2014年05月02日

Groove Cruise Top20 [26 Apr 2014]

前回更新が12月か!
だんだんコレも更新間隔長くなってきたな。
久しぶりなのでまた20位まで載せるか。



26 Apr 2014 / Week 17

01 (01) (08)
Robin Thicke - Feel Good
02 (03) (03) Ed Sheeran - Sing
03 (05) (03) Klaxons - There Is No Other Time
04 (02) (13) Clean Bandit feat. Jess Glynne - Rather Be
05 (12) (02) Todd Terje - Delorean Dynamite
06 (11) (07) Pixie Lott - Nasty
07 (04) (11) Le Youth feat. Dominique Young Unique - Dance With Me
08 (10) (06) Avicii (feat. Aloe Blacc & Blondfire) - Liar Liar
09 (07) (12) K. Michelle - Can't Raise A Man
10 (06) (06) Karmin - I Want It All

11 (15) (06) Daley - Be
12 (13) (03) Foster The People - Best Friend
13 (14) (04) Chromeo - Jealous [I Ain't With It]
14 (09) (08) Robin Thicke feat. Estelle - Rollacoasta
15 (ne) (08) Route 94 feat. Jess Glynne - My Love
16 (19) (05)
Kylie Minogue - Skirt
17 (ne) (07) Justin Timberlake - Not A Bad Thing
18 (08) (12) Chromeo feat. Toro Y Moi - Come Alive
19 (re) (06) Aloe Blacc - The Man
20 (ne) (05) Metronomy - Love Letters




Robin ThickeのアルバムはこういうEDMまがいの曲が嫌で
購入を見送った覚えがあるんだけど…(ちなみにこの曲はwill.i.am製)。
ビデオの見せ方がハマったこともあってなぜか1位になってしまいました。
「Blurred Lines」を差し置いて。


[2008] #10 Magic Touch (feat. Mary J. Blige)
[2013] #08 Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell)
[2013] #06 Get In My Way
[2014] #03 Rollacoasta (feat. Estelle)
[2014] #01 Feel Good

なんかこうして並べるとすごい順調な出世みたいだな…。
実は上の曲どれも再生回数そんなに差がないんですけど。

というのも、2月から3月にかけては、まあ毎年のことなんですが、
リリースの谷間なので1位の水準がすごい下がったんですよね。
こんなことでは次はKarminかPixie Lottがトップになっちゃうかも…!
と思ってたんですがそんなわけなかったですね。来週はあっさりEdくんが取るでしょう。





#3 Klaxons - There Is No Other Time

Edくんのせいで1位になれそうにないけどこれは取らせてあげたいKlaxons衝撃の新曲。
Nu Rave華やかりし頃にちょっと聞いて「これのどこにダンスミュージックの要素が?」と思ったきり
すっかり記憶から消えたバンドだったんですが、今になってこんな分かりやすい路線で来るとは…
どうも新作まるごとこんなHoly Ghostちっくな感じらしく、めちゃくちゃ気になってます。
Wikipediaにまだ載ってないんですがJames Murphyでもプロデューサーに使ってるんでしょうかね?





#5 Todd Terje - Delorean Dynamite

もしかしたらこれも1位候補かもしれない、Todd Terje待望の1st収録のイタロディスコ。
クロイデパートメントのA3さん曰く「今年のベストアルバム候補」
タワーで買うとRadio Editとかいっぱい入ったBonus Discがついて超便利です。
こういうアップリフティングなトラックが好きな僕としては
一昨年のLindstromには及ばないものの、今年の重要作ではありますね。
6月の来日ライヴ@WOMB行こうか迷い中。











====================================


続きを読む
posted by Skedge at 02:20| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

ダメ曲その14: will.i.am feat. Mick Jagger & Jennifer Lopez

The Hardest Ever.jpg
will.i.am feat. Mick Jagger & Jennifer Lopez - T.H.E. [The Harderst Ever]
#36 US, #3 UK (2011)
Interscope




ヒット曲を連発するThe Black Eyed Peasの頭脳、
一部の名曲と大量の駄曲というものすごく偏ったディスコグラフィを持つ
打率2割のホームランバッター、will.i.am。
まじでこの人なんでこんなに当たり外れが大きいのかよく分からないんですけど、
外れの方でとりわけ印象深かったのがこれ。

BEPの「Boom Boom Pow」がまさにそうでしたが、こういうトラックを
メインストリームのチャートに放り込むのって本来すごい痛快なことだし、
これに敢えてMick Jaggerを載っけちゃうのも「最高にロック」とか評価されても
全然おかしくないのに、なぜかこういうことになっちゃうのがwill。
「豪華なのにナンセンス」という普通両立できない属性を持ったフィーチャリング人選だけで
おなか一杯になるんですが、僕はこの曲のリリースにまつわる裏話がもう大好きで大好きで。




BEPのウィル、新曲のミック・ジャガー参加は冗談のつもりだった (bmr.jpより)




>新曲を所属レーベルの長、ジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)に聴かせた際、「ジミー・アイオヴィンは“ヤバい出来だね。で、誰をゲストに迎える気だい?”」


ぎゃははははは!いつ読んでも笑えるJimmy Iovineの即断「で、誰をゲストに?」
実際この曲が一応ヒットしたのってほぼこのゲスト人選の話題性のみが理由なので
業界の重鎮さすがとしかいいようがない。
さらに、



>特にゲストを迎える気のなかったウィルは「実現不可能な」ミック・ジャガーの名前を冗談のつもりで挙げたという。

これはwillなりの「抵抗」だったんじゃないかと思わせるものがあるね(笑)
Jimmyさんもこんな無茶ぶりこなすとはよっぽどこのままじゃ売れないって思ったんだな。
この曲って1年以上遅れに遅れて出たアルバム『#willpower』の
リードシングルだったはずなのに結局収録されなかったし、willは気に入ってないんだろう。
2枚組デラックスエディションの日本盤にすら入ってないってどんだけ。
つうか、気に入ってないならこんな不名誉な話を自分で語るなよwill!
あと、いくら分かっちゃいることとはいえ「あの人はミックのヴォーカル録ってきたんだぜ」って
サラっと他人が録ってきたって言っちゃうか。それコラボやない、許諾や。



>J・ロー、彼女も素晴らしい。

取ってつけたように一言だけ言及されるジェニロペww




ちなみにMick Jaggerはこの少し前にスーパーバンドSuperHeavyに参加、
翌年はストーンズ40周年ベストの中で新曲も発表していますが、
どちらもシングルはまともにヒットしなかったため
(前者の「Miracle Worker」はUK136位、後者の「Doom And Gloom」はUK61位、どちらもUSではHot 100圏外)
うっかりするとこれが「Mick Jagger存命時最後のヒット曲」になりかねないのですが、
ストーンズファンそこちゃんと分かってるんでしょうか。
今Mickが死んだら「晩年まで現役のヒットメイカーぶりを貫いたMick Jaggerさん」
とかニュースで言われてバックにこれが流れるんだぞ。いいのか。




posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | ダメヒット伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

第3回 年間総括 ミュージック座談会 2013 (1 of 2)

2014年に入って3週間も過ぎてしまいましたが、去る2013年12月上旬に行われた
定例の第3回年末音楽座談会の模様をようやく重い腰を上げてアップでございます。
今回は前半が2009年の第2回主催のウチ、後半が2005年の第1回主催のサイキッシュと
負担を分け合うため仲良く共催という形をとることにいたしました。
こちらはその前半でございます。


[2/9追記 後編掲載!]後編はこちらから



意外といつも通り揃った座談会参加者

tippeeさん (今は音楽系ブログ/サイトはやってません)
サイコさん (from サイキッシュ
Skedge (from Groove Cruise)



============


続きを読む
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | 企画モノ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

Albums Of 2013 GC Choice #10 - #5

迷っててもどうせ決まらないし考えてもどうせまとまらないんだからと
勢いで決めて勢いで書いた年間アルバムベスト記事です。
今年は上位4枚がめちゃめちゃ良くて、


1 2 3 4 >>>>> 5 6 7 8 9 10

という感じで上位4枚は正直どれが1位でもいいや、
10位から5位の6枚も気分でいくらでも入れ替わりそう、という感じなので
とりあえず5位までの6枚を一気に載せます。






続きを読む
posted by Skedge at 20:57| Comment(2) | 年間ベスト選考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

Grooove Cruise Top20 Year-End 2013

年が明ける直前だけど俺チャートの年間記録だけでも書いとくわ。
集計がめんどくて、他にもう一つ上げたい記事があったんだけど手が付けられなかった。
アルバム選考は大体固まってる(というか以下のメンツでほぼ推測可能)けど
1月末まで引っ張るつもり。




Most Played Tunes 2013

#01 [112] Bruno Mars - Treasure (#1/1wk)
#02 [111] Justin Timberlake feat. Jay Z - Suit & Tie (#1/8wks)
#03 [107] Daft Punk feat. Pharrell Williams - Get Lucky (#1/4wks)
#04 [104] Rudimental feat. MNEK & Sinnead Harnett - Baby (#1/9wks)
#05 [ 94] A$AP Rocky feat. Drake, 2 Chainz & Kendrick Lamar - Fuckin' Problems (#1/3wks)
#06 [ 85] Disclosure feat. AlunaGeorge - White Noize (#2)
#07 [ 81] Justin Timberlake - Mirrors (#1/3wks)
#08 [ 80] Mayer Hawthorne - Designer Drug (#1/2wks)
#09 [ 79] Lil Wayne feat. Drake & Future - Love Me (#3)
#10 [ 76] Drake feat. Majid Jordan - Hold On, We're Going Home (#1/3wks)

#11 [ 75] Justin Timberlake - Take Back The Night (#1/4wks)
#12 [ 75] Frank Ocean - Pyramids (#1/1wk)
#13 [ 70] Le Youth - C O O L (#3)
#14 [ 67] K. Michelle - V.S.O.P. (#1/3wks)
#15 [ 62] Chromeo - Over Your Shoulder (#1/4wks)
#16 [ 60] Daley feat. Jessie J - Remember Me (#9)
#17 [ 59] Phoenix feat. R. Kelly - Trying To Be Cool (Remix) (#3)
#18 [ 57] Lana Del Rey - Young And Beautiful (#4)
#19 [ 56] Aloe Blacc - Love Is The Answer (#1/3wks)
#20 [ 55] Daft Punk feat. Pharrell Williams - Lose Yourself To Dance (#5)



週間では1週しか1位になってないBruno Marsが僅差でJustinとダフパンを交わして年間1位。
シングルカットのずっと前から聞いててプレイリスト残留期間が長かったのと、
あと前年12月の再生回数を該当年と翌年の両方に計上するという
大変めんどくさい俺チャート年間集計ルールに助けられました。
(↑年をまたいだ曲が年間で思い切り順位を下げてしまうことに対する救済措置)
アルバム買ってすぐヘビロテしてたんですが、当時はまさか2013年が
こんな大ディスコブームになるとは思いもしなかったなあ…
この曲なんてシングルになるとすら思ってなかった。

とにかく今年は空前の俺得イヤー、それっぽいディスコ/ソウル系が大量エントリー。
(ちなみに「Blurred Lines」はぐっと落ちて年間63位/再生回数35回)
クラブ系からもLe Youthが見つかったのは収穫でしたね。
しかし「Pyramids」とか「Mirrors」とか、
こんなくそ長い曲よくも70回80回と聞いてたな…。
ちなみに100位はWale feat. Rihanna「Bad (Remix)」、
邦楽は今年は例年以上に弱くて最高位はPerfume「1mm」の30位、
次点でtofubeats feat. 森高千里「Don't Stop The Music」の42位でした。




Reccurent Top20

#01 [17] Michael Jackson - You Rock My World
#02 [15] Skinny - Friday [Going Out]
#03 [12] Drake - Headlines
#04 [10] Jennifer Lopez feat. Jadakiss & Styles - Jenny From The Block
#05 [10] Simon - Zoo Rock
#06 [ 9] Eric Prydz - Pjanoo
#07 [ 9] Music Soulchild feat. Swizz Beatz - Anything
#08 [ 8] Groove Theory - Tell Me
#09 [ 8] Trey Songz - Can't Be Friends
#10 [ 7] Aeroplane feat. Kathy Diamond - Whispers


今年メインのプレイリストに一度も入らなかった、要するに旧譜のみのチャート。
1位のマイコーが17回再生で年間175位。いかに僕が旧譜を聴いてないかがわかるチャートです。
メインの年間以上にアーバン色が強く出るのは毎年のこと。
今年になってから買ったりレンタルしたりしたのが強い(MJ、Skinny、J-Lo)わけですが、
ちょっと自分で見てびっくりしたのが5位のSimon。
ここ見てる人だとあんまりわからなそうだけど、日本のラッパーです。2012年の年間88位。
確かにカラオケで歌う率は高いですが(くっそ似合わないです)。
その年めっさ聴いた曲に交じって、こういう当時はそこまで聴いてなかった曲が
案外ぽっと上がってくるのが我ながら面白いです。
まあこんな数回程度の差で変わっちゃうチャートなんで、
シャッフル再生のいたずらが結構大きく影響しちゃったりもするんですけど。



Artist Of The Year

#01 [398] Justin Timberlake (9)
#02 [336] Drake (13)
#03 [253] Disclosure (6)
#04 [249] Daft Punk (5)
#05 [229] The Weeknd (7)
#06 [220] Rihanna (7)
#07 [190] Rudimental (5)
#08 [138] Bruno Mars (2)
#09 [137] Mayer Hawthorne (3)
#10 [103] Daley (2)


再生回数10回以上の曲(227曲)をアーティスト別に集計したチャート。
客演作品もポイント半分とか3分の1とかで参入してあります。
まあこの並びはほとんどアルバムベストとかぶりますね、どうしたって。
1年で3曲1位を出したJustinが大量の客演で稼いだDrakeを引き離して
Artist Of The Yearでございます。これは世間一般的にも異論なかろう。




以上Groove Cruiseによる2013年総括シングル編でした。
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | 年間ベスト選考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする