2011年11月05日

10月29日付の俺チャート晒し

なんかもう月一でこればっかだな。
次こそは違うネタで更新したいから今日はサラっと流そう。


===============


29 Oct. 2011 / Week 44

01 (01) (07) Ed Sheeran - You Need Me, I Don't Need You
02 (02) (09) Foster The People - Helena Beat
03 (03) (03) Avicii - Levels
04 (07) (05) Rihanna feat. Calvin Harris - We Found Love
05 (09) (04) Special Others & Kj - Sailin'
06 (04) (19) Afrojack feat. Eva Simons - Take Over Control
07 (05) (05) Jay-Z & Kanye West - That's My Bitch
08 (06) (07) Lewi White feat. Ed Sheeran, Yasmin, Griminal & Devlin - Young Guns
09 (08) (07) Alonestar feat. Ed Sheeran & Rosie Ribbons - All Falls Down
10 (16) (02) Katy B - Witches' Blew

11 (re) (15) Chromeo (feat. Solange Knowles) - When The Night Falls
12 (11) (14) Foster The People - Pumped Up Kicks
13 (12) (04) Olly Murs feat. Rizzle Kicks - Heart Skips A Beat
14 (19) (08) The Decemberists - Rox In The Box
15 (ne) (03) Holy Ghost! - Slow Motion
16 (ne) (02) Trevor Loveys - Earthbound
17 (ne) (05) Soulhead feat. Lecca - World Go Round
18 (ne) (01) Katy B - Louder
19 (ne) (07) Ed Sheeran - Saturday
20 (ne) (01) Yo-Yo Ma, Stuart Dancun, Edgar Mayer & Chris Thile
(feat. Aoife O'Donovan) - Here And Heaven





#4 Avicii - Levels

Flo Rida「Good Feeling」でサンプリングされるはずだった曲。
実際にリリースされてみたら権利的にモメたのかダサいトラックに差しかわってて絶望した!
これがきちんと世に認知されずじまいなのが残念だけどこれは今年のベストダンストラックの一つ。




(11月14日追記 Katy Bの記事に訂正あり)
#15 (3rd week)
Slow Motion
Holy Ghost!

Holy Ghost!
DFA


LCD Soundsystemがあれほどインディー系の方面で持ち上げられてたのを考えるとあんまり注目されてないのがちょっとさびしいですが、僕としては今年リリースの中でもお気に入りの1stから。これは元々彼らに抱いてたコズミックディスコ的イメージをそのまま歌ものに変換してきた感じでキャッチー。アルバムはもっとロックっぽいのも、ディスコ〜エレクトロニカ寄りのもあります。




Deep Thrills
#16 (2nd week)
Earthbound
Trevor Loveys

Herve presents Deep Thrills Volume 1
Cheap Thrills


あら、これYouTubeに音なかったわ。Herve(最近twitterでちょっと話題になってたけど読み方はハーヴェね。本当はeの上に点ついてっからね)主宰のフィジットハウスレーベルCHEAP THRILLSのレーベルコンピ、の別ヴァージョンからの1曲。このコンピ用のExclusiveかな。Trevor Loveysって僕には分からん感じのフィジットぶりだったので縁がないと思ってたのにここではコンピのテーマに合わせてかなんかニューエイジのかほりが漂うブレイクスを上梓。





#17 (5th weeks)
World Go Round
Soulhead feat. Lecca

Jump To The Wall
Avex Trax


まさか出るとは思ってなかった復活&移籍後2作目となる5th『Jump To The Wall』のリードトラック。Soulheadはちょっと不思議なほど他のアーティストとの絡みが少なく、特に外部客演を連れてくるとなると他には倖田來未の客演返し「XXX」しかないので、彼女たちなりになんか新しいところを狙ったナンバーなのかな。この系統の人たちはもう今みんな着うた崩れになってて、Soulheadも前作にまだそんなところがちょっとあったけど、もう変に売れ線狙ってもしょうがないことに気づいたか今回はレッカ姉さん共々売れ線に媚びない作風。出ただけでうれしかったけどアルバム全体も初期に近い路線に戻って中身も充実している。ただし前作よりさらに売れてない(73位)。今度こそこれが最後か…





#18 (1st week)
Louder
Katy B

Rinse / Columbia

最近またKaty Bの自分内評価が上昇中で、これで6曲目の俺チャート入り。でもこれは新曲とかじゃなくてデビュー曲「Katy On A Mission」のフリップサイドで、ビデオまであって人気のある曲なのにアルバム『On A Mission』には未収録に終わったことが残念がられていたもの。2ヶ月くらい前に出たUS盤でボーナストラックとして収録されたのでようやく買っといた。ちなみにUS盤だとUK盤収録のシークレットトラック「Water」が入ってないっぽいので今から買う人は悩むところだね。

(11月14日訂正) すんません、「Louder」はあくまでUSのiTunes Store向けボーナストラックだったようで、CDの収録内容はUK盤と同じ(「Louder」未収録でシークレットトラックは収録)とのことです。情報頂いたpapayaさんありがとうございました。




#19 (7th week)
Saturday
Ed Sheeran

Sound Of The East Coast Vol.II: Sound Waves Amplify The Coast
Sound Waves


全英No.1アルバム『+』から、ではなく、ちょっとよく分からんのだけど2009年にリリースされたコンピの収録曲。つまり正式デビュー前の音源で、iTunesで検索かけると普通に出てくるんだけど、話題になった『The No.5 Collaboration Project』がいつの間にか買えなくなってたのでこれは今のうちに、と思って買っておいたもの。なんか以前検索したら彼の地元自治体のウェブサイトにつながったような記憶が…地元主催のオーディション参加者かなんかのコンピでしょうかね?曲はThe Frayとかあの辺っぽい叙情派アコースティックロックで、グライム成分はゼロです。





#20 (1st week)
Here And Heaven
Yo-Yo Ma, Stuart Dancun, Edgar Mayer & Chris Thile (feat. Aoife O'Donovan)

The Goat Rodeo Sessions
Sony Music Entertainment


中国系アメリカ人の世界的チェリスト、Yo-Yo Maといえばクラシックファンでない僕であっても名前くらいは知っているものですが(と言っても曲と言われると「Libertango」くらいしか分からないが)、HMVのサイトには「アメリカンプロジェクト第3弾」みたいなことが書いてあった気がする。要はこの人も色んな方々とコラボりまくってるようで、今回はブルーグラスの弦楽器奏者を集めて1枚アルバム作ってしまったみたい。その内の2曲は歌ものなので、逆にチェロがどこで鳴ってるんだか分からないくらい正しくカントリ〜。もうここ数年こういうのには弱すぎる。これは早くアルバム買わねば。つうかここにもいたよChris Thile!


posted by Skedge at 00:00| Comment(5) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わお、AviciiとKaty Bの情報ありがとうございます!早速今からDLしてきます!
Katy Bのそれもずっと目を付けてたんですが、US盤に入ってたんですね。
Aviciiもいつの間にか日本のiTSに!
Posted by まっちゃん aka kino at 2011年11月05日 22:07
>まっちゃん aka kinoさん

>Aviciiが日本のストアに
え、ホントだ!これいつまで経ってもリリースされないんで、本人が配信してるPodcastの音を編集して聴いてたんですよ。買いなおそうかな。
Katyは意外と日本でも話題になってるのに日本盤は出す気ないんですかね。
Posted by Skedge at 2011年11月05日 22:13
でも日本のiTSでダウンロードしてみたら不自然に短いバージョンでちょっと萎えたので、考えてからにした方が良いかもです。 >「Levels」
Posted by まっちゃん aka kino at 2011年11月05日 22:43
私もKaty B評価してます〜アルバムの出来なかなかよかったですよね。最後のアシッドジャズみたいな曲が特に好き。美人ではないがブスでもないという、半端なルックスも愛せる(笑)

そしてEd Sheeranおかげさまで愛聴してます。叙情派ロックな感じで押し出せば、日本でも結構売れそうだけどねえ
Posted by サイコ at 2011年11月06日 03:13
最近はtwitterばっかりでやり取りしててコメントもつかないからブログ更新してもしょうがないなあとか思ってたのになんで今日はこんなに急に(笑)!


>まっちゃんさん

一応落としてみましたが、イントロが唐突過ぎるのがアカンですね。あと未だに日本のは128kbpsで萎えた(聴いて分かる耳じゃないんですけど)。なんで結局自作Editで楽しむことにします(笑) 自分の好きな展開で作ってあるんだからその方が楽しいに決まってますからねえ。


>サイコさん

前に「文が長くて読む気が失せる」って言われたから今日は短めにしてみたよ!自分もあのラストのジャジーディープハウスみたいなの好き。

Katy、結構かわいくない?上の「Louder」や「Witches Blew」のビデオだと、化粧映えしてて綺麗やんとか思ったんだけど。確かに普段はあか抜けないんだよね(特に服がダサいw)。これ、「私は今でもストリートのKatyよ」的な非セレブ化戦略じゃないかな。出身地のPeckhamは本当に治安のよくないエリアなので(行ったことないけど)、フリじゃなくて素の可能性もあるが(笑)

エド君は自分の中ではだいぶ落ち着いてきました。「You Need Me...」だけ突出して好きというか、アルバムの他の曲はみんな結構普通なんだよな。
Posted by Skedge at 2011年11月06日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。