2012年10月18日

【ドラクエ5】Groove Cruise的マイナーモンスターズ (9)

ドラクエネタの記事をブログ開始当初を上回るこんなペースで更新するくらいなら
数年ほったらかしのダメヒットとかDance Hitsとかをやれよ!
と、ダークサイドの自分が語りかけてきます。でも書く気しない。


============

さて前回はメンバー全員が一度は駆り出され、



あ、ザイルだけ一回も駆り出されてないけど、



とにかくみんなで血反吐を吐くような地獄の攻防の末に撃破したブオーン戦。
そのご褒美は、世界中のどんな扉でも開けちゃう最後のカギ!
これでメダル王の城の宝物庫にある黄金のティアラや
大神殿に安置されてる天空の鎧とか手に入るんですが
どうせどっちも装備できるモンスターなんかいないし…

と、喜びも中くらいのご褒美ですが、
もうひとつ、ラインハットの西にある封印の洞窟もこれがないと入れません。
この先に待ってるのは主人公の最強鎧、王者のマント!


要らん!


要らんですが、この洞窟にはとある重要メンバーと重要アイテムが眠っているため
危険を顧みず潜ることとします。マジで危険なのよね。



[ 封印の洞窟 ]

この洞窟に出現する恐ろしいモンスターと言えば、
DS版で初登場、仲間にできれば心強いアークデーモンや
パルプンテ連発で戦局ガタガタなムーンフェイスももちろんではありますが、
なんつっても筆頭はエビルマスター feat. レッドイーター&ブルーイーターでしょう!
ボブルの塔のメタルドラゴンと並んで、周囲の敵と比べても規格外の攻撃力を持ち、
SFC時代からプレイヤーにトラウマを植え続けてきた恐怖のトリニダード!
まさにこいつらの通った後には草の根一本残らないという形容が相応しいね。
油断してたらダニー一行も血祭りにあげられてしまったよ…

しかしそのリスクを冒してでもこの洞窟に潜ったのはまさにコイツの勧誘のためなのだ!
エビルマスターのウィペット(Whippet)氏!
彼はとにかくただムチをふるうことを生きる喜びとしている変態だが、
敵として登場してきた時には絶妙のタイミングでベホマラーを唱えてくれちゃう紳士でもある。
これがエビルマ&イーターズのパーティーを強力にしている一因なのだが、
仲間モンスターとしての彼は装備もステータスもやや中途半端、
肝心のベホマラーもそれほどMPがない(しかも加入時には覚えていない!)上に
この時点では息子やキメラ、オークキングといったより優秀な使い手がいて
既にパーティーメンバーがすっかり完成してしまっているため、
いまさら割って入る余地がないまま即モンじい行きになる御仁だ。

逆に言うと、マイナーモンスターでは貴重な複数回復呪文の使い手である。
他にベホマラーが使えるのは、マイナーと言っていいか微妙なホークブリザードと、
あと一応コロプリーストがLv.1からベホマズン覚えてるが例によってMPゼロだし…
全体回復の役目を担えるほぼ唯一の人材と言っていいんじゃないでしょうかね。
先述のとおりMP低め(初期状態で28、ベホマラーは消費18)なのがネックだが、
まあレベル上がれば3発くらいは打てるようになるだろ!


そしてもう一つが、そのエビルマ&イーターズの蠢く危険な最下層に眠る魔人の金づち。
繰り出す打撃がミスか会心の一撃のどちらかになるというバクチ武器ですが、
以前にも書いたけど、別の縛りで使ったブラウニーがこれのお陰でボスキラーと化し、
この武器の強力さをまざまざと見せつけてくれたのです。
いやー、普通の人はそんなのとっくに知ってたろうけど、僕今までロクに使ってなくてコレ。
今回はもうこの武器を主力にするのを見越してコロファイターのピップ君を勧誘済みだし、
次のボスからはこれでゴッシャゴッシャと叩き潰していきますよ!

…ほんとはボブルの塔で粘ればゴールデンゴーレムがドロップするので、
その段階で手に入ればブオーン戦もあんなに苦労することなかったんでしょうかね…




[ 大神殿 (part2) ]

というわけで攻撃も回復もボス対策に万全を期して、いよいよ大神殿の奥へ!
メンバーは勇者ダニー!戦士ピップ!剣士ウィクシー!海神ネレウス!


え、主人公は強制加入じゃないのかって?


実はここ、主人公が死んでるとモンスターだけで入れるんですよねー。
前回のラマダ戦は主人公がいないとストーリーが進みませんでしたが、
ラマダを倒した後は別にいなくていいんです。
というわけで主人公はかつて自分が自らの妻にしたように
裸で魔物の群れの前に投げ出され、血の海に沈んで行きました。

なんだかファラリスの雄牛っぽいエピソードだね!
(昔のギリシャの王様が作らせた処刑道具。後に自分もコレで処刑される)


しかしここもダンジョンとしてはそれほど長くないものの、
例のメタルドラゴンがすごい勢いで踏みつぶしてきたり、
せっかく倒したメタドラを悪魔神官がザオリクで復活させたり、
ただでさえ強いメタドラをエビルスピリッツが戦いのドラムで強化したりと
結構難敵が多いんですよね。
しかし一応ここも街中判定に準ずる扱いで馬車メンバーの呪文が届くため、
戦闘後の回復はドワーフの息子のザイルがベホイミでようやく大活躍…



あ、ザイルもういないわ。
ウィペットが加入したのと同時に馬車から追い出されたんだった。



いやー、ザイルはここや魔界を移動するときの回復役を想定してたんですけど、
逆に言うとそれ以外本っっっ気でやることがなかったんで
ウィペットと入れ替えるのはコイツにしました。
移動中の回復だけなら、面倒なの我慢すれば薬草にだってできるもんなあ。

そんなこんなで相変わらず薬草を頼りに奥まで進み、ようやく教祖イブール戦!
こいつは余裕ぶっこいて馬車を呼び寄せてくれるので
久々に7匹フルメンバー揃ってのボス戦です!


こいつは一応ローテーション攻撃を繰り出してくるので
ちゃんと把握してる人はそれに応じてきちんとメンバーチェンジとかするんですが
僕はそんなの把握するのが面倒なので後手後手の対応で適当に応戦!
しかし攻撃手段の一つにイオナズンが入っているため、
ちゃんとマホキテ(ダークシールド使用)張っとけばモンクはベホマ打ち放題!
そして魔人の金づちを持ったピップが期待通りにめっさゴッシャアアアア行ってる!
ダニーとネレウスはマホカンタでイオナズン跳ね返して大ダメージ与えてるし、
お陰でダニーはマホカン張ったら祝福の杖で回復にほぼ専念できる。
向こうがマホカンを張ればすかさず天空の剣を使ってダニーが速効で解除するので
ウィクシーはメラミで安定してダメージを積み上げていく。
メグーサちゃんは吹雪のダメージに強い上に自動回復なので意外にいい盾役だ!


ロクな対策もしてないのに、思った以上にあっさり倒れてくれましたね、このワニ。
ゲマやブオーンと違って1回攻撃なのでいくらでも回復の手が回るし、
やっぱ魔人の金づちでゴッシャアアア行くのがいいわ。ガンガン削れる。
最後の力を振り絞ってなんかやろうとしてたワニさんは
部下(と思ってた)ゲマさんにぬわーーーーされて死亡、
一方死者が一人も出なかったダニー軍は全員仲よく
はぐメタ2匹分というの高い経験値を享受しましたとさ。
めでたしめでたし。



Q. あれ、ウィペットのベホマラーは????
A. 一回も使わずに勝てた。このヘタレワニが。




次回、いよいよ魔界にてラストバトル。



[ 現在のパーティー ]

しごこうちょくがはじまったしたいの主人公(What goes around comes around)
ダンスニードルのダニー(なんかもう完全にパーティーのサポート役っすね…)
ネーレウスのネレウス(例のドジっ子僧侶に代わってザオラル役までこなし始めた)
コロファイターのピップ(ゴッシャアアアアアアアア!!!!!)
プチプリーストのモンク(魔法連発してくる相手には強いね)
しびれくらげのメグーサ(もはやただ浮いてるだけだが、実はまだ重大な使命が)
おばけキャンドルのウィクシー(さりげなく火炎の息を覚えてザコ戦対応力もアップ)
エビルマスターのウィペット(ワニ戦での回復ためにスカウトしたのに出番なし)

ドワーフの息子のザイル(移動中の回復のためだけにスカウトしたのに最後まで出番なし!!)


似たような色で似たような役割を期待された二者に明暗
posted by Skedge at 01:40| Comment(0) | 企画モノ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。