2015年04月23日

Groove Cruise Top20 [20 Apr 2015]

毎年のことですがこの時期は春のリリースラッシュですね。
取り上げたい曲がいっぱいあるのでまた更新します。




20 Apr 2015 / Week 16

01 (01/01)
(03w) Years & Years - King
02 (03/02) (04w) Ciara - I Bet
03 (02/04) (09w) Ariana Grande - One Last Time
04 (06/18) (04w) Major Lazer x DJ Snake feat. MØ - Lean On
05 (05/19) (03w) K. Michelle - Miss You, Goodbye
06 (04/09) (03w) Clean Bandit (feat. Olly Alexander) - Stronger
07 (08/12) (04w) K. Michelle - Love 'Em All
08 (10/16) (04w) Tove Lo - Talking Body
09 (07/07) (05w) Ariana Grande feat. Cashmere Cat - Be My Baby
10 (14/--) (06w) Sam Smith feat. John Legend - Lay Me Down

12 (new) (06w) Cyclist feat. Jocelyn Alice - Heartbeat Speed
15 (new) (02w) tofubeats feat. okadada - T.D.M.
16 (new) (04w) MNEK - The Rhythm
18 (new) (04w) Kendrick Lamar - King Kunta
19 (new) (01w) Dr. Kucho! & Gregor Salto feat. Ane Brun
- Can't Stop Playing [Makes Me High] (Oliver Heldens Remix)









Ciara feat. T.I. - I Bet (Remix)

ここでベース調のリミックスを出してくるCiaraはやっぱりイイ女になりました。
ちゃんとラッパーもアトランタの人。そんなヘマはしない。
しかしただでさえヘンだったシングルのジャケ写はさらにマヌケに…
なんでそこに文字を書くの








#12 (6th week)
Heartbeat Speed
Cyclist feat. Jocelyn Alice

Poolside Miami mixed by Cyclist & Framewerk (Toolroom)


最近のこの自作チャート、自分で見ててもメインストリームのヒット曲やそれなりの洋楽好きなら普通に知ってるようなアーティスト/曲ばっかりになってて個性がなかったからこういうのが入ってくると自分でなんか安心する(笑)。予備知識ゼロで購入しましたが、カナダのトロントで活動してるDJのゆったりディスコ。Le Youth、Poolside、Bondax、Aeroplaneあたりの系譜に連なるBPM110くらい(図ってないけど)のスローグルーヴ。

この辺の音は北欧のコズミックディスコ勢とは微妙に違うところにいながら、昨今のディープハウスやSlo Moブーム、Tuxedo、Chromeoとかのモダン・ブギーとも共鳴しうるので今後もっとブレイクするような気がするんですがどうでしょうか。実際Le Youthは「Dance With Me」でUK11位まで行ってますし。Mark KnightのレーベルToolroom Recordsのコンピ『Poolside』シリーズ(さっきも挙げた同名ユニットと関係あるのでしょうか?)の最新作に収録されたエクスクルージヴトラックのようです。












#15 (2nd week)
T.D.M.
tofubeats feat. okadada

Steakholder (Warner)


実は俺チャートで去年一昨年と2年連続でJ-Pop最高の年間順位を取っていたりするtofubeatsなのですが、去年のそのJ年間トップ「Her Favorite」に続いてまた盟友okadadaと宅録ディスコを繰り出してきました。「Her Favorite」がChromeoを意識したナンバーだとどっかで読んだときはやっぱりねと思いましたが、「レコーディングと彼女との間で板挟みにされるミュージシャン」という新世代らしいこのテーマ設定、Chromeoの初期ヒット「Needy Girl」のビデオからの着想と見たね(レコーディング中に彼女から電話がかかってきて「今は話せないってば!」などとやり取りするシーンがある)。ちなみに今回のミニアルバム、CDだと20ページくらいのフォトブックレットが付いてるそうです(笑)。










#16 (4th week)
The Rhythm
MNEK

(Virgin EMI)


Rudimentalのアルバムで発見して以来動きを気にしている弱冠20歳(とても見えないが)のUKソウルシンガー。真正面からの歌唱力がばっちりある人なので自分の曲はもっと正統派のソウルで来るかと思ってたのですが、これまでのシングルがどれもやけにトリッキーな構成の尖った曲ばかりで、かといってクラブカルチャー出というにはインディー的センスが音にもビデオにも表れててかなり面白いです。ちょっと毛色は違うけど、北米のPBR&Bムーヴメントに対する2010年代UKソウル界からの回答が彼なのかもしれません。

こちらの最新シングルは自分名義では初のUK Top40ヒット(38位)を記録。注目度の上昇ぶりが伺えますが、この人すごいことにこの年でソングライターとしては既にヒットを飛ばしまくってまして、Little Mix「Wings」、Duke Dumont「Need U (100%)」、Oliver Heldens「Gecko (Overdrive)」と全英No.1ヒットだけで3曲もあり、Kylie MinogueやMadonnaの最新作にも曲提供してます。ライターとしては妙にベタなとこ抑えてるのがまた不思議な経歴。来た仕事を断れなかっただけかもしれないが。










#18 (4th week)
King Kunta
Kendrick Lamar

To Pimp A Butterfly (Top Dawg / Aftermath / Interscope)


昨年末にJ. Coleの新作が出て大評判になった時、「DrakeやKendrickを喰うほどの存在になるか?」みたいなことを書きましたが、それから数か月の間にDrakeがいきなり”ミックステープ”でどえらいセールスを叩きだしたと思ったら、間髪入れず今度はKendrickがついに新作をドロップしてなんかそれどころじゃなかったなあ、と今にして思うのですが、それくらい目まぐるしく情勢が変わるところにも今のヒップホップの活況ぶりを感じたり。

そんなわけで今度こそグラミーか?というレベルで評判になりまくってる新作から、いち早く話題になったこの曲が期待を受けて3rdシングルとしてカット。既にいろんなところで言われてると思いますが、この曲名は黒人奴隷の一生を描いて社会現象を巻き起こした70年代のテレビドラマ『ルーツ』の主人公、クンタ・キンテが由来(男同士のコンタキンテ、すなわち江頭2:50相方の名前の由来にもなっていることは今は忘れておこう)。「やつらがお前の脚を切ろうとしてるぞ!」というサビのフレーズもそういった背景があったりするんでしょう。っていうかリリック面についてはこの曲に限らず。おそらく全世界で解読されまくってると思うので僕もいろいろ解説を拝読したいところ。block.fmに出た際にAKLOが全曲翻訳したらしい(ってそんなサラっと言う!!)のですが、そのまま国内盤に採用しちゃえよ。










#19 (1st week)
Can't Stop Playing [Makes Me High] (Oliver Heldens Remix)
Dr. Kucho! & Gregor Salto feat. Ane Brun

(Spinnin')


今週UKチャート4位に入ってきたハウストラック。Dr. Kucho!なんて名前何年ぶりに見たよ、と思ったらなんとこの曲もともと2004年のリリースなんですね。今回のチャートインは「Gecko」「Koala」とヒットの続くオランダのあんちくしょうOliver Heldensによるリミックスヒットなので、彼の名前がチャート上で全くクレジットされてません。昨今だとVS表記とかで結構アーティストのところに名前があったりするから珍しい事例かも。もとはインストなのでAne Brunさんのヴォーカルもどうやら新しく録ったもののようです。オリジナル聞いたら何がCan't Stopかって"I can't stop touching myself, can't stop playing with myself"だったのかw
posted by Skedge at 10:54| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ライターとしては妙にベタなとこ抑えてるのがまた不思議な経歴。来た仕事を断れなかっただけかもしれないが。
MNEK君は単にアイドルヲタなところがあるだけかと。最初のヒット曲はXenomaniaの面々と共作したThe Saturdaysの"All Fired Up"ですが、アルバムタイトルに自分が書いた歌詞(『On Your Rader』)が採用されて喜んでました。彼はXenomaniaの大ファンらしく自らFacebookで自分を売り込んで共作するようになったそうです。
あとSoundCloudにはAtomic Kittenの"Whole Again"のリメイク(Des'ree"You Gotta Be"とのマッシュアップカバー)という珍妙なものをアップしてます。
https://soundcloud.com/mnek-1/mnek-whole-again-atomic-kitten
Posted by papaya at 2015年10月03日 23:56
>papayaさん

ほんとだ!サンクラ覗いてみたらいきなりCher「Believe」のカヴァーとか飛ばしてますねMNEK君。こりゃアイドルヲタなとこがあるというのも納得です。Xenomaniaみたいなどポップ職人をああいう人が好きでありつつすんごい尖った曲を書いたりするのが既存の枠に囚われない新世代っぽい感じありますね。
Posted by Skedge at 2015年10月08日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。