2012年09月27日

【ドラクエ5】Groove Cruise的マイナーモンスターズ (1)

IMG_4085.jpg

唐突だがドラクエ5の縛りプレイ記事を書こうと思う。


twitterでは今年の頭くらいにやたらこのネタを連投してたんだけど、
最近になってこんなプレイブログ(イラストがすごく可愛い)を見つけて読んでるうち
また自分でもやりたくなってここ数週間ゲームづけになっている。
なんか微妙に詰んだくさくて一旦プレイする気力が折れたので
代わりに文字に起こしてみようかと思った。
久しぶりに更新する気になったと思ったらまさかの非音楽ネタ。


今年頭のも含めてもう何度か縛りプレイやってるんだけど、
今やってる縛りはドラクエ5縛りプレイの原点ともいうべき「マイナーモンスターズ」。
ニコ動に「ダニーの奇妙な冒険」っていうパイオニア的な動画がありますが
基本的にはこれに準拠したルールで行きます。


@人間使用禁止
主人公は特殊状況下でのルーラを除き、移動中の呪文の使用も禁止。
ヘンリーや嫁は基本棺桶待機。
強制的に人間が戦闘に参加する状況下では、
装備を一切なくして効果のないアイテムをひたすら使うものとする。

A使用キャラはマイナーな仲間モンスターのみ
これは”マイナー”の確固たる判定がなくてやや微妙ですが、
少なくとも”レア”なだけで強いモンスターは対象外です(はぐれメタルとか)。
逆に、仲間にはなりやすいけど即モンスターじいさん行きに
なりがちな奴ら(要するに使えない連中)はOKです。
まあぶっちゃけ、個人的に今まで使ったことない奴らならいいやくらいのつもりで。


基本はこれだけです。
よく縛られがちなカジノ・福引・すごろく・種使用はオール解禁。
ただしカジノはめんどいのでスルー、福引も特に当てを引くまで
粘るようなことはしてないです。
あとリセットも基本はしてないですが、ひとつだけ例外措置を設けてます。
まあせめてもの逃げ道です。その時がきたら明かします。

(ちなみに上の画像をご覧の通り北米版です。
いい年してゲームするにあたって
「これ英語の勉強になるから。半分は勉強だから」という
言い訳を自分と周囲にするために買った。
でもストーリーとか全部知っててセリフ読む必要がないので
全然勉強にはなっていない)



じゃあ早速青年時代からスタートとしましょう。



===



[ オラクルベリー〜サンタローズ〜アルカパ ]

まず何はともあれモンスターを仲間にしなきゃならんのですが、
最初の一匹はやっぱりダンスニードルの勇者ダニーでしょう!
例のダニー動画見て以来いつかは使わねばならぬと思っていたし。

ただし例の動画で使われたのはSFC(スーファミ)版、僕が今やってるのはDS版。
色々仕様が違ってるわけですが、その一つがダンスニードルを含む
ラインハット周辺の魔物のエンカウント地域。
SFCではラインハット領まで行かずとも、川沿いの対岸をうろうろしてると
エンカウントできたんですがそれがどうやらなくなった模様。
加えて、SFC版では後回し可能だったサンタローズの洞窟、
DS版ではここを攻略しないとラインハットに行くためのフラグが立ちません。
な、なんだってー!
というわけで仕方ないので主人公&ヘンリーのコンビで洞窟を攻略、
先に天空の剣とパパスの手紙を取っておいて
あとから改めてモンスターズで疑似的に攻略し直すという形にしました。

んでラインハット領内に入って早速ダニーを捕獲後、
さっさとオラクルベリーに戻って装備を整えてみた(先にクリアしたおかげで資金は豊富)のですが。


…結構強くねえ?


普通にやってたらまず連れ歩かないダニーですが、
武器がはがねのブーメランによる全体攻撃というのもあって案外強い!
蘇生禁止縛りでブラウニーやプリズニャンから始めたときとは
比べ物にならないくらいサクサク敵を倒していくじゃないですか!
ちなみに蘇生禁止プレイでは何故か最初にホイミスライムが
仲間になるというミラクルな展開になった回があったけどその時くらい楽。
とりあえず一旦アルカパを目指してみましたが楽勝でした。
これ洞窟余裕で潜れるんじゃ?


と、アルカパからサンタローズに向かう途中で!
おばけきのこが起き上がって仲間になりたそうにこっちを見ている!


帰れ!!!


おばけきのこ、成長限界が低いのですぐ引退しちゃうけど、
この時点ではばくだんベビー、エビルアップルと並んで「序盤三強」と言われる
超使えるモンスターなのです。こいつらは一匹でも入ると途端に楽になることは
別の縛りプレイ時にも実感してるので当然今回はお断り。
プリズニャンは好きでよく使ってるんですがこいつも
特に序盤〜中盤にかけてはオールマイティに働いてくれるのでアウト、
スライムとブラウニーは使える使えない以前にどメジャーなのでアウトもアウトです。

って、そうなるとこの辺(オラクルベリー〜アルカパ)で仲間に出来るのって全然いない!
そんなわけで、マイナーというにはやや微妙なラインのドラキーの加入は認めました。
まあ補助呪文の使い手としてそこそこには役立つけど、
すぐレギュラー落ちして特に活躍の機会がないままモンじいに行きがちだしな。

そんなわけで、サンタローズの洞窟には
ダンスニードルのダニードラキーのドラきちの二匹で挑みます。
もうクリアしてるけど…



[ サンタローズの洞窟 ]

SFC版では3人パーティープレイの上、主人公とヘンリー強制加入ということで
モンスター縛りでは非常にきつかったこのダンジョンですが、
DS版では(PS2版も?)モンスターだけで入れる上、パーティー人数も4人。
大幅にラクな仕様になってます。
まあこっちはそもそも2匹しかいないのであんまり関係ないのですが。
ちなみに本来は最深部の天空の剣、主人公がいないと入手できないので
事実上の強制加入になるんですが、今回のプレイでは既に入手済みなのでこれも無関係。
主人公は馬車に置いていきます。
どうせこっちの頭数には影響ない、というか、この場合連れてくと
盾として使えちゃうのでむしろ有利になっちゃいますね。
ちなみに天空の剣とパパスの手紙以外の宝箱とかは全て手つかずにしてあります。
もちろん全部回収してやるぜ。

んでダニーとドラきちですが。
ちょっとレベル上げただけで挑んだのにやっぱりサクサクすすむ!
ダニーがやいばのブーメランで全体攻撃、ドラきちがチェーンクロスの
グループ攻撃なんでものっそい戦闘が楽。
レヌール城攻略時の主人公(ブーメラン)とビアンカ(いばらのムチ)のようだ。
対抗策がないと思われたガメゴンもゴリ押しでどうとでもなってしまう。

あっさり最深部に到達して、わざと残していたかわのこしまきとちからの種を入手。
しょぼい!と言いつつちからの種はダニーに投与。
種は基本全てダニーに捧げることにしている。勇者ですから。
そうでもしないとスタメンを張れない気がするし
帰り道で、この地域で仲間に出来る(縛り条件的にOKな)最後の一匹、
くさったしたいのスミスを仲間にしてクリア。
正直こんなにヌルゲーだとは思わなかった。



[ ラインハット (地下通路)]

新しい仲間を加えて一行はダニーの故郷ラインハット領内へ。
まずは地下通路を通って城に侵入します。

この地下通路と後に控えた城内でのボス戦、
主人公とヘンリーが強制加入だと思われがちですが、
実は予めヘンリーを殺しておくと主人公+モンスター3匹で入れるのです!
(主人公が死んでいた場合は街に入った瞬間勝手に生き返るので彼のみ強制)
というわけでさっさとヘンリーには棺桶に戻っていただき、3匹で攻略。
地下通路のショートカット用の扉を開けたらヘンリーを生き返してから再度侵入、
デール国王に会いに行きます。ここはヘンリーがいないと話が進まないので。
装備が貧弱なスミスが若干足手まといでしたが
特にピンチらしいピンチも迎えることなくクリア。
しいてあげるなら、こっちのメンバーはイエティのおたけびに対する耐性が全然ないので
イエティが複数出てきたときはひたすら逃げたくらいですかね。


[ 神の塔 ]

この塔は蘇生禁止プレイをしてると結構怖い塔なんですよね。
なにせ痛恨の一撃を放ってくるエンプーサとさまようよろいがいますので。
まあ今回は蘇生禁止ではないので死んだら再チャレンジあるのみです。
しかもリメイク版ではこの2匹仲間になる。
どっちも使ったことあるのですが、実感としては
さまようよろいはお断り、エンプーサは加入OKかなあ。
ってどちらも起き上がりませんでしたけど。相変わらず3匹での旅か…

と思ったら、クリア後に塔の外でクックルーが起き上がった!


いらっしゃい!


クックルー、中盤までは普通に強いのでやや微妙なラインですが、
そろそろ4人パーティーを完成させたいじゃないですか。
例のマイナーモンスターズ動画でも採用、「ダニーの嫁」として
不動の地位を築いたモンスターなので加入を認めましたクックルーのクックルちゃんです。
(メス。ちなみに英語版では性別こそ???表示だけど、his/her表記で性別が分かります)
彼女にもさっそくやいばのブーメランを買ったので
戦闘では複数攻撃武器が縦横無尽に飛び交う地獄絵図(敵にとって)が完成。
つーかスミス空気だな。
(↑すばやさが低いので、彼が行動するより先に戦闘が終了してたりする)



[ ラインハット (ニセたいこう戦)]

神の塔で手に入れたラーの鏡でニセモノ太后の真の姿を暴き、初のボス戦!
初めてDS版でプレイした時、その強さに驚愕した相手です。
パーティー人数が増えたことによる調整もあるんでしょうが、
SFC版とは比べ物にならないくらい強くなってます。
SFC版ではスクルト2回かけるだけでほぼノーダメージになった打撃は
今作ではスカラ系呪文の弱体化もあって何度かけてもまとまった数字を叩き出すし、
SFC版では「息を吸い込む」という予備動作があった全体攻撃「火炎の息」は
今作ではノーモーションで繰り出してくるうえ、威力も1.5倍はある。
恐ろしい。

そんな強力なボスに挑むメンバーはもちろん、空気以外の3匹
(+強制加入の主人公。ヘンリーはまだ棺桶)


…と思うでしょう?


実はここが、ちょっと苦労してでもスミスを仲間にした最大の理由なのです。
このニセたいこう、スミスの「なめまわし」が面白いくらい効くんですよ。
もう成功率8割以上。普段のプレイではプリズニャンにやらせてましたが、
たぶんこれイエティの「おたけび」でも効くんだろうなあ。
おかげで初回プレイ時gkbrしながらようやっと倒したこのBBA、
今ではほとんど無傷で撃破出来ます。
こっちの回復手段は薬草だけなんだけど全然余裕。
なんてぬるいボス戦なんだ…。



======

うん、ラインハット編だけで酷い文字数だな。
今日はこれくらいにしとこう。続きはやる気が続いてたら書く。
次回は海の向こう、西の大陸編。


現在のパーティー

主人公 (滅多に馬車から出ない永遠のリボニスト)
ダンスニードルのダニー (勇者。意外なくらい強い)
クックルーのクックル (嫁。まだ発展途上)
ドラキーのドラきち (むしろ今はこっちがダニーの嫁役?)
くさったしたいのスミス (装備品の貧弱さは開発者の嫌がらせレベル)

くさったしたいのヘンリー (故郷の城へ戻りパーティー離脱)

妙に青い奴らが多いな
posted by Skedge at 02:34| Comment(0) | 企画モノ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。