2013年03月13日

US/UK Singles (3rd week of Mar. 2013)

Billboard Hot 100 (Mar 16, 2013)

01 (01) (03) Baauer - Harlem Shake
02 (02) (22) Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz - Thrift Shop
03 (03) (11) Bruno Mars - When I Was Your Man
04 (04) (20) Taylor Swift - I Knew You Were Trouble.
05 (07) (04) Rihanna feat. Mikky Ekko - Stay
06 (06) (04) Drake - Started From The Bottom
07 (05) (14) will.i.am & Britney Spears - Scream & Shout
08 (08) (08) Justin Timberlake feat. Jay Z - Suit & Tie
09 (09) (22) Bruno Mars - Locked Out Of Heaven
10 (12) (24) Swedish House Mafia feat. John Martin - Don’t You Worry Child


「Harlem Shake」が思った以上に粘りますね、3週目の1位です。
ただいい加減ダウンロードセールスが落ちてきてるようなので、
そろそろMacklemoreの返り咲きかBruno Marsへの首位交代があるんじゃないですかね。
Rihannaも1位を狙える勢いあるし、
Justinもアルバム発売のタイミングで露出が増えて上に行く可能性あるしなあ。
ただ今週に関しては、先週10位のLil Wayneが落ちて
SHMがTop10に復帰しただけであんまり動きはありません。


12 (ne) (01) Demi Lovato - Heart Attack
30 (49) (26) AWOLNATION - Sail


Top40初登場組は2曲。
まず1週目でいきなり12位に初登場してきたDemi Lovatoは
ディズニーアイドルでは珍しく本格的に歌える人ですが、
こうやって上位にいきなり登場したと思ったら急降下したりして、
ブレイクするんだかしないんだか毎度わからない動きをしてます。
新作からのリードカットみたいですが、今回はどうでしょうか。
なんかJordin Sparksの「Battlefield」みたいだなあ。
fun.の後続を狙ったようなスケール感があって曲自体の出来はいいと思います。

つづいての30位は、J-Popでもないのに全部大文字で書くのが正式表記らしいAWOLNATION。
これすでに26週目という相当なスリーパーヒットですが、
最初に登場したのいったいいつだったかな(ちなみにロックチャートでは今週で43週目)。
ずーっとダウンロードでも売れ続けててチャートでも真ん中あたりをうろうろしてましたが、
何週間か前に急にリエントリーしてきたと思ったらここまで上がってきてしまいました。
何が要因なんでしょうか。
かつてUnder The Influence Of Giantsというバンド
(アルバム持ってたなあ)をやってた人の新バンドらしいです。
MGMTみたいなエレクトロロックをもうちょいスタジアムっぽく
どっしりかつもっちゃりさせた感じのサウンド。
まだPop系ステーションでは全然かかってないので、
クロスオーヴァーしたらこりゃ大ヒットになるかもしれません。



90 (ne) (01) Britt Nicole - Gold
94 (ne) (01) Michael Buble - It’s A Beautiful Day
98 (ne) (01) Brantley Gilbert - More Than Miles
99 (ne) (01) Hadouken! - Levitate


twitterでも話題になってたんですが、Hadouken!がHot100入り。
Cobra StarshipとかBreathe Carolinaとかあの辺の仲間と思われたんでしょうか…。

ちなみにこのチャートの更新、ビルボードのサイトだと10ランクずつしか見れなくていやなので
iPhoneのアプリで見ながら書いてるのですが、
このアプリだと初登場がすっごい見分けにくいんだよね…
見落としあったら突っ込んでくださいね。
ちなみにアプリの表記ではリエントリーはまったくわからないのでもう把握するのをあきらめてます。
有料版なんだから改善してほしいんだけどなあ。



Official UK Singles (16 Mar 2013)

01 (01) (04) Justin Timberlake - Mirrors
02 (07) (05) Bruno Mars - When I Was Your Man
03 (02) (02) Bastille - Pompeii
04 (10) (06) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
05 (04) (09) Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz - Thrift Shop
06 (03) (03) One Direction - One Way Or Another [Teenage Kicks]
07 (ne) (01) Bridget Mendler - Ready Or Not
08 (05) (04) Avicii vs Nicky Romero - I Could Be The One
09 (08) (04) Baauer - Harlem Shake
10 (06) (22) Taylor Swift - I Know You Were Trouble



「Suit & Tie」があっさり下降していったのに
「Mirrors」が2週連続1位というのも不思議だなブリテン。
グラミーはイギリス人もみんな見ただろうし、ってことで
BRITsではこの曲をパフォーマンスしたんでしょうけど、
それでこれだけ売れまくってしまうとは逆にプロモーションやりにくいような気もする。
Bruno Marsは首位にリーチかけてきましたね。
P!nkはアメリカで一曲もシングルヒットが出なかった『Try This』の時でさえ
UKではちょろちょろヒット出してたし、ひょっとしてUKでは
キャリアで一度も落ち目になったことがないのでは。

初登場のBridget Mendlerは、この人もディズニーレーベルのアイドル。
ディズニーだと知らずに、嘘、調べたから知ってたけど、不覚にもハマってしまいました。
まあNatasha Bedingfieldみたいな曲だからこれはOKだということにしておいておくれ。
USでも去年小ヒットしてたようですが、先にUKブレイクしちゃったようです。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | Charts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。