2013年03月21日

US/UK Singles (4th week of Mar.2013)

Billboard Hot 100 (Mar 23, 2013)

01 (01) (04) Baauer - Harlem Shake
02 (02) (23) Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz - Thrift Shop
03 (03) (12) Bruno Mars - When I Was Your Man
04 (07) (05) Rihanna feat. Mikky Ekko - Stay
05 (08) (09) Justin Timberlake feat. Jay Z - Suit & Tie
06 (04) (21) Taylor Swift - I Knew You Were Trouble.
07 (06) (05) Drake - Started From The Bottom
08 (05) (15) will.i.am & Britney Spears - Scream & Shout
09 (11) (08) Lil Wayne feat. Drake & Future - Love Me
10 (09) (23) Bruno Mars - Locked Out Of Heaven


「Harlem Shake」がまたしても1位でこれで4週連続。いい加減落ちるかと思ったらそれどころではないようで、2位に2倍だか3倍だかのポイント差をつけてぶっちぎりなんですってねこれ。

すでにダウンロードはかなり落ち着いてきていて、YouTubeとかの視聴回数も1週目に比べると
激減してるらしいのですが、元が一週間で1億回、今でも5000万回とかで2位のMacklemoreが1000万回に満たないとかなんでどうにもひっくり返らないようです。地味にポップ系ラジオでも少しエアプレイ稼ぎ出したしな。もうこれだけで今年の年間1位は確定じゃないかとかで、さすがに結構批判されてるようです。30秒の素人投稿映像も等しく1ポイントとしてカウントしてるとなれば確かにどうなんでしょうねえ。

Top10はまたSHMとLil Wayneが後退しただけ。
No.1争いに参加したそうな曲がTop5に並びましたが、Baauerの独走はいつまで続くのか。


18 (04) (47) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
38 (07) (51) Miranda Lambert - Mama's Broken Heart
40 (05) (65) Macklemore & Ryan Lewis feat. Ray Dalton - Can't Hold Us


Top40新顔は3曲。P!nkのコレは一足先にUKでTop10入りしてましたね。fun.のフロントマンNate Ruess客演曲。USでもえらい勢いで上がってきて、ひょっとしてこれもNo.1争いに加わるかもしれません。

38位はMiranda Lambert。カントリーの若い女子といえばポップファン的にはTaylor、グラミー的にはCarrieだけどそっちのコミュニティで本当に支持されてるのはどうもこの子みたいなんだよね。2011年リリースのアルバム『Four The Record』からのカットだというのにこの好調ぶりです。60'sオールディーズ調でめちゃめちゃカッコいいので最近のお気に入りです。

40位、これも最近よく聞いてるんですけども、Macklemore & Ryan Lewis衝撃の2手目。まるでKanye Westの「Who Will Survive In America」(Gil Scott-Heronをサンプリングした、『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の最後に入ってたやつね)みたいなシリアス調のパーカッシヴなトラックにMacklemoreの高速ラップが乗る、こいつらこんな実力派だったのかと驚くこと必至。これが大ヒットしたら「Thrift Shop」とはまた全然違う角度からすごく注目を浴びそうです。サビを歌うRayさんも相当巧いな、何者?



77 (ne) (01) Luke Bryan - Buzzkill
96 (ne) (01) Kelly Rowland - Kiss Down Low
97 (ne) (01) Brad Paisley - Beat This Summer
98 (ne) (01) Juicy J feat. Big Sean & Young Jeezy - Show Out
100 (ne) (01) Phillip Phillps - Gone, Gone, Gone


あれっ、Phillip Phillipsのコレってまだ100入ってなかったんだ。ロックチャートではもう結構前からヒット中。いやあアメアイ発の地味顔男子チャンピオンがこんな形で売れるとは思わないよなあ。あの番組は彼の存在にだいぶ救われることになるのかもしれないですね。



Official UK Singles (23 Mar 2013)

01 (01) (05) Justin Timberlake - Mirrors
02 (03) (04) One Direction - One Way Or Another [Teenage Kicks]
03 (10) (07) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
04 (07) (06) Bruno Mars - When I Was Your Man
05 (02) (03) Bastille - Pompeii
06 (ne) (01) Nicole Scherzinger - Boomerang
07 (04) (10) Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz - Thrift Shop
08 (ne) (02) Bridget Mendler - Ready Or Not
09 (05) (05) Avicii vs Nicky Romero - I Could Be The One
10 (11) (07) Disclosure feat. AlunaGeorge - White Noise



「Mirrors」がまだ1位を続けるか。ビデオが今日公開されましたが重いのかサイトがつながらずまだ見れてません。これ結局Radio Edit発売しないのだろうか…?
One Directionが2位に帰ってきましたが、アイドルものでチャリティシングルってふつうすぐチャート落ちることが多かった気がするのでこれなんか特殊な要因でもあるのでしょうか。それとも単にチャート全体が低調とか。10位にはUKではちょっとめずらしい返り咲き、Disclosure。これはうれしい。ちなみに「Harlem Shake」はUKでは登場5週目で11位です。うーん、まあこんな感じのチャートアクションが妥当だと思うけどなあ。

6位に初登場は元The Pussycat DollsのNicole。ソロ活動がほんとにグダグダしてるけど、不思議とUKではそつなくヒットを出すのよね。時々こういう「本国よりUKのほうが人気」な人って出ますが。時間ないんで曲は未聴。
posted by Skedge at 00:16| Comment(0) | Charts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。