2012年12月01日

Groove Cruise Top20 [24 Nov 2012]

待たせたな諸君!
3か月ぶりの俺チャート掲載だ!
ちなみにドラクエは記事更新してる所でプレイも止まった。
エスタークに初挑戦でボコボコにされて、
レベル上げして再挑戦する直前で急に飽きた。
いずれ再開して最終回を更新したいと思う。3年以内に。
(ちなみに横道にそれてやってたマックルストーリーもクリア前に飽きた)



===============


24 Nov 2012 / Week 47

01 (01) (15)
Miguel - Adorn -7th week-
02 (02) (08) Nelly Furtado - Spirit Indistructible
03 (08) (02) Kendrick Lamar - Swimming Pools [Drank]
04 (03) (03) hitomi - ↑↓
05 (ne) (01) The Weeknd - Wicked Games
06 (05) (06)
Zedd feat. Foxes - Clarity
07 (19) (06) The Rolling Stones - Doom And Gloom
08 (12) (03) Flo Rida - I Cry
09 (16) (06) Miguel - Kaleidoscope Dream
10 (ne) (01) Drake (feat. Chantal Kreviazuk) - Over Dead My Body

11 (10) (06)
Deadmau5 feat. Gerald Way - Professional Griefers
12 (04) (16) Salu - Stand Hard
13 (06) (14) Mariah Carey feat. Rick Ross & Meek Mill - Triumphant [Get 'Em]
14 (07) (08) Kanye West, Jay-Z & Big Sean - Clique
15 (11) (07) Foster The People - Love
16 (ne) (02) Aaliyah feat. Drake - Enough Said
17 (ne) (04) Jessie Ware - Wildest Moments
18 (ne) (02) Tensnake feat. Syron - Mainline
19 (ne) (07) Adele - Skyfall
20 (re) (08)
Rihanna - Diamonds


3か月前はFlo Ridaの「Let It Roll」が1位だったけど
その後Perfume「Spending All My Time」(5週)を挟んでMiguel君7週目の1位。
ゲームばっかりやってて音楽聴いてなかったので他の再生回数伸びなくて。
あやうくhitomiが1位取りかけるとこだったけど、
ここ1,2週間で一気に上位が充実してきたのでちょっと無理そう。





#3 hitomi - ↑↓

しかしこれはビデオも曲も素晴らしいと思うけどな。
「僕にダンスミュージックを教えたのはコムロ」と堂々と言い続けている僕も
当時からhitomiだけは全く好きにならなかったので、これは18年越しの俺内ブレイクです。
先月リリースの新作『∞(メビウス)』からのリードトラック。
2作連続でオリコンアルバムチャートTop100圏外らしいので宣伝しとく。





#7 The Rolling Stones - Doom And Gloom

「ロック興味ありません。ニルヴァーナって誰?」がキャッチコピーだった(?)
Groove Cruiseでまさかストーンズを取り上げる日が来るとは。。。
70手前でこのトガりよう!たぶん最高齢チャートイン記録。
上のシングルミックスではこれまでアーバン系を中心に手掛けてきた
プロデューサーのJeff Bhaskerが大抜擢されてますが、
生演奏そのままっぽいアルバムヴァージョンの方がもっとカッコいいです。
しかし大したヒットにはならなかったので(UK61位)、
このままだとMick Jaggerの存命中最後のヒットが
コレ(一番下)になりかねないですがそれでいいのかストーンズファン。



そういえば15位にFoster The Peopleの「Love」が入ってますが
これはデビュー盤『Torches』の日本盤ボーナストラック。
これで『Torches』からは8曲目の俺チャート入りで、
Justin Timberlake『FutureSex/LoveSounds』、Rihanna『Good Girl Gone Bad』と並ぶ
歴代最多曲数のタイ記録です。(ただしRiRiは新装盤用新曲「Disturbia」を含めた記録)
ホントこのアルバムは気に入ってるわ。9曲目が既に圏外で待機中。




the-weeknd-trilogy.jpg
#5 (1st week)
Wicked Games
The Weeknd

Trilogy / House Of Balloons (XO / Universal Republic)

昨年批評筋で傑作と称賛されたMixtape3部作を新曲3曲追加&リミックス(なんか聴いてて違和感ある…)でフィジカルリリースしたメジャーデビュー作『Trilogy』のリードシングル。元々は3部作の第1弾で最も評価も高かった『House Of Balloons』収録曲で、今回のアルバムデビューに当たってビデオが作られ現在R&Bチャートを上昇中。今年の頭くらいには3部作とも落としてたのにこの曲はすっかり見落としてましたね(一番新しい『Echoes Of Silence』の曲をよく聴いていたもので)。よく比べられるFrank Ocean、Miguelの3人の中ではこの人が圧倒的に好きな声だし、ちょっと狂気がにじみ出たようなヒプノティックなトラックが多いのも僕好みです。『Trilogy』も買って再評価中。Drakeといいこの人といい曲調的に秋〜冬になるとグっと沁みるんだよねー、ということで今凄い勢いで聴き倒してるので年越しNo.1はコレになりそう。孤独を癒すための体だけの関係、みたいなテーマが平井堅の「Love Or Lust」に似てる。




aaliyah enough said.jpg
#10 (1st week)
Over Dead My Body
Drake (feat. Chantal Kreviazuk)

Take Care (Young Money / Cash Money / Universal Republic)

#16 (2nd week)
Enough Said
Aaliyah feat. Drake

(Blackground / Interscope)

これも今さらなDrakeがらみの2曲をまとめて。「Over My Dead Body」は『Take Care』のオープニングトラックで、久々にアルバム聴き返してみたらハマったのでリスト入り。音を聞けば一発でNoah "40" Shebib作だと分かる、ピアノの旋律が美しいアンビエントなトラック。で、ノンクレジットながらサビで印象的なヴォーカルを聴かせるChantal Kreviazukさんという人が実は結構面白い人で、90年代にデビューしてジュノー・アワードの受賞歴もあるカナダのベテランSSW。最近は自分自身のヒットはあまり出てないっぽいですがソングライターとして曲提供することが結構あるらしく、Avril Lavigne(「He Wasn't」など複数)、Kelly Clarkson(「Walk Away」など)、Gwen Stefani(「Rich Girl」)、Carrie Underwood、Marion Raven、The Veronicasといったガールロック系が並ぶクライアントの中になんとなんと安室奈美恵が含まれているのでした(それもAI & 土屋アンナとの共演曲「Wonder Woman」)。

「Enough Said」はその40とDrakeのプロデュースで世に出ると言われながらTimbalandとMissy Elliottの強硬な抗議も巻き起こってかなんだかうやむやになっているAaliyahの”新作”からとされている1曲。結局この曲も正式な形でリリースされませんでしたがそれでもかなり話題になって夏ごろビルボードのR&Bチャートで48位まで上がりました。うーん、TimとMissyが認めてない以上リリースは難しいのかなー。しかし二人には悪いけど、今出るなら彼らの作ったトラックよりも、40の作った音の上に載ったAaliyahのヴォーカルが聴きたいよ、やっぱり。これも「Sucessful」の焼き直しなだけとはいえ、Aaliyahの声との相性抜群ですし。




jessie ware devotion.jpg
#17 (4th week)
Wildest Moments
Jessie Ware

Devotion (PMR / Universal Island)

トップロゴでも取り上げてました、Jessie Wareの俺チャート2曲目は今のところ最大のシングルヒットとなっている「Wildest Moments」(UK46位)。SadeやAdeleを引き合いに出されるそのエレガントな作風からやや分かりにくくなってますが、昨年ダブステップのSBTRKTのアルバムにゲスト参加して注目を集め、代表曲「Running」を含むアルバム主要曲のいくつかに現在「Au Seve」がクラブヒット中のJulio Bashmoreが絡んでいる、ということでこの人実はKaty Bに続くUKベース出身のシンガーでもあるわけですね(リリース元のPMRもどうやらそっち系のレーベルっぽい)。潜在的なリスナーの裾野がかなり広そうな音楽性なので、今後の展開次第ではガっと売れる気がします。アルバムは既に全英5位を記録。この曲のスケール感はなんとなくMGMTの「Electric Feel」っぽくもあるな。ちなみに現在28歳と新人としては結構遅咲き。




tensnake mainline.jpg
#18 (2nd week)
Mainline
Tensnake feat. Syron

(Defected)

一昨年「Coma Cat」がフロアーを席巻して以来80's-Early 90'sぽいクラシック・タッチのハウスナンバーを連発しているTensnakeですが、歌ものはひょっとしてこれが初になるんでしょうかね。Defectedからこういうキャッチーなシングルが出るのって久しぶりな気がします。去年この路線でAzari & IIIがダークで倒錯した音を聞かせてくれましたが、こちらは元々よりポップな音楽性を持っていたTensnakeの歌ものということでこれはもっと多くの人に聴かれてほしいほしいところ。つかこういうのが一昔前のUKチャートならぽんっとヒットしたんですけどねえ…。Robin S.とかCrystal Watersとかが好きだった大人の皆さんは買いましょう。ビデオもオールドスクール感出してていいですね。アルバム出せよー。




skyfall adele.jpg
#19 (7th week)
Skyfall
Adele

(XL)

これは説明不要だわな、『007 Skyfall』のテーマソング。昨年から全世界のチャートを荒らしまわったアデル母さん(ほんとにお母さんになっちゃいましたねえ)の新曲ということでとりあえず自分も飛びついておいたよって感じで、冷静に聴くと『21』からのシングルに比べるとぱっとしないかなあ。音はむしろこっちの方が派手なくらいなのに不思議。というか思ったよりはヒットしてないなという印象です。まあ今どきこういう曲調でぽんぽんチャートに入ってくること自体がそもそも凄いのですが。ちなみにこの曲、サントラには入ってないんですね。


posted by Skedge at 00:01| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。