2007年02月08日

Youもっと生でやっちゃいなよ(最低なタイトル・・・)

「若い人たちは結婚したい、子どもを2人以上もちたいという極めて健全な状況にいる」

サイコさんとこの日記でも言及されてた「子どもを産む機械」発言に続いていわゆる「新・柳沢発言」↑でまたひと揉めしてますが、今回の方だけで言えば発言そのものよりも野党のリアクションがウンコ。やる気あんのかお前らって感じですよもう。



女性蔑視(べっし)が頭の中に染み付いているようだ。看過できない」(民主党の鳩山由紀夫幹事長)
↑女性限定?


いやもう少子化やべーぜってのは大前提として揺ぎ無いわけで、僕個人としても「自分が子供のころに近所のヤツラと繰り広げた空き地での焚き火やら人んちの庭に勝手に入り込んでおにごっご」的な光景をさっぱり見ないとかで肌で「少子化」ってものを感じられるレベルになっとるわけですよ。そんな現状を踏まえれば、結婚したい・子ども作りたい!な意識が若者の間で高いのは国家として非常に好ましいことであります!という意見の何が間違っとる。「非婚者・子作りに消極的な人間は不健全」だなんて一言も言ってないのに何勝手に騒いでんの野党。俺今んとこ結婚する気さらさらないけどそれでもそう思うよ。子作り結構。むしろ俺の代わりにもう1人余分に産んでくれよくらいに思うし。結婚したい・子ども作りたいと思う人をどんどん後押ししてくべき。どんどん盛り上げていくべき。

んでその上で、結婚しない・子ども作らないという「選択」をした人の「意思」が尊重されるイデオロギーや、そういう人間であっても暮らしやすい社会制度を構築してかなきゃいけないんじゃん。そんな言葉尻をあげつらって騒ぐヒマがあったら、このままだと独身のままジジイになって孤独死するかもしれない俺みたいな奴が安心して老いていける国づくりについてでも考えてろっつう話。今は「子どもを作らない夫婦に年金を受け取る資格なんぞあるかい!」みたいな暴論がまだ一定の説得力を持ってしまう社会ですよ。その方がよほど問題だろうが。


今回の「新・問題発言」の方で問題にすべきところは「健全」という語彙が適切だったか否かという1点で、失言と呼ぶには取るに足らないつまらないものだ(まあ最初の機械発言のことも考えると柳沢氏の政治家としての資質とかにかなり疑問符が付くが)。なのにそこをいちいち突いてぎゃーぎゃー言う割に建設的な発言のひとつも出てこない(実行以前に口にすら出来ない!)どころか、「女性蔑視」だとか大幅に的の外れたセリフまで飛び出す、こんな稚拙な反駁しか出来ない連中に与党の監視役なんぞ務まるんかコラ、とか思いました。こんだけ自民党への不満や全然与党が後退しないことへの閉塞感が渦巻いてる中でそれでも政権取れないのは、そんだけ野党側が無能だからだってことをもっと自覚してくれ。



こんだけ偉そうなこと書いといてこないだの県知事選行ってません・・・
超忘れてた。それ以前に超関心薄かった。
楽しくて仕事のことばっか考えてた。・・・スマン。


posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。