2013年05月02日

US/UK Single Charts (2013年5月4日付)

Billboard Hot 100 (May 4, 2013)

01 (01) (10) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
02 (05) (11) Macklemore & Ryan Lewis feat. Ray Dalton - Can't Hold Us
03 (02) (29) Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz - Thrift Shop
04 (03) (18) Bruno Mars - When I Was Your Man
05 (12) (02) PSY - Gentlemen
06 (04) (11) Rihanna feat. Mikky Ekko - Stay
07 (07) (10) Justin Timberlake - Mirrors
08 (06) (15) Justin Timberlake feat. Jay Z - Suit & Tie
09 (08) (13) Pitbull feat. Christina Aguilera - Feel This Moment
10 (09) (11) Drake - Started From The Bottom




P!nk2週目の1位。ただ予想通りMacklemore & Ryan Lewisの「Can't Hold Us Down」が
デジタルセールスとエアプレイどちらも一気に伸ばしてきて来週にも1位か。
そういやビデオも公開されたからYouTubeとかのストリーミングポイントも入ってきたしな。
ビデオの見どころは何と言っても歌唱力抜群の謎の新人、Ray Daltonさんの場馴れしてない感。
Twista、Sean Kingstonに続く癒し系デブの本命現る!


そして5位、彼も癒し系デブになるんでしょうか、アジア出身アーティストとして
初の2曲全米Top10を達成したPSYさん。つーかそもそもTop40でも初のような気がしますね。
アジア出身歌手唯一の全米1位と誉れ高い我らが坂本九「上を向いて歩こう(Sukiyaki)」ですが、
2曲目の「支那の夜(China Nights)」は最高58位に終わってます。
(さらに余談だけど、「支那の夜」が戦前の大スター渡辺はま子のカヴァーだとたった今知った)

しかしPSYさん、YouTubeのビューがとんでもないことになってる反面
今回はデジタルセールスがまったく伸びておらず、来週早くも急落しそう。
いやあやっぱり今回は曲が全っ然よくないもん。
ストリーミングとセールスがここまでかけ離れてしまってるので
前回もあったチャート操作の疑いが、今回はより強く疑われてしまうのは避けられないかと。
僕は前回は「操作だ工作だって、あるにせよそれだけじゃ説明つかない売れ方だよ情弱バーカ」
みたいなことを思ってましたが、今回の再生回数は…うーん、さすがにねえ。




さて今週のTop40初登場ですが

19 (ne) (01) Daft Punk feat. Pharrell Williams - Get Lucky
22 (45) (02) Selana Gomez - Come & Get It


う、うおおおおおお!Daft Punkがついに全米Top40入り!
Top40どころか、初登場でいきなり19位!やっぱうれしいなあ、これは。
彼らのHot 100での最高成績はこれまで「Around The World」と「One More Time」の61位だったので
これで大幅な自己ベスト更新です。
しかし「One More Time」はともかく「Around〜」がアメリカでそこそこでも
ヒットしてたっていうのはちょっと意外ですね。

22位には先週登場したばかりのゴメたんがさっそくTop40入りをキメてます。
デジタルセールス好調につき来週はさらに上がりそう。
ですが、これ、僕のtwitter上では反応が冷たいですねえ。
お前がリアーナみたいなことやってどうするんだよ、みたいな。
ガガっぽいことをやって思いっきり滑ったMiley Cyrusの「Can't Be Tamed」みたいですが、
なぜ彼女はこうして順調にヒットする(しそう)なんでしょうね。
ゴメたんは僕にとっては「唯一アルバムを買うティーン・アイドル」ということで
この系統の人としては別格の存在でしたが、この曲に関してはいまいち興味持てないなあ。




58 (ne) (01) will.i.am feat. Miley Cyrus - Fall Down
75 (ne) (01) Jason Derulo - The Other Side
76 (ne) (01) Calvin Harris feat. Ellie Goulding - I Need Your Love
88 (ne) (01) Miguel - How Many Drinks?
94 (ne) (01) Robin Thicke feat. T.I. & Pharrell - Blurred Lines
98 (ne) (01) Sean Kingston feat. Chris Brown & Wiz Khalifa - Beat It


will.i.am、これはシングルじゃなくてアルバム発売に伴うDL需要だと思いますが、
ブリトニー、ビーバーときてマイリー…。
これ、澤田太陽さんも「10歳でも思いつくフィーチャリング・センス」などと批判してましたけど
僕もまったくその通りだと思いますよ。なんぼなんでもこの並びワックすぎるだろ。
そう考えると、ある意味一番ぶっとび人選だったJ-Lo & Mick Jaggerの
「The Hardest Ever」がアルバム未収録だというのは惜しい気もしますね。
この曲、willはソロ曲として完成だったつもりなのに
Jimmy Iovine(レーベルのトップ)が、「で、誰をフィーチャリングにするんだ?」と
一聴して即言い放ったというエピソードが大好きです。
こんな情けない裏話(このままじゃ絶対売れねーって思ったんだろうなJimmyさん)を
アーティスト本人が自覚ないまま語った例として、Gwen Stefaniのソロ2ndリリース時の
「1stに入れられなかった曲が沢山あったからまた出そうと思ったの」に匹敵する。
(2ndはその言葉通り1stの没曲集レベルの出来だった)

88位のMiguelは昨年の『Kaleidoscope Dream』からのカットですが、
シングルヴァージョンではKendrick Lamarのラップが入ってるんですよ。
どうしてクレジットされてないのかなあ。そのうち修正されるのかな。
94位のRobin ThickeはセクシーすぎるMVがYouTubeで削除されるとか話題でしたが
今週突然デジタルセールスで54位に初登場してHot100入り。
これ、同じくディスコ調でPharrellが客演したDaft Punkの”ついで買い”としか思えないんだけど…。
これまでほぼ独占状態だった「黒人から最も愛される非黒人のソウル・マン」の領域を
チンコ野郎とロボットどもに侵されるRobinさん。ストレス溜まってないか心配です。




Official UK Singles (4 May 2013)

01 (03) (02) Daft Punk feat. Pharrell Williams - Get Lucky
02 (01) (02) Rudimental feat. Ella Eyre - Waiting All Night
03 (02) (02) will.i.am feat. Justin Bieber - #thatPOWER
04 (07) (09) Calvin Harris feat. Ellie Goulding - I Need Your Love
05 (12) (07) Macklemore & Ryan Lewis feat. Ray Dalton - Can't Hold Us
06 (04) (04) Duke Dumont feat. A*M*E - Need U [100%]
07 (05) (13) P!nk feat. Nate Ruess - Just Give Me A Reason
08 (06) (08) Nelly - Hey Porche
09 (ne) (01) Loveable Rogues - What A Night
10 (08) (06) Pitbull feat. Christina Aguilera - Feel This Moment




予想通りDaft Punk、初の全英1位獲得です。
Calvin Harrisはなんと今週もランクアップして、アルバム『18 Months』は
「1枚のアルバムに8曲のTop5ヒット」という、
ベスト盤でもそうそう達成できないとんでもないヒット率に。すげえな。
5位にはUSでも1位目前のMacklemore2曲目、
9位にはオーディション番組Britain's Got Talent発の…これは一応ヒップホップデュオなのかな。
あまりにもバブルガムでこないだリバイバルして話題になった
「Let's Get Ready To Rhumble」の劣化版としか思えないなあ…。
あとPSYさんは予想通り先週の10位をピークに早くもTop10落ちです(14位)。



11 (44) (07) Passenger - Let Her Go
21 (78) (10) David Guetta feat. Ne-Yo & Akon - Play Hard
33 (ne) (01) Nicky Romero & Nervo - Like Home
35 (55) (07) Carly Rae Jepsen - Tonight I'm Getting Over You
39 (180) (280) Goo Goo Dolls - Iris
40 (ne) (01) Ameria Lily - Party Over



ゲッタも1枚のアルバムから何曲ヒットさせたら気が済むんだって感じですが
この人の場合はそもそも新装盤何回出したら気が済むのかという話で…
来週はさらに上がってTop10入りでしょうか。
ちなみにCalvin Harrisの連続ヒットは新装盤出してないのが余計すごいな。

Nicky RomeroはこないだAviciiと出したNo.1ヒットが下らなすぎましたが
今回のこの曲はかなり気に入ってここ数日は毎日聞いてます。
Nervoもいろいろやってるけど今までいいと思ったことはなかったんだよなあ。
不思議と2曲目が売れないCarlyはなんとかこの曲の売り出しを図ってるようですが果たして。

グーズはすごい勢いでダウンロード伸びてるんですがオーディションかCMでしょうかね。
チャートファンの間ではビルボードの集計ルールのはざまに埋もれた曲として有名ですが
(ラジオでは腐るほどかかったけどビルボードではいろいろあって最高9位)、
UKでは98年当時50位、99年再リリースで26位の小ヒットでした。
知らなかったけど2011年にリバイバルで3位になってるのな。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | Charts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。