2014年12月29日

Groove Cruise Top20 [28 Dec 2014]

28 Dec 2014 / Week 52

01 (01) (08)
OK Go - I Won't Let You Down
02 (02) (05) Mark Ronson feat. Bruno Mars - Uptown Funk!
03 (03) (11) Ariana Grande & The Weeknd - Love Me Harder
04 (05) (08) Jessie Ware - Say You Love Me
05 (07) (02) 加藤ミリヤ - For You
06 (08) (04) A-Trak feat. Andrew Wyatt - Push
07 (04) (13) Kendrick Lamar - i
08 (09) (04) Stromae feat. Lorde, Pusha T, Q-Tip & HAIM - Meltdown
09 (06) (12) August Alsina feat. Nicki Minaj - No Love (Remix)
10 (ne) (05) Ariana Grande feat. A$AP Ferg - Hands On Me

11 (13) (12) Big Sean feat. E-40 - I Don't Fuck With You
12 (15) (05) Fall Out Boy - Centuries
13 (10) (10) Jennifer Hudson feat. T.I. - I Can't Describe [The Way I Feel]
14 (ne) (02) Oliver Heldens - Koala
15 (12) (10) Ed Sheeran - Bloodstream
16 (14) (06) Mary J. Blige - Right Now
17 (16) (06) DJ Khaled feat. Chris Brown, August Alsina, Future & Jeremih - Hold You Down
18 (11) (10) Bondax (feat. Tanya Lacey) - All I See
19 (17) (15) Beyoncé feat. Nicki Minaj or Chimamanda Ngozi Adichie - ***Flawless
20 (19) (08) Jennifer Lopez feat. Nas - Troubeaux


年間ベスト記事の前に最後さらっと今年最後の俺チャートを。
この週まできっちり2014年分に算入されます。今ちょうど聞きまくってるMark Ronsonやミリヤ、A-Trakなんかは今年の分でも来年の分でもロクな記録にならないかわいそうな曲たちですね。



それにしてもミリヤの宇多田カヴァーですよ。
さっきオリジナルとこのカヴァーを立て続けにかけてみたんですが、
改めてミリヤって歌上手かったんだなあ、と。
まあオリジナルの宇多田が10代の声なのでずいぶん幼く聞こえたってのもありますが。

加藤ミリヤって、「着うたバラードブームを牽引した戦犯」みたいな感じでずっとアンチだったんですよ。
それも元々は思い切り本格派R&Bディーヴァって体で出てきたくせにそういうことしたもんだから、
00's前半のJ-R&Bが好きだった僕にはひときわ面白くない存在で。
言ってしまえば、宇多田以降のR&Bブームを終わらせてしまった人。
けど今やその着うたブームも去り、ブームの中でぽっと売れただけの人も消え、
その中で10年サヴァイヴしてきたミリヤはやっぱり地力が違うんだなと再認識中。
自分のアルバムでやってる「Automatic」のカヴァーも上手く出来てるし。


ちなみに宇多田本人の俺チャート最高成績は「This Is Love」で色々あって4位どまり。
あれ、こっちが超えちゃうかもしれない。
ミリヤの俺チャート入りは初めて、だとばっかり思ってたらm-floとの「Lover」があった。
この曲の存在すっかり忘れてた。


ではあとは年間ベスト記事にて。
年間再生回数ランキングのプレイリスト作る前に再生回数リセットしてしまったことに気づいてヘコんでます。
(記録自体はエクセルファイルで残っている)
posted by Skedge at 11:02| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

僕の中だけの一発屋たち

「一発屋」という概念がある。
ヒット曲が1曲しかない、あるいは他にもないわけじゃないんだけど
ある1曲だけが突出しているアーティストを半ば揶揄して指す言い方。
例えば「James Bluntの代表曲と言えば?」とくれば誰もが「You're Beautiful」と答える。
これはこの曲なりアーティストなりを知ってたら異論の余地はない。

けど、そういう一般の話とは別に、あるでしょう、「あなたの心の一発屋」。
他にヒット曲あるんだけど、知らないわけじゃないんだけど、この曲だけ、好き。
そういうやつ。
この場合、その「この曲だけ」が必ずしも世間的に彼の人の代表曲とは限らない。
つうか、そんなのいくらでもズレる。当たり前だと思う。

当たり前だと思うけど、でも敢えて考えてみよう、
「James Bluntの曲で何か好きな曲ある?」と問うて、返ってきたのが「1973」だったとして。



え?そこ?



ってなりますよね。
これが「You’re Beautifulも好きだけど1973の方が好み」とかなら全然普通だけど
「他は知らん」とか「興味ない」と言われたら、なぜ敢えてそっちだけ、ってなるよね?

人から見たらこれって結構面白いんじゃないかと思って、
僕にとってのそういう「世間とズレてる自分内一発屋」を発表してこうと思いつきました。
ちなみに以下のリストにJames Bluntのような「世間的な意味での一発屋」はいません。
むしろ「他にもいろいろあるだろうに、なぜそれ一択…」というのがこの記事の趣旨です。
知ってはいる、しかし忘れてたよそんな曲、というモヤっとしたヒット曲のリストをお楽しみください。
(若干「ダメヒット」のコーナーと主旨が被ってるのは気にしないことにしておく)



==================================



続きを読む
posted by Skedge at 11:19| Comment(2) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

Groove Cruise Top20 [1 Nov 2014]

1 Nov 2014 / Week 44

01 (01) (05)
Kendrick Lamar - i
02 (02) (03) Ariana Grande & The Weeknd - Love Me Harder
03 (07) (06) Hozier - Take Me To Church
04 (03) (11) Chromeo feat. Solange - Lost On The Way Home
05 (11) (03) Gorgon City feat. Katy B - Lover Like You
06 (04) (10) Todd Terje - Inspector Norse
07 (05) (12) Tove Lo (feat. Hippie Sabotage) - Habits [Stay High]
08 (09) (04) ONE OK ROCK - Mighty Long Fall
09 (10) (06) YUKI - 誰でもロンリー
10 (06) (11) Ed Sheeran - Thinking Out Loud

13 (ne) (02) Jennifer Hudson feat. T.I. - I Can't Describe [The Way I Feel]
16 (ne) (04) August Alsina feat. Nicki Minaj - No Love (Remix)
17 (ne) (02) Bondax (feat. Tanya Lacey) - All I See
18 (ne) (02) Ed Sheeran - Bloodstream
20 (ne) (09) The Game feat. Rick Ross, 2 Chainz, Diddy, Fabolous, Wale, DJ Khaled,
Swizz Beatz, Yo Gotti, Currensy, Problem, King Pharaoh & TGT - Don't Shoot




この1位2位は久しぶりに俺チャートっぽい。
昔はこういうメインストリームのリズミック系で埋め尽くされてたけど
最近は妙にいろいろ横道にそれてたような気がするんだよな。
Kendrickはさんざん聞いたはずの「Swimming Pools」がなぜか2位止まりだったので
やっと1位を取らせてあげられた。
めずらしくJ-PopがTop10に2曲います。しかもワンオク。
ちなみに19位に和製ダブバンドのTAMTAM、先週まではさらにストレイテナーもいました。



#2 Ariana Grande & The Weeknd - Love Me Harder

こんな歌って大丈夫かよ、と思ったエロい歌詞の割に映像はおとなしいAri新カット。
安心したような残念なような。
The WeekndはこれでUS初Top40すね。
アルバムでこの曲だけfeat.表記じゃないけどこれThe Weeknd側からのクレジット要求なのかなあ。







続きを読む
posted by Skedge at 11:04| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

Groove Cruise Top 20 [6 Sep 2014]

彼は脚が汚いですね
(細かすぎて伝わらないものまね選手権より、増谷キートンのハイレグRIKACOを評して、石橋貴明)




6 Sep 2014 / Week 36

01 (01) (11) [48/62] Ed Sheeran - Don't
02 (03) (04) [43/34] Echosmith - Cool Kids
03 (06) (06) [37/31] Vic Mensa - Down On My Luck
04 (05) (06) [35/30] Troye Sivan - Happy Little Pill
05 (02) (11) [32/47] Maroon 5 - Maps
06 (07) (05) [32/29] The Weeknd - King Of The Fall
07 (19) (05) [31/23] Sam Smith - I'm Not The Only One
08 (08) (04) [29/26] La Roux - Uptight Downtown
09 (04) (14) [29/59] Nico & Vinz - Am I Wrong
10 (10) (32) [27/125] Clean Bandit feat. Jess Glynne - Rather Be

11 (ne) (02) [27/19] Usher feat. Nicki Minaj - She Came To Give It To You
12 (11) (03) [23/18]
Chromeo feat. Solange - Lost On The Way Home
13 (15) (06) [23/21] Clean Bandit feat. Stylo G - Come Over
14 (09) (16) [22/62] Tuxedo or Pitbull (feat. Mayer Hawthorne) - Do It
15 (12) (05) [21/24] Kylie Minogue - I Was Gonna Cancel
16 (ne) (06) [20/19] ZHU - Faded
17 (ne) (03) [20/14] Ed Sheeran - Thinking Out Loud
18 (ne) (02) [20/14] Ariana Grande feat. Zedd - Break Free

19 (16) (04) [19/20] Kiesza - Hideaway
20 (ne) (02) [18/12] Oliver Heldens x Becky Hill - Gecko [Overdrive]


先日meantimeでの飲み会の席で「自作チャート公開してる人は
最高位とか書いてくれないとどれくらい好きか結局わからない」という、
そんなとこまで気にして見るか!!なハードコアな意見が出たのを横で聞いてたので
いつもはブログには載せてない年間累計再生回数を残してみた。
[30/40]ってなってたら右側が再生回数、左側がランクを決める今週のポイント。
だいたい新曲にはプラス補正、飽きてくるとマイナス補正がかかるわけです(これの計算が超めんどい)。

まあごらんのとおり「Rather Be」の年間1位はほぼ確定な感じですね。
再生回数3ケタに乗ったり週数が30週以上になるのってせいぜい年に1〜2曲ってとこだし。
来週は順当にいけばEchosmithが1位なんだけど、おっさんが聴くにはあまりに青い曲なので
(逆にこれ高校生の頃とか聞いたらすんごい刺さったと思う、歌詞)
早くもちょっと飽きてきちゃったかなあ。いやとてもいい曲ですが。






#12 Chromeo feat. Solange - Lost On The Way Home


ブレイク作となった『White Woman』から、おそらくシングルとして切るつもりだったろうに
SolangeがJay Zをぼこぼこにした件でそれどころじゃなさげな曲。
まあそろそろほとぼりが冷めたっぽいしそのうち切るんじゃないでしょうか。
(Beyonceが最近出した「Flawless」のリミックス内で言及してるらしいけど…)
Solangeの出番がめちゃくちゃ多いうえに曲そのものの出来も素晴らしいです(12位だけど)。
彼女のこないだのEPの作風にChromeo側が合わせてきた感じ。























続きを読む
posted by Skedge at 09:39| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

V Festival (Hylands Park, Chelmsford, Sat 16 Aug 2014)

IMG_0845.JPG
富士急ではありません。奥でExampleさん待機中





外国で初のフェス参戦、ロンドン郊外Chelmsfordで行われたV Festivalに行ってきました。
日本を発つ直前くらいにこのフェスの存在に気づいたんですが、
こっちに到着してソッコーでチケット予約したったわ。
このフェス、かのVirgin Group(の携帯会社のVirgin Media?)が主催してるんですが、
ロック色がかなり薄くてポップアクトもりもりだったり、立地がロンドンから電車(旧国鉄)で30〜40分だったり、土日・2会場開催でアクトがごそっと入れ替わったりと何かとサマソニっぽいフェスでした。
(ちなみに僕のフェス経験はサマソニに2回行ったことがあるだけです)





続きを読む
posted by Skedge at 08:18| Comment(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする