2008年02月11日

コバコレポ

ようやっと今日クラブデビューして参りましたよ。
これだけハウスが一番好き〜とか言ってるクセして現場未体験、
という状態を一応ながらようやく脱出。
今、この件↑についてものすごく下全開の比喩語を思いついたので
謹んで隠蔽させて頂きます。何気に女子読者の増大を希望しています。
よろしくお願いします。


で。
まあ箱と言っていいのかも微妙な、「凄い大音量でハウスの流れるバー」
と言った方が適切な感じのお店だったんですが。
まあいいんです。大音量の4つ打ちに癒されたかっただけなので。
なんかもう自分にとってのハウスはダンスミュージックっつーか
むしろヒーリングミュージックの域に入りつつあるなと今日改めて実感。

早く入店するとエントランス料金がタダになるとこだったので
全然人が集まってない段階で入店したのですが、
まだ全然客もまばらな時間帯、
ちょっとキツめの眼つき(逆から読んでもキツメノメツキ)のお姉ちゃんが
つかつかとこっちに歩み寄って来て「ピル(エクスタシー)持ってない?」
と大声で・耳元で尋ねて来ました。
誰に訊いとるか、と思いつつ、"Sorry, I don't have"とか何で自分も謝ってんの。

てか何故「コイツなら持ってそう」とか思われたんだろう。
こちらに歩み寄ってくるときの彼女の眼は、
東京都民が街角のイラン人に向けるそれと同じ類の、
ものすごい強固な偏見という名の確信に満ち溢れていました。
ロンドンの東アジア人=おくすり、ということなのでしょうか。
あの国の人とかが暗躍してたりするのでしょうか。


あと、ピークタイムの頃に大挙して押し寄せてきた
「馬鹿高校生のカラオケノリ」な若い男子女子ズにおもちゃにされてしまいました。
だってアジアン店内に俺しかいなかったんだもん。
しかも、おおむねこういうイベントごとに顔を出すときは
必ず同族同士で徒党を組んでやってくる中国人のせいで(たぶん)、
こんな黄色人種丸出し顔がツレもなく居るという時点で余計に珍し過ぎ。いいサカナ。
親戚の集まる酒の席で、部活とかも友達との約束とか一切なく
同世代の中で一人出席出来てしまった甥っ子的なポジションです。
取り囲まれて股間をこすりつけられたり肛門をぐりぐりされたりしました。

…あのね君たち。
君たちから見ると僕らの人種は若く見えるらしいけど、
おいちゃんたぶん君たちが考えてるより結構トシ行っちゃってるんだよ。
そういうノリについていけるアレじゃないんだよ。
てかおいちゃん、君らぐらいの年の時点で既にそういうキャラじゃなかったんだよ。
俺にも高校生だった頃とかあるんだね、忘れたとかよりもはや意外。

だから散れ!分かったからお前等とりあえず散れっ!!(←日本語で喚いてる)
でもかわいい女子と手を繋いで踊れたりもしたからおいちゃん腹は立たないよ



否、待ってくれ。だって。考えてみろ。

”16歳程の金髪青眼の女子が「踊ろうよー、ね?」とか言って
向こうからボクの手を取ってダンスフロアへと引っぱってゆく”


うん、たぶん神様の予定では俺の人生に1ミリもカブらないはずだった景色だ。
だもんちょっとくらい浮かれたっていいじゃない。
雪が無いなら芝生で滑ればいいじゃない。(雪不足のゲレンデに向かって)


というか今日っておもいっきり月曜なんですが、
平日の真夜中にあのガキどもは一体何をしとるの?
London、夜の路上で刺殺されたり射殺されたりする10代の数が明らかに
日本よりはるかに多くて(昨年27人、今年は現時点で3人)、
うおーやっぱLondonって怖えんだ、とか思ってたんだけど
これ治安とかの問題だけじゃないかもしれん。
夜の街における10代の生息数が、日本と2ケタくらい違うぞきっと。


ちなみに選曲ですが、前半はフィルター系定番連発のまったりモード、
後半は「これDATAレーベル縛り?」と勘違いしそうなメジャー曲連発爆アゲモードと
なんか何も考えてない感じですごく良かったです!!
いややっぱ自分は知ってる曲ばっかの方が楽しいです、正直。
てか同じDJが俺が帰るまで回してたから、たぶん最後まで
5、6時間ひとりでぶっ通しなんだろうな、と思うと選曲も何もって感じだが。
ダフパン「One More Time」→Stardust「Music Sounds Better With You」、
Joey Negro「Make A Move On Me」→Blaze「Most Precious Love」、
Alex Gaudino「Destination Calabria」→Enur「Calabria 2008」等、
その2曲を知ってるやつなら100人中100人が思いついて、
でもあんまりにもあんまりだから誰もやらない、というコンボを
恥ずかしげもなく次々繰り出す様はもはや感動的ですらあった



なんかワタクシゴト全開なこういうノリの記事久々に書きましたね。
てかとっとと寝ろよ俺。平日の真夜中なのはあのガキらだけじゃないだろ俺。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。