2015年04月02日

Groove Cruise Top20 [30 March 2015]

ひさしぶり。
自治体がどうとか書いてみたけど特にリツイート稼げたりとかしなかったし
通常営業に戻るよ!
去年の年間ベスト評はもう手遅れすぎるから書きかけのももうお蔵にするよ!



30 Mar 2015 / Week 13

01 (01) (17) A-Trak feat. Andrew Wyatt - Push
02 (03) (09) Fall Out Boy - Immortals
03 (02) (07) Todd Terje - Preben Goes To Acapulco (Prins Thomas Remix)
04 (07) (06) Annie Lennox - I Put A Spell On You
05 (06) (08) Giorgio Moroder feat. Kylie Minogue - Right Here, Right Now
06 (08) (07) Chris Brown x Tyga - Ayo
07 (09) (08) Hoodie Allen feat. Ed Sheeran - All About It
08 (10) (05) Taylor Swift - Style
09 (ne) (01) Ciara - I Bet
10 (13) (06)
Ariana Grande - One Last Time

11 (16) (05) Drake feat. PARTYNEXTDOOR - Preach
12 (04) (15) Oliver Heldens feat. KStewart - Last All Night [Koala]
13 (05) (13) Gorgon City feat. Jennifer Hudson - Go All Night
14 (17) (06) Ellie Goulding - Love Me Like You Do
15 (ne) (03) Fall Out Boy - Uma Thurman
16 (ne) (03) Big Sean feat. Drake & Kanye West - Blessings
17 (ne) (02) Ariana Grande feat. Cashmere Cat - Be My Baby
18 (18) (02)
The Decemberists - Make You Better
19 (ne) (01) Drake - Energy
20 (ne) (01) K. Michelle - Love 'Em All




なんか第一四半期は毎年言ってるような気がするんですが、
いい曲が出ないのか僕の感性が鈍ってるのかとても再生回数が少ないです。
まあ年々音楽そのものを聞く回数が減ってるっぽい(こうして記録つけてるからわかる)ので
トシのせいかねえ、と思わなくもないんですが。
Todd TerjeとかAnnie Lennoxとか10位前後でちょうどいいくらいなんですけど、体感的に。
なのでチャート自体は再生回数的にはたぶん過去最低レベルなんですが、
それでも7週1位独走中のA-Trakに関しては曲もそれに見合うくらいには好きです。
これは特にビデオが今のところ年間ベストですね。
つくづく僕は金のかかったMVが好きです。
おじさんちゃんと無修正のおっぱいビデオを探してきてやったぞ↓





あとMark Ronsonの新作にも参加してたこのAndrew Wyattさん、
Miike Snowのヴォーカルだったのね!
Miike Snowと言えば「Bloodshy & Avant +ひとり」としか認識してませんでしたが、
その「ひとり」だったとは…。100回近く聴いてて全然気づかなかった。



そういえば1位取った人は過去の戦績をまとめることにしてますが
A-Trakはこの曲が俺チャート初のエントリー(Duck Sauceならあるけど)なので。
代わりと言っては何ですけど今週2曲いるAriana Grandeにしましょう。
1回1位取ってるし自分でもちょっと確認してみたかったので。


2014 #15 Problem (feat. Iggy Azalea)
2014 #18 Break Free (feat. Zedd)
2014 #01 Love Me Harder (Ariana Grande & The Weeknd)
2014 #07 Hands On Me (feat. A$AP Ferg)
2015 #16 All My Love (Major Lazor feat. Ariana Grande)
2015 #20 Best Mistake (feat. Big Sean)
2015 #10↑ One Last Time
2015 #17↑ Be My Baby (feat. Cashmere Cat)


かなりのR&Bファンが引っかかった1st、僕は気にしつつも手出ししておりませんで。
今回も「シングルヒットくらいは一応聞いとくか」くらいのつもりで様子見してたんですが
「Love Me Harder」が切られたとこでアルバム買ってしてみたら予想以上にハマってしまいました。
この曲の粒のそろい方はポップアルバムとしてはRihannaの『Good Girl Gone Bad』以来。
アルバム曲やサントラ曲までぼこぼこ入ってるあたりガチ感が漂います。
(でも「Bang Bang」はやっぱりスルー。持ってるけどな!)

ま、しかし僕の周りの筋金入りのポップリスナー何人かが指摘(or酷評)してましたが、
Ariはヴォーカリストとしてはまだ発展途上ですね。
むしろ今改めて初期マライアを聞くとその声ぢからに驚きます。











#09 (1st week)
I Bet
Ciara

Jackie (Epic)


Ciaraめっちゃいい曲もらったねえ。繊細なアコギのループを使ったミディアムバラッドですが、ちょっと単調かなと思ったところでググッとうねる展開をするブリッジは最初聴いたとき唸りました。先週はこればっかり聴いてた。プロデューサーのH-Moneyはまだそんなに大きなヒットがないですが(Ariana Grandeの「The Way」を除くと割と地味な女性R&Bシンガー仕事が多い)時々見かける名前なのでちょっと注目ですね。

この人って単純にチャートグラフィだけ見ると1stだけ売れたハイプなんですけど、ポップヒットを狙わなくなって以降、自分のキャリアで最も重要なのが2nd(特に「Promise」)だというのに気付いてすごく丁寧にR&Bマーケット受けする曲を切ってきてますよね。加えて彼女の場合、「Ride」のスクリュー的な音作りしかり、「Body Party」のGhost Town DJs使いしかり、自分の出自(=アトランタ=南部)を決してないがしろにしない地に足の着いた曲選びにもとても好感が持てます。これ、単なる売れ線フォーマットに乗っかっただけだと思われたデビュー時の「クランク&B」路線も決して否定してはいないという意味でもあるわけだし。そこで安易にEDM客演とかしないあたり、無理にヒットを作ってもちっともキャリアにプラスにはならないということを6年前の「Love Sex Magic」で学んだんじゃないですかね(笑)。全盛期はどうも好きになれなかった存在ですが、地味ながら着実に好感度上がってきてるだけに次のアルバムは買ってみようかと思います。ただこのパターン、ずるずる発売日が伸びたりして結局出なかったり、出てもこっちの熱がすっかり冷めてたりするんだよなあw










#15 (3rd week)
Uma Thurman
Fall Out Boy

American Beauty / American Psycho (Island / DCD2)


Ciaraと並んで「売れてるときはあまり好きじゃなかったけど今応援したくなる」存在がFall Out Boy。どっちも単なるヒット量産アーティストかと思いきや思いのほか自分の活動に対して一貫したスタンスを持ってて、FOBの場合、このご時世だというのに「ギターロック」というものにえらい忠実ですね。それも、あくまで「ポップとして鳴らすギターロック」。Fueled By Ramenの後続バンドが軒並み日和っていった(あげく大体消えた)のとは大違いです。Arctic Monkeysがギターロックのフォーマットに拘ったまま2010年代仕様にアップデートしてみせて批評筋からの絶賛とチャート上の成功の両方を勝ち取ったのは記憶に新しいですが、そうじゃなくて「メディアが何ぼのもんじゃい」みたいなポップロックで大衆レベルのヒットを出せるの、もう絶滅危惧種ですよ。彼らと日本のONE OK ROCKくらいしかいないんじゃないですか。

そんなわけで『Infinity On High』以来ひさびさに彼らのアルバムを買ってみましたが(それもあのアルバム、当時バイトしてた店で何枚も棚から落としてケースを割っちゃったから申し訳なくて1枚自分で買ったってだけだし…笑)、久々に全米Top10ヒットになった「Centuries」以外にもレベルの高い曲が揃っててこれは買って正解。この2ndシングルはタイトルだけでも話題になりましたが、妙にオールディーズくさいギターフレーズに某氏が即反応してて笑いました(あとホーンもなんか元ネタあるよねこれ?)。Aly & AJの「Potential Breakup Song」を覚えてる奴は買え!










#16 (3rd week) Big Sean feat. Drake & Kanye West - Blessings
 Dark Sky Paradise (GOOD Music/Def Jam)
#17 (2nd week) Ariana Grande feat. Cashmere Cat - Be My Baby
 My Everything (Republic)
#19 (1st week) Drake - Energy
 If You're Reading This It's Too Late (OVO/Aspire/Young Money/Cash Money/Republic)
#20 (1st week) K. Michelle - Love 'Em All
 Anybody Wanna Buy A Heart? (Atlantic)


ここまでが長かったのであとはサラっと。

Big SeanはHot100で11位まで上がるスマッシュヒットになった「I Don't Fuck With You」に続いて俺チャートでも連続ヒット。しかしこの人、毎回毎回客演に喰われますね。実力あるのにあと一歩抜けきれない印象なんですよねえ。ここでDrakeっぽいことしないで1stのチャラさをキープしてた方が却って独特の立ち位置を確保できた気がしなくもない。ちゃんと蟹付のExtended Version聴いてるよ!

そして偶然彼氏と並んだAri。さっき「ヴォーカリストとしてはまだまだ」みたいなことを書きましたが、これは結構いいんじゃないかと思います。実はハイトーンで張り上げるよりエアリーな歌い方の方が巧いのではこの子。プロデューサーのCashmere Catは主従逆転でArianaを迎えた新曲出してましたね。そっちも早くチェックしないとな。

19位はサプライズリリース&怒涛の初動50万枚オーバーで話題をさらったDrakeの「ミックステープ」から2曲目のエントリー。USではこの曲が一番売れてますね。何でもこのタイトル、Cash MoneyオーナーのBirdmanに対する離縁宣言(=Lil Wayneと共にレーベル離脱を示唆)という解釈になるほどと思いましたが、Cash Moneyお家騒動にどう影響するでしょうか。

ラストは昨年末にリリースされてたのをうっかりスルーしかけた、実力派K. Michelle2作目からの1stシングル。これはmeantimeの阿多さんが絶賛してるのを見て買いました。イギリスには売ってなかったけど日本のiTunes Storeで1000円、これは皆さん買いましょう。素晴らしいソウル・ヴォーカル・アルバムです。これ今年の年間選考に入れちゃお。
posted by Skedge at 08:48| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オールディーズくさいギターフレーズに即反応するやつが来ましたよ笑。Todd Terjeが未だになんて読むのかわかりません。テルジェ?アリアナはアルバム出たときあれだけ馬鹿にしてたんですがOne Last Timeがあまりによく、尻上がりにシングルの質が良くなっていくのでアルバム買っちゃいそうです。ミーハー層なんでサマソニでもがっつり観てしまいそうな勢い。アリアナは今年のサマソニでのベストブッキングだと思ってます。
Posted by はまべ at 2015年04月08日 08:10
>はまべさん

トッド・テリエと読みます。ベテランDJのTodd Terryをもじってつけた名前らしいんですが、馴染み過ぎてなんか「トッド・テリー」って見た時の方が誤字に見えるようになってきましたw

Ariのアルバムはマジで馬鹿にならないですよ。ちゃんと出たとき買っておけばよかったと後悔しきりです。僕も最初の方のシングルほどオマケみたいな感じですねえ。サマソニなら若い子の視線とか気にせずがっつり見れそうで羨ましいです。
Posted by Skedge at 2015年04月10日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。