2016年03月27日

Groove Cruise Top20 [20 Mar 2016]

20 Mar 2016 / Week 13

01 (01) (10) A応P - 全力バタンキュー
02 (02) (08) Coldplay (feat. Beyoncé) - Hymn For The Weekend
03 (04) (09) Tiësto & Oliver Heldens feat. Natalie La Rose - The Right Song
04 (05) (05) Disclosure - Molecules
05 (06) (04) Mayer Hawthorne - Love Like That
06 (03) (14) イヤミ feat. おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松 - SIX SAME FACES 〜今夜は最高!!!!!!〜
07 (12) (02) Years & Years feat. Tove Lo - Desire (2016 Version)
08 (ne) (01) Monkey Majik - Delicious
09 (14) (09)
The 1975 - The Sound
10 (07) (15) Jamie xx feat. Romy - Loud Places

20 (ne) (03) Riton feat. Kah-Lo - Rinse & Repeat



ColdplayはなんかこのままA応P(4週連続1位)に勝てず力尽きそうな情勢なんだけど
おそ松さんに負けるColdplayというのは11年前Crazy Frogに
キャリア初の全英1位を邪魔された事件を思わせるものがあるな。
11年前の自分の文章恥ずかしい…と思ったら意外と今よりまともに記事を書いている…
そういやコレ、けいさんに初めて会ったとき「たぶん日本語でCrazy Frogについて書かれた
最速の記事じゃない?w」とか褒められたなあ(笑)


ところで「更新した週で1位になってる人は過去の成績を全部発掘する」
という作業を基本的にしてるんだけどA応Pはまだ2曲しかないので、今日は
「邦楽のNo.1」をさらうことにしよう。また数えるくらいしかないんだこれが。


[2006] m-flo loves 日之内エミ & Ryohei - Summer Time Love (2週)
[2007] Monkey Majik + m-flo - Picture Perfect (3週)
[2008] capsule - Eternity (4週)
[2008] 安室奈美恵 - What A Feeling (5週)
[2012] Perfume - Spending All My Time (5週)
[2015] A応P - はなまるぴっぴはよいこだけ (5週)
[2016] イヤミ feat. 六つ子 - SIX SAME FACES 〜今夜は最高!!!!!!〜 (3週) (※)
[2016] A応P - 全力バタンキュー (4週・継続中)


これだけしかない。
2007年はTSUTAYAでバイトしてたりしたこともあって俺チャートで最もJ-Popが
増えた年で、20曲中10曲まで邦楽になった唯一の週もこの年だったんだけど
1位まで行ったのはMonkey Majikの1曲だけ。
それでも2008年まではぽつぽつ出てたのにそこからPerfumeまで5年も空き、
そこからまた3年空いていきなりこの2連打です。本当に自分で驚いた。
日本語タイトルで初の1位、というとこからも明らかですが、
曲そのものの傾向も全然違うんだよね。それまではいかにも
「洋楽が好きな人がハマった邦楽」くさいんだけど、いきなりアニソン…。

客演No.1のm-floを除くとA応Pが邦楽初の複数曲1位なわけですが、
「俺チャートの1曲目と2曲目が連続で1位」というのもまた
確かKanye West、Pendulum、Foster The Peopleしか達成してなかったような。
いずれにせよ今のこの並びは自分の音楽生活史的にも異常です。
本当に人生どこでどんな扉が開くか分からんぜ。
曲としても気に入ってるしね。こういう和風でハイテンションなアレンジ、
「千本桜」以降のアニソンやボカロ界隈ではすごい流行ってんだろうなあきっと。


※3/30追記
普通にイヤミを忘れていた。上にまだ6位で残ってるのにこれは酷い。
2連打じゃなくて3連打だった。アニソンどころかキャラソンで1位って
こっちの方がもっと自分の音楽史的に異常事態。




#08 (1st week)
Delicious
Monkey Majik

Southview (Binyl / Avex)


う、うおおお、Monkey Majikのカムバック・ヒットだあああ!!!
インディーズから通算していつの間にか10作目になる新作からのリードトラック。「いつの間にか」というのはホントにホントで、一時期ものすごく入れ込んでいたのに改めて振り返ってみたらそれは3rdから5thまでの商業的全盛期だけで、そこから何ともう5枚もアルバムが出ていたのだった。まじで全然知らなかったよ。これは1位になるだろうからもう今までの記録を発掘しよう。


[2006] #-- Fly (※年間38位)
[2006] #-- Around The World (※年間64位)
[2006] #03 Another Day
[2006] #04 Between The Lines
[2006] #03 Turn
[2006] #19 フタリ
[2007] #07 On And On
[2007] #01 Picture Perfect (Monkey Majik + m-flo)
[2007] #10 Let's Get Along
[2007] #04 Thank You
[2007] #02 Change (Monkey Majik + 吉田兄弟)
[2007] #13 Mr. Postman
[2007] #03 Pretty People
[2007] #18 空はまるで
[2007] #17 Long Shot Penny
[2008] #03 Maybe
[2008] #08 Goin' Places
[2008] #02 Brokedown
[2009] #05 Closer To You
[2013] #14 Fly (English Version)
[2016] #08↑ Delicious

[2008] #07 Ginger (土屋アンナ feat. Monkey Majik)
[2009] #10 1 More Night (ravex feat. Monkey Majik)
[2010] #19 ソレイライ (Gagle feat. Monkey Majik)

[2007] #06 Endless Summer (Bennie K feat. Blaise Plant)
[2008] #06 New World (blanc.)
[2008] #10 Morning Departure (blanc.)
[2008] #16 Discovery (blanc.)
[2009] #17 There She Goes (blanc. feat. Sayulee)
[2009] #20 Coast (blanc.)


改めて自分で振り返ってみてもすごい。こんな短期集中でハマったアーティストはほかにいない。特に2007年はシングル以外にも前年のアルバム曲やらシングルのカップリングやらが入り乱れ、1年通してほぼ毎週名前が載っている。「Mr. Postman」とかよほどのファンでも覚えてないんじゃないかこんな曲。2008年も丸々日本にいなかったのにお兄ちゃんのソロ(blanc.)のアルバム買ったりしてるし。ここまでハマったのに10's入るあたりでふっつりいなくなってるのが不思議なくらいだ。

ただこの「自分内全盛期」ですら微妙な記録で終わってる「フタリ」とかそうだったんだけど、だんだんいかにもありきたりなJ-Popっぽい辛気臭い曲がだんだん増えてっちゃって心が離れてたところに、2011年の東日本大震災をよりにもよって思い切り活動ベースの仙台で被災してしまったので、ああ、これはもうダメだな…とは思ってたんだよね。それがまさかこんなアホな曲で復活するとは…。Daft Punk以降のディスコなモードを、WALK THE MOON的な軽薄80'sムードに乗せた今までになく尻の軽いダンスナンバーで、ビデオでは「Physical」ばりのエアロビ。twitterでもモマジファンのフォロワーさんがコメントくれたんだけど、震災以降のモヤモヤをようやく吹っ切ったのかなと。帰国したら久々にアルバム買ってみようと思います。










#20 (3rd week)
Rinse & Repeat
Riton feat. Kah-Lo

(Ministry Of Sound)


こちらもまたずいぶん久々に聞く名前です。Myloのシングルでリミキサーとして見かけた以来じゃないか?(と思って自分内ブログを検索してみたら他にKylie Minogue「Giving You Up」、New Order「Krafty」もひっかかった) まあとにかく10年以上ぶりに見ました。イギリスのエレクトロハウスDJ。エレクトロクラッシュとかの残り香がまだする時代に活躍してた人って印象ですね。僕が知らなかっただけで実は着々とキャリアを重ねて…と思ってWikiで見てみたけどその後もどうもそんなに派手には活動した様子がなく、2010年に故DJ Mehdiと結成したCarte Blancheがちょっと話題になったくらい?

そんな感じでこの曲もへえ、懐かしい名前、と思ったくらいで特に何も考えずにポンと買ったらなんとこれが全英13位まで上がる彼にとって初のチャートヒットになりました。オールドファッションと言うか、EDM通過後の若い子の耳基準で言うなら「時代遅れ」とすら言ってもいい、まさに「あの頃」なエレクトロハウスの上で女性ヴォーカルがぼそぼそ言ってるだけの、それこそMyloの「Destroy Rock & Roll」みたいな雰囲気のクラブトラックなんですが。何でこれがいきなりポップヒットになったんだろう。昔ならCMで、とかだったりしたものですが、これよく分かんないんですよね。こういう曲調って長らくヒットチャートで忘れ去られてた感があるので。「あの頃」を知ってるおっさんがこぞって買ったのかな。僕とかはまべさんとか。ちなみにぼそぼそ言ってるKah-Loさん、適当にどっかから連れてこられたのかと思ったら何とナイジェリアで活動しているという女性シンガー。Soundcloudで自前の曲聞いてみたらPBR&Bげなトラックでちゃんと歌ってる、結構実力ありそうな人です。どうもビデオに出てるの本人っぽいですね。
posted by Skedge at 12:36| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rinse & Repeatいいですねぇ、こういう無機質なボーカル物。もう見つけてからは鬼の首取ったかのようにリピートです(使い方違う)。

あと今年はZara Larsson(典)とLukas Graham(丁)ですかね。UKは大丈夫でしょうが、USで両者どこまで大規模なヒットを狙えるか・・。
Posted by はまべ at 2016年03月28日 21:59
>はまべさん

早速のコメントありがとうございます。早いw
Rinse & Repeatはこういう曲調が懐かしくてつい買っちゃいました。昔はこういうのがもっとたくさんプレイリストに常駐してたものなんですが。

Zara LarssonとLukas Grahamはどちらも何が理由で売れてるんだかさっぱりついていけないでいます。どっちもUS進出のタイミングがめちゃくちゃ早いですよね。前は1年どころか2年遅れとか平気であったのに。本人が渡米してプロモーションしなくても売れる時代になった?
Posted by Skedge at 2016年03月29日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。