2011年08月08日

[00's US Top40 Dance Hits] Dirty Vegas

Dirty Vegas
Dirty Vegas - Days Go By (2002/#14)


前回更新から1年空いたので自然消滅したと思われてるかもしれませんが終わってませんよこれ。
1年も空けといて続きものというか、前回と同じ要因でのヒットなのですが。

三菱のCMタイアップによりアルバム発売から3年後にアメリカのポップチャートでヒットした
The Wiseguysに続くダンス系Top40ヒットは約1年後の彼ら。
正直今聞いても誰これって言われてしまいそうな気がするが。

こちらは元々のビデオに三菱のエクリプスがどーんと目立つ形で使われていたため、
たまたまこのビデオを見た三菱の幹部からCMオファーが来てヒットのきっかけになったとか。
ちなみにUKではこれと関係なく普通のクラブヒットとして2001年に27位、
USでのヒットを受けた再発で2002年に16位を記録してるようです。


曲は淡々としたマニア垂涎の曇天系歌ものプログレッシヴハウスで、
珍しく全米ヒットというからどんな曲かと思って聞いたら
全く曲調が盛り上がらないまま終わってものすごく戸惑った記憶が未だに残ってる(笑)
プログレ系こういうのは結構ありますね。Deep Dishの「Flashdance」とか。
良さがわかるまでちょっとかかるんだよねこういうのは。
このヒットの後Madonnaのリミックスとか起用されてましたが、
案の定1発屋というか、この数年後2ndが出てましたがさしてヒットも出世もなかったですね。
こういう人たちは別名義になって活躍してることもあるけどめんどくさいので調べてない。
Wikipedia先生によると2005年に解散するも2008年にさっさと再結成して今に至るとのこと。


しかしこんな地味なトラックがダンス偏差値の低いことで有名なアメリカで14位まで上がるヒットとは恐れ入るのですが、
(当時のR&B/Hip Hop系偏重のチャートではポップヒットとして見ても相当な好記録)
数字的にはこの曲のおかげでアルバムが初登場7位、という方が凄い。
コテコテのクラブアクトのアルバムがアメリカのチャートでTop10入りした例は他にありますでしょうか。
これ聞きたさにアメリカ人が挙ってアルバム購入に走ったというのは信じられん話です。
つうかこれアルバムヴァージョンだと7分もあるのだが。何人の素人さんが耐えたんだこれ。


posted by Skedge at 12:01| Comment(2) | 00's US Top40 Dance Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

[00's US Top40 Dance Hits] The Wiseguys

Antidote
The Wiseguys - Start The Commotion (2001/#31)



これまたこんなのがUSで当たったのかと思うような意外なヒット。
それも、ヨーロッパと日本がビッグビートブームに沸いていた98年のアルバムからのカット。
本国UKではここから99年に「Ooh La La」が2位の大ヒットになっているけどそこから数えても2年先です。
ヨーロッパ発のヒットはダンス系に限らず、US上陸まで1年くらい空くのが普通だけど
この頃は以前取り上げ済みのMobyにAlice Deejayにと2年以上かかった曲がやたら多いな。
90年代のアルバム/アーティストという印象が強いので、
USヒットをリアルタイムで目撃してないと2000年代総括企画でWiseguysとか聞くと変な感じ。

これのヒット要因は三菱・エクリプスのTV CM。
実は「Ooh La La」のUKヒットもバドワイザーのCMから火が付いているので、
Wiseguysのチャートでの成功要因ってフロアでの盛り上がりとは全然別のところにあるようで。
三菱のCMは当時影響力が強かったのか、
同じエクリプスのCMで1年後にもう1曲ダンスヒットをチャートに送り込みます(次回更新分)。
いや今YouTubeで見てみても何が話題になるのかよく分からないCMなんですが…
(ちなみにこの曲UKでは全然ヒットしておらず99年47位)

元々2人組だったのがUSヒット時にはDJ Toucheのソロユニットになってましたが、
前も書いたけど彼はThe Black Ghosts(元SimianのSimon William Lordとのコンビ)を経て
今はFake Blood名義でバリバリ活躍中です。
名前変えるごとにWALL OF SOUND(The Wiseguys)→SOUTHEN FRIED(The Black Ghosts)
→CHEAP THRILLS(Fake Blood)って渡り歩くレーベルも何気にどエリート。




ぱぱっぱ〜♪



件のCM。
これ見てビッグビート知らないアメリカ人がこの曲買いたくなるか??
posted by Skedge at 00:01| Comment(3) | 00's US Top40 Dance Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[00's US Top40 Dance Hits] ATC

Planet Pop
ATC - Around The World [La, La, La, La, La] (2001/#28)



3回更新したきりでずっと放置していたこのコーナーを
ようやく復活させる気になったもののまた知らない曲である。
ドイツ発、男女2×2のゲテモノダンスポップグループ。
(ただしメンバーの出身はイタリア、ニュージーランド、オーストラリア、イングランドとバラバラ)
当時こんな感じの曲ばかり聴いていたような気がするけど、
これに関してはマジで(数年前にmeantimeのページで見るまで)存在を知らなかった。


本国ドイツでは2000年にこの曲でデビューしてNo.1ヒットになり、
その後ヨーロッパ各国でもヒットした後US上陸というダンスヒットの王道パターンだが、
ダンス/アイドル先進国UKでは15位と微妙なヒットに終わっているのはちょっと珍しいかも。
(と言いつつこの1個前のMobyもこの次のThe Wiseguysも
UKでは大したヒットになってないパターンですが)

曲はこの系統としてはテンション低め、メロディ的には
プログレッシヴハウスの人が作りそうな感じの地味なダンスポップ。
ロシアのRuki Vverh(読めない)というグループの「Pesenka」(98年)という曲のカヴァー(Wikipediaに書いてあった)
ATCの方自体がなじみが薄いので何とも言えないけど…
強いて言うなら、ほぼまんまカヴァーだけに90年代と00年代の
トラックの違いがはっきり出てる比較対照としては面白い。


このテのグループはスウェーデンのAlcazarみたいな例外もあるけど大抵は儚い命。
案の定彼らもすぐに人気は急落していき、2003年の2ndアルバムからは
全くヒット曲が出ずにそこでグループも終了した模様です。
ついでにトランスユニットのATBに訴えられて、略称じゃない本来の名前である
A Touch Of Classに改名するというどうでもいいケチもついた。
この時になって、「Around The World」がヒットしなかった日本で
「New York City」(Zigsaw「Sky High」モロ使い)が急にラジオでかかったりしてたけど全ては後の祭りでした。


ちなみにScissor SistersやThe Onesを輩出したニューヨークのダンスレーベル
A TOUCH OF CLASS(ATOC)とは無関係のようです。そりゃそうか。




posted by Skedge at 00:00| Comment(8) | 00's US Top40 Dance Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

[00's US Top40 Dance Hits] Moby

Play
Moby feat. Gwen Stefani - South Side (#14/2001)


非常に毛色の変わったヒット。
Mobyって日本から見てるとFatboy SlimやThe Chemical Brothers、
Daft Punkあたりと同じ括りの”ロックフェスフレンドリーな人気ダンスアクト”なわけですが、
UKに限っても実は彼らほどにはシングルヒットは多くなく。
なのでこんな人がビルボードヒット持ってるってだけで
最初知ったとき結構びっくりしたんですが、
しかもこれヒットから2年以上前に出たベストセラー『Play』からのカットです。

このアルバムって僕の中では「Bodyrock」のイメージが強いんだけど
(実際チャート記録では大した成績じゃなかった)、
元々USでもクラブチャートでは(意外なくらい)キャリア初期から
結構コンスタントにヒットを出していたMoby、
『Play』からはその「Bodyrock」「Porcelain」「Natural Blues」と
3曲がModern Rock Tracks(現Alternative Songs)のTop20前後に相次いでチャートイン。
リアルタイムじゃないので前後関係がはっきりしませんが、
察するにこの3曲でモダロクに切り込んだのが
USブレイクの下地になったんでしょうね。
シングルカットにあたってMoby自身から
Gwen Stefaniのヴォーカルに差し替えたところこれが3位まで上昇する大ヒット、
それを受けてポップチャートにも飛び火、ってとこでしょうか。
ポップチャートでのピークには年が一つ明けて2001年になっており、
99年のペアレントアルバムリリースからなんと3年越しのヒットでした。

しかしGwen客演という味付けはあるにせよ、
よくこんな地味な曲がポップチャートでも上がったな。
当時の集計方法で14位つったらポップ局では相当エアプレイされてますよねえ。
そして面白いことに彼の主戦場たるUKではチャートイン記録なし
(おそらくシングルとしてカットされていない)。
トリップホップっぽくてイギリス人こそこういうの好きそうなのに。
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | 00's US Top40 Dance Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

[00's US Top40 Dance Hits] 第2回 Alice Deejay

Who Needs Guitars Anyway
Alice Deejay - Better Off Alone (#27/2000)


企画1回目からいきなり知らない曲という渋い立ち上がりになってしまったので
更新頻度落ちまくりの最近には珍しくはりきって2日連続でもう1曲、と思ったら次はコレか。
今度は知ってますよ、ええ。でもこの曲嫌いなんですよ(涙)。
この企画で取り上げる曲ではっきり嫌いなのってこれくらいしかないかもしれない。
頭悪そうなイントロしか印象に残らないあっさりめのユーロポップ。
この3〜4年後に幅を利かせるヴォーカルトランス群の雛型的ヒットと言えばそうかもしれませんが
(何となく後年のAngel Cityとポジション的にカブるような)、
なんでこんなどうでもいい曲がアメリカでもヒットしちゃったんだろう。
オランダ発のダンスユニットでUKでは99年に2位(当時はDJ Jurgen presents Alice Deejay名義)、
さらに元々12インチが98年に出ていたみたいなので、てことは3年越しのヒットか。
そんな世紀跨ぐような曲でもないのに…

なんだかやる気が一気に昇天していきました。
オラもうだめかもしんね
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | 00's US Top40 Dance Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

[00's US Top40 Dance Hits] 第1回 Sonique

ダンス系の曲で2000年代にビルボードTop40に入った曲を片っぱしから取り上げようと思う。
去年あたりから考えてた企画なんですが。
なにせ数が少ないので全部取り上げてもサクっと終わりそうなのと(笑)、
あとダンスミュージック不毛の地でうっかりヒットしてしまった、
というメンツだけに意外というか、特にチャートを普段見てない人ほど
「へえこんな曲が・・・」という面白さもあるだろうと思ったもので。
そして普段チャートを見てるような人だと逆にそんな曲はとっくに忘れている(笑)

並行してUKチャートのダンス系No.1ヒット、というのも考えてるんですが
こっちはフロアでのヒット状況とモロにリンクしてしまって
意外性という意味ではあんまり面白くないかもしれないのでどうしようかな。

2000年代も前半はリアルタイムじゃないので見落としあるかも知れません。
なにせ前半はmeantimeのシングルレビューとか見て拾いますから。
気がついたら突っ込みお願いします。書き足します。
とりあえず今回は第1回です。




Hear My Cry
Sonique - It Feels So Good (#8/'00)


おいおい、いきなり知らない曲ですよ!
実はこの曲の直前、今年Flo Ridaのネタ使いで思わぬリバイバルとなった
Eiffel 65の「Blue(だばでぃー)」が40入りしており、
1回目にいきなりEiffel 65かよ…とよくよく調べてみたら
Top40に入ったタイミングが99年12月だったため、これはアウト扱いにすることに。
(meantime/Billboardルールだと2000年年間チャート対象になるんですけど)
しかしそのせいでしょっぱなから知らない曲取り上げる羽目になるとは。。。
なんかもうコメ欄解放して知ってる人に自由に書き倒してもらえばいいんじゃないかこれ。
微妙にユーロポップっぽい味付けのUKガラージ、的な
もろブリティッシュなダンスナンバー。よくこんなのがUSでTop10まで行ったなあ。
ちなみにUKとカナダでNo.1ヒットになってます。
ベリーショートの黒人女性っていうルックスは
いかにも90'sの残りが漂う時代を感じさせますね(Zhaneとか)。
んでタイミングよくもうすぐ新曲がリリースされるようです。

てかそもそもこの人ってダンス系に入れていいんでしょうか?
DJとしてのキャリアがあってS'Expressの参加歴もあるのと、
特にポップアクトとしては大成しなかったっぽい(笑)ので入れましたが、
こういう曲入れちゃうとCraig Davidとかまで入れなきゃいけなくなるような。。。
クレデヴィはこの企画の「ダンス系」の定義からもちろん除外、
あとMadonnaとかKylieみたいな人もダメ、
(USではヒットないけど)Stepsみたいなアイドルグループもナシ、
でもAquaならOK(00年代は40ヒットないが)、あたりの基準で行きたいもので、ええ。

と、企画の趣旨だけ説明して第1回は終了。
すみません、マジで何にも書けません(^ ^;
次も知らない曲だったらどうしよう・・・(←次の分調べてない)
posted by Skedge at 00:00| Comment(4) | 00's US Top40 Dance Hits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする