2011年07月10日

[No.149] Holy Ghost! - Wait & See

wait & see1. Original 3:39
2. Moby Remix 3:32
3. Flight Facilities Remix 5:19
4. CFCF Remix 5:22
5. Richard X Remix 5:06
6. Kris Menace's Vocal Re-Interpretation 5:32
7. Kris Menace Remix 5:30

Release: 2011
Format: Digital Download
Label: DFA






気が付いたら左側の最新記事の一覧が全部「俺チャート晒し」になっててさすがに我ながら気持ち悪かったので久々にSinglesの記事。もう昔みたいに各国のCDシングル盤を血眼になって捜すというのは不毛なのでほとんどやってないのだけど、こうしてたまにダウンロードでバンドル丸ごと買うことはあるのでそういうのを紹介していくのも悪くないのかも。購入履歴の記録としても。

で、ダウンロード販売なら気に入ったトラックだけ買えばいいものをわざわざバンドル買いするというのはそれだけ甲乙つけがたいミックスがたくさん入っている証拠で、これは本当に全トラックレベルが高い。こんな水準のリミックス集って何以来だろう。

かつてエレクトロクラッシュムーヴメントの爆心地だったニューヨークのDFAから待望の1stアルバムをリリースしたHoly Ghost!のニューシングル。オリジナルは彼らが本来持っているディスコ趣味をややニューウェイヴ寄りの歌モノに落とし込んだ、インディーロックリスナーにもアピールしそうな仕上がり。これはこれで十分いいのですが、それを再解釈した各リミックスがどれもオリジナルより面白い。みんな仕事出来すぎ。

基本的にどれもHoly Ghost!本来の作風へのリスペクトなのかコズミックディスコ的な側面を強調したミックスで似てると言えば似てるのですが、その中ではよりニューウェイヴ色を強める手に出たRichard Xのリミックスが目立ちます。Richard Xというと個人的にはNew Order「Jetstream」のリミックスが真っ先に思い出されるのですが、同じタイプに仕上げてますね。これStuart Priceが(Zoot Woman時のモードで)リミックスしてたらどうなっただろう。Kris Menaceは一昨年の傑作アルバムのときに近いユルキラな仕上がり。最近解脱しかかってるイメージのMobyもここではキャッチーな歌モノとしてのこの曲の骨格を崩さないようにリミックスしてます。CFCFはガラージクラシック御用達のパーカス、Flight Facilitiesはファンキーなベースラインを軸にしてるけどありがちなUSハウスっぽくならずやっぱりフワフワしたスペイシーディスコぶり。

今年のベストリミックスはこの中から選ぶことになるかもしれませんが、それより何より、1枚のシングルがここまで各リミキサーの足並みが揃った作品集になってるのがとにかく驚き。『Milky Disco』とか好きな人はマスト。こういうのこそCD化してほしいのだけど。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | Singles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。