2006年09月04日

CM談義

♪ウチの職場で一番〜 光ってるのは〜
3日前から来ている〜 派遣社員のレイコさ〜ん♪

(リクルートスタッフィングのCMより)


今さらになってようやく気が付いたのですが、これ、どんなダメな職場だよって話ですよね。
3日で派遣がTENKA取る職場。正社員何しとんねん。
そして「♪派遣社員のレイコさ〜ん↑」と
(おそらくは彼女を遠めに見つめながら脳内で)歌っているこいつは
十中八九ダメ社員のうちの一人。おそらく。


あとこれもツッコミ済の人多そうだが、
DoCoMoの対決CMシリーズ、「CM権獲得!」とか言ってるけどあれは
どっちが勝っても結局DoCoMoを宣伝するんだから対決の意味が無いですね。
ただの内輪もめですね。どうせならリスとかと対戦しようよ。

んでどっちが勝っても一緒なんだからいつも加藤あいばかり勝つのは面白くない。
特に水上綱引き編なんかは、池にドボンしてガホガホ言ってる加藤あいをバックに
ドコモダケが無言でテロップを突き出してるダケ、みたいな図にしたら
すごい面白いのに。ドコモってばホントCMのセンスないんだから。


同じ加藤あい出演でもCHINTAIのいい部屋見つかっ短歌編はなかなかいいですね。

 師匠「なぜだろう 家出がしたくてたまらない ひとりぐらしの 部屋にいるのに」
 加藤「・・・大丈夫ですか?」

笑った。こういうのすごい好きだ。
なんか分かるような気がするよ。
そういう経験自分にもあるような気がするよ。
でも、ちょっとだけな。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

Grillzはorzの強化版っぽい

色々書いてたのが全部飛んだから今日はもう知らねえ。
改めて書き直す意義とか考えるとなおさら。



ちくしょー
posted by Skedge at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

夏の訪れ

深夜帰宅なワケですよ。既に家人は皆寝静まっとるワケですよ。
家の電気も消えとるワケですよ。
だから最初にこれ見たときも

「なんだろあれ、ホウキ引っ掛けるヤツかな、でもあんなとこにあったっけか」

くらいにしか思ってなかったワケですよ。

でも電気をつけてみたら・・・



続きを読む
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

織田無題

最近一番気になっている事柄: アンジェラ・アキは何故こんなに売れているのか


最近、自分が世の中の流れについていけてないことを痛感させてくれる一番のトピック。
高校生くらいまでは余裕で追っかけてたはずなのにねこういうの。
まじで何でなんですか。FFの主題歌で知名度が向上したのは知ってましたが
シングル2曲連続6位、アルバム初動12万はそれだけで出せる数字じゃないじゃん。
やっぱメガネですか。メガネなんですか。
じゃあなんでオオゼキタクは売れないんだ。あれか、彼は俺と同じダメガネ男子か。

そういえばアンジェラ・アキほどじゃないけどSeamoのロングヒットも気になる。
というか、数年前まで名古屋の片隅でちんちん丸出しでパフォってた男が
すごく真っ当なポップラップでヒットを出しているという事実に隔世の感。


ついでにオリコンチャート最新分の初登場曲に適当コメント。知らん曲は調べない。

1位: V6 / グッデイ!!
伊藤悟さんがものすごく好意的なコメントを出してたけど僕はこのイントロ大嫌い。でもDragon Ashの「Life Goes On」は一瞬で気付いたけどその上で好きだったしオレンジレンジなんてCarol King×Shampooだって知らされてむしろ感心したくらいだから安直な「パクリ=クソ」論に与するつもりはありません。原曲嫌いやねん。ていうかNolansが嫌いなのかなあ。でもこの曲のトミフェブカヴァーは好きだったよ。じゃあユーロビート風のやっかましいアレンジが嫌いということにしといてください。あとBoys Town Gangの方はどこが似てるのかいまいちわかんねえ鈍い自分。ていうか君恋もトミフェブカヴァーしてたなあ。

2位: 平井堅 / バイマイメロディー
よく考えたらデビュー曲はあのジョー・リノイエ(武富士CMソングでおなじみ)の手によるバカポップな曲だったっけ。全力で自分の中で否定しましたが。僕的にはそうですね、「Come Back」あたりのエロいのが一番好きです。でもGeorge Michaelカヴァーしたらもうこういう方向だろうが何やろうがすべて許すけど。とりあえず超限定シークレットトラックとかでもいいから「Freek」あたり行っちゃいなよ、You行っちゃいなよ。

3位: YUI for 雨音薫 / Good-Bye Days
未だにこのコの正体が分からないのでMステ出演時の、安部麻美のよーなホラァな歌唱のイメージしかないの。今回のこの名義は中島美嘉のNANAみたいなコトですか?

8位: 愛内里菜&三枝夕夏 / 100もの扉
大杉。

9位: Every Little Thing / ハイファイ メッセージ
「Fragile」を最後に大ヒットから離れた感があるけど気がついたらこんな肩の力抜いたような曲でもTop10に入れるほどの安定株と化していたELT。もう1位獲るようなヒットは出なさそうだけど、こりゃ充分勝ち組だわ。OLを味方につけると強いということなのか。うたばんで見るいっくんはいつも超面白いな。

10位: シド / Chapter 1
全く知りませんごめんなさい。自分的にシドと言ったらFF(特に7)。


11位以下もやたら知らない人ばっかりだったので割愛です。
UKチャートはまた後でやります。だから出掛けさせて。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

Extended

あー、コレ。今朝の朝刊にも一面で載ってましたよ。
延命医療の打ち切りに関する法的枠組みがどうたら。とうとうやりますか。
しかしこんな問題をどうやってマニュアル化するんだろう。


自分がもし植物状態にでもなったらとっとと打ち切ってよろしい、
そうまでして生きてたくないわいと考える人がいるのは分かるし、
家族としてもヘタに長生きされちゃ困ると思うフシだってありましょう。
あまりこういうことは大きな声で言えることではないんだろうけど。
でもちょっと話が違うけど、例えば姑の介護で20年分の人生棒に振った嫁さんとかさ、
そういう事例が現実としてあるわけじゃん。
すごい酷い言い方だけど、「先のない人間が先のある人間の足枷になる」って話。
世知辛いことだけど、金銭的な問題だってとんでもないスケールでのしかかってくるんだし。
だから一概に「尊厳死タブー!」「とにかく生きてりゃいいの!」って前提が
見直されるっつうのはいいことじゃないかと個人的には思います。
でもこれって要は生=好、死=悪っつうものっそい根源的な定義に
異議を差し挟むってことよね。
選択の余地が増えるのはいいことのような気もする一方、
人が自発的に生死を選択していいのかっていう倫理的な反対派の気持ちも分かる。
それにこの制度、合法殺人って側面もあるわけで、怖いっちゃ怖い。


ただどっちにしろ、「延命医療」ってものが医療行為としてどういう位置づけで
為されるのべきなのかが明確になればいいなあとは思います。
これすごい個人的な経験なんで話違うかも分からんけど、
ウチのじいちゃんが末期ガンで治る見込みなしって状態になったときに、
病院側から「これ以上の治療は出来ないから退院してくれ」って言われたのね。
ヤ、直接僕が言われたわけじゃないが。
「治る見込みのある人のためにベッドを譲ってください」と、確かそういう言い方で。
これ延命医療とはまた全然違う次元か。違うね。ホスピスだねこりゃ。
えーと。
でも、延命医療の話が出た以上、当然その延長に「安楽死」の問題は絡んでくるわけで、
例えばもう死ぬことが確定してるような人についての尊厳死の問題とか
そこらへんもどうにかなるのかな。ならなきゃダメだよな。
でもまあウチの場合、仮にあの時本人がいっそ死にてえとか言ったとしても
家族の側としてははいそうですか逝ってよし、なんてまず言えんかったわなぁ。


ついでに思い出したので(あんまり関係ないが)ドナーカード。
これどうします。
いやね、自分高校生の頃はこれ超賛成で、
もし自分が死んでも残り物で誰か他の命が救えるのならワンダフル、
これnot無駄死にネ、な気分で片っ端から「提供します」に○つけてたのよ。
父親が殆どおんなじ考えで。
けどいつだったかこの話を母親としてたときに、
「自分が提供する側だったらいいかもしれないけど、
自分の家族がそうなった時、まだ体温も残ってるような体にメスを入れて
臓器を取り出しますよなんて言われてもとてもじゃないけど合意できない」
みたいなことを言われて、ああそれは全くその通りだと思って。
それ以来このカード自体持ってません。未だに結論先送りにしてます。



なんかえらい話が噛みあってませんが、やっぱこのテの問題について考えると
行き着くのは結局「人が人の生き死にに介入していいのか」ってトコになっちゃうんだよな。
少なくとも自分はそこが一番の命題になる。
生死のラインを感情じゃなくて理屈で引くなんて出来るのか。
出来たとしてもそれをやっていいのか。分からんね。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

わがままな君 わがままな僕 このままずっとこうしてたい

僕はピアスしてないしマニキュアもやったことないし化粧なんてありえねーですけど、
でもこれら全て「女性のみ可」ってバイト先の規定に書いてあると無性に腹が立ちますね。
やるやらんの問題じゃないの。初めからそういう余地が奪われてるのが嫌なの。
ていうか髪染めも男は禁止だって。うわー。今は黒いからこれも関係ないけど。
何となく言わんとすることは分かるしどういう職場でも多かれ少なかれそうだろうし、
それに実際の現場ではそこまでうるさかねえよ、ってのも分かるんだけど、
でもでもこういうことを「組織のスタンス」として明文化することに
何の躊躇も恥じらいも感じないのね。
ていうかそれが普通だよね。普通なんてクソ喰らえだ。

こういうことにいちいちカリカリしてるから自分は団体行動に向かないんだと思った。
この先きちんと生きていけるか滅法不安であります。
あと、じゃあ逆に自分が客として行った店に例えばEltonおばさんみたいな店員がいたとして、
それをごくごく当たり前の光景として受容できるかどうかってのは正直分からんな。
そこでほんの少しでも「うわっ」って思っちゃう感性が自分には無い、とは言い切る自信無いわ。
実は人間、マジョリティの立場に立った時にどう行動するかって重要だよな。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

化けて出てやる

ゲームのバグ画面やTVの”砂嵐”とかって単にエラーとかそういうのを超えて
ある種ホラーな要素を持ってると思うのですが、
文字化けもそう。結構怖く見えたことってないですか。

さっきこのブログの記事投稿画面で見た文字化け↓


臓臓臓確認造造臓臓臓
臓臓臓保存造造臓臓臓


臓で何を造るんですか!
何を確認しますか!保存て!

ちょうど今日るろ剣の「神谷薫人形作り」あたりの回読んでたから変な連想しちゃったじゃないか。
死人の骨や臓物使って生き人形作るとか定期的に防腐処理しないと腐るとか本当に薫の死体なのか確認するとかなんとかなんとか。
長時間立ち読みしてたから呪われたのかと思った。



そんな部屋で筋トレなんてしようとするから・・・。
posted by Skedge at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

織田無題

我が家にHDDレコーダーがやってきました。
ワールドカップを前にしてはりきっちゃった父の落札品です@ヤフオク。

「伊藤英明」で番組一覧検索が出来ることに感動する母。
じゃあ穂積ペペだと? と問うバカ息子。
でも一応検索してみる父。今日も我が家は平和です。

こういうもの見ると、将来はレンタルビデオ屋も無くなって
一定期間だけ見れる動画配信なんかに移行してくのかなあと思いますな。
その方が向こうだってコストとか当然かかんないわけで。
こっちだって返す手間省けるわけで。いいことづくめやん。
CDレンタルよりもダビング需要が圧倒的に少ないだろーから
音楽配信よりも何かと取り回しが効きそうじゃね?(業界的にも)

で、こういうを話してて思い出したんだけど、一時期コンビニに置いてあった
「開封後48時間だけ見れるDVD」 「一定期間だけ見れて追加金払えばまた延長できるDVD」
などというモンドなアイテム達は今どうなりましたか。
「レンタルDVDとセルDVDのいいトコ取り」とか言ってましたが。誰だよ思いついたヤツ。
DVDを48時間後に見れなくする技術、ってのは凄いけど凄い無駄。


前に「試用版の回数制限越えちゃった」つってたACIDに廉価版が出てた
ううん、たぶんこれだけでも初心者な自分には充分すぎると思う。
7000円を出す価値があるほどきちんと使い道を見つけて活用できるか微妙だけど。
ちょっと考えてみよう。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

業務連絡II

5日でカテゴリ名変更。
全英No.1ヒットを片っ端から取り上げるコーナーを拡張して
「5週以上10位以内に留まったロングヒット」も入れることにしました。
数えてみたらかなり少なかったんです。
2006年からこっち、No.1ヒットは8曲、
大して(最高位2位以下で)上の条件を満たすのは9曲。
1位取る方が簡単なくらいです。
早速簡単に書けそうなやつだけアップ。
今は何かハイになってるのでだだだっと書けたけどそのうち沈むはずです(笑)
ロック系とベテランが出てきたら間違いなく停滞します。
頼むからU2とかもう2度と1位取らないで欲しい。(←一番危険なバンド)



アナログをパソコンに取り込めるようになったついでに
急にMixCD作りたくなってきました。また。
今度は夏に向けてラテンハウス特集でもやりたいなあ、と。
でも前使ったお試し版編集ソフトは期限切れちゃったし、
フリーソフトでなんかいいのないかしらん。

ちなみに前に作った時はこれ
我ながら妙なテンションで書いてるな・・・。
つまり初めて作って以来そういうことやってないのです。最近また疼きだした。
てかこんときのやつどっかにアップしちゃおっかな。
誰か欲しい人いますかね?
posted by Skedge at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

【缶ケリ】若い頃楽しかった事を列記するスレ 15スレ目 【嘘】

唐突に子供のころ僕をかわいがってくれた近所のお兄さん「たけくん」が考案したオリジナル遊戯を紹介しつつ、今よりずっと体毛の少なかった時代を回顧してみようと思います。楽しいのでみんなもここに書いてある遊びやってみるといいよ。(10歳未満推奨)



○すべりだいおに 
読んで字の如く、滑り台本体とその周辺に限定して行なわれる鬼ごっこ。
オニももちろん滑り台への乗り降りは自由。
滑る部分を逆走して登る・上から飛び降りる等の
アクロバティックな動作を求められる、うちの近所でのスタンダード遊戯。
なお中央公園では標準的な直線タイプの滑り台だったが、
小公園では螺旋タイプの滑り台を使う。
その高さから飛び降りは不可能になるがその分滑る部分を支える階段状の梁が使用可能で、
より高度で複雑な戦略を求められるため幼児の参加は困難となる。
[推奨人数: 4〜5人]
オニは必ず1人(2人でやって挟み撃ちになると興を削ぐ)。
滑り台の上に同時に登れる人数を考えると、
オニ+3人がスリルと安全の両面から言って最も好ましい。


○鼻血ブー
ジャングルジムに登っている者に対してオニが地上からドッジボールを投げつける。
当たったらオニ交代。
ちなみに名前の由来はボールをぶつけられて鼻血が出るから、
ということだったが、実際に遊戯中にそのような事件が起こった記憶はない。
投げられたボールを受け止めることが出来たら遠くへ放ってしまえるのが
S的な観点から言ってこの遊戯の最も快い瞬間。
[推奨人数: 4〜7人]
ジャングルジムの規模にもよるので何人でもよいと思う。
オニが複数いてもスリルが増すだけで問題はないので。
ただあまりデカいジャングルジムだといろいろキケンなので注意。
中央公園のジャングルジムは幼児用だったので高度1mそこそこだった。


○ブランコおに
他地域の子にまで人気を得た、たけくんの最高傑作。
中央公園にはホイール抜きのタイヤが遊具としていくつか置いてあり、
それを転がしてブランコに載っている者にぶつける遊戯。
その際、必ずブランコの真横から転がす。
ブランコに載っているものは絶えずこぎ続け、
横から転がってくるタイヤを上手くよけねばならない。
タイヤを転がすスピードやタイミング、ブランコを自在に操る脚力やテク等
それぞれの駆け引きや技量の高さを競うスリルにみんなやみつき必至。
調子に乗ってぶんぶんこぎまくってる奴はよけようとしても
コントロールが聞かず、高速でタイヤと共にぶっとぶ。
[推奨人数: 5〜6人]
ブランコの数にもよるが、中央公園では椅子が4基だったため最低5人必要。
オニを2人にして両サイドアタックにするとさらに盛り上がる。


○ゆうくんのオニ
上の連中が走り出すと焦って必死についてくるグループ内最年少者の
行動心理を巧みに利用した遊戯。その最年少者はウチの弟2号。
「ゆうくんのオニ!」と宣言して兄その他がいっせいに逃げる。
本気で逃げる。どこまでも逃げる。んで適当なところで隠れる。
弟2号1人にされたくない一心で必死に追っかけてくる。必死で探す。
オニの身分を脱したい一心で懸命に身体能力の勝る年長者を捕まえようとする。
でもこっちとしてはその必死な様子を見るのが楽しいので、
捕まっても単に仕切りなおして永遠に「ゆうくんのオニ!」。
異常に楽しかったのだが、弟2号が2度とノらなかったので僅か1日で廃れた。
[推奨人数: 4人〜]
オニの孤独感を煽るには最低逃げる人間が3人は必要と考える。
それ以上なら何人でもいいよ。ゆうくんがいれば。
1対10とかでやったら壮観だっただろうなァ。
posted by Skedge at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

今も昔もNHK教育テレビラテ欄万歳



7.10 体◇絵本◇英語◇侍
8.00 日本語◇ばあ◇一緒
9.00 森がんこ◇15作って
 .30 おはなし◇ハッスル


夕方

4.00 ばあ◇一緒◇日本語
5.00 絵本◇英語で◇体で
6.00 クイ◇ピタ◇おじゃ


posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

ぷ〜

Mother3screen06.gif

とうとう明日出るんですね『Mother 3』。前作からなんと12年ぶり。Kate Bushのようだ。俺小学生だったよあん時。上のスクショ見て「あああMotherだ。まぎれもなくMotherだ」と感激してすごくやりたくなったんだけど、対応機全く持ってないんで(というか何故自分は今FC版ドラクエ3をやってるんだろうか)、ハードとソフト両方買うと1万円台のお買い物であって。到底無理です。今困窮しとるっつー以前に、CD1枚2000円の価値基準を軸に生きてるとどうしてもこの出費はねー。


ところでこれ、1回2000年に開発が頓挫してるんですね。ついさっき知った。これ。 12年放置してたわけじゃなかったんだ。


Mother3screen99.jpg

そのリンク先の対談記事の最後に当時の開発画面↑も出てたんだけどびっくらこいた。こういうとこに行こうとしてたのか。こっから引き返してきたのか。

確かFF8が99年だから、この頃って誰も彼もゲームに対して高度なCG技術とかリアルさ、迫力なんかを妄信的に求めてたよな。対談の中でも交わされてるけど、作る側までそういう思いに囚われてたのか。しかもよりによってMotherまでもが。びっくりぶったまげでございます。

今は逆にレゲー再評価とか「大人のDSトレーニング」とか、ゲームの価値が綺麗さとは別のところに求められるようになってきてるし、むしろCGムービーがえらいことになってたりキャラが喋りだしたりとかするタイプのゲームの方が行き詰ってる感じがする。だからこそGBAで『Mother3』が出るってのが送り手・受け手どっちにも素直に飲み込めるんだろうなあ。それってたぶん幸せなことだ。

高度経済成長期における科学への疑い無きに展望と現在のスローライフとか田舎暮らしとかのブーム、に照らし合わせるとこのゲームにおける進化を巡る流れってものすごくしっくり来るんだけど、世の中で数十年かかって起きた技術面・価値観面での変革がゲーム業界では僅か数年で起こるわけか。なんちゅー大変な世界だ。


で、かく言う僕は最新のゲーム事情ってのがそのFF8の頃で概ね止まった人間でして、今回の『Mother 3』のスクショ見て一通りわくわくしたあと、自分もゲームに関しちゃノスタルジーだけで音楽聞いてるおっさんとあんま変わらんわ、とか思った次第。とりあえずやまたのおろちが倒せな〜い。
posted by Skedge at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

織田無題

今日やっと免許が取れたよ。何で半年もかかってんだか自分でもわかりません。
色々あったのです。多分タイとか行ってる場合じゃなかった。
帰国翌日をドラクエで丸一日潰したのもいくなかった。


僕が実家に戻ってきてはや1週間、今度は入れ違いに弟2号がいきなり家を出た。昨日。
いきなりって言っても別に家出とかじゃなく、仕事の配属先が決定=寮生活が決定したんだと。
つーか思いっきり県内なんだから全然通いでもOKなのに、
本人がその場で寮生活したいとのたまったそうで、
帰ってくるなり取り急ぎの着替えとかバッグに詰めて即出てった。
引越終了。
決定から実行まで3時間くらいしかかかっておりません。
まぁ家具とかを改めて運ぶために週末一旦戻ってくるけどさ。

その日に配属が決定するということと、配属先しだいでは
引っ越すことになるっつーことは事前に分かっちゃいたけど、なんともあっさりしたひとり立ち。
その気になれば片道500円で帰ってこれるような距離だからこそ
なんの未練も無くすぱーんと出てけるんだろうけど、
気軽に帰れる距離でも逆にちっとも帰ってこないに金のひとし君。
この距離じゃ郷土の味とかに何のありがたみもねえ。
ちなみに弟1号も来月には転職(?)で実家を出ることが既に決まってんので
(こっちは山形行。髪切るだけでも仙台に出るのか?!とか今から戦々恐々としちょる)、
僕は戻ってきたそばから兄弟の中でひとり取り残されることになりました。


つまりこれからはあの変わりもん夫婦(注:両親)を僕一人で捌かにゃならんということでつか。
荷が重すぎる。
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

織田無題

清水国明のブックオフのCMと言えば、「文庫本買取編」で
本を売りにきたお客さんに対して「これ、いい本ですよねぇ〜」って話しかけてるのが
すごく気になる。あんま良くないと思ったから売りに来たんじゃないんだろうか。


引越しの段取りとかについて電話してる時に発覚したんだけど、
おやぢ殿がいつの間にかホームページ作ってやがった。(誰がリンクなんて貼るかバカ)
趣味のページじゃなくて、自分とこの店の(自営業)。
正確に言えばリニューアルで、たぶん5年ぐらいほったらかしになってたのを
僕の知らない間にもっかい再開してた。

で、趣味のページではないにしても、店でCDをかけっぱなしにしてるのはもちろん
ヒマがあるとギター弾いて遊んでやがると自供してるくらいなので
当たり前のように「オススメCD!」みたいな記述がちょろっとありまして。
そこでMark Knopflerの『Shangri-La』と、『The Trawlerman's Song EP』を紹介してた。

・・・両方僕があげた奴じゃん。そんなに好きなら自分で買えよ。
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

織田無題

↑このタイトルに反応してまさか織田信長一族の家系図なんてトラバが付くとは・・・。
ネタ元は織田無道なんですが。今何やってんだろうねあの人。


一応学校関係のことはあらかた片付いて自由の身になったのもつかの間、
卒論を言い訳に年末から行ってなかった自動車教習再開の巻ー。
お前まだ免許取ってなかったのかと呆れ声が聞こえるのでこれからイキまくりますよ。
でもひと月半ぶりの教習なのに復帰初回がはぢめての路上教習とか怖すぎ。
(つまり仮免とったばっか)
ああひょっとしたら自分は生きては帰ってこれないのかも父上母上弟君達あと犬&鼠よ
先立つ不幸をお許しくださいとかぐじぐじ考えてるうちに過ぎ行く待ち時間。
これから運転するんだって考えるだけでもうブルー。
きっと前世に何かあったんだと思います。車絡みで。


生きて帰ってきました。神に感謝します。えっと具体的には道祖神とかでいいのか???


ていうかぶっちゃけちょっと楽しかったっていうか割と何とかなったっていうか
海岸沿いをトバしちゃってる俺にイェア!なテンションでした多少(真っ暗だったが)。
ようやく気持ちがプラスに傾いてきたのでこのままのノリでさっさと取ってしまいたい。
というか引越しまでに取れないとあぼーん。
最後まで何かと追われてばっかの大学生活だねぃ。
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

馬鹿野郎、車で行っても意味ねえんだよ、風を感じに行くんだよ

なんか唐突なんだけど(いつもなんでも唐突だな)最近工業団地に萌える。
最近つーか前からそうだったはずではあるんだけど、そういう自覚が最近になって芽生えた。

まじヤバいぜ、あそこは。
ハナからそこに工場街があることが分かってて通る場合はいいんだけど、
知らない道をぐんぐん進むうちに迷い込んでしまった時の焦燥感ったらない(Mっ気?)。
Kylie Minogueの笑いジワくらいぞくぞくする。あなたもM?

土地勘のない場所を進む場合、人里や開けた平野部なら普通に安心感があるもんだけど、
工場街のあの狭苦しさと人気(ひとけ)の無さはストレンジャーにはかなり不気味。
いや、実際には人はいるんだけどさ、あの生活感の低さとか、
最近リバイバル気味のミッドガル(@FF7)的な汚らしく且つメタリックな雰囲気が。
(ちょっと違うけど工業港とかもかなりそそる)
やべえ早くここを脱出しないとなんか得体の知れないもんに汚染されて死ぬかもきゃあー
みたいなポリューショナルな危機感もあいまって超ドキドキです。
これ以上穢れちゃったら毛枯れちゃうー。Mっ毛(=M字ハゲ)。



こんな身体になってしまったのはたぶん2年前にチャリ旅した時に
この辺りで道に迷って製紙工場かなんかのある区画に迷い込んで以来かと思いますが、

 そんときのことを思い出して「思い出しゾクゾク」(←「思い出し笑い」的な)
 ↓
 やべーもっかい道に迷いてえ

みたいなテンションになっています今。つまり大変に旅に出たい。もちまたママチャリで。
前やった時はバカ寒いわ(最高5℃って3月じゃねえよ)花粉飛びまくるわ
足の付け根辺りがサドルに擦れて痛いわ何気にものすごい金かかるわ(ホテル代)で
もう金輪際やらんと思ってたはずなんですが、1年弱でクスリが切れる模様。
でもそんなことやれる時間あるかしらー。

とか言いつつ既にルート想定は済み。(推定では4日間くらいの行程?)
卒論そっちのけでYahoo地図見まくってました。なんか地図にもいよいよ目覚めた。
春にやりたいと思ってるルートと今まで行ったルートをものすごい勢いで
何度も何度も飽きることなくスクロール(このベータ版の機能楽しすぎ)で見まくりつつ
旅の回想をするという頭にキノコ生えそうな生活をしとるます。
屋外好きなのか屋内好きなのか分からん。あはははははh



ちなみに。過去2回計800km程の行程における受難の地・インダストリアル部門では
ぶっちぎりで袖ヶ浦-市原の臨海火力発電所の乱立するココのエリア。
バカ広い工業用幹線道路が変わり映えなく直線で20km。
こんなとこ雨の中独りで行ってみろ。泣くぞ。初日なのに帰りたくてたまらんかった。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

印象バトンとかいうのが回ってきたぜ

サカキさんから印象バトンなるバトンが回ってきたのである。
なんか最近すごいよね色々と変種のバトンが。
勝手に作って回してんのかなみんな。



■回してくれた方に対しての印象をドゾ☆
すごく几帳面なイメージありますねー。カタいとかそういうんじゃなくて、
ものごときっちりこなしてそうというか。例えば部屋が超片付いてそうというか。
卒業後のプランニングが大まかに言えば僕と同じっちゃあ同じなんですけど、
計画性とか目的の重さの違いに愕然として以来(笑)そういう印象です。


■周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
付き合いの浅い人ほどマジメキャラに見る傾向強いです。
予習全然やってない今日当てられたら死ぬーとか喚いてても
えー意外ーとか言う人が何故かいるんだって!ホントに!
ここ見てるような奴は信じらんないとか言うだろうけどさー。
付き合いが深くなるほど真逆に思われてるんだけど確かにそれで合ってます。


■最近友達に言われたのが、
「卒論、どっちの意味で終わりそう?」


■自分の好きな人間性について5つ述べてください。
この質問意味分かりにくいよなぁ。
「こういう人が好き」なのか「自分のこういうところが好き」なのか。
勝手に前者だと解釈して、おおよそ自分の魅かれやすいキャラを思い返してみると
「下らない話題についてこられる」「元不良」「脛に何らかの傷」
「自分の言葉で話が出来る」「自分の為すべき目的や目標が明確」
みたいな。よく分からんね。一緒にいて楽しい人・尊敬できる人、の2点でしょ。


■では反対に嫌いな人のタイプは?
最低限尽くすべき「礼」を分かってない人、かな。
細かいことかもしれないけど道端に空き缶捨てたりとか論外ー。


■自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
んー、無いっす。
よろずのことにつけ目標とか理想とか抱かないです。
未来の設計図書くのがもんのすごい苦手で。人生ランダム&アクシデンタリー。
備えないから憂いあり。


■自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
お前変わりもんってよく言われるだろ。


■そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)
無茶な。そんなに友達いません。んじゃあ、

以前バトンを回してくれたはまべさん
(「うそつき」にはPCに突っ伏して漏れ笑いしました。そのネタセンス少し僕にも下さい)、
それからけいさん
(けいさんのレビューが好きというか文章そのものが大好きなんですよ)
takaくん
(勝手に小柄で快活な少年を想像しているんだけど合ってんのかなー)
あとリア友だがにんじん嬢にも振ってみよう。
(未成年に間違えられた件が微妙に嬉しそうだったが、そのまま「大人の女」期を通り越していきなり老け込んでも知ーらないっと)

なんかスルーしてもいいらしいので気が向いたらやってみてください。
ていうかもろ学生ブログ内むけっぽいヤツふってごめんなさい(^ ^; >社会人のお2人
posted by Skedge at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

「独房は堀江容疑者のかつての城のクローゼットと同じ3.5畳です」

マスコミってホント「他人の不幸覗き見隊」だなーと改めて思い、
そんなしょーもない情報流しといて「報道の使命」とかどうたらなんてほざくなんて
あつかましいのもほどがあるわいな、なんてことをネタにしようかとか思ってたのですが、
そこら辺のことは昨日、「若槻千夏、坂下千里子らの芸能界におけるポジション」
「発毛前の恋愛体験は経験値としてはノーカウント」
「DEATH NOTE映画化に際してのキャスティングの正当性」
「自分の音痴さに微塵も気付いていない片山さつきの政治家としての資質に疑問符」
等々のアホ話に紛れて学食で散々しゃべくり倒した結果、
一連の「堀江ザマーミロ根性丸出し映像集」に対して何の感慨も沸かなくなっちまったので、
今は初期ドリカムのヒット曲並にウキウキ度がダダもれている某会長の素敵な笑顔と、
「我が弟です!息子です!」というおよそ選挙応援演説としてプラスに機能してない
バカコメントとをしつこくテレビで目にしてはそれでもついニヤニヤしてしまってる次第。
なんかみんなすごいテンションだね。


あと、これ半分くらいは話の流れを独占してた俺の責任なんだけどさ、
あんなに長話をしておいて卒業旅行の件とか全然話さなかったのってどうなの、みんな。(私信)
posted by Skedge at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

織田無題

予想された事態とはいえやんごとなき私情によりブログの通常更新再び凍結決定。
やっぱ2月まではあかんわ。



Livedoorスキャンダルの各局のはしゃぎっぷりが微笑ましいですね。

さっきまでテレ朝の情報ステーション見てたけど、逮捕されたと見るや
大々的に「ホリエモン裏語録」特集。いちいちムカつく発言ばっかり切り出されて
数珠繋ぎにされたら誰だってこの小デブの印象は悪くなるわいな。
前はここまでやってなかったくせに、メディアって怖いわね。

ホリエモンの性格の悪さばかり強調する前にもっと報道することがあるだろう。
そっちばっかりフォーカスされてるお陰で、具体的にLivedoorの何が悪くて
こういう事態になってるのかサッパリ伝わってこない。
そしてそれを報道側も分かってないんだったら軽々しくこんな報道すんじゃねえ。

あと、どこの局の取材者か知らんが、最初にLivedoorに家宅捜索が入った時の会見で
「これは堀江さんにとっても”想定外”の出来事ですか?」と聞いたバカ、
お前マスコミの人間として恥ずかしくねえのか。
そりゃオヤジギャグやん。
「(良くも悪くも)普通の人間なら思いついても口にしない」という定義ですので。



ヒューザーのおっさんとかもそうだけど、最近ニュース番組に出てくるトピックもキャラクターも見せ方もことごとくイライラしていちいちいちいちくだらないんですよ、もう。
ボラの大群と多摩川のアザラシがトップニュースだった頃が懐かしいわい。
posted by Skedge at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

理系人vs文系人 もとい 俺vs俺

「こういう研究やって一体何の役に立つの?」


ものすごーーーく大雑把に言っての話ですけど、
理系に比べると文系に属する学問は「社会の役に立たない」という理由で
迫害・軽視されがちだと思います。

まぁ文系と一言に言っても例えば政経分野なんかは分かりやすくお役立ち系だし、
それ以外の分野でもまるきり役立たずっつーことはないんだろうけど。
でもそれにしたってその効用はぱっとは分かりにくい。

そりゃ宇宙開発したり家事ロボット発明したりする方が
源氏物語の解釈をどうこう言ってるとかよりもよっぽどありがたいと誰でも思うわいな。


昔理系の友達からこういうようなことを言われた時に上手いこと返しが出来なくて、

「包丁を発明することはしても、それで人を刺してはいけないっていう
ルール作りには関知しない分野からそういうことを言われたくない」

とでも言っとけばよかったとか後付けで思ったりしたもんですが、唐突にさっき、

「それは好奇心に対する優生学的選別だ」

っていう反撃フレーズも思いついたもん。
この方がイヤミック・インテリ風かつ白々しく正義感ヅラ出来るのがグーかも☆(何が☆じゃ)


・・・何でこんな中身のないモン考えてたかっていうと、
いよいよ切羽詰った卒論を進めながら、ふと冒頭の疑問を自らに問うてしまったからなのね。

orz



そんなわけでまだしばらくCD紹介やチャート観察は復活しませんがご了承くださいませ。
死んでませんので。(別の意味でならだいぶ死んでいる)
posted by Skedge at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。