで年末年始に61位まで上がる小ヒットになってましたが、これが5月になってUKでTinie Tempahを加えたリミックスがじわじわチャートを上がってTop10入り(10位)しちゃいました。リリース当初からちょっと気にはなってた曲だったのでそれを機にせっかくなので天パリミックス買っといた(上のビデオは天パのいないオリジナルヴァージョン)。小ヒットとはいえこんなのが全米チャートに入ったとかちょっと凄い時代になったなあとか思って見てました。4年くらい前のED BANGERのコンピにこんな曲入ってても違和感ないんじゃ(それを思うとUffieってホントに色々と間が悪かったよね)。ちなみにThe Cataracsが主役になってるリミックスもリリースされてます。この人たちプロデュースチームだとばかり思ってたら元々ラップデュオでアーティストとしてのリリース歴もあるのね。


posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の個人チャートでは近年リアーナ確変ぶりが顕著です。1位になったものだけで下記があります。

Take A Bow '08
Russian Roulette '10
Hard feat. Jeezy '10
Only Girl(In The World) '10

ExampleはUKっぽい声(Depeche Modeとか)なので好みです。Alexandra Stanは妖しくていいですね。

リアーナとケーペリの話題のビデオ観てないので早く観ねば。ヤンコヴィックのパフォームディスウェイは日本で見れるところあるのでしょうか?
Posted by se2 at 2011年06月29日 11:53
>se2さん

そういえば「Hard」大プッシュだったのは僕もよく覚えてます。僕にとっても今一番好きなアーティストなんですが、こうして見ると本当に好きな曲のカブリはないのがおもしろいですね。てか自分のチョイスの微妙なひねくれ方が良くわかりました(笑)指摘はされても自分ではあまりそう思ってなかったんですが。

Exampleは、そう、この曲ってDepeche ModeやThe Presetsみたいなエレクトロ系のバンドがやった方が形にはなったような気がします。 ヤンコビヤッチ先生のはニコ動で見れましたよ。さすがとしか言いようがありませんでしたが、むしろ今回のと比べたことで「White & Nerdy」のヒット規模と完成度の高さに改めて感じ入りました(笑)
Posted by Skedge at 2011年07月01日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。