2013年12月09日

毒にも薬にもならない”元・流行語”大賞 2013

というのをさっき風呂に入りながら考えていた。

流行語の一生は短い。
「流行語大賞」、あんなもんがあるせいだと思うんだけど、
あのイベントでひとつの「区切り」がつくことで、
ノミネートされた流行語たちはその前後、急速にフレッシュさを失っていく。
流行語たちにとっては、その年の活躍を表彰される場というよりむしろ引退式に近い。
今年4つ同時大賞ということで話題になっ(たというより批判され)た
「じぇじぇじぇ」「今でしょ!」「倍返しだ!」「オ・モ・テ・ナ・シ」の中では、
登場が最も早かった「今でしょ!」がもうすでにだいぶ劣化し、
今この言葉をうっかり口にするとこっぱずかしくてたまらないというフェーズに入っている。


そこで思ったんだが、こういう流行語の「底値」って、いつごろつくんだろうか。


登場した年の年末から年始にかけて、つまり今ぐらいかと最初は思ったんだけど、違うな。
今はあくまで「急速に価値が崩壊している最中」であって「底値」ではない。
むしろこの時期にこれらの言葉を使用すれば「もうそれは古いでしょ!w」みたいな、
ツッコミという形できちんとレスポンスが返ってくる。確実に返ってくる。
むしろスベり芸的な使い方をするなら今こそが鉄板だ。
(ここで「今でしょ!」と言えないチキンぶりは笑うところです)


逆に年月がたちすぎると、底も何もあったもんじゃない、きれいさっぱり無に帰す。
ゼロだ。それも「底値」とは違うと思う。

また中には、使われこそしないもののやけに記憶に残る流行語もある。
「チョベリグ」とかそうだと思うんだが、これなんかはもうスベるスベらないという次元を超え、
時代を彩った言葉としてもうノスタルジーの対象ですらあると思う。
流行語のレジェンド化、ミュージシャンで言う「あっちの世界に行っちゃう」というやつだ。
これもまた「底値」云々といった価値基準で測るべきものじゃあない。


「底値」はその狭間にあると思う。
もうずっと口にしたり耳にしたりしてないけど、ギリギリ記憶にある言葉。
思い出すまでに1.4秒くらいかかり、かつ思い出したところで
聞き手に特にツッコミたいという気持ちを起こさせず
「なぜ今それを、ここで唐突に…」というシュールなひと時のみをクリエイトする、そういう言葉。



個人差はあると思うけど、3〜5年くらい前の流行語に該当するものがあると思う。



以上の考察より、Groove Cruiseが選ぶ
「毒にも薬にもならない”元・流行語大賞”2013」は、エド・はるみの「グ〜!」とします。


長く書いた割に凝った落ちはないです。





この曲が投稿と同じ2011年に発表されてるとしたらそれはスペランカーズの悪意

posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | ボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

Groove Cruise Top20 [7 Dec 2013]

2か月も空いた自覚がなかった。
そうやって気が付いたら40になって50になって墓の下にいるんだ、きっと。



7 Dec 2013 / Week 49

01 (05) (09)
Aloe Blacc - Love Is The Answer
02 (01) (12) Chromeo - Over Your Shoulder
03 (02) (11) The Weeknd - Wanderlust
04 (07) (06) tofubeats feat. 森高千里 - Don't Stop The Music
05 (04) (10) Perfume - 1mm
06 (03) (06) Lady Gaga feat. R. Kelly - Do What U Want
07 (ne) (01) Bastille - Of The Night
08 (10) (05)
Martin Garrix - Animals
09 (06) (09) The Internet - Dontcha
10 (08) (05) Sally Shapiro with Le Prix - Architectured Love

12 (ne) (01) Daft Punk feat. Julian Casablancas - Instant Crush
16 (ne) (01) Avicii (feat. Adam Lambert & Nile Rodgers) - Lay Me Down
17 (ne) (01) Lily Allen - Hard Out Here
18 (ne) (07) Bohemianvoodoo - Nomad
19 (ne) (01) The Layabouts feat. Portia Monique - Colours Of Love
20 (ne) (01) Karen Young - Hot Shot (Joey Negro Sure Shot Mix)




Avicii「Wake Me Up!」で脚光を浴びたAloe Blaccがソロで1位になりました。
最近のプレイリスト、充実してるんですが激ハマりするまではいかない「中ヒット」っぽい曲がやたら多く、先週までトップだったChromeoも今週のAloe Blaccも1位にしては再生回数少ないんですが(その更に前のK.Michelleも低かった)、まあ「Wake Me Up!」は俺チャートで2位どまりだったからよしとしよう。
『Wake Me Up EP」収録のPharrell Williamsプロデュース曲で、先月になってビデオもできたのでてっきりこれで売り出すのかと思ったら、もともと4曲入りだったEPにいつの間にか1曲追加してそれがUSでそこそこ売れてるようです。俺4曲ヴァージョン全曲DLして買ったというのに…。ちなみにドイツかどっかではフルアルバムが出てるらしく、タワレコにやたら高い輸入盤が並んでました。




続きを読む
posted by Skedge at 00:00| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

Groove Cruise Top20 [28 Sep 2013]

鉄は熱いうちに打て、というか、いったん冷めたら
また半年とか更新しない可能性があるのでヤル気のあるうちに記事にしておきます。
俺チャート2連ちゃんですが、リリースラッシュにつき1週だけで割と入れ替わったので。
(というか先週紹介した初登場の4曲が1週で全滅した)



28 Sep 2013 / Week 38

01 (02) (07) Drake feat. Majid Jordan - Hold On, We're Going Home
02 (01) (10) Justin Timberlake - Take Back The Night
03 (04) (08) Le Youth - C O O L
04 (06) (05) K. Michelle - V.S.O.P.
05 (08) (07) Arctic Monkeys - Why'd You Only Call Me When You're High?
06 (10) (06) Daft Punk feat. Pharrell Williams - Lose Yourself To Dance
07 (03) (06) Pet Shop Boys - Axis
08 (05) (10) Lana Del Rey - Young And Beautiful
09 (13) (05) Phoenix feat. R. Kelly - Trying To Be Cool (Remix)
10 (09) (06) Robin Thicke - Get In My Way

11 (ne) (02) Eminem - Berzerk
13 (ne) (02) Britney Spears - Work Bitch!
14 (ne) (02) Chromeo - Over Your Shoulder
15 (ne) (06) Disclosure - F For You
20 (ne) (08) Room 94 - Superstar



1位がDrakeに替わりました。
アルバムもう出てるみたいだけど来週Justinと一緒に買おうかな。
マイコーオマージュだといわれるショートフィルム仕立てのビデオも
ちょうど公開されましたが、なんかよくわからなかったです。
もうちょいかわいい女の子いただろ…

では以下Drakeの俺チャート記録一覧。


[2009] #01 Best I Ever Had
[2009] #08 Successful (feat. Trey Songz & Lil Wayne)
[2010] #06 Forever (feat. Kanye West, Lil Wayne & Eminem)
[2010] #01 Find Your Love
[2010] #03 Over
[2010] #14 Fireworks (feat. Alicia Keys)
[2011] #05 Headlines
[2012] #01 Take Care (feat. Rihanna)
[2012] #01 The Motto (feat. Lil Wayne)
[2012] #03 Crew Love (feat. The Weeknd)
[2012] #19 HYFR [Hell Yeah Fucking Right] (feat. Lil Wayne)
[2012] #02 Over My Dead Body (feat. Chantal Kreviazuk)
[2013] #10 Shot For Me
[2013] #12 Underground Kings
[2013] #09 Started From The Bottom
[2013] #14 Girls Love Beyonce (feat. James Fontelroy)
[2013] #01 Hold On, We're Going Home

[2009] #06 Off That (Jay-Z feat. Drake)
[2010] #01 Aston Martin Music (Rick Ross feat. Drake & Chrisette Michele)
[2011] #02 I'm On One (DJ Khaled feat. Drake, Rick Ross & Lil Wayne)
[2012] #19 We In This 1.5 (DJ Drama feat. Drake & Future)
[2012] #14 Enough Said (Aariyah feat. Drake)
[2013] #01 Fuckin' Problems (A$AP Rocky feat. Drake, 2 Chainz & Kendrick Lamar)
[2013] #03 Love Me (Lil Wayne feat. Drake & Future)
[2013] #14 The Zone (The Weeknd feat. Drake)
[2013] #11 Poetic Justice (Kendrick Lamar feat. Drake)
[2013] #12 No New Friends (DJ Khaled feat. Drake, Rick Ross & Lil Wayne)


こんなに多かったのか!客演ヒットが今年に入って一気に増えた自覚がなかった。
そういや今年の3月には20曲中8曲がDrake絡みという週もあったっけ。
(たぶんTop20の最多独占記録。数えてないけど)
これでも2 Chainzの「No Lie」とかRihannaの「What's My Name」とか
全米Top40ヒットに限っても漏れてる(=個人的にどうでもいい)ヒットはまだまだ多いです。

ちなみにDrake、「アルバムから必ず1曲は1位」の記録が今回で「4作」に伸びました。
(「Best I Ever Had」はMixtapeおよびEP『So Far Gone』からなので除くと3作)
この記録はあとJustin Timberlakeも継続中&最多タイの3作。
Kanye Westも『Yeezus』で4作連続がかかってたんですが今回は全く以下略





#9 Phoenix feat. R. Kelly - Trying To Be Cool (Remix)

コーチェラでの共演がきっかけらしいですがまた妙なコラボが実現したものです。
ビデオはR. Kelly抜きのオリジナルヴァージョンで作られてるんですが、
ケリーさんの出てくる2番以降の展開が全然違ってびっくりした。
トラックも微妙にミキシングし直してる気がするし、
よくある「歌詞は変えずに歌い直しで参加」なリミックスではないです。
なんとなく秋っぽい音なのでもうちょっと上に行きそう。




続きを読む
posted by Skedge at 00:00| Comment(2) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

Groove Cruise Top20 [21 Sep 2013]

ブログやめてないよ!!
まあtwitterではしょっちゅうどうでもいいことで管を巻いてるので生存報告要らんと思うが。
しかし「俺チャート」、半年も載せてなかったのか。(前回は3月)




21 Sep 2013 / Week 37

01 (01) (09) Justin Timberlake - Take Back The Night
02 (02) (06) Drake feat. Majid Jordan - Hold On, We're Going Home
03 (05) (05) Pet Shop Boys - Axis
04 (03) (07) Le Youth - C O O L
05 (04) (09) Lana Del Rey - Young And Beautiful
06 (08) (04) K. Michelle - V.S.O.P.
07 (07) (11) Avicii (feat. Aloe Blacc) - Wake Me Up!
08 (12) (06) Arctic Monkeys - Why'd You Only Call Me When You're High?
09 (06) (05) Robin Thicke - Get In My Way
10 (10) (05) Daft Punk feat. Pharrell Williams - Lose Yourself To Dance

11 (17) (03) DJ Q feat. Louise Williams - Let The Music Play
12 (14) (06) 安室奈美恵 - Hands On Me
13 (19) (04) Phoenix feat. R. Kelly - Trying To Be Cool (Remix)
14 (09) (10) Disclosure feat. Jamie Woon - January
15 (ne) (08) Rudimental feat. MNEK & Syron - Spoons
16 (11) (05) Lonely Boy - Love Wanted
17 (ne) (04) Lady Gaga - Applause
18 (ne) (06) Lana Del Rey vs Cedric Gervais - Summertime Sadness
19 (ne) (08) Classixx (feat. Nancy Wang) - All You're Waiting For

20 (13) (18) Rudimental feat. MNEK & Sinead Harnett - Baby

Justin Timberlakeが4週目の1位ですこれ。
そういえばいつだったか「1位をとった人は過去曲の順位を全部載せる」
というルールを作ったのでちょっと振り返っておきます。
前回更新時も「Suit & Tie」が1位だったんだけどそんなことすっかり忘れてた。




[2006] #07 SexyBack (feat. Timbaland)
[2006] #01 My Love (feat. T.I.)
[2006] #07 Losing My Way
[2007] #12 What Goes Around...Comes Around
[2007] #03 LoveStoned
[2007] #01 Summer Love
[2007] #05 FutureSex/LoveSound
[2007] #18 Until The End Of Time
[2013] #01 Suit & Tie (feat. Jay Z)
[2013] #01 Mirrors
[2013] #04 Let The Groove Get In
[2013] #01 Take Back The Night
[2013] #11 Tunnel Vision
[2013] #16 Blue Ocean Floor

[2006] #19 TwilightBack (Justin Timberlake vs 2 Unlimited)
[2007] #05 Give It To Me (Timbaland feat. Nelly Furtado & Justin Timberlake)
[2007] #09 Ayo Technology (50 Cent feat. Justin Timberlake & Timbaland)
[2008] #03 4 Minutes (Madonna feat. Justin Timberlake)
[2009] #12 Love Sex Magic (Ciara feat. Justin Timberlake)
[2009] #01 Carry Out (Timbaland feat. Justin Timberlake)
[2011] #16 Shades (Diddy-Dirty Money feat. Lil Wayne, Justin Timberlake, Bilal & James Fauntleroy)
[2013] #18 Holy Grail (Jay Z feat. Justin Timberlake)




こうしてみるとシングルは全部網羅してるんだな。これならファンと言って大丈夫だろう。
客演仕事もTop40ヒットで拾ってないのはハイチ地震のチャリティーカヴァーくらいか。
最初の1曲がどっかの素人が作ったしょうもないマッシュアップだけど…
(UK盤シングルを待ってた「SexyBack」本体より先に聴いてた)
同じ年に同一人物が3曲1位になるのはさすがに珍しい。
なにせ2ndと3rdの間に7年もブランクがあるので実は常連にしては曲数は少ない。






#8 Arctic Monkeys - Why'd You Only Call Me When You're High?


ブランクと言えば、アルバムはばすばすNo.1に叩き込んでたものの、
シングルチャートではこの曲で実に6年ぶりのUK Top10ヒットを記録したArctic Monkeys。
アルバムすんごい評判いいですね。
俺チャートでも同じくTop10入りは「Brianstorm」以来6年ぶり。
(UKでの前回のヒットは「Florescent Adolescent」)
個人的には初期のあのせかせかしたタイプの曲をもう一度…という気持ちもあるものの
これはこれでじわじわハマってきたわ。
Nasとかがそのうちサンプリングして使ってくれそうな渋いバックトラック。





続きを読む
posted by Skedge at 00:00| Comment(4) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

俺チャートのNo.1ヒット100曲を振り返る会

3か月ぶりの更新ですが。
いや、書くことがなくなっちゃったわけじゃないんですよ、
ただ記事を書くのがもう億劫で億劫で…
久しぶりに書く気が起きたので、ちょっと前に書こうと思ってたネタをやります。


実は先日、毎週日記代わりにつけてる"Groove Cruise Top20"、
つまり「俺チャート」ですね、これの、1位ソング通算100曲目が出まして。
これを機に、100曲全部振り返っとこうじゃないかと思ったのです。
(いかにもブログを畳みそうな記事ですがそんなつもりはありません)


まずはデータ的なところから軽く。
このチャートを作り始めたのは2006年の7月第1週から、
その後何度か集計方法を変えつつずっと続けて、
100曲目の1位が出たのが先日2013年の6月第1週。ほぼ7年ですね。
1年あたりのNo.1ヒット数が14.3曲、
1曲あたりのNo.1継続週数は3.7週。
ちなみに俺チャートと全米・全英すべてで1位になったのは100曲中4曲。
激しくどうでもいい!(でもちょっと数字に出してみたかった)





では10曲ずつ区切って適当に紹介していきます。



続きを読む
posted by Skedge at 22:06| Comment(0) | GC Top20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする