2013年04月12日

US/UK Single Charts (2013年4月13日付)

Billboard Hot 100 (Apr 13, 2013)

01 (01) (26) Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz - Thrift Shop
02 (04) (15) Bruno Mars - When I Was Your Man
03 (03) (12) Justin Timberlake feat. Jay Z - Suit & Tie
04 (02) (07) Baauer - Harlem Shake
05 (06) (07) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
06 (05) (08) Rihanna feat. Mikky Ekko - Stay
07 (15) (31) Imagine Dragons - Radioactive
08 (07) (08) Drake - Started From The Bottom
09 (08) (10) Pitbull feat. Christina Aguilera - Feel This Moment
10 (ne) (01) Ariana Grande feat. Mac Miller - The Way



今週は割と暇だったんだけど単にやる気なくてサボってたらまた一週遅れになってしまった。
翌週の分が既にもう発表されてるのですが、見なかったことにしてしらじらしく書き進めようと思います。
自分の見たいものしか見ようとしない。僕はいつだって卑怯な大人さ。

えーそんなわけで、先週返り咲いたMacklemoreがまだ1位キープです。
いつまで首位を守り続けられるんでしょうかねー(棒読み
ひょっとして好調なBrunoが1位とりますかねー(棒読み
Justinはこのまま1位とれないんですかねー(棒読み

7位には意外なのが入りました。Imagine Dragons、2曲目のヒットにして初のTop10入りです。
これがここまで売れますかあ。ちょっとダブステップっぽいアレンジで
ブームここに極まれりという感じでしょうか。色々やるバンドですね。
ちなみに「It's Time」は最高15位で、今週もまだ28位に残ってます。

10位にどんと入ってきたのは初ヒットとなるAriana Grande。最近人気らしい『Victorious』というドラマ、
Gleeと違ってTop40までは届いていないもののiTunesのチャートではちょくちょく見るこのドラマの
キャストとして人気を博している女子アイドルで、ヤングマライアの異名をとる歌唱力勝負の子。
(「Emotions」の完コピカヴァーをSoundcloudでフリーダウンロードさせてます)
これはBig Pun98年のヒット「Still Not A Prayer」ネタ、というか僕ら世代には
Thalia「I Want You」(03年)でおなじみですね。懐かしいなあ。今こんな音作りで通用するんだ。
デビューアルバムが1位になって話題になった白人ラッパー、Mac Millerも
シングルではヒットが出ていなかったので一緒にTop40デビューです。
PVで二人が超いちゃついてるのも話題らしい。
あれ?今週Top40内の新顔は以上か。
Miranda Lambert(41→38)とAWOLNATION(43→40)はカムバックです。


67 (ne) (01) Blake Shelton feat. Pistol Annies & Friends - Boys 'Round Here
80 (ne) (01) Fall Out Boy - The Phoenix
98 (ne) (01) Ed Sheeran - Lego House


なんか今週は初登場も少ないですね。見落としあるのかなあ…
Pistol AnniesというのはBlake Sheltonの嫁でもある
Miranda Lambertがやってるよりルーツ寄りのブルーグラスバンドらしいです。
50 Centに対するG-Unitみたいなもんですね(たぶんちがう)。
EdくんのコレはUKでは3rdシングルですがUSではこれが正式な2ndカット。
僕の好きな「You Need Me, I Don't Need You」はすっ飛ばされましたがいいよどうせ分かってたから。





Official UK Singles (13 Apr 2013)

01 (ne) (01) Duke Dumont feat. A*M*E - Need U [100%]
02 (02) (10) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
03 (04) (08) Justin Timberlake - Mirrors
04 (03) (03) The Saturdays feat. Sean Paul - What About Us
05 (05) (06) Bastille - Pompeii
06 (01) (17) PJ & Duncan - Let's Get Ready To Rhumble
07 (09) (05) Nelly - Hey Porche
08 (11) (03) Pitbull feat. Christina Aguilera - Feel This Moment
09 (06) (09) Bruno Mars - When I Was Your Man
10 (ne) (01) Michael Buble - It's A Beautiful Day



あらー、Pink惜しい。思わぬ伏兵が1位をかっさらってしまいました。
Ministry Of Sound発のダンスヒットがトップ。
ついこないだもBingo Playersのヒットが出ましたが、続きますね。
ダンス好きとしてはMOSやPositivaあたりが突然1位とってこそのUKチャートだと
思ってるんでいい傾向いい傾向。UK復活してきたな。

今でもヒット中のDisclosureをはじめ、最近UKガラージを通過した
4つ打ちのトラックがいい感じに流行ってますが、やはりこの人もそうだったようです。
けどこの辺ってガラージっていうより絶対early 90'sのセンスだよなあ。
ヴォーカルのA*M*Eさんがシエラレオネ生まれってのもRozalla(ザンビア出身)みたいだし。
ただこのA*M*EさんはBBC Sound Of 2013でも名前が挙がってたんですね。
「Rej」をクラブヒットさせたあのAmêとは関係なかったのがちょっと残念。

8位にはUSに続いてPitbullがUKでもTop10入り。
昔応援してただけにこんなの出してきてしかも売れるのが余計悲しいわ。
一番好きだった2008年、イギリスいたときに来英ライヴがあってtippeeさんに誘われたんですが、
小さい箱のわりにやけにチケットが高かった(40ポンド)のと金欠とで
行かなかったことを未だに後悔しています。
PitbullとMonkey Majikが教えてくれたこと 「ライヴはそいつのこと好きなうちに行け」

10位は奥様に大人気のブー様。
アルバムがバカ売れする分シングルヒットとはあまり縁のない人ですが、
USでもTop40入りした「Haven't Met You Met」(09年5位)に続く2曲目のUK Top10入りです。
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | Charts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1位変わりましたねー
史上2曲目のピアノと歌のみによる曲だそうですー(棒読み)

初登場10位がぜんぜん知らない人だったのには焦りました。
Posted by se2 at 2013年04月12日 14:57
>se2さん

ああっ、大人が現実を見せてくるッ!
でもよく考えたら「1位を取りそうなピアノだけの曲」がこの中にふたつあるんですよねー。(ブルーノとリアーナ)

Ariana GrandeはiTunes Chartでは突然1位だったので驚きました。これだけ人気があるのにVictoriousの主役ではないというのも不思議です。
Posted by Skedge at 2013年04月14日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。