2007年11月23日

音楽小ネタ詰め合わせ

Flo Rida feat. T-Pain / Low
「フロリダ出身だからFlo Ridaて!」と散々突っ込まれまくっていますが、
もっと身近にいるTOKIOとかX JAPANのことをみんな忘れちゃダメだよ。
Ciaraの「Get Up」っぽいなーと思ったら『Step Up2』サントラからのカットだって。
なるほど。次の全米1位候補か?


Seal / Amazing (Thin White Duke Remix)
Stuart Priceやっぱ天才だわー。
日本では1月リリースのSeal新作からのリード。
アルバムヴァージョンもStuartのprod.だけどTWD名義のRemixが輪をかけて素敵過ぎます。
Royksopp「What Else Is There?」のTWD Mixに続く名ミックス誕生。
こういうハスキーなR&B声にこういうのが合うのかと言われるとちょっとアレだけど。
KaskadeとBill Hamelのミックスも全部いいのでシングル盤買い推奨。
UK盤はAlbum Version入り4曲。US盤は各Dub入り6曲Remixies。
リンク先のEditはアルバムにもボートラ収録されるとの情報有り。


Justin Timberlake / LoveStoned (Tiesto Remix)
お買い得Remixiesと言えばこれも。夏ごろのリリースですが。
UK盤マキシのメンツがどこの馬の骨とも分からない人々だったので
うっかりスルーしてたら12"にJustice、Tiesto、Kaskadeと来たよ!
アナログ極力買わない派だけどこればっかりは即買いでした。
この3つどれも好きなんだけど、敢えて「I Think That She Knows」部分をRemixしてみせた
Tiestoのヒネリの利かせ方が好きだ。バリバリのダッチトランスじゃない意外性も良い。


Ne-Yo / Do You (Remix feat. Utada)
日本のiTunesでは当然大ヒットしとるわけですが。
何もこんなTop40かするのがやっとだったヒット曲のRemixなんてなー。しかも今さら。
まあ次のUNIVERSALのコレ系コンピorアルバム新装盤向けの目玉曲として軽く流しておこう。
そんなことより宇多田さんといい元ちとせさんといいシャンプーのCM曲早く出そうね。


鈴木亜美 joins Aly & AJ / Potential Breakup Song
今夏ヒットしたあの気恥ずかしい60's風ポップナンバーのカヴァー。
joinsってなってるけど別にAly & AJは一切関与してないと思います。
あの気恥ずかしさが消えちゃってるなー。そこがよかったのに。
ちなみに今回のプロデュースはSugiurumn。



Sally Shapiro / Jackie Jackie [Spend This Winter With Me]

この冬僕を激しく誘惑するスウェーデン人女Vo.、Sally Shapiro。
これはアルバム買うべきだよね俺?買ってこの冬を彼女と過ごすべきだよね?
そう本人が勧めてきてるんだから。というわけでたった今注文ボタン押してみた。
ひんやりした80sエレポに音程不安定な歌唱が載る、ポストAnnie最右翼。
というかポップ化した北欧ディスコダブ〜コズミックディスコ?
こっちの曲もヤバいっす。ビデオもUnofficialだけどドリーミーでナイス。


posted by Skedge at 00:00| Comment(7) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Sally Shapiro、初めて聞きましたが
超キラキラのドリーミーな感じがよいですね。
これからの季節、クリスマスなんかに流したい感じです。

mixi日記で書いたBelanovaってチェックされました?
すけっじさんにも聞いて欲しいなと思ったんですが。
私が今年一番聞いたダンスポップです。
Posted by サカキ at 2007年11月23日 09:01
>サカキさん

Sally Shapiroはサカキさん狙いだったのバレてたかな(^ ^;)
(あと一人狙ってる人がいるけど・笑)
曲によってはおセンチ入ってるとこもツボです。
こういう事やらせたら北国の人間には敵わん。

>Belanova
あー、そういえばチェックしてませんでした(汗)
いくつか聞いてみたんですけど「Me Pregunto」ってのがコレっぽくて一番好みかなあ。
http://jp.youtube.com/watch?v=U3Hxxr4SxgY
このテの音が好きでメキシコにまで目が向いてる人なんて日本じゃまずいないから
日本語記事が全然出てこないのもしょうがないでしょうねー。
Posted by Skedge at 2007年11月23日 23:43
Sally Shapiro、初めて聴きましたがなかなか良いですね(自分も注文しちゃいました)!
80sエレポップ+不安定な歌唱でAnnieっぽいとのことですが、少しタイプが違うような気がします。どちらもキュートでドリーミーな音ですが、Sallyさんの曲はもっと(ひんやり)どんよりしていて毒が効いてますね(「Jackie Jackie」のビデオの終わり方、ちょっと怖くないですか?)。

北欧系はノルウェーのオーディション番組出身のMargaret Bergerがなかなか良いですよ。一時期ポップ系シンガーのお約束になった、Kylie meets Goldfrappなサウンドですが北欧らしいひんやりした雰囲気とメロディはUKのライターには出せない味です。
"Samantha"
http://jp.youtube.com/watch?v=6XE4Vg7CAvw
"Will You Remember Me Tomorrow"
http://jp.youtube.com/watch?v=issxl_LCULs

それにしてもAnnieの2ndアルバムは年内に出ると思いましたが出ないんですかねー。今年の頭にIslandと契約してBrian Higgins(Xenomania)と仕事したという話から続報がない……。

鈴木亜美のカバーは正直何がしたいのかよく分らないです。あの曲からベタさとかダサさを消したら良い所何もないじゃないですか。
Posted by papaya at 2007年11月24日 23:41
>papayaさん

そうそう、Sally Shapiroはちょっと薄気味悪い雰囲気がAnnieと違いますよね。僕はRoyksoppとかLindstromを連想したのですが。それが理由でAnnieより好きですねー。てか実はAnnieアルバム確か持ってたはずだけど「Heartbeat」しか聴いてない(笑) その後の情報も追っかけてなかったんで2ndの話も初めて知りました。Brian HigginsってKylieの他にSugababesとかもやってたんでしたっけ。Annieと合うのかなあ?北欧特有の空気感が消えちゃいそうな気がするのですが。

>Margaret Berger
!!!!
うおおおお!!!!
papayaさんこれ思いっきりヒットです(両方)!今まで勧めてもらった中で一番かもしんない。音がアッパーなのでAnnieやSallyとも違う感じですが、ちょっと体感温度低めなところがやっぱり北欧産ですね。これ本人たちはごく普通のダンスポップやってるつもりなのに無意識にこうなっちゃうのでしょうか?アルバムちょっと高いですが(amazonだと5000円オーバー・笑)あちこち探してみます。もー今年はお金ないからSallyで打ち止めかもーとか思ってたのに!w

>あの曲からベタさとかダサさを消したらいい所何もない
んだなあというのがよく分かるカヴァーでした(笑) 僕はこの曲のカヴァーならPuffyで聞きたいです。往年のみすぼらしいTシャツ&Gパン姿希望。
Posted by Skedge at 2007年11月25日 01:52
seal新作買っちゃいました!
その例のシングルがHMVでかかっててかっこよかったので即決!このプロデューサーStuart Priceって言うんですね(MadonnaのHung Up入ってるアルバムの曲ほとんど手掛けてる。知らなったorz)。Wikiで調べたらJacques Lu Contって別名も持ってるってことでピンときました。Mr.Brightsideの彼のリミックス聴いたことあったんで。

これからSeal新作聴きながら寝まーす。
Posted by はまべ at 2007年11月26日 00:14
>Margaret Berger
(書いといてアレですが)Skedgeさんがそんなに気に入ってくれるとは思っていませんでした!シングル2曲、特に"Samantha"はRobyn(この人も北欧ですね)の"With Every Heartbeat"があれだけヒットするならUKでもヒットしそうですけど、今のところ世界進出の予定は無いみたいです。

アルバム全体はもう少しテクノよりの曲が多かったり全10曲だったりで少し物足りなさを感じるかもしれません……。HMVなら約2100円で売っていますよ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1207093

>Annie
自分もアルバムは"Heartbeat"までの前半5曲とMadonnaネタの"Greatest Hits"しか聴いていませんでした(笑)。あとBrian Higgins(というかXenomania)の中でSugababesは間違いなくメイン仕事のひとつです(一番はシングル全曲・2nd以降全ての楽曲を手掛けるGirls Aloudですが)。ポップ・アイドル化激しいSugababesの最新作でもXenomaniaは従来のUKポップ路線で頑張ってます。最近ではFranz Ferdinandが彼らと仕事したがってるらしいです。

Annieとの相性ですが、期待半分不安半分ですね……。比較になるか分らないんですけど、Sophie Ellis-Betorとの仕事では違和感無くやっていたのでオーバープロデュースになることは無いと思います。"Heartbeat"級の曲が生まれるかは分りませんが(笑)。
Posted by papaya at 2007年11月26日 00:34
>はまべさん

Seal新作僕も気になるんですよねー。今までまったく聞いたことのない人ですが(”90年代前半の人”というイメージで止まってた)、先行シングルこれですから。アルバムもこういう感触を期待していいんでしょうか。

Stuart PriceはNo Doubtのリミックスでグラミー獲ってたりとか、陰に陽にかなり活躍してますね。事あるごとにウチでも推してますw 彼に興味がおありなら↓のサイトのまとめ(とそこから飛べるリンク)が分かりやすくてオススメ。
http://d.hatena.ne.jp/inumash/20071005


>papayaさん

いやーもうイントロだけでグッと来ました。この感覚久しぶりです。しかも人様から勧められてここまでテンションあがるのって僕はあんまりなかったりするんですよね(笑) 大感謝です。ちょっと曲数が少なくてHMVでも割高感があるので中古も視野に入れて探してみようかと思います。出来れば冬のうちに聴きたいですねえ。

Brian HigginsとXenomaniaってイコールなんですか?僕は”Xenomaniaっていう集団の一員”だと勝手に思ってました。Girls Aloudのシングル殆ど彼なんですか。Girls Aloud僕は全然好きになったことがないので(笑)印象薄かったですが、確かに言われてみればそんな音だった気がします。

Franz Ferdinand(あ、消えてなかったんだ・笑)は飛び道具っぽく見えて”アリ”な組み合わせかも。そういえばArctic Monkeysの2ndもSimianのDave Fordプロデュースだったけどあれはダンス色皆無だったから別枠かなあ。Sophie Ellis-Bextorは元々ロック畑出身だからAnnieともそこそこ近い属性のような気がします。
Posted by Skedge at 2007年11月26日 02:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。