2014年09月11日

Groove Cruise Top 20 [6 Sep 2014]

彼は脚が汚いですね
(細かすぎて伝わらないものまね選手権より、増谷キートンのハイレグRIKACOを評して、石橋貴明)




6 Sep 2014 / Week 36

01 (01) (11) [48/62] Ed Sheeran - Don't
02 (03) (04) [43/34] Echosmith - Cool Kids
03 (06) (06) [37/31] Vic Mensa - Down On My Luck
04 (05) (06) [35/30] Troye Sivan - Happy Little Pill
05 (02) (11) [32/47] Maroon 5 - Maps
06 (07) (05) [32/29] The Weeknd - King Of The Fall
07 (19) (05) [31/23] Sam Smith - I'm Not The Only One
08 (08) (04) [29/26] La Roux - Uptight Downtown
09 (04) (14) [29/59] Nico & Vinz - Am I Wrong
10 (10) (32) [27/125] Clean Bandit feat. Jess Glynne - Rather Be

11 (ne) (02) [27/19] Usher feat. Nicki Minaj - She Came To Give It To You
12 (11) (03) [23/18]
Chromeo feat. Solange - Lost On The Way Home
13 (15) (06) [23/21] Clean Bandit feat. Stylo G - Come Over
14 (09) (16) [22/62] Tuxedo or Pitbull (feat. Mayer Hawthorne) - Do It
15 (12) (05) [21/24] Kylie Minogue - I Was Gonna Cancel
16 (ne) (06) [20/19] ZHU - Faded
17 (ne) (03) [20/14] Ed Sheeran - Thinking Out Loud
18 (ne) (02) [20/14] Ariana Grande feat. Zedd - Break Free

19 (16) (04) [19/20] Kiesza - Hideaway
20 (ne) (02) [18/12] Oliver Heldens x Becky Hill - Gecko [Overdrive]


先日meantimeでの飲み会の席で「自作チャート公開してる人は
最高位とか書いてくれないとどれくらい好きか結局わからない」という、
そんなとこまで気にして見るか!!なハードコアな意見が出たのを横で聞いてたので
いつもはブログには載せてない年間累計再生回数を残してみた。
[30/40]ってなってたら右側が再生回数、左側がランクを決める今週のポイント。
だいたい新曲にはプラス補正、飽きてくるとマイナス補正がかかるわけです(これの計算が超めんどい)。

まあごらんのとおり「Rather Be」の年間1位はほぼ確定な感じですね。
再生回数3ケタに乗ったり週数が30週以上になるのってせいぜい年に1〜2曲ってとこだし。
来週は順当にいけばEchosmithが1位なんだけど、おっさんが聴くにはあまりに青い曲なので
(逆にこれ高校生の頃とか聞いたらすんごい刺さったと思う、歌詞)
早くもちょっと飽きてきちゃったかなあ。いやとてもいい曲ですが。






#12 Chromeo feat. Solange - Lost On The Way Home


ブレイク作となった『White Woman』から、おそらくシングルとして切るつもりだったろうに
SolangeがJay Zをぼこぼこにした件でそれどころじゃなさげな曲。
まあそろそろほとぼりが冷めたっぽいしそのうち切るんじゃないでしょうか。
(Beyonceが最近出した「Flawless」のリミックス内で言及してるらしいけど…)
Solangeの出番がめちゃくちゃ多いうえに曲そのものの出来も素晴らしいです(12位だけど)。
彼女のこないだのEPの作風にChromeo側が合わせてきた感じ。























続きを読む
posted by Skedge at 09:39| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

V Festival (Hylands Park, Chelmsford, Sat 16 Aug 2014)

IMG_0845.JPG
富士急ではありません。奥でExampleさん待機中





外国で初のフェス参戦、ロンドン郊外Chelmsfordで行われたV Festivalに行ってきました。
日本を発つ直前くらいにこのフェスの存在に気づいたんですが、
こっちに到着してソッコーでチケット予約したったわ。
このフェス、かのVirgin Group(の携帯会社のVirgin Media?)が主催してるんですが、
ロック色がかなり薄くてポップアクトもりもりだったり、立地がロンドンから電車(旧国鉄)で30〜40分だったり、土日・2会場開催でアクトがごそっと入れ替わったりと何かとサマソニっぽいフェスでした。
(ちなみに僕のフェス経験はサマソニに2回行ったことがあるだけです)





続きを読む
posted by Skedge at 08:18| Comment(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

Groove Cruise Top20 [14 Jun 2014]

14 June 2014 / Week 24

01 (01) (10) Ed Sheeran - Sing
02 (02) (09) Todd Terje - Delorean Dynamite
03 (05) (06) DJ Cassidy feat. R. Kelly - Make The World Go Round
04 (03) (05) tofubeats feat. okadada - Her Favorite
05 (12) (06) Chuck Ingrish feat. Chromeo - Legs
06 (04) (10) Klaxons - There Is No Other Time
07 (09) (08) Shift K3Y - Touch
08 (07) (12) Metronomy - Love Letters
09 (ne) (02) Clean Bandit feat. Sharna Bass - Extraordinary
10 (13) (08) Sigma - Nobody To Love

11 (ne) (04) The Common Linnets - Calm After The Storm
15 (ne) (06) Ariana Grande feat. Iggy Azalea - Problem
16 (ne) (06) Pharrell Williams - Marilyn Monroe
17 (ne) (02) Nico & Vinz - Am I Wrong
18 (ne) (02) Mariah Carey feat. Wale - You Don't Know What To Do
19 (ne) (02) Teedra Moses - All I Ever Wanted
20 (ne) (07) Sub Focus feat. MNEK - Close



前回更新時に2位だったEdくんがその翌週から7週連続の1位継続中。
ああもうアルバムが待ち遠しい。



[2011] #11 The A Team
[2011] #01 You Need Me, I Don't Need You
[2011] #19 Saturday
[2011] #12 The City
[2012] #01 London Bridge (with Yelawolf)
[2012] #18 Drunk
[2012] #08 Grade 8
[2012] #17 Nightmares (feat. Random Impulse, Sway & Wretch 32)
[2012] #20 Lately (feat. Devlin)
[2013] #09 I See Fire
[2014] #01 Sing

[2011] #03 Young Gunz (Lewi White feat. Ed Sheeran, Yasmin, Griminal & Devlin)
[2011] #08 All Falls Down (Alonestar feat. Ed Sheeran & Rosie Robbins)
[2012] #18 Watchtower (Devlin feat. Ed Sheeran)


「You Need Me...」リリース当時にそれはもう大騒ぎして以来ずっとああだこうだ言ってるので
もう周りにはすっかりEd Sheeranと言ったら僕、と認知されてるのですが、
実は1位はまだこれでやっと3曲目(それでも十分多いが)。
アルバム曲は言うに及ばず、再発されたグライムMCたちとのコラボ作とか
デビュー前のよく分からないコンピ音源とかいとこのラッパーに客演したやつとか
ぼこぼこ数は聴いたものの、上まで来る曲はそんなになかったのですよね。
これでもシングル3曲と、Taylorとのコラボが入ってないし。

でも今回の2ndは僕的にはがっつり聴きそうな気がします。
てっきり普通の無難なフォークミュージシャンになっちゃうんだろうなと思ってたので
やたらアーバン色の強い曲を連発してきてるのは嬉しい驚き。

しかし僕が言うのもアレですが、何でこんなに人気あるんでしょうね?
アルバム前のプロモシングルまでばすばす売れるのって
一時期のTaylorとかJonas Brothers並みじゃないですか。
そんな売れ方するキャラじゃないはずなのに不思議だ。



そろそろ首位交代だとは思いますが、2位から5位は全部ディスコ。
しかもニューディスコ、シティポップ、ポストディスコリバイバル、ヒップホップと
微妙に全部ジャンル違い。どれも1位の可能性あるけど
12" Mixの出たTodd Terjeは来週にでも上がりそう。
好きなダンストラックは長尺ヴァージョンで聴いても苦にならないよねえほんと。








==========================================


続きを読む
posted by Skedge at 01:13| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

Groove Cruise Top20 [26 Apr 2014]

前回更新が12月か!
だんだんコレも更新間隔長くなってきたな。
久しぶりなのでまた20位まで載せるか。



26 Apr 2014 / Week 17

01 (01) (08)
Robin Thicke - Feel Good
02 (03) (03) Ed Sheeran - Sing
03 (05) (03) Klaxons - There Is No Other Time
04 (02) (13) Clean Bandit feat. Jess Glynne - Rather Be
05 (12) (02) Todd Terje - Delorean Dynamite
06 (11) (07) Pixie Lott - Nasty
07 (04) (11) Le Youth feat. Dominique Young Unique - Dance With Me
08 (10) (06) Avicii (feat. Aloe Blacc & Blondfire) - Liar Liar
09 (07) (12) K. Michelle - Can't Raise A Man
10 (06) (06) Karmin - I Want It All

11 (15) (06) Daley - Be
12 (13) (03) Foster The People - Best Friend
13 (14) (04) Chromeo - Jealous [I Ain't With It]
14 (09) (08) Robin Thicke feat. Estelle - Rollacoasta
15 (ne) (08) Route 94 feat. Jess Glynne - My Love
16 (19) (05)
Kylie Minogue - Skirt
17 (ne) (07) Justin Timberlake - Not A Bad Thing
18 (08) (12) Chromeo feat. Toro Y Moi - Come Alive
19 (re) (06) Aloe Blacc - The Man
20 (ne) (05) Metronomy - Love Letters




Robin ThickeのアルバムはこういうEDMまがいの曲が嫌で
購入を見送った覚えがあるんだけど…(ちなみにこの曲はwill.i.am製)。
ビデオの見せ方がハマったこともあってなぜか1位になってしまいました。
「Blurred Lines」を差し置いて。


[2008] #10 Magic Touch (feat. Mary J. Blige)
[2013] #08 Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell)
[2013] #06 Get In My Way
[2014] #03 Rollacoasta (feat. Estelle)
[2014] #01 Feel Good

なんかこうして並べるとすごい順調な出世みたいだな…。
実は上の曲どれも再生回数そんなに差がないんですけど。

というのも、2月から3月にかけては、まあ毎年のことなんですが、
リリースの谷間なので1位の水準がすごい下がったんですよね。
こんなことでは次はKarminかPixie Lottがトップになっちゃうかも…!
と思ってたんですがそんなわけなかったですね。来週はあっさりEdくんが取るでしょう。





#3 Klaxons - There Is No Other Time

Edくんのせいで1位になれそうにないけどこれは取らせてあげたいKlaxons衝撃の新曲。
Nu Rave華やかりし頃にちょっと聞いて「これのどこにダンスミュージックの要素が?」と思ったきり
すっかり記憶から消えたバンドだったんですが、今になってこんな分かりやすい路線で来るとは…
どうも新作まるごとこんなHoly Ghostちっくな感じらしく、めちゃくちゃ気になってます。
Wikipediaにまだ載ってないんですがJames Murphyでもプロデューサーに使ってるんでしょうかね?





#5 Todd Terje - Delorean Dynamite

もしかしたらこれも1位候補かもしれない、Todd Terje待望の1st収録のイタロディスコ。
クロイデパートメントのA3さん曰く「今年のベストアルバム候補」
タワーで買うとRadio Editとかいっぱい入ったBonus Discがついて超便利です。
こういうアップリフティングなトラックが好きな僕としては
一昨年のLindstromには及ばないものの、今年の重要作ではありますね。
6月の来日ライヴ@WOMB行こうか迷い中。











====================================


続きを読む
posted by Skedge at 02:20| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

ダメ曲その14: will.i.am feat. Mick Jagger & Jennifer Lopez

The Hardest Ever.jpg
will.i.am feat. Mick Jagger & Jennifer Lopez - T.H.E. [The Harderst Ever]
#36 US, #3 UK (2011)
Interscope




ヒット曲を連発するThe Black Eyed Peasの頭脳、
一部の名曲と大量の駄曲というものすごく偏ったディスコグラフィを持つ
打率2割のホームランバッター、will.i.am。
まじでこの人なんでこんなに当たり外れが大きいのかよく分からないんですけど、
外れの方でとりわけ印象深かったのがこれ。

BEPの「Boom Boom Pow」がまさにそうでしたが、こういうトラックを
メインストリームのチャートに放り込むのって本来すごい痛快なことだし、
これに敢えてMick Jaggerを載っけちゃうのも「最高にロック」とか評価されても
全然おかしくないのに、なぜかこういうことになっちゃうのがwill。
「豪華なのにナンセンス」という普通両立できない属性を持ったフィーチャリング人選だけで
おなか一杯になるんですが、僕はこの曲のリリースにまつわる裏話がもう大好きで大好きで。




BEPのウィル、新曲のミック・ジャガー参加は冗談のつもりだった (bmr.jpより)




>新曲を所属レーベルの長、ジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)に聴かせた際、「ジミー・アイオヴィンは“ヤバい出来だね。で、誰をゲストに迎える気だい?”」


ぎゃははははは!いつ読んでも笑えるJimmy Iovineの即断「で、誰をゲストに?」
実際この曲が一応ヒットしたのってほぼこのゲスト人選の話題性のみが理由なので
業界の重鎮さすがとしかいいようがない。
さらに、



>特にゲストを迎える気のなかったウィルは「実現不可能な」ミック・ジャガーの名前を冗談のつもりで挙げたという。

これはwillなりの「抵抗」だったんじゃないかと思わせるものがあるね(笑)
Jimmyさんもこんな無茶ぶりこなすとはよっぽどこのままじゃ売れないって思ったんだな。
この曲って1年以上遅れに遅れて出たアルバム『#willpower』の
リードシングルだったはずなのに結局収録されなかったし、willは気に入ってないんだろう。
2枚組デラックスエディションの日本盤にすら入ってないってどんだけ。
つうか、気に入ってないならこんな不名誉な話を自分で語るなよwill!
あと、いくら分かっちゃいることとはいえ「あの人はミックのヴォーカル録ってきたんだぜ」って
サラっと他人が録ってきたって言っちゃうか。それコラボやない、許諾や。



>J・ロー、彼女も素晴らしい。

取ってつけたように一言だけ言及されるジェニロペww




ちなみにMick Jaggerはこの少し前にスーパーバンドSuperHeavyに参加、
翌年はストーンズ40周年ベストの中で新曲も発表していますが、
どちらもシングルはまともにヒットしなかったため
(前者の「Miracle Worker」はUK136位、後者の「Doom And Gloom」はUK61位、どちらもUSではHot 100圏外)
うっかりするとこれが「Mick Jagger存命時最後のヒット曲」になりかねないのですが、
ストーンズファンそこちゃんと分かってるんでしょうか。
今Mickが死んだら「晩年まで現役のヒットメイカーぶりを貫いたMick Jaggerさん」
とかニュースで言われてバックにこれが流れるんだぞ。いいのか。




posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | ダメヒット伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする